ヒゲダン ピアノ。 ヒゲダンのメンバー編成ってあのバンドと同じ?楽曲アレンジにも注目!

ヒゲダンのメンバー編成ってあのバンドと同じ?楽曲アレンジにも注目!

ヒゲダン ピアノ

タグ 2019 2019. 藤原聡のピアノ経歴を紹介します。 藤原聡は幼稚園の頃からクラシックピアノを習っていました。 ピアノを習い始めたきっかけは彼のご両親の影響によるものだそうです。 ピアノ教室でクラシックを習う場合、指をスムーズに動かすための練習曲と、応用としてベートーベンやモーツァルトなど、クラシックの作曲家の曲の両方を並行して練習していきます。 したがって、藤原のピアノの技術は幼少期から習っていたクラシックピアノの経験に裏付けされたものです。 ピアノを習っていたのが何歳までかという情報はありませんが、先日のインスタライブでも見事なピアノ弾き語りを披露していたことから、この後に紹介するドラムでバンド活動をしていた時期も継続的にピアノを弾いてきたことは確実だと言えます。 これは幼少期から楽器を始めた人でも一部の人にしか身につかない音感です。 この特異な音感は、彼の作曲の場面だけでなく、バンドメンバーでアレンジを詰めていく際にも真価を発揮しているとのことです。 藤原聡はバンドではボーカルも務めることから、本格的なピアノ演奏は見たことがなかったのですが、先日のインスタライブで弾き語りを聴くことができました。 ピアノは本当に上手かったですね。 しかも選曲はリスナーのリクエストに応える即興で、ピアノ伴奏ならではのアレンジも入れられていましたから。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡はドラムもできる!小学生から習ってリズム感抜群! ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡は、実はデビューまでのバンド活動ではドラム歴が圧倒的に長く、ボーカルを始めたのは大学時代にヒゲダンを結成した2012年からでした。 藤原は小学5年生からドラムを始めました。 きっかけは金管バンドに入りパーカッション担当になったことで、本当はトロンボーンをやりたかったそうですが…。 中学時代は吹奏楽部に所属してパーカッションを担当、高校時代に組んだバンド「EVER GREEN」でもドラムが担当で、大学の軽音楽部でも最初はドラムを叩いていたそうです。 ヒゲダン結成時にボーカルに転向することになりますが、それまで本格的なボーカル経験は全くなく、周囲から反対の声もあったとか。 バンドの中でもステージでいつも奥にいるドラムと、バンドの顔としてステージの一番前に立つボーカルとではかなり立ち位置や存在感が違ってくるもので、このときの経験や心境が「異端なスター」の歌詞の元になっているそうです。 ボーカリストになるということは、ステージの一番前で歌うだけでなく、ライブでのメインMCも務めなければならないなど、要求されることは多いですからね。 ピアノが主に指先に集中する楽器なのに対して、ドラムは全身を使い、ひたすらリズムと向かい合っていく楽器ですから、ピアノだけでなくドラムの腕前も持っているというのは凄いことですよね。 またボーカル経験が短かったということも驚きです。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力がすごい!お化け級の上手さ!? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡のボーカリストとして歌唱力が高く評価されている藤原聡。 その特徴として• 音域の広さ、特に驚異的なハイトーンボイス• リズム感が良く、細かいビブラートを使える• ハスキーな声質で耳に残る特徴的な声 といった点が挙げられます。 驚異的なハイトーンボイス 藤原のボーカルの大きな特徴が驚異的なハイトーンボイスです。 実際、hi C ド までは安定した太い声で出すことができ、「Pretender」などの曲で聴くことができます。 一般的なプロの男性ボーカリストの場合、このラインがhi A ラ あたりになるため、そのかなり上をいくハイトーンです。 また、一般的に高音になるほど声が細くなるものなのですが、藤原の声はhi Cでも細さを見せないことも大きな特徴です。 この帯域の音を自然に出せることが、ヒゲダンの楽曲を自然に聴かせることができている要因になっているわけです。 これは普通の男性では全く届かない音域です。 声の帯域が一般的な男性より高いぶん低い声はあまり得意ではないようですが、一方でそのハスキーな声質ゆえに低い音のメロディではとても甘く優しい魅力的な声を聴かせてくれます。 リズム感の良さ 藤原のボーカルは、そのリズム感の良さも高く評価される点です。 アップテンポの曲やタイトなビートの曲、細かいメロディや歌詞の譜割りの中でボーカルが活きるのも、藤原のリズム感の良さがあってこそのものです。 すなわち、ドラムやビートを特に意識した歌い方が可能で、このリズム感は彼のドラムの経験からきているものだと考えられます。 さらに、細かいビブラートを歌うことができることから、短い音符に対してもビブラートを付けて歌うことができるのも彼のボーカルの大きな特徴のひとつです。 ハスキーな声質の魅力と表現力の高さ 驚異的なハイトーンボイスと高い音域での歌唱技術の高さだけでなく、藤原のハスキーボイスを基調とする声質は甘くセクシーで、楽曲の場面に応じて優しさや可愛さ、力強さや頼もしさといった様々な表情を見せてくれます。 