豊橋 市 狂犬病。 発症したら99.9%以上死亡するといわれる「狂犬病」 愛知で患者陽性 フィリピンで犬にかまれ感染か(メ~テレ(名古屋テレビ))

国内14年ぶり狂犬病発症 来日者、フィリピンで感染か―愛知・豊橋:時事ドットコム

豊橋 市 狂犬病

静岡市と豊橋市は22日、フィリピンから来日して静岡市に住み、現在、豊橋市内に入院中の外国人が狂犬病を発症したことが確認されたと発表した。 昨年9月ごろにフィリピンで犬に左足首をかまれて感染したとみられる。 2月に就労のため来日した。 国立感染症研究所によると、国内での発症確認は2006年以来14年ぶり。 国内で人が感染した例は1956年を最後に見つかっていない。 狂犬病は人から人へ感染することはなく、患者から感染が拡大することはない。 豊橋市によると、19日に同市内の医療機関から保健所へ狂犬病の疑いの報告があった。 感染研に依頼し、22日に狂犬病ウイルスの陽性が判明した。 市は発症者の性別や国籍を明らかにしていない。 発症者は11日から足首や腰の痛み、水を怖がるなどの症状を訴え、知人が静岡市の自宅から豊橋市の医療機関に車で連れて行った。 現在も症状は重く、集中治療室(ICU)に入っている。 静岡市によると、豊橋市内には仕事関係の事務所があるという。 静岡社会の記事一覧•

次の

フィリピンからの入国後に狂犬病を発症した患者(輸入感染症例)について/豊橋市

豊橋 市 狂犬病

愛知県豊橋市で狂犬病発症? 共同通信は、以下のように伝えていました。 愛知県豊橋市は22日、フィリピンから来日した外国籍の男性の狂犬病発症を確認したと発表した。 昨年9月ごろにフィリピンで感染したとみられるという。 市長が午後5時から記者会見する。 okinawatimes. また情報ソースが共同通信ということも、信ぴょう性が高いように感じますね。 しかし、現時点において、この元記事やこの記事を掲載していたニュースサイトは軒並み削除をしています。 いったいなぜ記事を削除することになったのでしょうか。 愛知県豊橋市の狂犬病発症記事の削除理由はなぜ? 共同通信がデマを流布したとは考えにくいですよね。 恐らく確実なエビデンスを元に、情報を発信していると考えられます。 真相は不明ですが、記事削除に至った経緯として、Twitterではこんな意見がありました。 厚生省の隠蔽? 日本で狂犬病?久々に聞いた。 自分の田舎では子供のころ、野良犬からもらうとか言われていたけど。 しかし、共同通信は速攻削除。 なんかあったのか?誤報か?厚生省の隠蔽か?謎が深まる。 どのサイトも、削除されてる? 記事が見れない。 どういう事? 誤報? それとも隠蔽? — 猫ねこ nekosukidanyan デマや誤報の可能性? 狂犬病って水も風も怖くなるし精神状態もおかしくなるから人が人噛んでもおかしくないよ、、 狂犬病に関する記事軒並み削除されてるけどデマなん? — Sara luacat265 狂犬病の記事削除?ん?誤報?ん?わからん。 — Aケコ amikaku 狂犬病のニュースがあったんだけど、元記事がどの新聞社のページも削除されている。 誤報だったのかな?そうならいいけど・・・あんな恐ろしい病気はなかなかないからな。 どのみち17時からの会見待ちなのかも。

次の

愛知県豊橋市で国内14年ぶりの狂犬病発生|フィリピンで感染か?感染したのは誰?原因は?

豊橋 市 狂犬病

狂犬病は、通常、ヒト-ヒト感染することはなく、感染した患者から感染が拡大することはありません。 概要 令和2年5月19日、豊橋市内の医療機関から豊橋市保健所に狂犬病疑いの報告があり、国立感染症研究所へ遺伝子検査を依頼したところ、5月22日に狂犬病ウイルス陽性であると連絡がありました。 経過や遺伝子解析の結果から、フィリピンで感染したと推定されます。 昭和32年(1957年)以降、日本国内で感染した狂犬病患者の発生はなく、輸入感染症としては、平成18年(2006年)のフィリピンからの帰国後に発症した事例が確認されています。 狂犬病や動物由来の感染症について、詳しくは下記のホームページをご覧ください。 患者情報(令和2年5月22日発表) 患者概要 居住地:豊橋市外 主症状:疼痛、不穏、発熱、恐水発作、異常興奮 咬傷歴:令和元年9月頃(フィリピンにて、左足首を犬に咬まれるも受診なし) 経過 2月14日(金)フィリピンから来日。 5月11日(月)足首の痛みあり。 5月13日(水)恐水症状、食欲不振、腰痛あり。 5月14日(木)腹痛、嘔吐あり。 5月18日(月)知人が自動車で自宅に迎えに行き、豊橋市内の医療機関を受診。 ICUへ入院。 5月19日(火)検体採取し、国立感染症研究所へ検査を依頼。 5月22日(金) 国立感染症研究所から「PCR検査の結果、狂犬病ウイルス遺伝子が検出された。 また、塩基配列を決定した結果、フィリピンで流行しているウイルス配列と非常に高い相同性を示した。 」と連絡を受理。 豊橋市内医療機関の医師から感染症発生届受理。 感染経路 フィリピンで狂犬病に感染した犬に咬まれたことにより、狂犬病に感染したと推定。 (本人周辺の方からの聞き取りでは、入国後に動物との接触歴はなし)•

次の