バッテリーが危険にさらされている可能性があります。 Androidでウイルスの警告!ホントに感染してる?

スマホのウイルス症状を確認|この症状は危険サイン

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯するのは、 車に流れる電圧が一定の基準値よりも下回っているか、 車の充電状態に異常がある可能性が考えられます。 最近の車は、もはや電気なしで動くことはできないほど、 様々な部品が電気制御されるようになっているので、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)したら、 そのまま放置するのは非常に危険です。 車がまだ動くようであれば、 エンジンを切らずに最寄りのガソリンスタンドや カー用品店などに車を持ち込んで バッテリー周りをチェックしてもらいましょう。 バッテリーは4年を過ぎると突然、充電ができなくなることもあり、 そのせいでバッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯することもあります。 ただ、バッテリー以外にもバッテリーに充電をする電気を発電するオルタネーターや、 エンジンの動力をオルタネーターに物理的に伝えるファンベルトが切れたり 劣化・摩耗といった原因も考えられ、いずれにしても、 早目の修理・メンテナンスが絶対に必要です。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯する仕組み バッテリー警告灯(バッテリーランプ)はエンジンキー(セルモーター)を回した時に 他のランプと共に一時的に点灯する警告灯の一つです。 その後、エンジンが始動すると消灯するのが正常動作ですが、もう少し詳しく言うと、 エンジンとファンベルトでつながっているオルタネーター 発電機 が動作し、 バッテリーに適切に充電されれば消灯する仕組みになっています。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯するということは、• 車に流れる電圧が基準値を下回っている• 車の発電・充電に関わる部品に異常がある という2つの原因が考えられます。 車に流れる電圧が基準値を下回っている バッテリーの電圧は定格(規格)で12Vとなっています。 それに対して車のエンジンを始動させたり、 車を走行させている最中は、オルターネーターの発電によって、 電気部品には14Vの電圧かかっています。 バッテリーよりも高い電圧にすることで、 バッテリーに電気を充電できるようになっています。 けれども発電量に問題があったりエアコンやオーディオなどを 過度に使い続けたりして電力を激しく消耗してしまうと、 オルタネーターだけでは足りずバッテリーに蓄えた電圧も消費し始めます。 それでもさらに発電量よりも電力消費の方が上回った状態が続くと、 車を安全に動かすこともできないほど電圧が下がり、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯が点灯します。 車の発電・充電に関わる部品に異常がある 車に流れる電圧が基準値を下回ってしまうのは、 オルタネーターによる発電量よりも 電力消費量が上回ってしまうことが理由ですが、 オルタネーターが故障している場合、 十分に発電できなくなることがあります。 他にも、オルタネーターとエンジンをつなげているファンベルトだったり、 車の内部を網の目のように走っている電気配線の問題など、 車の発電・充電に関わる部品に異常がある可能性も考えられます。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯するのは、 いずれにしても車の部品のいずれかに問題が起きている可能性が高く、 修理が必要になると思ったほうが良いです。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)点灯原因 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)点灯したまま消えない場合、 バッテリーやオルタネーターなど充電や発電に関わる部品が 劣化・故障している可能性が高いです。 具体的には、• バッテリーの充電不足・劣化・故障• ファンベルト切れ・緩み• オルタネーターの故障• 配線切れ・ヒューズ切れ• センサー・メーターの不良• 冠水などによる水漏れ・漏電 といった不良が考えられます。 バッテリーの充電不足・劣化・故障 バッテリーが劣化してしまうと、いくら充電をしても 電圧が上がりきらなくなってしまうことがあります。 もしくは、バッテリーが故障してしまい、 そもそも充電できなくなっている可能性もあります。 バッテリー寿命はおよそ4年程と言われていて、 4年も過ぎれば実はバッテリーはいつ壊れてもおかしくありません。 エアコンやオーディをガンガンに使っていたり、 むやみにエンジンのON/OFFを切り替えるなど、 バッテリーに負荷をかけるような運転の仕方をしていた場合、 バッテリー寿命が来る前に突然、バッテリーが壊れることもあります。 