洗濯 機 選び方。 失敗しない!正しい洗濯機台の選び方 | ガジェット通信 GetNews

雨に悩まされない!乾燥機付き洗濯機のおすすめ10機種を徹底解説

洗濯 機 選び方

「洗濯機の振動音を軽減したい」「洗濯機の下の床面を掃除したい」洗濯機の台があると便利なのは知っているけど、どんな台を選んだらよいのか不安なあなたへ。 洗濯機の台の選び方を詳しく解説します。 ぜひ、参考にしてください。 洗濯機の台を選ぶ際の4つのポイント 洗濯機のサイズ・洗濯時の荷重・台を選ぶ目的・洗濯機のタイプという4点が、洗濯機台を選ぶときに、しっかり考えなくていけないポイントになります。 それぞれを説明しましょう。 洗濯機のサイズ 台が、自宅の洗濯機に適応したサイズかどうか、しっかり確認をしましょう。 縦と横のサイズだけではなく、台の上に洗濯機を乗せた時の高さまで考慮する必要があります。 排水ホースが収納できるかや、備品置き場も確保できるかなど、必要なスペースを忘れずチェックしてください。 洗濯機の台の中には、サイズ調整ができるものがあります。 しかし縦横の長さは調整できても、高さは同じように確認が必要です。 不安な時は、自分の家の洗濯機の機種番号や容量をメモするか、購入時についてきた取扱い説明書を持って販売店で相談してみてください。 洗濯時の荷重 洗濯機本体の重さは、付属の取扱い説明書か、公式ホームページで確認してみましょう。 一般的に、縦置き式洗濯機は20kg~30kg、ドラム式洗濯機は80kg前後のものが多いようです。 この重さに耐えられる洗濯機台を選ぶ必要があります。 台を選ぶ目的 洗濯機の振動が階下に伝わらないようにしたいのか、洗濯機の下を掃除したいのかで、選ぶ洗濯機台は変わってきます。 振動を抑えたいのであれば、据え置きタイプで耐震機能を持ったものがおすすめですし、お掃除のしやすさでいえば、キャスター付きで洗濯機ごと動かせるタイプのものがおすすめです。 水漏れを防止したい場合は、専用の洗濯パンという台もあります。 洗濯機のタイプで選ぶ 洗濯機台は、ドラム式洗濯機には対応していないものがあります。 自宅の洗濯機の仕様に合わせて、必ず使用可能かどうか確認してください。 サイズは問題がなくても、荷重や振動などで使えないことがあります。 安易に選んでしまうと、失敗しますので慎重に選びましょう。 洗濯機の台はどこで買える? 洗濯機の寸法を測り、荷重も計算し、欲しい洗濯機の台の形状もほぼ決まりました。 次は購入ですが、どこで買えばよいのでしょうか? もちろん、通販で購入は可能です。 この場合は、失敗したときの返品が面倒ですから、より慎重に選んでください。 ホームセンターの実店舗やホームセンターの通販サイトでの購入も可能です。 箱を開けてしまってからの返品は、対応されないことが多いので、こちらも慎重さが必要です。 家電量販店での取扱いもあります。 出かける前に、在庫の有無などを問い合わせておけば、よりスムーズに購入ができます。 失敗したかもと思ったときは、まずは窓口やカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。 対処法を教えてもらえたり、交換に応じてくれたりする場合もあります。 洗濯機の台は必要?洗濯機の台のメリット 持ち家だったりすると、洗濯機は床に直置きという家庭も少なくないようです。 しかし洗濯機の台は、使った方がよいというメリットがありますので紹介しましょう。 洗濯機の移動が楽になり、掃除がしやすくなる キャスター付きの洗濯機の台は、楽に洗濯機を移動することができます。 耐震機能を兼ね備えたものもありますから、振動の抑制と掃除に、大変便利に使えます。 一戸建てだったとしも、掃除は楽にできたほうが、断然ありがたいのではないでしょうか。 排水溝の詰まりなどにも、移動ができる洗濯機の台を使っていれば、簡単に対処ができます。 振動が抑制できるので夜の洗濯も静か 洗濯機が意外にうるさいと、感じたことはありませんか?アパートやマンションの場合は、下層階の人に迷惑にならないよう、洗濯機の台を設置しているご家庭も多いはずです。 持ち家の場合も、夜に洗濯をしなければならない場面は少ないないはずです。 ご近所迷惑にならないよう、家族にうるさいといわれないよう、洗濯機の台があると便利です。 洗濯機の台のデメリット キャスター付きの台を使う場合、キャスターが小さいと、床に加重が掛かり過ぎてしまうことがあります。 そこだけ凹んでしまったりするので、違和感のない板を敷くなど対策が必要です。 また、防水用の洗濯パンとは違い、水漏れがあった時は対応ができません。 設置の際や洗濯機の下を掃除したときは、排水口やパイプの取り付けを入念に確認する必要があります。 すっきりしたフォルムの洗濯機の下に台をいれることで、見た目の残念感はぬぐえません。 インテリアにこだわりのある人は、こうした見た目もチェックすることをおすすめします。 おわりに 洗濯機の台を選ぶ際は、寸法・荷重・スペースなどに注意して、目的にあった台を選ぶようにしましょう。 あれば便利な洗濯機台ですが、購入を失敗すると、返品や交換もできず粗大ゴミになりかねません。 しっかり採寸し、検討してから購入するようにしてください。

