マスク 消毒 熱湯。 「マスク熱湯消毒 & 銅イオンで強化❓」にゅる侍のブログ | 侍にゅるのページ

ブランド紹介

マスク 消毒 熱湯

これはかなりいい情報が! 使用したマスクには 雑菌が繁殖しているため、 アルコール消毒だけ! ではダメみたい。 ではどうするか? 水洗いしてマスクを念入りに洗いましょう! 色々調べた所、 キッチンハイターに浸けてる方もいました。 この方が確実、雑菌は落ちそうですよね。 ただ、匂いがどうなのか?心配ですけど。 必ず雑菌を落としてから! アルコール消毒すると効果あるみたいです!これなら私もやってみようかと。 キッチンハイターの表記は まな板が30秒、 漂白2分などと書かれていましたが、 マスクは何分何秒と表記がなかった為、とりあえず、 2分漂白しました。 漂白した後、念入りに水洗いし、良く乾かして アルコール消毒液を吹っかけてみました。 よく洗い流せば漂白の嫌な臭いはしませんでした。 【私はあの漂白の臭い〔衛生的な臭いして〕好きなんですけどね。 】 再利用できるマスク発見 このマスク 洗えるみた いです。 回数には限りがあるみたいだけど。

次の

ウレタンスポンジマスクの洗い方 おすすめの方法。洗剤は必要?

マスク 消毒 熱湯

昨今のウイルス事情でマスクの需要が高まり現在 マスクが不足する 異常な状態です。 本来マスクはこまめに交換することが正しい使い方とされてきましたが、品薄で入手が困難と言わているマスクを簡単には 捨てられません。 さらにはマスクを何日も再利用しようという動きもあります。 しかし、長時間使い続けたマスクは息の湿気、唾液の匂い、付着した菌で気持ちいいものではありません。 この不快感をマスク除菌ケースで解消してください。 パワーアップして再登場! マスク除菌ケースは昨年実施したプロジェクトで好評のうちに終了いたしました。 マスク除菌ケースは常に綺麗な状態でマスクをしていただくという企画で、生産も一部部品の廃盤等で再生産は行わないつもりの商品でした。 しかし、昨今の新型ウイルスの影響でマスクが買えないという異常事態になっています。 今まで簡単に廃棄していた使い捨てマスクが捨てられない状態になっています。 この異常事態に少しでもマスクの寿命を延ばしたい、ウイルスの軽減を行いたいという悲痛にも思えるリクエストを多数頂戴しております。 今回、新規設計にて内部パーツを一部変更、アップグレードして再びクラウトファンディングに挑戦です。 バージョンUP その1 除菌パワーUP! UV-C LEDパワーが従来品の1. 繰り返しマスクでも洗濯だけでは不十分で除菌は必要です。 繰り返し使うマスクだからこそ、マスク除菌ケースが役に立つのです。 また、使っている最中でも時折、乾燥と除菌を行うと長時間使うことによる不快感を解消することができます。 「洗って使えるマスク」「水洗い不可、使い捨て」のどちらにも除菌ケースが有効です。 マスクは雑菌、埃、ウイルスのフィルター 一度外したマスクをポケットに入れたりしてませんか?? これ絶対にやってはいけない行為です。 マスクは日常の雑菌、塵、埃、さらにはウイルスをフィルター効果でマスクでキャッチして吸引しないようにするものです。 当然、マスクにはあるゆる雑菌が溜まります。 それをそのまま長時間使用するのは不衛生である事は明確。 マスク除菌ケースの機能 マスク除菌ケースはマスクの除菌と乾燥を行います。 【乾燥モード】 ファンによる 乾燥のみ 10分間行います。 【除菌モード】 除菌のみを 10分間行います。 UV-C LED技術で除菌 UV-Cとは深紫外線と呼ばれる除菌に適した目には見えない紫外線です。 さらにUV発生源をLED方式にすることで強い紫外線を発生させます。 UV-C LEDは現在、水や食品など従来除菌が困難であったものに大変有効で様々な品物に対しての除菌製品が開発されています。 特にマスクはアルコールなどをしようして物理的に除菌するのが困難です。 光を使ったマスクを除菌する方法はまさに最適な除菌方法といえます。 従来のUVランプ方式とLED方式の強度比較です。 UVに反応する粉の濃さがUVの量を表します。 検証結果 この数値は細菌除菌によるものです。 ウイルス除菌の数値ではありません。 ただし一般的にUVによるウイルス除菌効果も実証されておりますが、すべてのウイルスに除菌効果がある訳ではありません。 環境に配慮したUV-C LED 環境にやさしいUV-C LED 環境に影響を及ぼす材質、物質は一切使用、発生しません。 従来品はUVランプを使用して製品化することが一般的でしたが、余熱が必要で効果が出始めるまで数分かかったり、ランプ寿命が短い、また水銀を含むため環境に悪影響を及ぼすなどの問題がありました。 (2020年から水銀を使用する機器の製造・輸入は規制の対象になります。 従来の除菌製品に多用されていた除菌素子はUVランプを利用した商品がほとんどでした。 UVランプはいわゆる水銀ランプである事がおおく、発熱、予熱、大きさ、寿命に難があり、発生するUV波長もばらつきがあり、除菌効果が不安定であることが多かったです。 LEDが小型で低消費電力、しかも長寿命である事は一般家庭の照明器具で広く認知されているのと同様にUV-Cに関しても同様の利点があります。 そのほかの使い方 マスクガイドは取り外しが可能です。 ガイドを外せば、マスク以外のものを除菌できます。 除菌UV-C LEDが様々な場所でご利用いただけるのも魅力の一つです。 本製品は10分間で自動停止します。 除菌の効果は投射する時間に比例します。 大柄なものやハンカチなど折りたたんだものは数回除菌を行うことをお勧めします。 マスク除菌ケース本体の付属品ではありません。 【注意】 UV-C LEDは人体への影響がない程度の出力になっています。 しかしながらUV-C LEDを至近距離で直視することはおやめください。 材質も「紙製」「布、ガーゼ」「不織布」いずれも除菌が有効です。 内寸以上のマスクでも多少であれば押し込んで使って頂けます。 耳掛け部は折りたたんで使用する場合があります。 折りたためないマスクはご利用いただけません。 バッテリー内蔵で電源ケーブルなしでご利用いただけます。 充電はUSB端子で行います。 製品仕様 ULTRAWAVE 除菌マスクケース ver. 9%の除菌結果が実験で証明されています。 薄手のマスクですと10分かからずに99. 9%の除菌率に達すると思います。 Q:UV除菌機とUV-C除菌機は違いがありますか? A:UV除菌機と謳っている商品は紫外線のどの波長かの明記が無い状態です。 除菌に適した波長か明確にする必要があります。 本製品はUV-Cで短波の除菌に適した波長であることを主張しています。 Q:マスクのサイズに制限はありますか? A:一般的なマスクが対象ですが、ページ内の内寸を参考にしてください。 多少大きくてもケース内に収まれば問題ありません。 Q:バッテリーの寿命はどれくらいですか? A:現在の充電池はおおよその目安で充電回数300~500回位とされています。 実際の使用状況によって大きく異なります。 Q:子供でも使う事はできますか? A:特に危険なことはありませんし、本製品のUV-Cは人体に大きく影響を与えません。 しかしながらLED部を接近して直視することはおやめください。 Q:LED発光部に直接目や手に当たっても大丈夫ですか? A:一般的にはUV-C LEDは直視すると害を及ぼす可能性があります。 しかし、本製品に使用するUV-C LEDは人体に影響を与えない程度の出力になっています。 直接、人体に浴びても問題ありませんが、至近距離で長時間直視することは避けてください。 Q:PL保険には加入していますか? A:加入済みです。 Q:防水ですか? A:防水性はございませんので水の中に落としたり、水をかけることは避けてください。 ギャラリー.