ファンベルト切れ・緩み 車の電力はオルタネーターと呼ばれる発電機によって発電されていますが、 オルターネーターが勝手に自動で発電してくれるわけではありません。 オルターネーターにエンジンの動力を伝えることで動かす仕組みになっていて、 エンジンとオルタネーターをつなぐのがファンベルトです。 ファンベルトはゴムでできた部品なので、 使えば使うほど摩耗することがあるし、 使用年数が長くなればなるほど劣化します。 ファンベルトが摩耗したり劣化したりすることでファンベルトが緩んでしまい、 エンジンの動力がスムーズにオルタネーターに伝わらなくなることがあります。 もしくはファンベルトが完全に切れてしまうこともあり、 その場合、オルターネーターが完全に動かなくなり、 バッテリーの充電が完全にできなくなります。 ファンベルト切れ・緩みといった異常が生じている場合、 その予兆としてベルト泣きが起きることが多いです。 「キュルキュル」といったゴムを滑らせるような音が、 ボンネットのあたりから聞こえていた覚えがあれば、 ファンベルトに異常が生じている可能性が高い絵です。 オルタネーターの故障 以前に比べるとオルタネーターは頑丈になり 壊れにくくなったと言われていますが、 オルタネーターが絶対に故障しないわけではありません。 車の電気をたくさん使ったりすれば、 オルタネーターにかなりの負荷をかけることになります。 オルタネーターは主に金属部品で構成されているパーツですが、 金属だって使用頻度や使用年数によって劣化してしまいます。 オルタネーターに異常が生じているせいで、 発電量が通常よりも下がっていたり、 もしくはオルタネーターが故障して交換が必要な状態だと、 そもそも充電できなくなっています。 配線切れ・ヒューズ切れ バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯する原因としては、 あまり考えにくいですが、電気配線がどこかで切れていたり、 ヒューズ切れが起きている可能性も考えられます。 電気配線も使用頻度・使用年数によって劣化することがあり、 たとえば、スピーカー配線が切れてしまうと、 車内に設置されている一部のスピーカーからは 音がしなくなることがあります。 ヒューズとは家庭でいう「ブレーカー」に相当する部品で、 エアコンやオーディオ、ライトなどの電装品に 過度な電流が流れたときに電装品の故障を防ぐ部品です。 ヒューズ切れ起きることで、 結果的に一部の電気配線に高い負荷がかかり続けることで、 配線切れをおこし、バッテリー警告灯(バッテリーランプ)点灯原因と なる可能性もあります。 センサー・メーターの故障 バッテリーやオルタネーターといった 発電・充電関連部品には異常ない代わりに、 センサー・メーターの故障が起きている可能性が考えられます。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)は、 一定の電圧を下回ること点灯する仕組みになっているわけですが、 電圧を常時チェックしているセンサーやメーターが故障してしまうと、 電圧は正常値でも異常と判断してしまい、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯することがあり得ます。 エンジン回りの部品であれば、 センサー類の故障が起きるケースは十分に考えられるものの、 発電・充電に関わる部品のセンサーに関しては、 可能性はそれほど高くはありません。 冠水などによる水漏れ・漏電 直近で車のタイヤがすっぽり水につかるほど冠水をしたり、 車の中に水が侵入してしまったことはないでしょうか? もしくは暴風雨などに車がさらされてしまい、 車のどこかに水がたまることで 車の中の電気配線がショートを起こしているかもしれません。 漏電するということは、 余計な部分でどんどん電力が消費されることを意味していますから、 発電量よりも電力消費量が継続して鵜回り続けることになり、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯することがあり得ます。 車の浸水というは、水をしっかり乾かせば元通りになるわけではなく、 意外と厄介な問題だったりします。 綺麗な水であれば良いですが、海水や下水の混じった水だった場合、 車内に臭いがこもってしまい大変なことになることもあります。 特にシートが水をたっぷりと吸い込んでしまったら、 臭いや汚れを完全に取り除くのは非常に難しくなります。 金属部品やゴム部品が長時間に渡って水につかることで、 劣化を速めてしまい、様々な部品が故障しやすくなります。 車には余計な水を侵入させないように 十分に気を付けましょう。 オイルランプも同時に点灯している場合 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯するのと同時か、 もしくはタイミングが少し遅れてオイルランプ警告灯(油圧警告灯)も 点灯することがあります。