順 ずる 意味。 「準じる」とは?意味や使い方を解説!

準じるの意味と使い方|具体的な使用文例・准じる/順じる

順 ずる 意味

<ずるの韓国語例文> ・ 人の心っていうのは本当に ずるいですよ。 ・ 彼は ずるい人だ。 ・ 被災者支援に私財を投 ずる。 ・ ずるくてせこい人に巻き込まれたくない。 ・ 忙しいことを言い訳に ずる ずるした。 ・ 彼女の美人局はすべての男たちに通 ずる。 ・ ずるい人は世の中にあふれている。 ・ 弱い人間は ずるい人間に利用されやすい。 ・ ずるい人は嫌です。 ・ この映画で彼が演じる役割は ずるがしこい。 ・ 彼はとても ずるい人間だ。 ・ ずるいことをする。 ・ 対策を講 ずる。 ・ このようなものを禁 ずる法はありません。 ・ ずる ずると返事をのばしているうちに2ヶ月たってしまった。 ・ ずる ずると返事をのばしている。 ・ 重い荷物を ずる ずるとひき ずる。 ・ 風邪を引いて、鼻水が ずる ずる出て止まらない。 ・ 交渉を引き ずる。 ・ 本棚を ずる ずると引きずって移動させた。 ・ 避けては通れないことをズルズルと引き延ばす。 ・ 犬が足をズルズル引きずって歩いている。 ・ 足を引き ずる。 ・ 権謀術策に長 ずる。 ・ 死を軽ん ずる。 ・ 生命を軽ん ずる。 ・ 人を軽ん ずる。 ・ たまに ずるい人が割り込むのでむかつく。 ・ あいつはホントに ずるがしこいやつだ。 ・ 体面を重ん ずる。 ・ 詩を吟 ずる。 ・ 切実に感 ずる。 ・ 面倒で ずる ずる先延ばしにしてしまいました。 ・ 明日から勉強しようと決心しても、結局はズルズル先延ばしてしまう。 ・ 次善策を講 ずる。 ・ 裁判所に出頭を命 ずる。 ・ 予防策を講 ずる。 ・ 強制的に引き ずる。 ・ ずるける。 ・ 収拾策を講 ずる。

次の

「準ずる」の意味と使い方5つ・「順ずる」は「準ずる」と同じか

順 ずる 意味

スポンサーリンク 準ずる・順ずる・准ずる。 これらの意味に違いは?使い方を説明! 普段よく耳にする言葉だけれど、いざ書こうとすると漢字が思い出せない、ということは良くあるのではないでしょうか。 漢字1つ異なるだけで、意味が大きく異なってきてしまうこともあります。 例えば以下のような場合、「」内のひらがなを漢字に直すとどうなるでしょうか。 この件の処理につきましては既に前例がありますので、それに「じゅんずる」ことになります。 契約職員のAさんは、正職員に「じゅんずる」待遇です。 「〜にじゅんずる」という言い方は、ニュース等で頻繁に聞かれるほか、オフィスや学校での使用頻度も多いことでしょう。 ここでは、混同して捉えられがちな「準ずる」「准ずる」「順ずる」それぞれの意味とその違いについて説明します。 「准」は「準」の俗字(世間では通用しますが、正確ではない漢字のこと)であり、「準ずる」と「准ずる」は同じように使うことができます。 辞書などには、「準ずる・准ずる」と併記されています。 その意味として… 1. ある基準を標準として考える。 のっとる。 ならう。 なぞらえる。 同等の扱いをする。 …とあります。 先ほど挙げた例文を改めて見てみましょう。 については「前例を基準として処理をする」 2. については「正職員と同じような待遇である」と言い換えることができます。 つまり、どちらも準か准を使用すべきであることがわかります。 しかし「順ずる」という表記については、広辞苑・第六版に記載がありません。 順ずるは、準ずる・准ずるの誤用であるからです。 順という字は、順(したが)うと読むこともできます。 このとおり、「ルールや教えにしたがう」という意味があります。 準ずるの1. の意味とよく似ています。 そのため、混同して使用されやすいのかもしれません。 準・准という字が基準になぞらえる、物事の例となるものに合わせて扱うという意味であるのに比べ… 順には従順や帰順という言葉があるように、「その規定や意図通りにする」という少し強いニュアンスが含まれています。 浄土宗には、「順彼仏願故(彼の仏の願いに順ずる)」という言葉があります。 阿弥陀仏の願いに順って念ずるということですから、教えに従うという強い意志がそこには込められています。 このように漢字の意味をひも解いていくと、その違いを捉えることができます。 しかしながら、混同して使用されていくなかで、順ずるも将来的には一般的な言葉となっていくのかもしれません。 スポンサーリンク.

