ご教示いただけると幸いです。。 I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご教示くださいって英語でなんて言うの?

ご教示いただけると幸いです。

使用シーン ・申請や登録に必要な書面の書き方を知りたい ・詳しい内容や手順、状況、対処方法などを知りたい ・日程調整のため、相手のスケジュールを知りたい ただし、やや堅苦しさのある表現ですので、 「ご教示」はメールや手紙の中で使われる書き言葉として使われることが多いです 会話では「お教えください」「教えていただけますか」「お知らせください」といったシンプルな表現や、にてご紹介する「類義語」を使う方が自然な場合もあります。 では、「ご教示」の使い方について、例文で確認していきましょう! 1-1.「ご教示」の正しい使い方【例文】 これから紹介します「ご教示ください」「ご教示願います」「ご教示いただけますでしょうか」は、どれも同じ意味であり、 社内外問わず目上の方への敬語表現として使うことができます。 ただし、少しだけ相手が受け取る印象が異なる言葉でもありますので、それぞれ例文で確認していきましょう。 実際には、書き言葉として使われることが多いです。 もちろん話し言葉として使うこともできますが、「〜ください」という表現は敬語表現の命令形にあたりますので、相手によっては少し違和感を感じる方もいらっしゃいます。 そのため、話し言葉で使うときには、 「ご教示ください」を命令口調だと感じさせないよう注意が必要です。 対策としては早口で言わない、強い口調で言わない、などが考えられますが、後述の「ご教示いただけますでしょうか」を使ったり、もしくは「お教えいただけますか」と言い換えてもよいでしょう。 「ご教示願います」 2.「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」に似た表現として、「ご教授」という言葉があります。 どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 これから説明いたしますが 「ご教授」の方はやや大げさな感じが出てしまうため、ビジネスシーンでは「ご教示」が使われることが多いです。 とはいえ、相手に応じて使い分けられるよう、意味をおさらいしていきましょう。 2-1.「ご教授」の意味 「ご教授」とは「学問や技能・技芸を伝達する・教える」という意味です。 学問や技能・技芸、専門的な知識を教わるのですから、簡単に1日で、というようにはいきません。 これから先、長期間にわたって知識や技能を教えてもらう必要があります。 そのような場合に使われるのが、「ご教授」です。 2-2.「ご教示」と「ご教授」の使い分け 「ご教示」は、誰かのスケジュールや、会社の規則、簡単な内容や手順、方法、知識などを聞きたい時に使用します。 「ご教授」は、長期間・継続的に、かつ体系的に何かについて教えてもらいたいときに使用します。 また、長期間にわたって教わるのでなくとも、相手が長い時間をかけて身につけた知識や技能を教えてもらいたいというときに、相手を立てるために「ご教授」が使用されることもあります。 「ご教示」を使うべきところで「ご教授」を使ってしまうとやや大げさな印象ので、意味を理解し、注意して使うことが必要です。 2-3.「ご教授」の正しい使い方【例文】 「ご教授」の正しい使い方を、例文で学んでいきましょう。 取引先とのやりとりで使える例文 2-4.「ご教示賜る」は間違い!「ご教授賜る」の誤用なので注意 「ご教示賜(たまわ)る」という日本語は残念ながらありません。 では、なぜ時々耳にするのかと言いますと「ご教授賜る」が誤まって使用されているからという説が有力です。 「ご教授賜りたく」「ご教授賜り」は弟子入りした人や、秘書、カバン持ちなど、長期間にわたって何かを教わっている人が「教えていただく」という意味で使う表現です。 (なお、ここでの「賜る」とは、「もらう」のの役割をしています) 「ご教示賜る」は間違った日本語です。 誤って使用しないよう気をつけましょう。 3.「ご教示」の類語 「ご教示」は「教えてください」を丁寧にした表現ですが、やや固い印象があります。 そのため、他の言い方も合わせて使えるようにしておかれますと、ビジネスシーンで役立ちます。• 3-1.「ご指導」 「指導」とは、 「ある目的・方向に向かって教え導く」という意味です。 そのため、何かを具体的にのではなく、「(目的を達成するために)これから色々と教えてください」ですとか「今後もよろしくお願いします」という意味合いが強い言葉です。 別れ際に使う「のほど宜しく」という有名な定型文がありますので、覚えておきましょう。 3-2.「ご指南」 「指南」とは 「武道や芸能を教える」という意味です。 柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 上司やクライアントといった目上の方と趣味を通じた交流がある場合や、習い事などで師匠をお持ちの方は「これからもどうぞご指南ください」という表現を覚えておかれるとよいでしょう。 また、余談ですが将棋などで格上の人と勝負するときには「一局、ご指南ください」と言ってから対戦が始まります。 4.「ご教示ください」を英語で言いたい 「ご教示」は簡潔にいいますと「(情報や方法を)教えてください」「(情報を)知らせてください」です。 英文にいたしますと、下記のような表現となります。

次の

ご教示くださいって英語でなんて言うの?