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)とオイルランプ警告灯には、 ファンベルト切れている可能性が非常に高いです。 エンジン内部へエンジンオイルを供給しているポンプがあるんですが、 オルタネーターと同じファンベルトでつながっていることがあるので、 ファンベルトの異常が同時に複数の部品の働きに異常をもたらし、 警告灯を点灯させることがあります。 バッテリー警告灯が点滅・ついたり消えたりする原因 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が常時点灯しているわけじゃなく、 ついたり消えたりする点滅七エル場合に考えられる原因としては、• バッテリーの劣化• ファンベルトの緩み・劣化• オルタネーターの異常 といった点が挙げられます。 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が常時点灯しているケースとは違い、 オルタネーターがなどが故障しているといった深刻な異常が 発生してはいないと考えられるものの、早目の修理・整備が必要なのは間違いありません。 バッテリーの劣化 バッテリーが故障とまでは行かなくても、 十分に充電できない状態になってしまうことで、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点滅することがあります。 もしくはバッテリーと電気配線をつなげている接点が、 経年劣化などによって緩んでしまい、バッテリーに対してキチンと 電圧がかからなくなっている可能性も考えられます。 関連ページ: ファンベルトの緩み・劣化 ファンベルトが切れているわけではないものの、 ファンベルトが緩んでしまうと、 オルタネーターが正常に動作できなくなります。 オルタネーターの発電量が十分ではなくなってしまうため、 発電量を消費電力を下回ったり上回ったりするようになり、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点滅することがあります。 オルタネーターの異常 オルタネーターは様々な部品で構成されていて、 一昔前はブラシという部品が消耗品のように 良く故障していたようでした。 ただ最近は故障こそしなくなったものの、 オルタネーターの中でブラシは非常に過酷な環境にさらされるので、 摩耗したり劣化しやすい部品の一つです。 オルタネーターを構成している部品に異常が生じることで、 発電量が安定しなくなってしまい、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点滅することがあります。 バッテリー警告灯点灯・点滅のまま放置は危険! バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯もしくは点滅しているのに 車にそのまま乗り続けるのは非常に危険です。 オルターネーターが完全に故障して動かなくなり、 バッテリーに充電している電圧も底をついてしまうと、 車は動かなくなります。 車に電気が流れなくなることで数えきれないほどの症状が起きるんですが、 そのうちのいくつかの症状を上げると、• ヘッドライトやルームランプが暗くなる• エアコンが効かなくなる• ハンドルが重くなる• オーバーヒートしてエンストの危険もある といったものがあります。 ヘッドライトやルームランプが暗くなる ヘッドライトやルームランプなどの照明器具を点灯させるには 当然ですが、電気の力が必要不可欠です。 夜間にヘッドライトの明るさが不十分になってしまうと、 視界不良で運転が危ない状況になってしまうし、 ヘッドライトの整備不良で警察に違反切符を切られてしまいます。 エアコンが効かなくなる エアコンを動かしているのはエバポレーターという冷却器や、 冷えた空気を車の中に送り込むファンなどの部品です。 これらの部品が連動してエアコンが機能しているわけですが、 こうした部品を動かしているのももちろん、電気です。 ただエアコンのファンに関しては、 エンジンの動力をファンベルトで伝えている車種もあります。 エアコンのファンとオルタネーターが 同じファンベルトでつながっていると、 緩んでいたり切れたりすることで エアコンが機能しなくなります。 ハンドルが重くなる 一昔前のハンドル(ステアリング)は油圧式がメインでしたが、 現代では油圧に加えて電気制御も行われています。 知らず知らずのうちに電気の力が運転がサポートされていて、 ハンドル操作をセンサーによって制御することで、 より安全かつスムーズに道路を走れるようになっています。 センサーを動かすにはもちろん電気が必要で、 電力不足によってセンサーが動かなくなってしまうと、 逆にセンサーがついていることが足かせとなってしまい、 ハンドルが重くなってしまうことがあります。 アクセルを踏んでも加速しなくなる アクセルを踏むとエンジン回転が上がって車は加速しますが、 エンジンというのは吸気・圧縮・燃焼・排気の4工程が 高速で行われています。 