アフターピル どこで買える。 アフターピルってどこで買える?通販で探すときのポイントとは

アフターピルでの避妊成功は時間がカギ!

アフターピル どこで買える

安さの秘密は海外ではアフターピルが薬局などで売られている薬だからです! 日本では考えられませんが、 海外は国全体が避妊に協力的です。 避妊に対する教育も進んでいるので、 緊急時に女性が手に取りやすい価格でピルが販売されています。 【カナダの薬局、緊急避妊薬2500円🇨🇦】カナダの薬局でも見つけました!緊急避妊薬、約2500円!日本では医師の受診が必要で、価格は1. 5万円前後。 72時間以内には飲むべき薬なのに😱この差はなに。。。 日本でもアクセス改善しますように。 ですが、 病院は最悪の事態が起こる前にアフターピルの処方をしてくれません。 自分で自分の身を守るためにも、 アフターピルは通販であらかじめ準備しておくと安全です。 通販で購入できるアフターピルの種類 通販人気No. 避妊率No. 商品 ナイピル エラ アイピル ノルレボ オススメ 初心者向け 5日以内の服用で 避妊率85%以上 通常3日以内服用 処方薬と同成分を 安く買いたい人向け 病院処方薬と同じもの が欲しい人向け 価格 2,980円 4,950円 1,200円 3,320円 内容量 4錠入り (1錠745円) 1錠入り 1錠入り 1錠入り 特徴 ・4錠入りでお得 ・日本人向けに開発 副作用が起こりにくい ・通常3日以内 の避妊効果が 5日間ある ・1錠売り最安 ・病院処方の ノルレボの ジェネリック ・病院が処方している アフターピル もくじ [閉じる] [開く]• アフターピル正規品取り扱いサイト紹介 アフターピルを種類別で、正規品最安値取り扱いサイトを紹介します。 ナイピル最安値サイト! ナイピルは避妊に失敗してしまった場合や望まない妊娠を避けたい場合に服用する1錠タイプの アフターピルです。 行為から 72時間以内の服用で避妊成功率80%以上の高い効果が期待できます。 自宅やかばんに常備しておけば病院に行くことができない場合でも服用することが可能です。 ナイピルは1箱4錠入りで2,980円と 1錠あたりの値段が安いので緊急用に持っておく薬として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ メデマート 内容量 4錠 4錠 4錠 1箱 2,980円 2,980円 2,980円 2箱 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 3箱 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし アイピル最安値サイト! アイピルは 日本の病院処方でも一般的なアフターピル「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。 行為後 24時間以内に服用することで避妊成功率98%の高確率で望まない妊娠を防いでくれます。 1箱1錠入り1,200円と買い求めやすい金額なので、今すぐ使用しない人でも自宅保管用として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび 6箱まとめ買い 最安値! お薬ラボ メデマート 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 1,200円 1,250円 なし 3箱 3,510円 1箱単価:1,170円 3,450円 1箱単価:1,150円 3,640円 1箱単価:1,213円 6箱 6,840円 1箱単価:1,140円 6,000円 1箱単価:1,000円 6,480円 1箱単価:1,080円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし ノルレボ最安値サイト! 2020年現在、 日本の病院で処方されるアフターピルがこのノルレボです。 避妊効果を確かめる臨床試験では、行為から 24時間以内の服用で妊娠阻止率98. 2%と高確率。 74時間以内の服用でも84%の妊娠阻止率を持っているので、行為から少し時間が空いてしまっていても安心です。 病院処方の医薬品として信頼度の高いノルレボは通販でも購入することが可能です。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび メデマート お薬ラボ 内容量 1錠 1錠 1錠 2箱 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 3箱 8,920円 1箱単価:2,973円 8,900円 1箱単価:2,967円 8,920円 1箱単価:2,973円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし エラ最安値サイト! エラは従来のアフターピルに比べて 行為後の避妊可能な日数が120時間(約5日)に増えた新しい薬です。 今までは行為の後から72時間以内の服用で80%程度の避妊成功率でしたが、 エラは72時間以内の服用で95%、 120時間以内の服用でも85%以上の避妊成功率です。 エラを手元に置いておくことで、避妊失敗から時間が経っても不安な思いをしなくて済むようになります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ ベストケンコー 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 4,950円 4,950円 6,674円 2箱 8,910円 1箱単価:4,455円 8,910円 1箱単価:4,455円 10,794円 1箱単価:5,397円 3箱 11,880円 1箱単価:3,960円 11,880円 1箱単価:3,960円 14,913円 1箱単価:4,971円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし 会計時に入力! 500円OFFクーポン GOLD コードをコピー アフターピルを通販で安全に購入するためのポイント アフターピルを通販できると聞いて、「 薬を通販で手軽に購入するなんて安全なのかな?」