次の

準じるの意味とは

順 ずる 意味

キャストパズルを解く人々 パズルのテーマは『 外せますか? 戻せますか? 「知恵の輪」をモチーフにしており、基本的には複雑に組み合わさった2つ以上からなるパーツを分解し復元することを目的とするパズルである。 従来の「知恵の輪」と呼ばれるもののほとんどが複雑に曲げられたで構成されていたのに対し、はずるは材質として合金を採用し、によって成型され製造される。 製造工程を(die-casting)と呼ぶことから、発売当初の商品名を「キャストパズル」とした。 監修はが担当した。 はずるが開発された発端は、芦ヶ原が「現代版の鋳造パズル」の企画を提案し、株式会社ハナヤマがその企画に賛同したことから始まる。 19世紀後半にイギリスで起こったパズルブームのひとつに「鋳造された金属のパズル」があり、自身の所有する膨大なパズルコレクションの中からそれを見た芦ヶ原は、「過去の名作鋳造パズルを創作を加えて近代パズルとして復刻する」という企画を発案した。 こうして1983年にキャストパズルシリーズ第1弾となる『CAST KEY』『CAST A. C』『CAST STAR』の3作品が発表された。 この作品が好評だったので、「キャストパズル」シリーズとして続編が発売された。 続編には過去の名作だけではなく、新しく設計された新作も多く発売されている。 2020年6月現在、キャストパズルシリーズが65作品、キャストパズルプレミアムシリーズが1作品販売されている。 2016年、同年7月5日からシリーズ名称を「はずる」に変更し、同時にパッケージデザイン・・が改定された。 また、キャストパズル以前の作品には、それぞれ漢字一文字のテーマが設定されていた。 テーマが付けられるようになったのは2002年からで、それ以前に発表された作品は芦ヶ原がそれぞれにテーマを設定した。 シリーズ名称を「はずる」に変更して以降は、漢字一文字のテーマは付されなくなった。 難易度 [ ] 作品それぞれには、の協力のもと、そのパズルを解くために必要とされる能力を指数化した独自の難易度が設定されている。 設定値は1(易しい)から6(難しい)の6段階となっており、難易度別にパッケージの色が分類されている。 パズルを解く"楽しみ"と"苦しみ"を充分に味わっていただくため、との理由からパッケージには解答図が入っていないが、公式サイトより申し込むことで解答図が送られてくる。 過去の難易度 [ ] 発売当初は難易度のバロメーターは設定されておらず、難易度の易しい作品から順番に通し番号が付けられていただけであった。 その後1997年頃から「初級」「中級」「上級」の3段階に、2000年頃から星1つ〜5つの5段階評価に、2002年頃から6段階評価になった。 2012年頃から右脳的なひらめき力が必要とな「ひらめき指数」、左脳的な論理的思考が必要となる「論理指数」、その二つの値を総合した全体的な難易度を表す「総合難易度」の3つであらわされるようになった。 この総合難易度制への移行に伴い、難易度の変更や廃盤化などが行われてた。 2016年の「はずる」への名称変更に伴い、難易度は6段階制に戻されている。 シリーズ [ ] 2018年現在、はずるには、通常の「キャストパズルシリーズ」と、「プレミアムシリーズ」の2シリーズが販売されている。 プレミアムシリーズ 2015年7月販売開始。 通常のシリーズ作品よりも、大型に設計され価格も高くなっているシリーズ。 発売当初は6作品販売されていたが、2020年現在は1作品のみ販売。 2016年12月からは、テレビ特撮作品の「」とコラボレーションした商品も販売されている。 パッケージも、ウルトラシリーズをイメージした独自のデザインになっている。 また、過去には以下のようなシリーズが販売されていた事がある。 ストラップシリーズ ストラップ用に開発された小型のキャストパズルシリーズ。 1999年販売開始。 ほとんどは通常版をそのままに小型にしたものだが、『CAGE』は通常版から大幅に形状をリメイク。 また『SWEET』は当時新作として発表され、その後『CAST DOLCE』としてリメイクされる。 マリンシリーズ• マリンキャストシリーズ 海の生物をモチーフにしたキャストパズル。 元々は「マリンシリーズ」として小型のキーホルダー用に開発され、上記の「ストラップシリーズ」と同時期に販売された。 その後2010年に、「マリンシリーズ」をサイズを大きく変更しリメイク。 「マリンシリーズ」から解法は大きく変わってはいないが、各作品のタイトルが変更された他、キーホルダー用の穴が排除され、サイズが大きくなっている。 マリンキャストシリーズ全作のデザインは、日本の造型家Akio Yamamotoが担当した。 