マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料。 【パワーポイント 】無料で使う方法(2020年版)

マイクロソフトオフィスを無料でダウンロードする方法

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

ここでは、パワーポイントを無料で使える試用版をダウンロードする方法について紹介します。 誰でもできる最新のパワーポイントのダウンロード方法ですので、参考にしてみてください。 Office365Solo試用版 Office365Solo試用版を使用すれば、Office2016バージョンのパワーポイントを1ヶ月間無料で試用できます。 Office365Solo試用版のパワーポイント2016は、制限がなく通常版と同じ機能を使うことができます。 Office365はパワーポイント以外にも、WordやExcel、OneDriveやOneNoteが使えます。 Office365Solo試用版ダウンロード方法 Office365Soloをダウンロードするには、Microsoftアカウントが必要です。 アカウント登録は無料で行えます。 Office365Solo試用版をダウンロードする方法は下記のとおりです。 MicrosoftOfficeのサイトにアクセスします。 Office365の画面で「今すぐ試す」を選択します。 Microsoftアカウント入力画面になりますので、アカウントとパスワードを入力しサインインを行います。 支払情報などを入力し終えると、「個人用Officeアカウント」画面が表示されますので、画面左側にある「インストール」をクリックします。 ダウンロードしたOffice365ファイルをクリックし、「セキュリティの警告」画面で「実行」を選択します。 インストール画面が表示され、Office365のインストールが始まり、完了します。 Office365は1ヶ月間のみ無料で使える試用版となっており、無料期間が終われば、自動的に有料課金期間となります。 引き続き有料版でも使っていきたい方は良いですが、無料版だけで問題ない方は1ヶ月以内に契約を終了させましょう。 試用期間が終了する前に契約解除する方法は下記のとおりです。 ここでは、Microsoft Office365の特徴について紹介します。 非常に便利に使え、仕事でもプライベートでも役立ちます。 1TBのOneDriveが使える Office365を使用すると、MicrosoftのクラウドストレージサービスOneDriveを1TBまで利用できます。 画像や動画、ファイルなど、大変多くのデータを保存しても十分に使っていけます。 OneDriveを使うことで、パソコンやタブレット、スマートフォンにデータを置いておく必要がなく、各デバイス快適な操作をすることができます。 専用スタッフからテクニカルサポートを受けれる Office365のユーザーは、パワーポイントやWord、ExcelなどのOffice2016において、分からないことや困ったことがあれば、専門スタッフからテクニカルサポートを受けれます。 調子が悪いときや、困ったときの心強いサポートです。 さまざまなデバイスで利用できる 1• Androidでインターネットを... 404,545件のビュー• Android端末を利用している... 377,678件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,567件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,383件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,456件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,080件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,772件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,319件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,371件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,173件のビュー.