ご教示いただけると幸いです。

「幸いに存じます」の意味 「幸い」の意味は「ありがたい、運がいい」 「幸い」は、「さいわい」と読みます。 「幸い」には、 ・めぐまれた状態でしあわせであり、ありがたいこと ・運がいい好都合だとみなすこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ち という意味があります。 「幸いです」「幸いに存じます」というように使用する場合は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたい」という気持ちを表す言葉です。 つまり、「幸いです」は、「 自分にとって嬉しいことです」「 〜であれば幸せになります」といった意味であるということがわかります。 「存じます」は「思う」の謙譲語+丁寧語 「存じます」は、 「思う」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「存じます」は「 思います」の謙譲表現で、自分自身をへりくだった言い方であるため、目上の人に対して使うことができます。 「思います」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 例えば、 〜させていただきたく存じます 大変嬉しく存じます 光栄に存じます 賜りたく存じます というような言い回しにも使用されます。 「 幸いです」は、 「幸い」という言葉に「です」という丁寧語をつけた丁寧語です。 「です」は、「〜だ」の丁寧表現です。 「 幸いでございます」は、「幸い」という言葉に「ございます」をつけた言葉です。 「ございます」は、 補助動詞「〜である」「〜です」の丁寧な表現で、 「です」よりもさらに丁寧な言い回しになります。 「 幸いに存じます」は、上述したとおり「存じます」は 「思う」の謙譲語なのです。 「幸いに存じます」は、目上の人に対して自分の「思う」という気持ちをへりくだって伝える言い回しなので、 「幸いです」「幸いに存じます」という言い回しのなかで最も丁寧な意味合いです。 「大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いです」 「こちらの資料をご高覧いただければ幸いです」 「大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いでございます」 「心ばかりの品ではありますがお送りいたしました。 特に「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多い言葉で「幸いに存じます」というように使用すると、「 〜していただけると嬉しいです」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「 〜していただけると幸いです」「 〜していただけたら幸いです」などといった方が、柔らかい印象になります。 例えば、「ご連絡いただけると幸いに存じます」というように使用します。 この場合は、「連絡しれもらえると嬉しいです」という意味になります。 「〜くださいますと幸いに存じます」という言い回しを使用することもあります。 「 〜くださいますと」は 「くれる」の尊敬語になります。 「〜いただけると」は、してもらう側である自分をへりくだって相手に敬意を示していましたが、「〜くださいますと」は、してくれる相手側のすることに尊敬語を使用することで、相手を高める表現方法です。 「〜してくれる」という相手側に視点をおく場合は「〜してくださる」 「〜してもらう」という自分側に視点があつ場合は「〜していただく」 というように使い分けることができますが、どちらも「〜してもらえたら嬉しいです」という依頼の言葉です。 ただし、説明した通り「〜してくれたら嬉しいです」という柔らかいニュアンスの依頼の仕方になるので 「必ずしてほしい」という場合には不向きです。 例文 「来週までにご連絡いただけると幸いに存じます」 「本日の感想、アンケートについて回答していただけると幸いに存じます」 「ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いに存じます」 「是非ともご参加いただければ幸いに存じます」 「ご多用中とは存じますが、ご教示くださいますと幸いに存じます」 「勝手ながら、この件について今月中に回答くださいますと幸いに存じます」 「楽しんでいただければ幸いに存じます」は、こちらから贈り物などをしたときに使う 「幸いです」を贈り物をする場合に使う場合は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足です」といった意味になります。 