ディズニーキャラクターキャストパズル キャストパズルとのコラボレーション商品。 既存のキャストパズルが、を模してリデザインされている。 しかしながら2012年のパッケージリデザインに伴い、「マリンキャストシリーズ」は通常シリーズに統合され、また「ストラップシリーズ」「ディズニーキャラクターキャストパズル」は廃版となっている。 作品一覧 [ ] 以下、レベル別に記載する。 同じ難易度のものは、はずる公式サイトで紹介されている順に記載する。 レベル1 [ ] パッケージは白色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 ULTRA SSSP EMBLEM SHOOTING STAR (ウルトラマン 科学特捜隊流星マーク) 2017年9月 Scott Elliott (アメリカ) 『』に登場する、科学特捜隊の「流星マーク」をモチーフとしている。 パズルのギミックは『CAST DIAMOND』を元に設計されている。 CAST A. C (キャスト・エービーシー) 1983年9月 芦ヶ原伸之 (日本) 曲 最初に販売された作品の1つ。 1911年にイギリスで発表された名作パズルに、芦ヶ原伸之が修正を加えたもの。 2012年に廃盤となったが、2018年6月に復刻した。 CAST DIAMOND (キャスト・ダイヤモンド) 2016年7月 Scott Elliott (アメリカ) CAST LOOP (キャスト・ループ) 2007年9月 Vesa Timonen (フィンランド) 合 2007年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Puzzlers' Award(参加者投票1位)」受賞作品。 作品は購入時は不完全な状態で封入されており、完全な状態に復元することが目的のパズル。 動物の皮製の紐が同梱しており、アクセサリーとしても使用できる特殊なパズルである。 CAST FLAG (キャスト・フラグ) 1994年 芦ヶ原伸之 (日本) 旗 過去の名作パズルの復刻版で、1898年のアメリカ特許( )。 2012年に廃盤となったが、2018年9月に復刻した。 レベル2 [ ] パッケージは黄色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 CAST SNOW (キャスト・スノー) 2020年1月 Kyoo Wong (香港) CAST DOT (キャスト・ドット) 2017年7月 Akio Yamamoto (日本) CAST HARMONY (キャスト・ハーモニー) 2012年11月 Dmitry Pevnitskiy Kirill Grebnev (ともにロシア) 奏 2010年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Puzzlers' Award(参加者投票1位)」受賞作品。 CAST BOX (キャスト・ボックス) 2012年9月 Yuta Akira (日本) 箱 発表時のタイトルは『Simple Solid Ring Maze』。 キャストパズルでの発売に当たって改題した。 CAST KEYII (キャスト・キーII) 2006年3月 Otake,Wong 鍵 1983年発売『CAST KEY』の後継作品であるが、『CAST KEY』は2012年に廃盤になっている。 CAST HORSE (キャスト・ホース) 1984年 芦ヶ原伸之 (日本) 馬 過去の名作パズルの復刻版。 レベル3 [ ] パッケージは緑色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 ULTRA BETA CAPSULE (ウルトラマン ベーターカプセル) 2017年9月 芦ヶ原伸之 (日本) 『ウルトラマン』にて、ハヤタ・シンがウルトラマンに変身する際に使用する「ベーターカプセル」をモチーフとしている。 パズルのギミックは『CAST CAGE』を元に設計されている。 CAST SHIFT (キャスト・シフト) 2017年2月 小谷善行 (日本) Kirill Grebnev (ロシア) CAST GALAXY (キャスト・ギャラクシー) 2014年7月 (アメリカ) 捻 2013年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Jury Honorable Mention(佳作)」受賞作品。 CAST VIOLON (キャスト・ビオロン) 2003年10月 室井忠夫 (日本) 弦 デザインの基となったのはJoseph L. Litleの発明で、1965年のアメリカ特許( )。 