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。 実際、通販サイトを利用することで、薬が届かなかったり、偽物が届いたりしたというトラブルが起こる可能性も少なからずあります。 今回は、そういった トラブルを避けるべく、安全に購入するためのポイントを紹介します。 通販で安全に購入するためのポイント ・個人輸入のルールを守る ・安全なサイトから購入する 個人輸入のルールを守る Amazonや楽天といった通販サイトでは、アフターピルは販売されていません。 通常、アフターピルを購入するには、医師による処方箋が必要です。 しかし、下記のようなルールを守ることで、 個人でも海外から医薬品を手軽に輸入することが出来ます。 薬を注文した人のみが薬を使用する(譲渡・転売は禁止)• このサイトで紹介している通販サイトは 個人輸入代行サイトと呼ばれています。 本来、個人輸入では海外との手続きがとても面倒。 個人輸入代行サイトでは面倒な手続きを代わりにやってくれるので、利用者は普通の通販サイトと同じように商品を注文できるのです。 安全なサイトから購入する 利用しようとしているサイトが安全なサイトか判断したい時は、コチラを参考にしてください。 【運営者の所在地は記載されているか】 本当に存在している運営業者であれば、通販サイト内に所在地(住所)が記載されています。 問い合わせ先(電話番号やメールアドレス)の記載があるかもチェック! 【価格は安すぎないか】 他の通販サイトと比較してあまりにも安いピルが売られている場合、偽物を販売している可能性があります。 注意しましょう。 【配送期間に注意】 通常、個人輸入の配送にかかる日数は1週間~2週間です。 それよりも早い日数で到着すると書かれている通販サイトは、国内から発送している詐欺サイトの可能性があります。 【クレジットカードが利用できるか】 カード会社の審査をクリアした通販サイトだけがクレジットカードを利用することが出来ます。 クレジットカードを利用できないということは、何らかの理由でその審査をパスできなかったサイトということになるので注意が必要です。 支払い方法が銀行振込しかない場合はさらに注意! 個人名講座だと詐欺を疑った方がいいかも... 参考 管理人オススメの通販サイト 安全なサイトの基準を考えた上で、管理人がオススメしたい通販サイトが「お薬なび」です。 基準をしっかりとクリアし、口コミ評判がいいこともあって利用し始めたお薬なび。 現在に至るまでしっかり本物のピルを購入することが出来ていることが何よりも信頼がおけます。 そんなお薬なびでアフターピル「ナイピル」を購入した時の流れをまとめてみました。 お薬なびでナイピルを購入してみた! アフターピル「ナイピル」を最安値サイトお薬なびで実際に購入してみました。 注文から到着までの流れをまとめて、注文してみてどうだったかの感想を紹介します! 注文内容 購入した商品:ナイピル1箱 届くまでにかかった日数:9日間 合計金額:3,480円 薬代:2,980円+送料1,000円-割引500円 お薬なびでナイピルを注文 まずはお薬なびでナイピル1箱 4錠入り を注文。 楽天やAmazonなどの有名な通販サイトと変わらず、発送先の住所や氏名などの入力を行います。 注文完了までにかかる時間としては1分半ほどです。 ナイピルを注文した後、支払い情報のメールが届く 商品を注文後、すぐに商品代金の支払い情報がメールで届きました。 今回、管理人は銀行振込を選択していたので、振込先の口座情報が届きました。 入金が完了してすぐに商品発送完了のメールが届く 入金したその日の内で商品発送完了のメールが届きました。 他通販サイトと比べても入金から発送までとても早いと思います! 商品発送のお知らせと、追跡情報番号も送られてきました。 商品を追跡してみた! 追跡情報番号が届いて約1週後に商品を追跡してみました。 商品が今どこにいるのかが見れることで、後どれくらいで着くのかのある程度の目安となるので便利でした。 届いたダンボールは、気のせいかもしれませんが少し古びた感じを受けました… また、乳製品のような酸っぱいニオイがしたので気になる方もいるかもしれません… プラスチック箱の中にナイピルが入ってました! ダンボールの箱を開けると、プラスチックの箱の中にナイピルが入っていました。 商品の状態 商品の状態も良好です。 商品に問題は無かったのですが、商品が入っていたピンクの箱の梱包が少し雑な感じがしたので、気になる方は気にかも…という感じです。 とはいえ、お薬なびで注文してみて 全体的に受けた印象は良く、注文するごとに ポイントも貯まるし、 また利用したいと思える良いサイトだなと思いました。 病院 約10,000~20,000円(薬の料金+処方料・診察料など) 通販 約4,000円前後(送料込み) 少なくとも 6000円、高いところだと 16000円以上の差がつくことが分かりました。 病院処方のアフターピルは保険が適用されず、値段も病院側が自由に決めることが出来ます。 その為、このような高額な費用を請求されてしまうのです。 継続して避妊をしたいなら低用量ピルがオススメ アフターピルは、短期間内で強制的に排卵をストップさせて避妊を行うため、副作用が出る可能性が高いという所がデメリットとして挙げられます。 そのため、アフターピルを常用することは体にかかる負担が大きくなってしまうため危険です。 あくまで やむを得ない場合に服用するのがアフターピル。 継続して避妊を行いたい場合は低用量ピルの服用がオススメです。 低用量ピルは、避妊を行うだけでなく、ホルモンバランスを安定させる作用があるため下記のような症状を改善する効果が期待できます。 生理痛を解消• 肌荒れ改善• 生理前後の気分の落ち込みを解消 また、低用量ピルはアフターピルと同じく、医薬品通販サイトを利用して購入することができます。 アフターピルの常備には通販が便利! アフターピルは、避妊に失敗してしまった後からでも服用することで望まない妊娠を防ぐことができます。 避妊に失敗した後72時間以内に服用しなければいけないというタイムリミットがあるため、通販サイトを利用して事前に購入しておくと すぐに対処ができてより避妊成功率が高くなるので安心です。