次の

失敗しない!正しい洗濯機台の選び方 | ガジェット通信 GetNews

洗濯 機 選び方

日本では4人家族が多いそうです。 4人分の洗濯物をまるまる洗って、乾燥までできるのがドラム式の強みとなっています。 それに対してタテ型洗濯乾燥機は全てヒーター式です。 多くの方がイメージする乾燥はきっとヒーター式の方じゃないかと思います。 ヒーター式は高温の風で乾かしているので、これはもう仕方ないことなんです。 乾燥の量・質・省エネではやはりドラム式に軍配が上がります。 とはいえ、もちろんタテ型にもちゃんとメリットはあります。 タテ型洗濯乾燥機のメリット タテ型洗濯乾燥機の魅力は主に次の3つでしょうか。 タテ型なら従来の洗濯機とそれほど変わらないスペースで設置できるモデルもラインナップされています。 「ドラム式にしようと思っていたけど、置けないよ! 」 こんな場合でもタテ型なら乾燥付きモデルが選べる可能性が高いです。 高いと30万円近くするものまでありますよね。 タテ型なら乾燥なしの洗濯機にちょっと足すだけで選べちゃうものもあるんです。 ちなみに時期としてはタテ型なら春から初夏。 ドラム式なら夏から秋が買い時です。 注意が必要なのは夏ですね。 水冷除湿と空冷除湿 タテ型の魅力をお伝えしたところで、次はメーカーごとの大まかな特徴をお伝えしたいと思います。 と、その前にタテ型洗濯乾燥機の除湿方式について説明させていただきたいと思います。 おすすめポイント• 節水・清潔・水冷除湿と欲しい機能全部入り• 洗浄力なら安心の日立 いざという時は温水もOK 節水洗浄といえば日立 節水でもしっかりと洗えるといえば元祖は日立のビート洗浄ですね。 節水洗浄で活躍するのが日立独自のパルセーター 回転皿 のビートウィングです。 節水は大切ではあるのですが、水位を低くするほどに衣類が底に溜まってしまい、動かなくなってしまいます。 それでは洗浄力が低下してしまうわけですよね。 ビートウィングなら、低水位でもしっかりと衣類を持ち上げもみ洗いしてくれます。 さらに今ではナイアガラビート洗浄へと進化し、大流量で汚れを洗い流します。 最初は低水位なので、洗剤が濃い状態で洗い始めます。 汚れが浮いたらしっかりと洗い流します。 これがナイアガラビート洗浄の仕組みですね。 タテ型で節水ならこれが間違いない方法じゃないかと思います。 それは他のメーカーさんもこれに近づいて行くのも仕方ないことですね。 洗濯槽自動洗浄は今でこそ他のメーカーでも採用されていますが、清潔な水道水で、しかも洗濯槽の裏側隅々まで洗浄してくれるのは日立だけとなっています。 乾燥も使いやすい水冷除湿 乾燥方式は部屋に湿気の出にくい水冷除湿を採用しています。 「洗濯機置き場のジメジメがきになる」 と言う方は結構いらっしゃると思います。 そんな場合は水冷除湿がおすすめです。 ビートウォッシュまとめ タテ型洗濯乾燥機といえば定番というか、王道のモデルですね。 節水も、清潔性もトップを走ってきたメーカーですからね。 新しい洗濯機っていう雰囲気があってかっこいいです。 傷もつきにくいのでガラスフタはおすすめです。 また、ガラスフタや洗濯槽の縁は拭き掃除しやすい形状になっています。 NA-FW80K7まとめ 節水性や洗濯乾燥時間で日立にほんのちょっと及ばないものの、魅力が詰まった製品となっています。 特に液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能は注目度が高いですね。 洗い方も立体水流が採用されてパワフルになった印象です。 日立1強だった縦型乾燥付きでしたが、この内容なら人気逆転も狙えるかもしれません。 今後に期待ですね。 「洗剤自動投入を使ってみたい」 「デザインが気に入った」 こんな時におすすめのモデルとなっています。 おすすめ3位 東芝 AW-8V8 おすすめポイント• 今では貴重な低騒音路線• ボタン一つで洗浄力切り替え 低騒音といえば東芝 低騒音設計を貫いているメーカーといえば東芝です。 昔はパナソニックも静かだったんですが、今は路線変更してしまいましたからね。 モーターの音はほとんど聞こえなくて、水がバシャバシャしているのが聞こえるくらいですね。 脱水や乾燥は他のメーカーと同じくらいの運転音なので過度な期待は禁物ですが、なるべく静かな洗濯機となればこちらが候補になります。 パワフルDDモーター 静かな運転を可能にしているのがDDモーターですね。 ダイレクトドライブの略でDDです。 詳しい説明は置いておくとして、 パワフルで静かなモーターとだけ知っていただければOKです。 洗浄方法もこのモーターの魅力をしっかり生かしたザブーン水流洗いが採用されています。 節水ながらもパワフルなモーターで強力な水流を作り、洗剤を隅々まで浸透させて洗っていきます。 お水の流れる強さを弱・中・強と簡単に切り替えることが可能です。 いつものお洗濯コースのまま「今日は汚れ物が多いから強めに」とか、「型崩れがきになるから弱めに」などボタン一つで調整ができるわけですね。 東芝ザブーンまとめ 空冷除湿なのがちょっぴり残念ではあるのですが、その分価格は魅力的ですね。 