次の

ダウンロード Microsoft PowerPoint

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

パワポが確認・編集できる!無料アプリ3つ では始めに、パワポが確認・編集できる無料アプリを3つ紹介します。 1-1. Office Online まずは「Office Online」です。 Office Onlineは、マイクロソフトが提供しているOffice製品で、インターネットが繋がっている環境であれば無料でエクセルやワード、そしてパワーポイントが利用できます。 ちなみに無料のOffice Onlineと有料のOffice製品との違いは、一言でいうと「Office Onlineにいくつかの制限がある」ことで、それは次の通りです。 インターネットへの接続が必須• 自分のパソコンにデータを保存できない(OneDriveの利用が必須)• 一部機能がないものがある(グラフの挿入ができない、利用できるアニメーションが少ないなど) しかし、よく使われる主な機能は備わっているので、例えば「会社で作ったデータを自宅でちょっと直したい」といった時などには、大いに活用できると思います。 1-1-1. Office Onlineでパワポを使う方法 ではOffice Onlineでのパワーポイントの利用の仕方を確認してみましょう。 (1)「」にアクセスし、サインインをクリックする (2)マイクロソフトアカウントに登録してあるメール、電話、またはSkypeを入力後、パスワードを入力する(アカウントがない場合には「作成」を押してアカウントを作成する) (3)サイト中ほどにある「POWERPOINTの使用を開始する」をクリックする (4)新規の場合にはテンプレートを選択し、参照・編集の場合には「OneDriveから開く」をクリックする これでパワーポイントの参照・編集ができます。 データの保存はOneDriveを利用しなければならないという点以外は便利に使えると思いますよ。 1-2. Googleスライド 次に紹介するのが「Googleスライド」です。 GoogleスライドはGoogle社が無料で提供しているOffice製品で、パワーポイントと互換性があります。 なお、Googleスライドの特徴は次の通りです。 データは自動的強制的に、Googleドライブの「マイドライブ」に保存される• 機能はパワーポイントに比べて限定的• パワーポイントの形式で保存できる 1-2-1. Googleスライドでパワポを使う方法 ではGoogleスライドの利用の仕方を見てみましょう。 (1)「」にアクセスし、グーグルアカウントに登録しているメールアドレスまたは電話番号を入力、その後パスワードを入力する(グーグルアカウントを持っていない場合には、「アカウントを作成」をクリック) (2)新規の場合には「新しいプレゼンテーションを作成」からテンプレートを選択し、参照・編集の場合には「フォルダーマーク」をクリックしデータを選択する これでパワーポイントの参照・編集ができます。 こちらもデータの保存はGoogleドライブのマイドライブを利用しなければならないという点以外は便利に使えると思いますよ。 1-3. Impress そして最後に紹介するのがLibreOfficeの「Impress」です。 LibreOfficeは無料のOfficeソフトで上記2つと違ってソフトをインストールする形で利用します。 Impressはパワーポイントとは別のソフトですが互換性が高く、パワーポイントで作ったデータをImpressで編集することができ、反対にImpressで作ったデータもパワーポイントで編集することができます。 1-3-1. Impressでパワポを使う方法 ではImpressでパワーポイントを使う方法を見てみましょう。 (1)「」にアクセスし、「ダウンロード」をクリックする (2)「Download full installation」をクリックし、ダウンロードされたファイルを実行する (3)「次へ」をクリックする (4)「インストール」をクリックする (5)「次へ」をクリックする (6)任意のユーザー名と所属を入力する (7)「通常」のまま「次へ」をクリックする (8)「インストール」をクリックする (9)「完了」をクリックする (10)デスクトップ上にできたアイコンをクリックする (11)「次へ」をクリックする (12)任意で登録する (13)「プレゼンテーション」をクリックする (14)既存のデータを編集する場合には「既存のプレゼンテーションを開く」を選択してデータを選択する (15)完了 このようにすればパワーポイントのデータを編集できるようになります。 なお、LibreOfficeはソフトウェアなので自分のPCにもデータが保存でき、その点では使い勝手がよくなっています。 パワポチェック用アプリ「PowerPoint Viewer」とは?もう使えないの? 「パワーポイントビューアー」というものをご存知でしょうか? パワーポイントビューアーとは、パワーポイントのスライドショーを実行するだけであれば無料でできるよう、マイクロソフトが提供していたソフトです。 しかしマイクロソフトは2018年4月で提供が終了してしまいました。 そのため、これまでに既にパワーポイントビューアーをダウンロードしたことがある人は、そのインストールデータを使ってビューアーを利用する事ができるのですが、インストールデータがない人は、ビューアーを使うことができません。 ですから、パワーポイントを持っておらずビューアーをインストールしていない人がパワーポイントのデータを参照するためには、先ほど紹介した方法を実行するしかないのです。 パワーポイントは無料でインストールできるの? パワーポイントは無料で使えないのでしょうか? 使えないとしたらなぜ使えないのでしょうか? ここではそんな疑問にお答えします。 (1)パワーポイントとは? パワーポイントはマイクロソフト社が提供するプレゼンテーションソフトで、エクセルやワードなど、事務的によく使われるソフトがまとめられた「Microsoft Office」に属するソフトの一つです。 ちなみに「Microsoft Office」には、パワーポイントの他にエクセルやワードなども含まれています。 そんなパワーポイントですが、ソフトは無料ではありません。 利用するためにはマイクロソフトから購入しなければならないのです。 「パソコンを買った時からインストールされていて、Microsoft Officeを買ったことがない」という人もいるかもしれません。 しかしそれは、あらかじめOfficeがインストールされているだけで、パソコン購入時の金額に「Microsoft Office」の分が含まれているだけなのです。 つまり、パワーポイントを含めた「Microsoft Office」は、どんな場合でも「有料」ということです。 (2)パワーポイントを購入するといくらかかる? パワーポイントを使いたいとなった時、マイクロソフトから購入しなければならないということは、先ほど説明しました。 もしエクセルやワードが必要ないのであれば、パワーポイントだけを購入することができます。 2019年1月時点で最新のものは「Microsoft PowerPoint2016」で、約14,000円(永年使用可能)で購入できます。

次の

PowerPoint Viewer のみをダウンロードしたい。

マイクロソフト パワーポイント ダウンロード 無料

仕事だけでパワーポイントを使う• メール添付されたファイルがパワーポイントだった• 普段はパワーポイントを全く使わない などなど。 そんなときは、パワーポイントオンライン(PowerPoint Online)が便利です。 購入しなくても無料でパワーポイントが使えます。 無料なので機能は製品版から縮小されていますが、一般的な使い方であれば問題ないですね。 パワーポイントがなくてもpptx形式の中身を開いて見ることができるし、もちろん編集もできます。 パワーポイント オンラインの使い方 それではさっそく、パワーポイントオンラインを無料で使ってみましょう! パワーポイント オンライン(PowerPoint Online)は下記リンクをクリックしてください。 Officeオンライン: 無料で使うにはマイクロソフトアカウントが必要です。 マイクロソフトアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をおします。 パスワードを入力して「サインイン」をおします。 Ofiiceの製品が表示されるので、「PowerPoint」をおします。 パワーポイント オンラインがひらきました。 新規のパワポを作成する場合は「新しい空白のプレゼンテーション」をおします。 ここではパワーポイントがインストールされていないPCでパワーポイントのファイルを開いてみます。 「アップロードして開く」をおします。 パワーポイントのファイルを指定して、「開く」をおします。 パワーポイントのファイルを開くことができました。 パワーポイントオンラインは製品版のレイアウトと完全に同じではありませんが、メニューバー・リボンが上部にあり、左にページのサムネイルが表示される形式はオンラインのパワーポイントでも同じなので、抵抗なく使えると思います。 スライドショーも使えますね。 特に参照するだけの場合はオンライン版のパワーポイントで十分ですね。 パワーポイント オンラインで使えない機能 パワーポイント オンラインで使えない機能もあるので注意してください。 ただし、オンラインのパワーポイントも日々機能が拡張されており、今までは使えなかった機能がどんどん追加されております。 2019年現在、製品版とほとんど変わらないようになっています。 ここで使えない機能を列挙してもいずれ追加されるので、割愛します。 もし使いたいメニューがない・使いたい機能がオンライン版にない場合はあきらめて製品版を購入するか、機能が拡張されるのを待つしかありませんね。 パワーポイント ヘルプ: 以上、パワーポイントを無料で使う方法でした。

次の