次の

アフターピルが買えるおすすめ通販サイト

アフターピル どこで買える

まだ妊娠したくないけど、避妊に失敗してしまった… アフターピルを使いたいけど、今月お財布がピンチ。 値段はどれくらい?相場はいくらなの?? アフターピルの値段に加えて、 効果はきちんとある?それって正しい飲み方?ということについても、お伝えします。 アフターピルは避妊に失敗してしまったときに飲む、緊急避妊薬です。 妊娠したくないカップルの場合、互いの健康や人生設計のために計画的に避妊をすることは大切ですが、ときには避妊に失敗してしまうこともあるでしょう。 そんな時に活躍するこのアフターピル、 3日以内であればおよそ98%の避妊率があり、早めに飲めば飲むほど効果的です。 今回はこのアフターピルの値段について考えてみましょう。 一体どれくらいの費用を見積もっておけばよいのでしょうか。 アフターピルの値段は病院ごとで違う アフターピルにはいろいろな種類があり、薬によって価格はもちろん異なります。 また、あまり知られていませんが、同じ薬でも病院によって価格が異なるということもあります。 これはアフターピルの処方が保険診療ではなく、自由診療であるためです。 これらの違いは何でしょうか? 【保険診療】 国民健康保険法や健康保険法などによって定められている診療のことをあらわします。 日ごろ、私たちが医療機関で受けている治療のほとんどは、この保険診療です。 それぞれの病気に対して治療内容が決まっており、診療報酬点数が定められています。 つまり、日本のどこの医療機関に行っても同じ金額で、同じ治療を受けることができるのです。 医療の公平性を保ち、負担を減らすことが目的とされています。 【自由診療】 一方で、自由診療は公的医療保険を使用せずに治療を受けるため、全額が患者負担となります。 自由診療を取り入れるだけで、本来は公的医療保険の適用だった治療も 、すべてが自己負担になってしまいます(混合診療の禁止)。 そのため、患者の経済的負担はかなり大きくなります。 また、自由診療の場合には、患者と医療機関のあいだで個別に契約されるものなので、治療の内容や費用の制限がありません。 アフターピルによる治療、処方は健康保険が適用されず、「自由診療」で受けることとなるのです。 アフターピルの値段はピルの種類でも違います アフターピルは大きく分けて2種類あります。 昔からある「ヤッペ法」と、新しく開発された「ノルレボ法」です。 それぞれ使用する薬剤や飲む間隔が違うので、注意が必要です。 【ヤッペ法】 ヤッペ法で使用される薬は中用量ピルとよばれ、「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンと「エチニルエストラジオール」という卵胞ホルモンが配合されています。 人工的に生理を起こさせることで、緊急的な避妊効果を発揮します。 【ノルレボ法】 ノルレボ法では、「レボノルゲストレル」という黄体ホルモンのみが含まれる薬を使用します。 はたらきはヤッペ法と同じく、人工的に生理を起こさせるものと考えてください。 ヤッペ法に比べてノルレボ法は副作用が出にくいため、現在ではノルレボ法を採用するドクターが増えてきています。 ここからは、さらに詳しく見て行きましょう。 ヤッペ法 ヤッペ法は、 『プラノバール錠』を使用した緊急避妊法であり、以前は主流として用いられていました。 まずはヤッペ法に使用する『プラノバール錠』について説明しましょう。 この薬は卵胞ホルモンの配合量が中程度であるため、中用量ピルとよばれます。 【プラノバール錠の効果】• ・卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって生理周期を正すため、 月経困難症や月経周期異常、過多月経などを改善。 ・子宮内膜を維持してはがれにくくするため、 通常の月経以外に起こる出血をおさえる。 ・女性ホルモンを補うために卵巣の機能を活発にさせ、 卵巣機能不全を治療する。 ・生理が起こる期間を延長できるため、薬の服用と休薬を繰り返すことで生理日を調節できる。 月経困難症や子宮内膜症などの症状を軽減することも可能。 これらのはtらきにより、プラノバールは婦人科領域で広く活用されます。 適切に服用した場合、データ上での妊娠率は3. 安価ですが副作用がおこりやすいため、ノルレボが認可されて以降は処方される数は減っています。 ヤッペ法の値段相場 避妊目的での処方は保険適用外なので、5,000円前後です。 月経不順などを診察して保険適用で処方してくれるドクターならば、ここからさらに負担が減ることもあり得ます。 しかし、先ほどもお話しした通り、アフターピルとしての処方は日本では保険診療となりません。 あくまで「ノルレボ法よりは低価格である」くらいで認識しておきましょう。 