例えば、映画の鑑賞券をプレゼントするという場面で、「ぜひご鑑賞いただきたく、チケットをご用意させてもらいました。 楽しんでいただければ幸いに存じます」というように使用します。 この場合「楽しんでもらえたら嬉しく思います」という意味になります。 このように、 単に自分が嬉しいという表現ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して使用します。 「心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いに存じます」 「果物を詰め合わせてクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸いに存じます」 「変わりばえいたしませんが、時節柄お役に立てば幸いに存じます」 「幸いに存じます」の類語・言い換え 「嬉しく思います」「喜ばしく思います」はビジネスでは避けるべし ビジネスシーンで「嬉しい」という自分の気持を相手に伝える場面があると思いますが、丁寧な言葉に言い換えればいいからといって丁寧語を使用した「嬉しいです」と伝えてしまうとなんだか幼稚な感じがしてしまいますよね。 ビジネスシーンで嬉しい気持ちを相手に伝える場合は、「 嬉しく存じます」「 喜ばしく存じます」という言い回しを使用しましょう。 「嬉しく思います」というような表現でも文法的には間違いではありませんが、 「思う」を謙譲語に言い換えた「存じます」を使用したほうが丁寧です。 同様に、「喜ばしく思います」も謙譲語に言い換えた「喜ばしく存じます」という言いまわしのほうがビジネスシーンではふさわしいと言えます。 例文 「このような素敵な会にご招待いただき誠に嬉しく存じます」 「お陰様で素敵なご縁に恵まれましたこと大変嬉しく存じます」 「先日は楽しんでいただけたようで、大変喜ばしく存じます」 「助かります」は目上には使えない 「助かります」は丁寧語の「ます」が付いているため、正しい敬語です。 しかし、知人や同等、目下の人に対して使用するのは問題ありませんが、 依頼するときや感謝するときに目上の人には意味的に上から目線な響きがあり相応しくありません。 「助かる」と言うと、自分が主となり、同時に相手を従と見なすようなニュアンスとなってしまうということや、そもそも「助かる」は労いの言葉であるため、目上の人には使うべきではないという考えもあります。 ですので、「助かります」は目上の人に対しては使うべきではないとされています。 「幸甚(こうじん)」は「幸い」をより丁寧な表現 「幸甚」は「 こうじん」と読みます。 「幸甚」の意味は「 常にありがたく、幸せに思うこと」です。 「幸甚」は「 もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスで使用され、「ありがたい・嬉しい」といったポデティブなことを表す言葉です。 また、「幸甚」は、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現であるため、目上の人にも使用することができる表現です。 「幸い」と同様に、ビジネスシーンでは 依頼する際や、お礼を伝える時、贈り物をする場面などで使用されます。 主な言い回しは、 ・幸甚です ・幸甚でございます ・幸甚に存じます などです。 ご笑納いただければ幸甚でございます」 「先日の御礼として、私の故郷の特産物を贈らせていただきました。 どうかご受容いただけると、幸甚でございます」 「ありがたく存じます」は感謝・お礼 「ありがたく存じます」は、「 ありがたいと思っています」という意味の 感謝・お礼を伝える言葉です。 「思う」の謙譲語である「存じます」を使用することにより、相手に敬意を示す丁寧な表現になります。 より丁寧な「ありがたく存じ上げる」という表現もありますが、特にビジネスシーンなどでは使用されることはほとんどありません。 「ありがたく存じます」は、 お礼の言葉というようりは、「嬉しく思います」というような、自分の「ありがたい」と思っている感情を表現している言葉です。 例えば、「貴重な商品をお譲りいただきありがたく存じます」というように使用し、「貴重な商品を譲ってもらってありがたいと思っています」という意味になります。 「幸いであります」は山口県の方言 「幸いであります」は、「〜であります」という表現が、とても丁寧な敬語のように感じられますが、 標準語として使われるものではありません。 「幸いであります」の 「あります」は、山口県で使用されている方言で、かしこまった場面で使用されている言葉でしたが、現在ではあまり使用されていないようです。 山口県では、「幸いに存じます」をかしこまった場面で「 幸せます」と使用する場合もあります。