次の

品薄状態の「マスク」ですが、煮沸消毒して乾かせば再利用出...

マスク 消毒 熱湯

煮沸消毒したらトングや箸でマスクを取って水ですすぎます。 取るのに使うのは、そのまま捨てられる 割り箸でもいいですね。 洗ったら 天日干しでしっかり乾かします。 煮沸消毒する時に、手が汚れてたらせっかく消毒したマスクに菌やら汚れがつくこともあるので、マスクを取る作業は 洗ったきれいな手でやりましょう。 気になる人は使い捨ての手袋をしてやるといいです。 乾いたマスクは普通に使えました(マスクの機能は落ちてると思うけど…) マスクを煮沸消毒して思ったのは 「シワシワになる…!」 シワになるというか『使ってた時についたシワが落ちない』って感じです。 参考 煮沸消毒に使う鍋はなんでもいい? 使う鍋は、 洗剤(重曹とか)を入れなければなんでもOKです。 使い捨てマスク(不織布マスク)の 煮沸消毒はウイルス除去になる• ただ、煮沸消毒すると マスクは傷む可能性も(機能の低下)• 使い捨てマスクは煮沸消毒より アルコール消毒のほうがよい(緊急時のみ)• 布マスクは 『煮沸消毒してから洗濯』または 『洗濯してからアルコール消毒』するとウイルスによりいい とのこと。 「新型コロナウイルスには、煮沸消毒やアルコール消毒が有効です。 そのため、使い捨てマスクを煮沸することで、ウイルスは除去できますが、煮沸の場合、マスク自体の耐久性が心配です。 煮沸するよりは、マスクのアルコール消毒をしっかりする方がいいでしょう。 ただ、今回のような緊急時のみにしてください」 「布マスクは洗濯して乾かせば、繰り返し使えるメリットがあります。 しかし、洗濯だけではウイルスが除去できるか分からないため、念のため煮沸消毒してから洗濯するといいでしょう。 もしくは、洗濯してからアルコール消毒してもよいでしょう」 引用: 使い捨てマスクの煮沸消毒はウイルスや菌の除去はできても、高温によりマスクのフィルターや性能が効果なくって 『つけてても意味ないマスク』になる可能性もあります。 マスクが手に入りづらいため、不織布タイプを洗ったり煮沸消毒したりして再利用する方法が一部ネットで紹介されている。 しかし高橋さんによると、「使えないことはないけれど、もとの機能は再現されません。 (乱暴な言い方になりますが)使わないよりはマシかもしれませんという程度で、お勧めはしません」とのことだ。 引用:• 使い捨てマスクの元の機能は再現されない• 使わないよりはマシかもしれないけどおすすめしない とのこと。 煮沸消毒はあくまでも、災害やウイルス流行など 使い捨てマスクが手に入らない緊急時の対処法として、基本的には1回使ったら新しいものを使いましょう。

次の