ノルレボ法 ノルレボ法は、 『ノルレボ錠』を使用した緊急避妊法であり、今日では世界中で使用されています。 使用する『ノルレボ錠』は、レボノルゲストレルだけを含有しており、性交後72時間以内に服用します。 副作用も少なく高い安全性を持ち、避妊効果もヤッペ法に比べて高いことが特徴です。 【副作用はあるの?】 ノルレボ法では副作用が現れる可能性はほとんどなく、数字にして5%以下です。 副作用は成分の吸収とともに起こる急激なホルモンバランスの変化が原因なので、時間とともに軽くなっていきます。 症状としては、頭痛(12. 3%)、吐き気(9. 2%)、倦怠感・疲労感(7. 7%)、眠くなる(6. 2%)などが代表的です。 他にも、胸の張りや腹痛、ニキビが副作用としてあらわれることがあります。 また、ほてりを感じることもありますが、これもホルモンバランスの変化で体が生理前のようになっているため起こるもので、過度に心配する必要はありません。 日本では薬価そのものが未収載で、こちらもヤッペ法と同じく自由診療となります。 ノルレボ法の値段相場 ノルレボの処方も健康保険適用外であるため、値段は医療機関によって異なります。 安い病院だと10,000円ほどで購入できますが、 高額な病院だと20,000円以上することもあります。 相場は15,000~17,000円の間です。 ヤッペ法、ノルレボ法ともに副作用が出る可能性はゼロではありませんが、出やすさでいうと、ノルレボ法の方が断然低いです。 価格ではノルレボのほうが高くなりますが、 効果や副作用を考えるとノルレボ法を選択することがおすすめです。 病院ごとで比較したい場合には、事前に電話をして値段を聞けば教えてもらえることが多いでしょう。 最近では、ホームページでアフターピルの処方にかかる費用を明示してくれている医院もあります。 自分の家から通える範囲の病院で、比較して考えましょう。 インターネットでも購入できる? 実はピルを手に入れる方法として、インターネットで購入する方法もあります。 病院での処方に比べれば、1割以下の価格で買えることもあるでしょう。 しかし、ピルを扱う業者は個人輸入で、 健康被害が生じた際の保証もなければ、海外から輸入された薬が本物であるという保証もありません。 そもそも、日本国内の医薬品はすべて「薬機法」という法律によって管理されており、交付を受けるために処方せんが必要な「医療用医薬品」と、それ以外の「一般用医薬品」に分けられます。 分類される理由はさまざまですが、ピルのように副作用が強く管理が難しいお薬は、「医療用医薬品」に分類されています。 アフターピルも同様に、「医療用医薬品」に分類されています。 そのため、薬局やドラッグストアで交付を受ける際に、処方せんが必要となります。 処方せんというものは、「何の薬を」「誰に」「どれだけの量」「何日分」出すかが書かれています。 処方薬であるピルは病院で処方せんを発行してもらわないと購入することができないのです。 ピルを買うなら病院で費用を比較 病院では、一人ひとりの患者さんの状態や病歴を詳しく見た上で、安全・安全・適切に、責任をもって薬を処方してくれます。 その信用の基盤となるのが医師免許であり、薬剤師免許、各薬品会社の医薬品販売業許可です。 いわば 国から安全が保障されているわけですね。 その他にも個人輸入の通販サイトが個人情報を他へ売り渡すなどのリスクもあるので、通販サイトでの購入はおすすめできません。 安いからと言ってアフターピルを通販サイトで購入することは避け、必ず医療機関を受診して、医師の診察を受けた上で処方してもらいましょう。 その他、アフターピルにかかる費用 診察料 病院で診察を受ける際にかかる費用です。 初診だと少し高く2,000~3,000円ほどでしょう。 再診だと500~1,000円ほどであることが多いですが、詳しい検査などが必要になれば、もう少し価格が上がります。 薬局での料金 薬局で薬を出してもらう際にもいろいろな料金がかかります。 調剤技術料、薬学管理料など、薬や患者のデータを管理することに対しても費用がかかります。 とはいえアフターピルはその性質上、院内で処方されることも多い薬です。 その際はまた調剤技術料の内訳が少し変わり、価格が安くなることもあります。 アフターピルにかかる総額の費用って? アフターピルの処方に関する費用は、ヤッペ法を選ぶのかノルレボ法を選ぶのか、先発医薬品を用いるのかジェネリック医薬品を用いるのか、どこの医療機関を選ぶのかなどによって、大きく変わってきます。 価格は高くとも副作用の少ない ノルレボ法ならば、総額15,000円~17,000円ほどの価格帯です。 価格を抑える代わりに錠数が2錠に増え、副作用も多い ヤッペ法ならば、総額5,000円前後となるでしょう。