アクセルを踏むとエンジンへの空気の吸気量が増えたり、 エンジンの燃料であるガソリンが エンジンに供給される仕組みになっています。 ここで、どのくらいの空気を送り込んだらよいのか? どのくらいのガソリンが必要なのか?というのは、 現代の車ではほぼ全て電気制御されています。 たとえば、吸気に関してはスロットルボディという部品が使われていて、 スロットルボディの中でバルブが開閉することで吸気量を調整しているものの、 スロットルボディは電子式が一般的となっています。 吸気量をキチンとコントロールできなくなってしまう結果、 アクセルを踏んでも加速しなくなることがあります。 オーバーヒートしてエンストの危険もある バッテリー警告灯(バッテリーランプ)点灯・点滅で 最も怖いのはエンジンがオーバーヒートしてエンストの危険があることです。 エンジンには様々な部品とともにセンサーが取付されていて、 エンジンの吸気量やガソリンの噴射量などを計測しているほか、 水温計によってエンジン温度も計測しています。 エンジン温度は適度に温まっているとよいものの、 上がりすぎるとエンジンに負担をかけてしまうため、 水温計の計測データをもとにラジエーターから冷却水が エンジンへと循環させる仕組みになっています。 この水温計ももちろん、電子制御されているセンサーなので、 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)点灯・点滅しているということは、 いずれは水温計も機能しなくなります。 水温計が機能しないままぐんぐんとエンジン温度が上がっていくと、 ボンネットから煙を上げてオーバーヒートすることもあり得ます。 もしくは、ファンベルトに異常が生じていて、 オルタネーターとラジエーターが同じファンベルトでつながっていた場合、 やはり、エンジン温度を下げることができなくなり、 オーバーヒートを起こす危険があります。 ファンベルトのゆるみのチェック方法 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯もしくは点滅する原因として、 ファンベルトのゆるみが考えられますが、 素人でもファンベルトのゆるみは意外と簡単にチェックできます。 ボンネットを開けてエンジン回りを見回してみると、 最も大きな部品であるエンジンはすぐにわかると思います。 そのエンジンとつながっているゴムベルトがファンベルトなので、 ファンベルトを手で軽く押してみることで、 緩みを確認することができます。 ファンベルトの張り具合はどのくらいが適切なのかというと、 自動車の整備士のさじ加減によって決まるようですが、 一つの目安としては2㎝以上たわむようならば、 ファンベルトが緩んでいると思われます。 バッテリー警告灯点灯原因の修理代 バッテリー警告灯(バッテリーランプ)が点灯もしくは点滅する原因が バッテリーの劣化や故障であれば、 バッテリーを交換するだけですみます。 バッテリー交換くらいならば素人でもDIYで作業ができるほど簡単で、 バッテリー自体もイエローハットやオートバックスなどで、 5000円程度のの価格で手に入れることができます。 バッテリー交換の修理代は1万円もあれば済むと思われます。 ファンベルトのゆるみだった場合には、 ファンベルトの調整をするだけで良いので 修理代は5000円~1万円程度で済むでしょう。 けれどもファンベルトがキュルキュルとベルト鳴きしているような場合、 ファンベルト自体の劣化も考えられます。 ファンベルトが切れている場合と同様に交換の必要がありますが、 ファンベルト自体の部品価格は5000円程度で安く、 ファンベルトの設置もそれほど大変な作業ではないので、 1万円~2万円が修理代の目安です。 ファンベルト以外に原因がある場合、たとえば、 オルタネーターの不良や故障だと、原因究明に時間がかかるし、 オルタネーター自体の部品代も高いうえに、 オルタネーターは交換を想定されていない部品なので、 作業時間が長くなり工賃も高くなりがち。 オルタネーターの交換修理については、 こちらの記事で詳しく解説しています。

次の

iPhoneの寿命が3年って本当? 寿命がきた時の症状からバッテリー交換まで詳しく解説

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

こんな画面がいきなり出てきたらびっくりしてしまいますよね。 「なんだなんだ!?」 「書いてあることがわけわからん」 「危険にさらされている!?」 「googleっていかにもだぞ」 などなど… 人間予想していない情報が突然現れると、当然混乱しますし、恐怖します。 そして、この手の「広告」は、ちょっとアンダーグラウンドなところによく設置されていたります。 (最近は某有名自転車販売業のお店(私が常連)がこれをやられていましたが…) そのため、実際に見ている人は後ろめたいところがあるため、それを隠してしまいたいという心理も働いています。 すると、ついついインストールしてしまったり、、「OK」をタップしてしまいがちなのですが… この類の「罠」の目的は、何らかのアプリを「インストール」をさせることが基本的に目的です。 