キャストパズル化に当たってその特許のデザインに、芦ヶ原伸之と日本のパズル作家・が手を加えた。 CAST O'GEAR (キャスト・オーギア) 2002年 Oskar Van Deventer (オランダ) 歯 2001年開催の『第1回世界パズルデザインコンペティション』で「Honorable Mention(佳作)」入賞作品(受賞時のタイトルは『Sunflower』)。 CAST DOLCE (キャスト・ドルチェ) 2002年 Akio Yamamoto (日本) 美 ストラップシリーズの1つ『SWEET』のリメイク。 解法は大幅に変更されている。 CAST CAGE (キャスト・ケージ) 1997年 Professor Bakalar (チェコ) 籠 過去の名作パズルの復刻版。 CAST STAR (キャスト・スター) 1983年 芦ヶ原伸之 (日本) 星 最初に販売された作品の1つ。 19世紀末にあったという名作パズルの復刻版。 CAST SLIDER (キャスト・スライダー) 2019年6月 Vesa Timonen (フィンランド) CAST ARROWS (キャスト・アローズ) 2018年6月 Andrei Ivanov (ロシア) レベル4 [ ] パッケージは青色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 ULTRA GUARD EMBLEM (ウルトラセブン ウルトラ警備隊エンブレム) 2017年8月 Vesa Timonen (フィンランド) 『』に登場する、ウルトラ警備隊のエンブレムをモチーフとしている。 パズルのギミックは『CAST CYLINDER』を元に設計されている。 CAST HEXAGON (キャスト・ヘキサゴン) 2015年5月 MINE. Uyematsu (植松峰幸、日本) 巡 2014年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Jury Honorable Mention(佳作)」受賞作品(受賞時のタイトルは『Claws of Satan』)。 CAST TWIST (キャスト・ツイスト) 2013年10月 Oskar Van Deventer (オランダ) 搦 発表時のタイトルは『Snake Ball』。 CAST COIL (キャスト・コイル) 2011年1月 Edi Nagata (日本) 回 発表時のタイトルは『Twin Snake』。 以前の難易度は3。 完成形が二通りあるが、キャストパズルでの発売に当たって示されたものは一つのみ。 CAST COASTER (キャスト・コースター) 2006年3月 Serhiy Grabarchuk (ウクライナ) 結 復元型パズル。 CAST L'OEUF (キャスト・レフ) 2004年3月 Oskar Van Deventer (オランダ) 玉 作品タイトルはフランス語で「卵」の意。 CAST BAROQ (キャスト・バロック) 2003年11月 Akio Yamamoto (日本) 楽 の楽曲『』の絡み合うメロディからイメージを得たという作品。 CAST HEART (キャスト・ハート) 2001年 恋 過去の名作パズルの復刻版。 CAST RING (キャスト・リング) 2000年 芦ヶ原伸之 (日本) 環 復元型パズル。 原作は15世紀頃にあった「パズル指輪」で、1887年のアメリカ特許( )にもなっている。 レベル5 [ ] パッケージは黒色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 ULTRA EYE (ウルトラセブン ウルトラアイ) 2017年8月 芦ヶ原伸之 (日本) 『ウルトラセブン』にて、モロボシ・ダンがウルトラセブンに変身する際に使用する「ウルトラアイ」をモチーフとしている。 パズルのギミックは『CAST NEWS』を元に設計されている。 CAST PADLOCK (キャスト・パドロック) 2016年1月 JinHoo Ahn (韓国) 頑 2014年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Jury Honorable Mention(佳作)」受賞作品(受賞時のタイトルは『Cassette』)。 CAST RATTLE (キャスト・ラトル) 2010年9月 ブラム・コーエン (アメリカ) 緩 2010年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Jury Honorable Mention(佳作)」受賞作。 以前の難易度は4。 