次の

「ご教示いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

ご教示いただけると幸いです。

「幸いです」の意味と類語 「幸いです」とは「そうしてくれると嬉しいです」という意味 ビジネスにて「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」や「ありがたいです」という意味で使われます。 語尾に「です」が付いた丁寧語であるため目上の相手へ使える表現と言えます。 「幸い」の読み方は「さいわい」 「幸いです」の「幸い」は「さいわい」と読みます。 ビジネスメールなどの書き言葉だけでなく、対話シーンでも使われる言葉であるため読み間違いには注意してください。 また、手紙などの書き言葉として使用する際は送り仮名の付け間違いにも気を付けましょう。 類語「助かります」や「幸甚です」に言い換える 「幸いです」の類語には「助かります」や「幸甚です」があります。 「幸甚」とは「非常に幸いなこと」を意味する言葉で、「幸いです」よりも改まった表現であるため、かしこまったシーンやビジネスメールなどの書き言葉として使えます。 例えば、目上の相手に「教えてもらえれば嬉しいです」と伝える際、「幸甚」を使うと「お忙しいとは存じますが、ご教示いただければ幸甚です」となります。 目下の部下や対等な立場の同僚へは「助かります」が使えます。 「です」が付いた敬語表現ではありますが、砕けた表現となるため目上の人へ使う際は注意してください。 目上への「幸いです」の使い方 「幸いです」よりも丁寧な「幸いに存じます」 「幸いです」の言い回し方の1つが「幸いに存じます」です。 「幸い」に「思う」の謙譲語である「存じます」を付けた言葉で、「嬉しく思います」という意味があります。 「幸いです」よりも丁寧な言い回しとなるため、かしこまったシーンや相手によって使ってください。 「幸い」とは相手に依頼をする際に多く使われるため、目上へお願いをする言葉使いとして「幸いです」には敬意が足りないという考えがあります。 相手の捉え方によるため目上に「幸いです」を使わないように、とは言い切れませんが、「敬意が足りない」「失礼」と思われない為にも「存じます」を使うなど、状況によっては言い回しを変えた方が良いでしょう。 丁寧な依頼をする際に使える「いただけますと幸いです」 「幸いです」を使って依頼をする際に「いただけますと幸いです」が使えます。 例えば「ご覧いただけますと幸いです」という文章だと、「ご覧」は「見る」の尊敬語であるため「見てもらえると嬉しいです」という意味になります。 補助動詞として使う際は平仮名表記の「いただく」、食べる・飲む・もらうの謙譲語として使う際は漢字表記の「頂く」というふうに、使い方が違ってくるため注意して使用してください。 物を贈る際にも「幸いです」が使える 依頼をする際以外にも、贈り物を渡す際に「幸いです」が使えます。 例えばいつもお世話になっている上司へ贈り物をする際、「気に入ってもらえると嬉しいです」という意味の「お気に召していただけますと幸いです」を一言添えることで、相手への気遣いを表します。 必ずやってほしいことに「幸いです」は使わない 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しいです」という意味の言葉であるため、依頼した内容を行うかどうかの選択権は相手にあります。 必ず行ってもらいたい依頼や、相手に選択権の無い場合は「幸いです」を使わないようにしましょう。 例えば連絡が欲しいということを相手に伝える際、強制でない場合は「ご連絡いただけますと幸いです」となります。 必ず連絡をもらいたい場合は「幸いです」を使わずに、「恐縮ではございますがご連絡の程お待ちしております」と言い換えができます。 状況に応じて「幸いです」を使い分けてください。 ビジネスメールで「幸いです」を使った例文 「していただけると幸いです」を使った例文 「幸いです」を使った言い回しの1つが「していただけると幸いです」です。 自分がしてほしいことを相手に丁寧に依頼する際の言い回し方で、目上の人へ使えます。 例えば、「間違いがございましたら、訂正していただけると幸いです」という文章だと、「間違いがあったら、訂正してもらえると嬉しいです」という意味となります。 「幸いに存じます」を使った例文 「幸いです」を更に丁寧に表したのが「幸いに存じます」だと説明しました。 表情や声色が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧に表現する必要のあるメールでは「幸いに存じます」を使った方が良いと言えます。 例えば、「お伺いしたいことがございますので、お時間いただけますと幸いに存じます」という文章だと「聞きたいことがあるので、時間を取ってくれると嬉しいです」という意味となります。 「存じます」を付けることで堅苦しくなると判断した際は「幸いです」に言い換えるなどしてください。 まとめ 「幸いです」は「そうしてくれると嬉しい」や「ありがたい」という意味で、相手に依頼する際や贈り物をする際に多く使われる言葉です。 目上の人へ使える敬語表現ではありますが、状況や相手によっては失礼と捉えられる場合があります。 言い回し方や類語を使って失礼にならないよう注意して使ってください。

次の