なので、インストールをしてはいけません。 上述の何らかのアプリというのは、例えばクレジットカード番号を勝手に送信するものであったり、住所録を勝手に送信するものであったり、アカウントやパスワードを勝手に送信するものであったりします。 ウイルスによる破壊も一部はあるようですが、あまり「お金」にはなりにくいものですよね。 その他には広告アプリを入れたりとか、アフィリエイト(紹介金みたいなもの)が発生するアプリをダウンロードしてもらったりとか… いずれにせよ、繰り返しにはなりますが、何らかのアプリをインストールしてもらうことが目的です。 逆に言えば、インストールをしなければさして問題はありません。 これだけで一冊本が書けちゃうくらいのタイトルなのですが… ここでは簡単に。 不安・恐怖を感じると人はどうするのか? 当然ですが、解決しようとします。 心にずっと不安・恐怖があるのと、穏やかになること、どっちがいいなんて選ぶまでもありません。 そして、人間は安心を得るために結構な労力を払えたりします。 このような手口は、画面の上の方で不安を煽り(危険にさらされているとか、ウイルス感染したとか)、言ってしまえば大事な携帯電話を「人質」にとるわけです。 そのうえで、画面下の方で「タップすれば安全・安心だよ」というメッセージを出し、インストールをさせようとするものです。 昔からある詐欺の手口と言えば手口ですが、やはり人類という種はそう簡単に変わるものではありません。 突然に不安を煽られたことによりタップしてしまう(詐欺の手口にひっかかってインストールしてしまう)ということもあるでしょう。 実に巧妙な手口ですね。 では、どのように対処したらよいか? 実際の対処は既に述べた通りですが、心の上では正しい知識を持つということがまずは必要です。 正しい知識があれば不安になることもありませんし、インストールすることもありません。 また、証拠を残した上で(スクリーンショットをする)、他の事例がないか冷静になって探してみるのも必要です。 (当サイトでもそういった方に安心がお届けできればと思って、ブログ記事アップしております) 正しく理解できれば、対処も自ずと見えてくるものです。 今回はスマートフォンの話題でしたが、実際にはメンタル的な問題も時に同じことが起こりえます。 不安・恐怖で日常的にお困りのことがある方も、ひょっとしたらカウンセリングを通じたご自身の理解によって、改善が見てくることもありますよ? ご興味あれば、 Facebookの方、シェアしていただけると励みになります。 よろしくお願いします。

次の

バッテリー警告灯点灯!バッテリーランプ点滅で消えない原因と修理代

バッテリーが危険にさらされている可能性があります

Androidを使う上で 注意する必要があるのが『ウイルス』です。 ブラウザ上に突然出てくる 『ウイルス感染』の表記ですが 実際、本当に感染してるかはわかりません。 そのウイルス感染が 本物かわからないということは• ニセモノだと思って放置したら、 LINEが乗っ取られ、 個人情報なども盗まれた。 本物だと思い、指示通り アプリをインストールしたら 本当にウイルスに感染した。 といったリスクも考えられるのです。 Androidを使っている以上 携帯ウイルスの対策をしておかなければ 自分の身を危険にさらすことになります。 ここでしっかりと予防・対策の方法を 確認していってください。 Androidスマホでウイルス感染の警告画面!詐欺と本物の見分け方 出典: Androidスマホでは実に様々な方法で ウイルス警告を出してきます。 ブラウザでネット閲覧中• トロイの木馬ウイルスに感染しました• セキュリティ証明書に問題があります という表示が突然出たり、• ウイルスを削除してください• クリーナーアプリをインストールしてください などの指示や、• スマホ本体をロックしてくる• スマホをが勝手に操作される• 個人情報や通信データを外部へ送信• 迷惑メールを大量に送ってくる などのアクションを起こしてきます。 どれも『携帯ウイルス』と聞くと 主な症状として紹介されますが、 全てが本物というわけではありません。 半分が本物で半分が偽物です。 ではどれが本物で どれが偽物なのか… それは以下の通りです。 本物 偽物• ウイルスを削除してください• スマホ本体をロックしてくる• スマホをが勝手に操作される• 個人情報や通信データを外部へ送信• 『トロイの木馬ウイルスに感染しました』• 「クリーナーアプリをインストールしてください」の表示 迷惑メールも内容によっては 気をつけなければいけません。 現在ではドコモやau、ソフトバンクなどの 大手キャリアの名前や YahooやDMMの名前を語った メールが送られてきます。 例えばこんなメールです。 出典: 出典: 見たことあるという人も多いのでは? ソフトバンクの迷惑メールに関しては メール内容に記載のある URLにも『softbank』の文字が… 正直初めて見たとき、 ショップ店員だった私でも 一瞬信じそうになってしまいました。 