CAST EQUA (キャスト・エクア) 2008年9月 Oskar Van Deventer (オランダ) 天 発表時のタイトルは『Space Rings』。 発売当初から一度デザインが変更され、難易度が大幅に上がっている。 CAST DUET (キャスト・デュエット) 2005年10月 Oskar Van Deventer (オランダ) 磁 パーツを分解する他に、指定の場所までパーツを移動させる「課題」が存在する。 CAST RADIX (キャスト・ラディックス) 2005年2月 Akio Yamamoto (日本) 萌 2005年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Grand Prize(グランプリ)」受賞作品。 2012年に改良版を販売。 発売当初の物より一回り小さくなっている。 CAST SPIRAL (キャスト・スパイラル) 2003年6月 Kennet Warker Harry Nelson (ともにアメリカ) 渦 二人のパズル作家によるコラボレーション作品。 CAST DEVIL (キャスト・デビル) 1994年 芦ヶ原伸之 (日本) 爪 20世紀初頭にあった『悪魔の爪』というパズルの復刻版。 以前の難易度は4。 CAST ELK (キャスト・エルク) 1986年 芦ヶ原伸之 (日本) 角 19世紀末にあったという名作パズルの復刻版。 以前の難易度は6。 レベル6 [ ] パッケージはレベル5と同じく黒色。 タイトル 販売開始年月 デザイナー テーマ 備考 CAST TRINITY (キャスト・トリニティ) 2018年1月 Kyoo Wong (香港) 2018年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Jury 1st Prize(審査員最優秀賞)」受賞作品。 CAST INFINITY (キャスト・インフィニティ) 2016年8月 Vesa Timonen (フィンランド) CAST VORTEX (キャスト・ヴォルテックス) 2008年6月 Akio Yamamoto (日本) 紋 以前の難易度は5。 CAST QUARTET (キャスト・カルテット) 2007年9月 MINE. Uyematsu (植松峰幸、日本) 絆 原案のタイトルは『Quartet 8L2』。 完成形が二通り存在する。 CAST NUTCASE (キャスト・ナットケース) 2006年10月 Oskar Van Deventer (オランダ) 互 特殊な解法の作品で、難易度を一般公募で決定するという企画が行われた(発売開始当初は難易度が「? 」とされていた)。 公募の結果、難易度が6に決定した。 CAST ENIGMA (キャスト・エニグマ) 2004年3月 Eldon Vaughn (アメリカ) 巻 原作は1975年のアメリカ特許( )。 メーカー側が「キャストパズル史上最も難易度が高い」と公称している作品。 CAST NEWS (キャスト・ニューズ) 2003年5月 芦ヶ原伸之 (日本) 針 『CAST NUTCASE』と同様に特殊な解法の作品で、難易度を一般公募で決定するという企画が行われた。 公募の結果、難易度が6に決定した。 CAST ROTOR (キャスト・ローター) 2019年9月 Kyoo Wong (香港) CAST CHAIN (キャスト・チェーン) 2002年 Oskar Van Deventer (オランダ) 鎖 2002年の『世界パズルデザインコンペティション』で「Honorable Mention(佳作)」受賞作品(受賞時のタイトルは『Gold-Silver-Bronze』)。 2005年に開催された「キャストパズル人気投票キャンペーン」(2006年2月結果発表)で1位となった作品。 CAST HOURGLASS (キャスト・アワーグラス) 2018年9月 JinHoo Ahn (韓国) プレミアムシリーズ [ ] タイトル 販売開始年月 デザイナー 備考 CHESS PUZZLE 〜BISHOP〜 (チェスパズル・ビショップ) 2015年7月 Marcel Gillen (ルクセンブルク) のをテーマにデザインされたパズル。 駒の中にはが封入されており、コインを取り出し元に戻すことを目的とする。 廃盤 [ ] 通常シリーズ [ ] 製造終了年 タイトル 備考 1992年 CAST NUT (キャスト・ナット) 1987年販売開始。 1997年 CAST OSKAR (キャスト・オスカー) 1987年販売開始。 タイトルはデザインを担当したオランダのパズル作家Oskar Van Deventerが由来。 2012年 CAST KEY (キャスト・キー) 1983年販売開始。 最初に販売された作品の1つ。 