梶原雄太 病気。 梶原雄太の降板理由、経緯は?上沼恵美子と確執で不仲になった?

【悲報】キンコン梶原の降板裏側に上沼恵美子が言い放った苛烈批判 これはさすがカジサックが可愛そう・・・

梶原雄太 病気

その後、 梶原さんの浮気が原因で離婚。 グラドル藤川のぞみさんを梶原さんがお持ち帰りした現場が、週刊誌にスクープされてしまったのです。 未来子さんの写真はテレビでも紹介されるなどして、公表されています。 すごく美人さんでかわいらしい奥さんですよね。 そんな未来子さんですが、どうやら 「老けた」との噂があります。 まったくもって余計なお世話ですよね。 キングコング梶原雄太さんがうつ病に…岡村さんいわく「パッカーン状態」に うつ病の前にも、情緒不安定で有名だった梶原さん。 最初の奥さんとの離婚では、カミソリ片手に暴れたという話もあります。 【キングコング西野、相方・梶原雄太について本音を激告】 「最近の梶原は……」 t. co — キンコン西野 オンラインサロン 📪 nishinoakihiro 他にも、元々病気がちで 「 蜂窩織炎 ( ほうかしきえん )、血管浮腫」という難病を罹患していたことがあります。 2003年2月から5月まで、 ストレスによる病気で仕事を休養した。 2006年3月下旬、 蜂窩織炎、血管浮腫(世界的に症例が少なく、 梶原が日本人で38人目)で入院。 2007年、6年ぶりにM-1グランプリの決勝進出(結果は決勝3位)した際は、 過度のプレッシャーから円形脱毛症になり、 後頭部に脱毛ができたことがあった。 この病気歴の中の、2003年の2月~5月の期間が 「うつ病」に罹患していた時期だと思われます。 お笑い芸人のうつ病といえば、 ナイナイの岡村さんが有名ですよね。 他にも、 中川家がパニック障害で休養していたこともあります。 お笑い芸人とうつ病との関係 お笑い芸人さんって、 過度のプレッシャーと常に戦っている状態ですので、精神がキツくてやられてしまうのかもしれません。 劇場にいっぱいいる、お笑い好きのお客さん。 高まる期待の中、自分が出て行って笑わせないといけない…。 想像するだけで気持ち悪くなってきます。 かなりのプレッシャーがかかるであろうことは理解できます。 それらをすべて跳ねのけなくてはなりません。 しかも毎回。 キンコン梶原の失踪はうつ病が原因だった!?失踪の真相を調査 梶原は ストレスから、2003年に2か月半にわたり、 消息不明になっていたことがあります。 仕事もドタキャンしていました。 2001年にはねるのトびらが始まり、デビュー2年目には合計6本のレギュラー番組。 忙しすぎて、梶原さん本人が「 つらくて 泣いた記憶がありますよ」と吐露していたこともあります。 何とか耐えていたようですが、やがて限界に達し、記憶が飛んでしまったようです。 失踪の真相を梶原さん本人が語る 梶原雄太さんは、失踪時どこで何をしていたのか疑問ですよね。 実は、ひとりで周囲との関係を経って、カラオケにこもっていたのだそうです。 梶原は、失踪当時を振り返り、ケータイの電源も切り、 「ずっと一人でカラオケ(ボックス)にこもっていた」ことを告白。 3日間、家族を含め、周囲との連絡を一切絶っていたという。 音信不通から3日が経って、携帯の電源を入れたところ、ちょうど FUJIWARA藤本敏史から電話がかかってきて、びっくりして出てしまったそう。 「おい、梶!何してんねん!何回(電話)かけた思てんねん!心配やろが!」と怒鳴られた。 このまま消息を絶ったままでいようと思っていたが、 藤本の電話で、復帰を意識し始め、周囲と連絡の取れない自分に代わり、 母親が所属の吉本興業と連絡を取るようになったという。 番組内でもモニタリングなどで、フジモンさんのやさしさがにじみ出るような言動が話題になったりしていますが、プライベートでも後輩想いの良い先輩なんですね。 梶原さんは、 藤本さんの叱責をきっかけに復帰へと進んでいきました。 結局、 復帰までに2か月半かかってしまいましたが、現在でもテレビで梶原さんを観ることもあり、芸能界で活躍されていますよね。