大手キャリアからのメールは 送信元が決まっているため、 それ以外からの送信元のメールは 全て偽物です。 が、URLをタップしてしまうことで ウイルスに感染することがあるので 注意しましょう。 ではそのほかのもので 本物と偽物を見分ける方法って どこなのでしょうか? それぞれ見ていきましょう! 本物の警告画面の場合 まずは本物の警告画面から 確認していきましょう。 正直、これさえ覚えておけば それ以外の警告は 偽物と考えても良いでしょう。 本物の警告画面では 以下のような表示が出てきます。 ブラウザ表示で アプリを『削除』するように促す• 新規アプリをインストールした際に 『検知の警告』と『削除』を促す• ウイルス対策アプリを起動中に 『検知の警告』と『削除』を促す これらを見て共通して言えることは アプリを『削除』させようとしていることです。 インストールではなく 削除をさせるように促してくるのです。 嘘の警告画面の場合 次は偽物の警告画面です。 偽物の場合は 以下のような特徴があります。 ブラウザに警告が出る• 不安を煽るような文言が表示 ウイルス感染、システム破損、ファイル損失など• 変な日本語で書かれている• カウントダウンが表示• ウイルス駆除のための クリーナーアプリのインストールを促す• 連絡を求めてくる これらのようにウイルス感染を理由に 利用者を騙す手口を『 Fake AV』、 利用者を煽る手口を『 Fake Alert』と呼び、 ウイルス対策アプリやウイルス入りのアプリを インストールさせるのが狙いだと 言われています。 そもそも、 スマホのブラウザや Googleには ウイルスに対し検知し、 警告を発するという機能は 搭載されておりません。 また、セキュリティソフトを インストールしてない限り、 ウイルス感染警告が 表示されることはありません。 だからこそ ブラウザで ウイルス警告をすることがおかしいのです。 携帯がウイルス感染してるか調べる方法とその対処法 ここまで本物と偽物の警告の違いを ご紹介していきました。 では実際に自分のスマホが 携帯ウイルスに感染しているのかを 調べてみましょう。 ウイルスには水面下で働くものと 表立って騒ぎ立てるタイプがあります。 どちらにしても セキュリティソフトで 本体をスキャンすることで 確認することができます。 そして調べた結果、 もしウイルス感染していたら どんな対処をすればいいのでしょうか? 本物だった場合と 偽物だった場合の対処法を それぞれ紹介していきます。 本当にウイルス感染していた時の対処法 ウイルス感染が発覚した場合、 ウイルス対策ソフトで駆除しましょう。 ウイルスバスター• マカフィー• ノートン• 携帯キャリアが行なっている セキュリティサービス など、信憑性が高いソフトを使用します。 よく『 無料で使用できます』といった ソフトもありますが、 セキュリティ面では不安が残ります。 多少、金額がかかりますが、 ウイルスに感染したことで 自分が加害者になってしまうこともあります。 早急にウイルス対策ソフトを入れて 検知・駆除しましょう。 偽物のウイルス感染警告が出た時の対処法 偽物が出た場合は、 アクションの仕方を失敗すると 本当にウイルス感染することがあるので 最新の注意を払いましょう。 手順としては以下の通りです。 表示された警告を 『OK』などを押さずに ブラウザごと閉じる• ブラウザが閉じれない場合は 強制終了や電源再起動を行う それでも出る場合は、 ブラウザの履歴やクッキーを 全削除しましょう。 この状態ではまだ ウイルスは感染していません。 ですがここで『OK』をタップしてしまうと 携帯ウイルスに感染したり、 クリーナーアプリなどの インストールが開始されてしまいます。 これで感染してしまっては 調べた意味がなくなるので注意しましょう。 スマホのウイルス警告!こんな文字が出る場合の原因&対処方法 出典: セキュリティソフトを導入していても ウイルス警告が表示される場合、 『 ウイルスに感染した?』と より疑いたくなります。 ウイルス警告は セキュリティソフトが入っていても 表示されます。 しかし、だからと言って 『どうせ偽物でしょ』と たかをくくってはいけません。 セキュリティソフトでも ウイルスを検知すれば もちろん警告が出ます。 そのため出た警告には 一つ一つ確認をする必要があります。 ではよく表示される ウイルス警告が出る原因と対処法を 確認していきましょう。 あなたのデバイスが遅いかもしれません こんな感じで 『 デバイスの速度が低下するかも』と 警告を出してくることがあります。 それはスマホに入っていない クリーナーアプリを更新してね〜 ということ。 特に意味もなく 適当に表示されているものになります。 自身のスマホに クリーナーアプリが入れてない人なら 『あれ?入ってたっけ??』と思いながら 『OK』を押す人がいます。 クリーナーアプリが入っている人でも 『あれ?更新したんだ??』と思い 『OK』を押してしまいます。 ですが、これは 偽物のウイルス警告ですので、 決して『OK』を押してはいけません。 