またこのほかにも、歌番組やライブでもCDクオリティの生歌を披露できるという抜群の歌の上手さ・安定感も彼の歌唱力の高さとして評価されています。 「Pretender」で藤原聡の音域を確認してみて、改めてハイトーンに驚いたことはもちろん、やはりそれをサラリと歌ってしまうことに凄さを感じました。 もっと高い曲の高音ではスカッとさせてくれる声が気持ちよく、また低域の甘い声く優しい声もとても素敵です。 どの音域でもそれぞれ魅力的な顔を持つ藤原聡のボーカルには本当に中毒性がありますね。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力の世間の反応は? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の歌唱力は実際に世間の反応としてどのような評価を受けているのでしょうか? その一部を紹介します。 ヒゲダンってさ、なんでここまでブレイクしたかって、曲もそうだけど、ボーカルの圧倒的な歌唱力だよな。 歌ってみると判るけど、高低差の切替がすごく難しいし、裏声やしゃくりとかも使いまくっててとんでもない技術力を要求される。 ボーカルの音のブレなさがすごいわ。 ヒゲダンの人気の理由として藤原聡の歌唱力の高さが大きな要のひとつになっていることがわかりますね。 ヒゲダン Official髭男dism はメンバー全員歌が上手いって本当? ヒゲダン Official髭男dism はメンバー全員が自分の楽器とコーラスを担当しています。 ヒゲダンの曲はメンバーによるハモりや重厚なコーラスの入った曲も多く、各メンバーの歌の上手さは確かなものです。 特に『Traveler』収録の「ビンテージ」は美しいコーラスワークを聴くことがでる1曲としておすすめです。 コーラスはメンバーの歌唱技術の高さだけでなく、コーラスアレンジもヒゲダン自身で行っていることも彼らの実力の高さがわかるポイントです。 ここで紹介した「ビンテージ」を初めて聴いたときは、コーラスワークの綺麗さからベテランアーティストの音楽を聴いている錯覚に陥りました。 でも、ベテランバンドでも楽器演奏と重厚なコーラスワークをこなせるバンドは少ないのが実際なんですよね。 ヒゲダンは年齢的にこそ若手バンドですが、その実力は間違いなくJ-POPシーンを牽引するバンドだと言えます。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の経歴や生い立ちとプロフィールは? ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡の経歴や生い立ちとプロフィールについてのまとめです。 ちなみに、「藤原」は「ふじわら」ではなく「ふじはら」と読みます。 名前:藤原聡 ふじはら さとし 生年月日:1991年8月19日 2020年5月現在:28歳 出身地:鳥取県米子市 身長:164cm 血液型:O型 愛称:「さとっちゃん」、「さとし」、「さとしくん」 出身校:島根大学 藤原聡は幼少期からピアノ、小学生からドラムを始め、中学では吹奏楽部、高校では吹奏楽部とロックバンドの活動を行うなど、音楽に恵まれた環境で育ちました。 高校は県内でも有数の進学校である米子東高校へ進学します。 高校時代は吹奏楽部に所属するかたわら、「BUMP OF CHICKEN」や「RADWIMPS」などのコピーバンドを行っていました。 またこの頃から作曲活動を始め、オリジナル曲を演奏するバンドも組むようになりました。 その後進学した島根大学で2012年にヒゲダンを結成。 大学卒業後は島根銀行に就職し、2年間営業マンとして勤務していました。 しかしすでに藤原は銀行への内定が決まっていたため、一般の社会人としての就職を選ぶことになりました。 銀行員時代は金曜の夜行バスで東京へ向かい、土日にライブ活動を行った後、日曜の夜行バスで仕事に戻るというハードな生活を送っており、2015年にインディーズデビューした時点でもサラリーマンでした。 2016年に上京を決意し銀行を退職した際には、職場の同僚や上司から熱い応援を受けたそうです。 2019年11月には一般女性と結婚したことを公表します。 その出会いは音楽がきっかけだったとのことです。 バンド内ではボーカルとピアノ・キーボードのほかに、プログラミング、パーカッション、ギターも演奏するマルチプレイヤーで、ヒゲダンのほとんどの楽曲の作詞・作曲を手掛けています。 でも、経歴からは特に銀行員時代など、色々と苦労を重ねてきたこともわかりますね。 これからのヒゲダン、藤原聡の活躍に期待したいですね。 ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡はピアノも上手い!歌唱力お化けの理由は? のまとめ ヒゲダン Official髭男dism 藤原聡のピアノの腕前は、幼少期から習っていたクラシックピアノによって身についたものです。 その技術はバンドの曲をひとりでピアノ弾き語りとしても披露できるほど卓越した腕前です。 また、絶対音感の持ち主でもあり、その能力は作曲やバンドのアレンジにも活かされています。 ボーカリストとしての藤原聡は、驚異的なハイトーンボイスと抜群のリズム感、表情豊かな魅力ある声質、そして抜群の安定感を誇ります。