過去の名作パズルの復刻版。 キャストパズル時代のテーマは「交」。 当時の難易度は1。 CAST BIKE (キャスト・バイク) 1994年販売開始。 2000年に一旦廃盤。 2001年9月から改良版を販売開始。 前より小型になり、解法も多少変更された。 過去の名作パズルの復刻版。 デザインはアメリカのパズル作家John R. Lynnで、1898年のアメリカ特許( )。 キャストパズル時代のテーマは「道」。 当時の難易度は1。 CAST KEYRING (キャスト・キーリング) 2001年12月販売開始。 デザインはオランダのパズル作家Oskar Van Deventer。 パズル本体と箱に印刷された「KEYRING」の文字はによるデザインで、上下逆さに見ても「KEYRING」の文字に読めるというものだった。 キャストパズル時代のテーマは「対」。 当時の難易度は2。 CAST CRICKET (キャスト・クリケット) 2002年4月販売開始。 過去の名作パズルの復刻版。 デザインは1898年のイギリス特許( )。 キャストパズル時代のテーマは「門」。 当時の難易度は2。 2014年 CAST CUBY (キャスト・キュービー) 2005年10月販売開始。 デザインはオランダのパズル作家Oskar Van Deventer。 キャストパズル時代のテーマは「宙」。 2015年 CAST DISK (キャスト・ディスク) 2001年5月販売開始。 デザインはオランダのパズル作家Oskar Van Deventer。 キャストパズル時代のテーマは「円」。 2016年 CAST PLATE (キャスト・プレート) 2005年2月販売開始。 生前、キャストパズルシリーズの監修に携わっていた芦ヶ原伸之が全面的な設計に参加した最後のキャストパズル。 製品の表面には「Nob's Last Present」と刻印されている。 キャストパズル時代のテーマは「継」。 CAST MEDAL (キャスト・メダル) 2009年2月販売開始。 デザインはイギリスのパズル作家James Dalgety。 発表時のタイトルは『St Mungo's Fish』。 キャストパズルでの発売に当たって改題した。 キャストパズル時代のテーマは「伝」。 CAST W-U (キャスト・ダブルユー) 1984年発売『CAST HOESE』の発展系のパズル。 発売当初は大型で、値段も通常のほぼ2倍であった。 2000年10月に改良版を販売開始。 以前より小型になり、値段も他作品と一律になった。 キャストパズル時代のテーマは「蹄」。 CAST MARBLE (キャスト・マーブル ウルトラマン) 2016年12月に、にて500個限定で販売。 『CAST MARBLE』を、ウルトラマンをイメージしたシルバーとレッドでカラーリングした作品。 ウルトラマンのロゴとシリアルナンバーが記載されている。 2020年 CAST DELTA (キャスト・デルタ) 2013年2月発売開始。 デザインは香港のパズル作家Kyoo Wong。 分解時の写真には一部マスクがされており、外部からは中身がほとんど推測できない特殊なパズル。 キャストパズル時代のテーマは「参」。 CAST RINGII (キャスト・リングII) 2004年5月発売開始。 基本のアイデアはアメリカのJose Grantのもので、それに芦ヶ原伸之が手を加えた。 2000年発売の『CAST RING』の発展型。 キャストパズル時代のテーマは「輪」。 CAST LABY (キャスト・ラビ) 1997年発売開始。 19世紀末にあったという、迷路をモチーフにした名作パズルを、芦ヶ原伸之が復刻した作品。 キャストパズル時代のテーマは「迷」。 マリンシリーズ [ ] タイトル テーマ 難易度 備考 CAST TIE (キャスト・タイ) 結び 初級 1990年3月販売開始。 CAST FIN (キャスト・フィン) 死と再生 初級 1990年3月販売開始。 CAST CLAB (キャスト・クラブ) 食 中級 1990年3月販売開始。 CAST PENTA (キャスト・ペンタ) 中級 1990年7月販売開始。 CAST TAILS (キャスト・テイルズ) 繁殖 上級 1990年3月販売開始。 CAST CORAL (キャスト・コーラル) 上級 2000年3月販売開始。 マリンキャストシリーズ [ ] 製造終了年 タイトル 備考 2015年 CAST SEABREAM (キャスト・シーブリーム) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『TIE』のリメイク。 タイとアジがモチーフ。 デザインは日本の造型家Akio Yamamoto。 