おすすめポイント• 出し入れしやすいすっきりフロント形状• 予算を抑えた水冷除湿モデル 独自のすっきりフロント形状 一目見ればパナソニックとわかる"すっきりフロント形状"が特徴となっています。 ボタン類が奥に配置されているので洗濯物の出し入れがしやすく、洗濯槽の縁部分のお手入れも楽になっています。 ここが気に入れば一躍パナソニックが候補になりますね。 手頃な価格の水冷除湿 パナソニックのお手頃路線モデルということで価格面での魅力は大きいですね。 それでもしっかり水冷除湿が採用されている点がこのモデルをおすすめする理由です。 パナソニックFDまとめ 予算優先しつつ水冷除湿は外せないという選び方ならこちらが候補になります。 ですが、時期によっては日立BW-DV80Cと同じくらいの価格のこともありますね。 例えば1万円くらいの差でビートウォッシュに手が届くならそちらを優先して欲しい気持ちはあります。 私の中では「安ければ買い」の一台という位置づけですね。 標準サイズのおすすめ品まとめ 定番はビートウォッシュで、パナソニックが迫る勢いっていう感じですね。 バランスが良いのはビートウォッシュで、パナソニックはパワフル路線に切り替えてきた感じです。 パナソニックは洗剤自動投入がついているのがポイント高いですね。 価格で魅力なのは東芝Vシリーズですね。 東芝Vシリーズなら結構それくらいに収まっていることも多いはずです。 「乾燥はあまり使わないけど、タオルとかトレーナーだとちょっと欲しいかも」 こんな時におすすめです。 パナソニックFDシリーズはビートウォッシュよりも安いという条件付きでおすすめとなっています。 ここまで標準サイズのおすすめ品でした。 大型サイズのおすすめ品 ドラム式洗濯機並みの大容量を実現しているカテゴリーですね。 本体もかなり大きいこともあり、 「それならドラム式がいいんじゃない? 」となる場合もあります。 「ドラム式の手前に開くドアよりも、今まで通り上に開くふたの方が使いやすい」という方は少なからずいらっしゃいます。 また、ドラム式の最上位モデルが30万円近くするのに対し、縦型なら最上位モデルでも20万円程度、時には10万円台前半で手がとどく場合もあります。 おすすめポイント• 液体洗剤・柔軟剤自動投入• さすがの基本性能 洗剤自動投入 日立の縦型では唯一の液体洗剤・柔軟剤の自動投入となっています。 洗剤のボトルって液だれなんかでべと付いたりしちゃいますから、自動投入はあったら嬉しいですよね。 日立らしい高い基本性能 洗浄方法は先ほども紹介したナイアガラビート洗浄です。 12kg洗って使用水量125L、洗濯時間44分・乾燥170分もこの分量なら十分合格点と言えるでしょう。 まとめ洗いしたい派の方にとっては本当にいいスペックですね。 さすが日立と言ったところです。 日立はドラム式洗濯機の発売が一番遅かったメーカーなんですね。 それだけに縦型で大容量のモデルに注力してきた時間が長いです。 それが今生きてるということがよくわかるスペックとなっています。 もちろんガラストップや洗濯槽自動洗浄・温水コースも搭載されています。 ビートウォッシュDXまとめ 容量やサイズ的にドラム式と比べられることが多いモデルかなぁと思います。 ドラム式は乾燥は得意ではあるのですが、洗濯自体はちょっと慣れが必要というか、クセがあるんですね。 ですから 「縦型が使いやすい」 「お水も使ってしっかり洗って欲しい」 という場合はこちらがおすすめです。 おすすめ2位 パナソニック NA-FW120V2 おすすめポイント• 泡洗浄Wで大容量でもしっかり洗浄• 専用ヒーター採用で温水洗浄も本格的 泡洗浄"W"って? パナソニックといえば泡洗浄が売りの1つなのですが、なんとこちらのモデルでは"W"がついています。 ハンドソープやメイク落としでも泡状で出てくる商品は多いですね。 泡状になってこそ汚れを落とす力が引き出されるんです。 温水専用ヒーター採用 また、こちらのモデルは温水を作るための専用のヒーターを備えています。 普通は乾燥用の温風で衣類を温めるのですが、専用ヒーターがあることでしっかり水温をあげることができます。 食器洗いでも、冷たいお水とぬるま湯で油の取れやすさが違うので、みなさんなんとなく想像できますよね。 パナソニックVまとめ 運転時間やランニングコストなど基本性能では日立有利の項目も多くなっています。 というわけで、パナソニックは別の路線で頑張っているわけですね。 「誰かに見せるわけじゃないけどデザインも大事」 「シャツのニオイや黄ばみがきになる」 こんな時におすすめのモデルとなります。 以上、大型モデルのおすすめ品でした。 乾燥付きモデルまとめ 相変わらず縦型は日立が強い印象ですが、パナソニックも注目度が高くなっています。 ビートウォッシュが安ければそのままビートウォッシュ。 日立とパナソニックが同じくらいの値段or洗剤自動投入にお金をかけてもいいならパナソニックっていう感じですかね。 こんな状況なら日立のビートウォッシュ8kgで決まりといってもいいかと思います。 以上、簡単な選び方のまとめでした。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