スマホが危険な状態です 『危険な状態です』 なんて文言が出てきたら焦りますよね 汗 そして信憑性を上げるためなのか Androidのキャラまでも載っています。 これを信じるなという方が難しいです… しかしこれは詐欺アプリです。 ここで『今すぐダウンロード』の 文字をタップすることで 不正アプリをインストールさせられることが… これが表示される原因としては• 広告をクリックしてもらって 広告費を得る• 任意のアプリをダウンロードしてもらう の2つがあります。 これはユーザーのためではなく 掲載主のためのものです。 そしてここでインストールしたり、 サイトに飛ぶことで ウイルスに感染してしまいます。 そのため、絶対にタップしてはいけません。 あなたのスマホはウイルスに感染した可能性があります これはよく見かける 代表的なウイルス警告です。 何度も何度も繰り返し表示される この警告ですが、 これも特に表示される理由はありません。 しかし、この警告で表示されるアプリは 決してダウンロードしてはいけません。 ただのクリーナーアプリの場合もありますが マルウェアが埋め込まれた アプリの可能性もあるため、 触ってはいけません。 ウイルスに感染しているかもしれません これもよく見かける ウイルス警告ですね。 『ウイルスに感染しているかも』と ユーザーの不安を煽って クリーナーアプリをダウンロードさせる Fake Alertの一種です。 これも本物のウイルスが 感染しているわけではないので 表示されていても無視するのが一番です。 アプリがウイルスを運んでいます これも偽物の警告文で、 不安を煽るFake Alertの一種です。 とにかくユーザーを不安にさせて 特定のアプリを インストールさせたいだけなので、 表示されたとしても無視しましょう。 また、これらと一緒に バイブが鳴ることもありますが、 これは乗っ取られたわけではありません。 これに焦って操作をするのではなく、 常に落ち着いてブラウザを閉じるなどの 対策をとりましょう。 Androidスマホから変な音が鳴る!この警告音はどういう意味? ウイルス警告の中には、 警告文とともに音がなることがあります。 『 警告音=危険』と判断することが多い 私たちですが、 ウイルス警告とともに鳴る場合は 特に危険というわけではありません。 警告文と一緒に鳴らすことで、ユーザーに• 危険だからページを閉じないでね〜• 危険だからアプリをインストールして 安全な環境にしましょうね〜 と思い込ませることが目的なのです。 実際の警告音はこんな感じのようです。 誰でも警告音と警告文が出れば つい焦って表示されているアプリの インストールをしようとしますが、 むしろそれに従ったほうが危険なのです。 そもそもAndroidの携帯ウイルスってどんなもの?iPhoneにはないの? 昔からPCなどで『ウイルス』という 単語はよく出てきました。 それこそ感染すると• 乗っ取られる• 個人情報が盗まれる という被害はよく報告されていましたが、 では携帯のウイルスではどうなのでしょう? これもPCと似ていますが、 感染した場合以下のことが起こります。 スマホが乗っ取られる SNSやメールを勝手に送信 電源が勝手に切れる• 個人情報が盗まれる 電話帳・口座情報 通話やデータ通信の傍受• プライバシーの侵害 盗撮・盗聴・位置情報• スマホにロックがかかり操作ができない 解除のための入金を要求 今はスマホは生活の必需品。 そのスマホ端末には 様々が情報が記録されています。 それこそ、個人情報という名の 宝の山と言えます。 では同じスマホでもiPhoneはどうでしょう? iPhoneはAndroidのスマホと比べ、 ウイルス数のとても少なく、 アプリを公開するのためには とてもたくさんのハードルを 越えなければいけないため、 アプリ経由でウイルスに感染することは ほぼなく、安全に使用できます。 ですが、ブラウザやWi-Fiを経由して ウイルス感染する恐れもあるため、 100%安全とも言い切れないのが事実です。 本物のウイルスに感染しやすい経路とは?感染したらどうなる? どんなに注意を払っていても、 スマホがウイルスに感染してしまうことは あり得ることです。 というのも、 スマホがウイルスに感染するのは アプリからだけではありません。 ブラウザでインターネットを閲覧中• 公共のフリーWi-Fiを使用した などでもウイルスに感染するのです。 そしてインターネットサイトは ピンクなサイトだけでなく、 一見問題のなさそうなブログなどでも 感染することがあります。 Androidのスマホで使用できるアプリは iPhoneと比べ審査基準が厳しくないため、 作ろうと思えば誰でも作成できます。 ということは、 ウイルスを仕込んだことをバレずに その審査にさえ合格できてしまえば、 ウイルス付きのアプリが 世の中に出回ることになるのです。 そして実際にウィルスにかかると こんなことが起こるようです。 以下の動画をご覧ください。 ユーザーが操作してないのに、 スマホが動いてる! 操作してもいうことを聞かない!! こうなってしまったら 原因のウイルスを駆除するか 初期化しないと治すことはできません… ウイルス詐欺の標的になった原因は?