次の

「Official髭男dism」バンドスコアとピアノ楽譜が発売!【「I LOVE…」ピアノ楽譜入荷しました!】

ヒゲダン ピアノ

名前 藤原聡 ふじはら さとし 生年月日 1991年8月19日 出身地 島根県米子市 職業 ミュージシャン 作詞家 作曲家 担当楽器 ボーカル ピアノ キーボードetc Official髭男dism ヒゲダン のボーカルを担当する藤原聡は身長164cmで柔らかい雰囲気をしているのが特徴的ですね。 Official髭男dismはメンバーが島根県松江市出身のピアノポップバンドグループ。 Official髭男dismの愛称は髭男 ヒゲダン。 藤原聡はグループ結成の頃にボーカルを始め、高校時代は吹奏楽でパーカッションを担当していました。 Official髭男dism・・・すごい独特なネーミングですが、メンバーは誰1人髭は生えていない。 Official髭男dismのグループ名の由来は『 髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい』という想いが込められています。 Official髭男dismのメンバーは音楽とそれぞれのメンバーをすごい大切に思っているのが伝わるグループ名ですね。 Official髭男dism ヒゲダン は2015年にミニアルバム『ラブとピースは君の中』でインディーズデビュー。 その後ヒゲダンは2018年4月11日1stシングル『ノーダクト』をリリースしてメジャーデビューを果たします。 ヒゲダンは2019年ひ2ndシングル『pretender』・3rdシングル『宿命』をリリースしどれも大ヒットしていますね。 ヒゲダンは2019年第70回紅白歌合戦の出場を決め、2019年は飛躍の年となり今後の活躍が期待されるグループですね。 スポンサードリンク 藤原聡は天才で歌唱力もヤバい! 出典: Official髭男dism ヒゲダン のボーカルを担当している藤原聡は天才だと言われ、ミュージシャンとしての評価は素晴らしいですね。 藤原聡はボーカルですがピアノも弾けて、ピアノの弾きながらのあの歌唱パフォーマンスは確かにすごいなと思いました。 ピアノを弾きながら歌うって結構難易度が高いと思うのですが・・・藤原聡はピアノを弾きながらすごい熱量で歌っていますよね。 藤原聡は男性の割にはキーも高く、ピアノを弾いて座りながらにあの高音域で声量張ってるのもすごいなとテレビを見ながらにしていつも思ってました。 ヒゲダンの藤原聡はピアノも弾けて、ボーカルとしての歌唱力の高さも素晴らしいですね。 ヒゲダンの藤原聡の歌はCD音源よりも、ライブがすごいという声も多くボーカリストとしては最高の評価と言えると思います。 そして藤原聡は ヒゲダンの楽曲の多くを作詞作曲をしていて、作曲家・作詞家としての実力もすごい。 藤原聡の作詞は多くのリスナーを共感をよんでいて、『pretender』はオリコンで長い期間上位をキープしカラオケでも男女から選曲されていて人気ですよね! ヒゲダンの曲を聴いていると、藤原聡の作詞する曲の歌詞の一つ一つの言葉選びが本当に素敵ですごいなと思います。 藤原聡はピアノ・ボーカル・作詞作曲などとにかく何でも出来てしまうという印象で、まさに天才と崇めたくなる音楽家ですね。 藤原聡の経歴・妻はどんな人!? 次のページへ.

次の

Pretender / Official髭男dism【ピアノ弾き語り】(電子楽譜カノン)

ヒゲダン ピアノ

それまでコーラスに参加する程度しか歌ったことが無かった藤原さんは、大学時代の2012年6月7日に現在の 「official髭男dism」を結成して初めて ボーカルに転向しました。 「そういうキャラじゃない」とか 「ドラム出来るのになんで突然転向・・・」と周囲には反対されたそうですが 「迷うぐらいなら笑われたほうが良い」という意思でボーカル転向したそうです。 それが今は大正解なわけです。 藤原さん、武勇伝までカッコイイっす。 スポンサーリンク ヒゲダン 髭男 藤原聡のピアノが天才的な理由【まとめ】 今回は 「ヒゲダン 髭男 藤原聡のピアノが天才的!理由は両親の影響だった」というテーマでお送りしました。 まとめ• 藤原さんは 幼少期からピアノを始めクラシックを弾いていた。 幼少期にピアノを習ったことで 絶対音感を身に付けた。 小学低学年時代にもピアノを続けていたことでピアノが体に染み込んだ。 リズム感は小5からドラムをやって身に付いた。 藤原さんがボーカルになったのは 大学時代にヒゲダンを結成してから。 ヒゲダンの藤原聡さんの過去を見てみたら幼少期からやっていきたことが全て余すことなく活かされていることに気づきます。 才能はあったとしても 天才と言われるのには藤原さんの努力があってのことですね。 ヒゲダンの藤原さんについてはこれでもまだまだ語りつくせない程なんですが、 「歌唱力」「絶対音感」「リズム感」「ピアノ」がなぜ評価されるのかについては分かったのではないでしょうか。 まだまだあり余しているポテンシャルを今後も発揮して欲しいですし発揮してくれると思うので1ファンとして今後の活躍がとても楽しみです!.

次の