ビジネスに最適な洗濯機、乾燥機の選び方

洗濯 機 選び方

洗濯乾燥機には縦型とドラム式の2種類がある。 また、乾燥機能の性能も洗濯乾燥機を選ぶ際のポイントとなる。 縦型とドラム式の違い 縦型は水をたっぷりと使用し、水流と遠心力でもみ洗いを行う。 泥汚れなどの頑固な汚れに強いのが特徴である。 一般的な洗濯機でもあり、種類も多く値段も比較的安めだ。 一方ドラム式は少ない水量で、衣類を上から下に落とすたたき洗いでの洗濯を行う。 節水性があり、乾燥機能に強いのが特徴である。 コインランドリーで見るような形状で、サイズも縦型に比べると大きめだ。 乾燥機能の性能 洗濯乾燥機で使用される乾燥機能にはヒートポンプ乾燥方式とヒーター乾燥方式がある。 ヒートポンプ乾燥方式 ヒートポンプ乾燥方式は、湿気を含んだ空気を機外に排出し、カラカラに乾いた温風によって乾燥させる方式で、性能、仕上がり共に優秀だ。 乾燥中でもドアを開閉できる上に、乾燥スピードも速いが、本体価格が高くなる傾向にある。 ヒーター乾燥方式 ヒーター乾燥方式は、ヒーターの熱により熱風を出して乾燥させる方式で、ヒートポンプ式よりもお手軽な価格で手に入る。 だが、乾燥時間が長いため電気代がかかる面もあり、衣類の縮みや傷みが目立つといったデメリットもある。 縦型の洗濯乾燥機でおすすめ商品を5つ紹介する。 日立「BW-SX120E」 縦型の洗濯乾燥機の中でも機能が豊富な商品である。 液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載しており、詰め替え用のパックを洗濯乾燥機のタンクにあらかじめ入れておくだけで、洗濯のたびに適量が自動で投入される。 AI機能もあり、洗い方や時間を自動で判断してくれるため、細かい設定なしでもぴったりの洗濯方法で洗濯してくれる。 スマートフォンとの連携もあり、外出先でも運転開始することができる。 SHARP「ES-PT10D」 スタイリッシュなデザインが魅力的な商品である。 温風プラス洗浄ガンコ汚れコースがあり、温風によって活性化した洗剤が汚れを浮かすため、黒ずみやガンコな汚れもしっかり落とせる。 容量は1kgまでだが、ペット用衣類を洗う機能もある。 穴のない洗濯槽により節水性はもちろん黒カビもブロックしてくれるため、清潔性にも優れている。 SHARP独自の内蓋がないデザインで、大きい洗濯物の洗濯もラクラク行える。 SHARP「ES-TX5C」 洗濯から乾燥までの時間を大幅に抑えることができる商品だ。 たとえば化繊Yシャツ4枚なら、洗濯から乾燥まで90分で終わらせることができる。 コンパクトで、パネルの表示もわかりやすいのが特徴だ。 穴なし槽やAg抗菌加工もあり、清潔に洗濯機乾燥機を保つことができる。 TOSHIBA「AW-8V8」 温かザブーン洗浄で落ちにくい汚れもスッキリ落とせる商品である。 