次の

【悲報】キンコン梶原の降板裏側に上沼恵美子が言い放った苛烈批判 これはさすがカジサックが可愛そう・・・

梶原雄太 病気

キンコン梶原雄太上沼恵美子の番組降板の理由は? まず事のきっかけは、6月29日のラジオ番組「こころ晴天」の生放送で、上沼さんが突然梶原さんの卒業を公表したことのようです。 その時上沼さんは、理由について 「梶原君がね、東京から(来るのが)しんどいっていうことで、行ったり来たりが。 忙しくなってきてるしね。 Youtubeからなんから。 ということで、私も突然聞かされて、へぇっと思ってるんですけども。 一応、卒業という形ですね」 と述べ、最近YouTuberカジサックとしても人気が出ている梶原さんが、忙しくなって東京から行くのが困難になったことが理由としていましたが、 それに対して梶原さんは、カジサックのツイッターアカウントにて 『「忙しくなって東京から行くのがしんどくなったから卒業した」と僕が言った事実はございません』と、しています。 これを見ると、なんとなく梶原さんと上沼さんの関係がぎくしゃくしている感じはしますよね。 県跨ぐなって口煩く言うのにステイホームに従ったらサボり扱いとかマジヤバヤバのヤバですわ — でにお kinkamnito 上沼恵美子の番組キンコン梶原の後任には誰がつく? 6月いっぱいでキングコング梶原雄太さんが降板したという上沼恵美子さんの2番組ですが、後任には誰が付くのか? 「快傑えみちゃんねる」の関西テレビは後任など今後について「お答えできることはありません」と回答しており、 ABCは6日の「こころ晴天」に代役が出演するとしたものの、レギュラーとなるかは「未定」とのこと。 のす太はあまり芸人さんのことに詳しくないのですが、「こころ晴天」はシャンプーハット・てつじさんと 隔週交代で出演していたということですから、当面はシャンプーハット・てつじさんが代役を務めそのままということもあるのかな? SNSでは、こんな書き込みがありました。 キングコング梶原さん、卒業なんか。 後任はナジャさんに1票。 上沼さんが他に目をかけている人もいるだろうし、後任にはそれほど困らなそうだな?! キンコン梶原雄太上沼恵美子の番組降板まとめ ここまで、 キングコングの梶原雄太さんが、レギュラーとして出演していた関西テレビの「快傑えみちゃんねる」と、 ABCラジオの「上沼恵美子のこころ晴天」を6月いっぱいで降板したことが明らかになったことを受け、 その理由はなぜなのか?また、後任には誰がつくかについて調査してきました。 その結果、現在のところ理由については公表されていませんが、 6月29日のラジオ番組で上沼さんが「梶原さんは東京からくるのがしんどくなったから卒業する」と突然言ってしまったことや、 それに対して、梶原さんが自身のSNS上に「そのようなことは言っていない」と投稿したことなどから、 やはりどうも、上沼さんと梶原さんの関係が悪くなったため、梶原さんが上沼さんの機嫌を損ねてしまったためということが、可能性が高いようです。 後任については双方の番組ともに公表していませんが、「東京からくるのがしんどくなった」というのが本当だとすれば、 関西のタレントさんで、上沼さんが目をかけている方がまだいるでしょうから、そういった方がつくのが良いのかもしれないですね。

次の

キンコン梶原雄太上沼恵美子の番組降板の理由は?後任には誰がつくかも調査

梶原雄太 病気

カジサック名で活動する梶原(写真/時事通信社) YouTuber・カジサックとしても活躍しているキングコング・(39才)が、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板することとなった。 梶原といえば、上沼恵美子(65才)の寵愛を受けており、だからこそ両番組に出演していたはず。 それなのに急な降板の裏に、何があったのだろうか? 6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』に、梶原降板の理由が隠されていた。 この日の放送で、梶原が話した時間は、1時間のうち、わずか70秒。 梶原が2か月ぶりにスタジオに登場したことに触れるわけでもなく番組は進んでいく。 あまりにも短すぎるのではないか。 「実は話していないわけじゃないんですよ」とは、在阪テレビ局関係者。 「それなりに上沼さんと梶原さんのやり取りもあったのですが、放送に耐えられない空気になってしまい、お蔵入りになったんです。 上沼さんも調子が狂っていたのか、歯止めがきかなくなっていて、聞いていてしんどかったですね」 お蔵入りになったシーンでは何が起きていたのか。 「序盤は上沼さんお得意の毒舌トークで緊張をさせてから、フッと気の抜けた発言をして緩和させる、さすがのトーク術で場を回していたんです。 しかし、『ごちそうになるときの作法』について話が及んだとき、スタジオの空気が変わっていったんです」(前出・在阪テレビ局関係者) 以下は放送されなかった、いや、できなかったお蔵入りシーンの話である。 「これまで何度もおごってきた自分に対しての義理を欠いている。 だから一度私にごちそうしなさい、と上沼さんが言ったのです。 ここまでは、いつも通りの愛のあるいじりでした。 しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。 最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。 共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。 彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。 梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。 それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者) 1人10万円の高級料亭でスタッフ含め200万円ぶんをおごれと詰め寄る一幕も。 「『おごれ』と言ったと思ったら、『おごられたら次の日病気になるからいいわ』と言ったり、梶原さん抜きでスタッフ全員で食事会をしようと提案したり…。 現場のスタッフも共演者もいつもの空気と違うのは感じていました。 スタジオ内には盛り上げ用のスタッフの笑い声だけが響き、それが一層、雰囲気を恐ろしいものにしていた。 そんななか、梶原さんが『なんでこんなに嫌われたんやろ』って絞り出すように話したのが印象的でした」 それに対する上沼の返しで、ついに現場の空気が凍った。 「『ほんまに怒ってんねんで。 コロナでみんながイライラしてんねん。 バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。 キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者) 「ちゃうで」ではなく、「そやで」と言えば緩和だったが、スタジオに緊張を走らせ続ける上沼。 その間、ゲストは言葉を挟むことができず、ずっと苦笑いをするのみだったという。 「その後は、聞きたくもなく、耳をふさいでしまったのであまり覚えていませんが、コロナが終息した頃にいなくなる芸人の代表として梶原さんを名指ししたりしていました。 どう見てもパワハラです。 意地悪いのが、最後に『コロナうつだからごめんな。 ほんまはちゃうねん』と言っていたこと。 正面から受け取って傷つく方が馬鹿を見る空気感でしたね」(前出・在阪テレビ局関係者) その後、梶原は上沼とのラジオ収録もあったが、「急性胃腸炎」という理由で出演を取りやめた。 「梶原さんが精神的にかなり繊細なのは上沼さんがいちばんわかっているはず。 毒舌キャラが暴走するのを止められないわれわれスタッフの責任もあるとは思うのですが…口出しなんてできなくて」(前出・在阪テレビ局関係者) 結局、梶原は自ら降板を申し出たという。 社会心理学が専門の新潟青陵大学大学院教授・碓井真史さんはこう解説する。 「上沼さんの発言は、広義のパワハラに相当するでしょう。

次の