キャストパズル時代のテーマは「鯛」。 2016年 CAST SHARK (キャスト・シャーク) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『FIN』のリメイク。 サメの化石とネズミザメがモチーフ。 デザインは日本の造型家Akio Yamamoto。 キャストパズル時代のテーマは「鮫」。 CAST CLAW (キャスト・クロー) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『CLAB』のリメイク。 カニとアジがモチーフ。 デザインは日本の造型家Akio Yamamoto。 キャストパズル時代のテーマは「蟹」。 CAST STARFISH (キャスト・スターフィッシュ) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『PENTA』のリメイク。 ヒトデとアジがモチーフ。 デザインは日本の造型家Akio Yamamoto。 キャストパズル時代のテーマは「五」。 CAST SEAHORSE (キャスト・シーホース) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『TAILS』のリメイク。 タツノオトシゴがモチーフ。 キャストパズル時代のテーマは「辰」。 CAST REEF (キャスト・リーフ) 2011年11月販売開始。 マリンシリーズ『CORAL』のリメイク。 珊瑚礁とハゼがモチーフ。 キャストパズル時代のテーマは「礁」。 ストラップシリーズ [ ] タイトル 備考 ELK (エルク) 1990年10月販売開始。 『CAST ELK』のリメイク。 LABY (ラビ) 1990年10月販売開始。 『CAST LABY』のリメイク。 KEY (キー) 1990年10月販売開始。 『CAST KEY』のリメイク。 HORSE (ホース) 1990年10月販売開始。 『CAST HORSE』のリメイク。 STAR (スター) 1990年10月販売開始。 『CAST STAR』のリメイク。 CAGE (ケージ) 2000年3月販売開始。 『CAST CAGE』のリメイク。 通常版より形状を大幅に変更している。 SWEET (スウィート) 2000年3月販売開始。 ストラップシリーズ唯一の新作。 デザインは日本の造型家Akio Yamamoto。 元々は『CAST AMOUR』の小型化を検討したが難しいという判断になり、替わりに「AMOUR」(フランス語で愛を意味する)をイメージして設計された。 後に『CAST DOLCE』としてリメイク。 C (エービーシー) 2000年3月販売開始。 『CAST A. C』のリメイク。 ディズニーキャラクターキャストパズル [ ] タイトル 備考 Mickey Mouse RING ( リング) 『CAST LOOP』のリメイク。 Winnie the Pooh ESCAPE ( エスケープ) 『CAST HORSE』のリメイク。 Alice in Wonderland LABYRINTH ( ラビリンス) 『CAST LABY』のリメイク。 プレミアムシリーズ [ ] 製造終了年 タイトル デザイナー 備考 2018年 CHESS PUZZLE 〜KNIGHT〜 (チェスパズル・ナイト) Marcel Gillen (ルクセンブルク) 2015年7月販売開始のプレミアムシリーズのうち、2018年に2作品、2020年に3作品が廃盤となった。 CHESS PUZZLE 〜KING〜 (チェスパズル・キング) 2020年 CHESS PUZZLE 〜PAWN〜 (チェスパズル・ポーン) CHESS PUZZLE 〜ROOK〜 (チェスパズル・ルーク) CHESS PUZZLE 〜QUEEN〜 (チェスパズル・クイーン) 脚注 [ ]• 2016年6月7日, at the. 、株式会社ハナヤマ、2016年6月1日。 、株式会社ハナヤマ。 , Ltd. 」と表記。 Jury Grand Prizeの『Double G』• Honorable Mentionの中の『Sunflower』• Jury Honorable Mentionの中の『Claws of Satan』• Jury Honorable Mentionの中の『Cassette』• Honorable Mentionの中の『Gold-Silver-Bronze』 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (公式サイト)• (旧公式サイト)• (株式会社ハナヤマによるはずる紹介ページ)• (株式会社ハナヤマによるキャストパズル紹介ページ).

次の