温風で水と衣類を温めることで、洗剤の効果を引き出し、繊維のおくの汚れもしっかり落としてくれる。 DDモーターのパワフルなシャワーで濃い洗剤液を衣類に浸透させる浸透ザブーン洗浄もある。 低振動で低騒音の設計のため、深夜や早朝の洗濯も行える。 TOSHIBA「AW-10SD8」 ウルトラファインバブル洗浄Wで臭いを対処できる商品である。 繊維の隙間より小さいサイズの泡(ウルトラファインバブル)により洗浄効果を高め、汚れをしっかり落としてくれる。 臭いの原因になるタンパク質汚れもしっかり落とせるので、嫌な臭いも防ぐことができる。 ドラム式の洗濯乾燥機でおすすめ商品を5つ紹介する。 Panasonic「NA-VG2400」 スタイリッシュなデザインで、機能性豊富な洗濯乾燥機である。 たとえば、汚れや衣類によって洗い分けができる「温水泡洗浄W機能」、液体洗剤や柔軟剤の「自動投入機能」、スマホと連携した「スマホ洗濯機能」、コートに付いた花粉などをケアする「ナノイーX搭載」などが挙げられる。 毎日の洗濯効率を上げる嬉しい機能ばかりだ。 Panasonic「NA-VX900A」 多彩なコースがあり、どんな汚れにも対応してくれる洗濯乾燥機だ。 温水コースの温度設定も豊富なため、おしゃれぎは30度、おしゃれぎの黄ばみは40度、白物の除菌には60度と、洗うものに合わせて温度を設定できる。 パワフル滝コースもあり、7本のシャワーで洗いもすすぎも行うため、落ちにくい汚れもしっかり落とせる。 すすぎの回数や時間も増やし徹底的にすすぐため、敏感肌の方におすすめだ。 SHARP「ES-W111」 AI機能搭載はもちろん、シャープオリジナルの乾燥フィルターも搭載されている商品である。 マイクロ高圧洗浄により衣類を傷めず、汚れをしっかり落とすことができる。 超音波ウォッシャーを搭載しており、気になる部分の部分洗いも行える。 さらに、プラズマクラスター搭載で清潔・除菌・消臭はもちろん静電気対策もバッチリだ。 音も静かで、センサーが7つあるため省エネ運転も行える。 TOSHIBA「TW-127X7」 ウルトラファインバブル洗浄により汚れをしっかり落とすことのできる商品である。 温水バージョンもあり、洗剤の効果をさらにアップさせ、綺麗な衣類へと仕上げてくれる。 タッチパネルも大きく、操作も簡単で、お手入れもワンプッシュで行えるため、清潔に保つことができる。 大容量の商品のため、たくさん洗えて乾燥までできるので、休日のまとめ洗いにも便利である。 日立「BD-SX110C」 AIの機能で、洗濯方法や時間、洗剤量などを自動で判断して洗濯を開始してくれる商品である。 高速の風でシワを伸ばす、風アイロン機能もあり、大変なアイロンがけを楽にしてくれる。 ほかにも、自動お掃除機能により、綺麗な洗濯槽を維持できる。 さらにダニ対策コースにすると、繊維に潜むダニを退治して洗い流し、毛布などを衛生的に保つことが可能だ。

次の