次の

ピルの購入方法

アフターピル どこで買える

アフターピルは違法? そもそもの話だが、アフターピルは 違法の薬なのか。 決してそうではない。 ちゃんと、医師の診断のもとに 処方される薬である。 ところが、現在国内で処方される アフターピルは1種類のみらしい。 価格で約15,000円程度らしい。 しかも、医師の診断が前提で、 薬局で買えるとかではない。 あくまで処方箋が必要な薬。 医師の処方が原則である薬を、 個人が販売すれば、確かに違法である。 今回もそれをやっていた個人が 逮捕されたということ。 さて、アフターピルの市場の 背景を見てみよう。 海外では薬局で普通に売られている 日本では医師の処方がないと 手に入らない薬だが、海外では 薬局に行けば普通に買える。 しかも、1500円程度らしい。 ある記事によれば、アフターピルが 必要になった女性でも、医師の診察を 受けることにハードルの高さを感じるんだとか。 産婦人科などを受診することになるが、 周りの目も気になるらしい。 まぁ、なるほどと思うような。 しかし、そうしないと買えない。 と思いきや、別の方法で入手は 可能だった。 それが、通販だ。 海外から直接買い付けることは、 なんと違法でもなんでもない。 ただし、ここで注意点が。 あくまで、個人利用が目的の 場合のみ、通販での購入はOK。 これを、転売目的で購入し 実際に転売することが違法。 今回逮捕された男性は、転売目的で 購入し、転売したことが容疑。 ちょっと細かい話だが、要は 「買える」ということだ。 価格はやはり1500円程度で、 消費期限は製造から2年間らしい。 避妊成功率は80%を超えると されており、確かに便利そう。 女性は、常に持ち歩くことで 安心感が得られるかもしれない。 国内での薬局での販売は? 現在は、海外のように薬局での 販売は許可されていない。 日本の医療のお偉いさんたちが、 許可しない方針なんだとか。 その理由は、服用者の体への 負担の懸念があるからと。 しかし、WHOはアフターピルの 安全性を認めているらしい。 なにやら、きな臭い。 日本産婦人科医会はどうして 許可しないんだろうか。 ここからは個人的な妄想だが、 アフターピルの市販化が進めば、 産婦人科への診療が必要なくなる。 産婦人科の客が減る、という懸念から 許可をしていないんじゃないか、 と思ってしまう。 ある記事では、年間の中絶の件数は 18万件だとか。 1回の中絶手術には、10万〜15万。 1日で日帰り出来る手術だ。 10万円で計算しても、総額で 180億円。 こんな言い方は不適切かもしれないが、 180億の市場が減少することを 嫌がっているのではないかと。 まぁ、真実は分からないが、 今のところは市販化される予定は 無いらしい。 しかし、オンライン受診の ガイドラインが進んでいるとのこと。 近い将来、ネットで産婦人科を 受診し、アフターピルの処方を 受けることが可能になるのかもしれない。 薬局で買えるほうがはるかに 安いし早いのだが。

次の