引っかかったらどうなる? スマホ上でのウイルス詐欺の対象は ランダムです。 『よし次はコイツだ!』 と狙いを定めてくるわけではありません。 そのため、標的になった人に 何か原因があったわけではなく、 たまたま標的になっただけなのです。 だからこそ、 ユーザーからしてみれば 急にきたウイルス警告に驚き、 慌てて操作するからこそ、 ウイルス詐欺に引っかかるのです。 ですので、 いつかは自分にもくるかもと肝に銘じ、 本当に警告がきたら、冷静に対処しましょう。 もし引っかかってしまった場合も、 一旦落ち着いて、 今の自分のスマホがどんな状態なのかを 把握するために、 一度ウイルススキャンを行いましょう。 そこでウイルスに感染してなければ ラッキーですし、 もしウイルスに感染してしまっていたら そのままセキュリティソフトで ウイルス駆除をしてしまいましょう! Androidスマホでウイルス警告が出ないためにできる予防とは できることなら出て欲しくない ウイルス警告ですが、 これを予防することはできないのでしょうか? ウイルス警告を予防するということは ウイルス自体にも気をつける ということになります。 そのためにAndroidユーザーに 気をつけて欲しいのは以下のものです。 クリーナーアプリなどの キャッシュ・メモリ系アプリ• 野良マーケット・アプリ• アプリへの許可権限• デベロッパー 一体どうゆうことなのかは 次項で順番に解説していきます。 アンドロイドクリーナーなどキャッシュ・メモリ系アプリは要注意 アンドロイドクリーナーなど 『 キャッシュや不要ファイルを削除して 高速化するアプリ』は 特に注意を払う必要があります。 というのも、これらのアプリのほとんどは キャッシュやファイルを削除するのではなく、 そこから個人情報を入手するアプリなのです。 だからこそ、Fake Alertで インストールを促されるというわけです。 野良マーケット・アプリを避ける Androidのウイルスの多くは 悪意あるアプリに入り込んでいます。 そのため、アプリをインストールする際には そのアプリが安全なのかどうかを確認してから インストールする必要があります。 Androidスマホのアプリを扱うサイトには Google直営で信頼がおけるGoogle Playと、 信頼のおけない野良サイトがあります。 その野良サイトには 特に不正なアプリが入り込みやすいので、 公式サイトを使用して アプリのインストールをしてください。 アプリへの許可権限の確認 アプリを使用する際には そのアプリがどの情報をアクセスしていいのか 設定上で許可することができます。 例えば『LINE』であれば大半の人は 連絡先・カメラ・写真・マイク・位置情報 のアクセスを許可しています。 そうしないとLINEの機能で 使えないものが出てくるからです。 ですが、全てのアプリで 全てのアクセスを許可してしまうと、 不正アプリでも 電話帳などへ簡単にアクセスできるのです。 そのため、どのアプリで どのアクセスを許可するのかは 必ず確認をしておきましょう。 ディペロッパーの確認 アプリをインストールした際は、 デベロッパー アプリの製作者 が 信頼できるかどうかの確認も重要です。 誰でも知ってる企業と、全くの無名の企業 どちらがリスクが大きいですか? 無名の企業の方が信頼性にかけますよね? そのため、デベロッパーも確認事項としては 必須となっていきます。 しかし、中には デベロッパーを詐称するところもあるので 名前だけで鵜呑みにするのではなく レビューなどから総合的に判断しましょう。 まとめ いかがでしたか? ウイルスの警告が本物なのか についてご紹介していきました。 ウイルス警告には偽物もあり、 セキュリティソフトを入れていないのに ブラウザ上でウイルス警告が出る場合は 偽物のことが多いです。 というのも、スマホには 本体側でウイルスを検知する力はなく、 もし、ウイルスに感染していても 自己申告はしてきません。 表面に出てくるときはすでに スマホにロックがかかったり、 乗っ取られている場合がほとんど。 そのため、ウイルス警告のほとんどは 偽物であることが多いのです。 そして中にはGoogleの名を 語ったウイルス警告も…! そんなときはこちらを参考にしてください。 少しでも怪しいと思ったら 自己判断はせずに まずはセキュリティソフトで スマホをスキャンしてみましょう。 そこで検知されればウイルスですし、 検知されなければ偽物です。 そして、 ウイルスに感染していたのであれば 早急に駆除をしましょう。 ウイルスに感染したまま放置すると 場合によっては自分の個人情報を 勝手に利用され、 被害者であるにも関わらず、 加害者になってしまうことがあるからです。 そんな携帯ウイルスを駆除する オススメのセキュリティソフトについては こちらをご覧ください。 スマホに対する知識を持っておかないと 簡単に騙されてしまいます。 ウイルスに感染すると自分だけではなく、 家族や友人にも迷惑をかけてしまうので 予防というネチケットはしっかりと 自ら行っておくことをオススメします。

次の