ショート メール 既 読 わかる。 相手がメールを読んだか、確認する方法

SMSやキャリアメールとの違いは? 「+メッセージ」でできること、できないこと (1/2)

ショート メール 既 読 わかる

大事なメールや急いでメールの回答がほしい場合は、gmailなどでメールを送信した上で相手にたいして電話をし、急いで開封して返信が欲しい旨を伝えることがありますが、なんらかの事情で電話ができない場合、メールに開封確認などをつけることによって相手がメールを読んだことの確認を取ることができます。 有料のメールソフトではこのような既読確認の設定を行うことができますが、フリーメールの代表格でもあるgmailでは既読確認の設定をする事はできるのでしょうか。 gmailで開封確認設定は可能か? 結論から申し上げますと通常のgmailでは開封の確認をすることはできません。 ですが、2つの方法により既読確認の設定を追加することが可能です。 そのため、相手が開封をしたかどうかをどうしても確認したいときは後述するふたつの方法のひとつを用いてgmailで既読確認の設定をつけるようにしましょう。 開封の設定をつけることによって相手の進捗状況がわかるだけでなく、相手がgmailの確認設定がついていることを認識することで急いでメールの用件に対応するという効果があります。 以下ではgmailの既読確認設定の方法を紹介したいと思います。 PCのgmailで相手にたいして送信することになりますが、この方法によりメールを開いて欲しい人にたいして開封の確認を行うことができます。 拡張機能の追加手順 それではgmailに既読確認設定をするための具体的な手順を解説します。 少々長いですが、お付き合いください。 ここからの作業はお持ちのgmailアドレスにログインした上で行う必要があります。 お疲れ様でした! これでgmail既読確認の機能追加は完了です。 既読確認をしてみましょう 上までの作業によってgmailに既読確認の機能が追加されています。 gmailから新規メッセージを作成すると今までと同じようにメッセージ画面が表示されます。 既読確認機能の設定前後で変わっているのは、送信ボタンの横にチェックボックスがついているところです。 緑色のチェックがついている場合は、既読確認機能がオンになっている状態です。 一方で赤色になっている場合は、既読確認の機能がオフの状態です。 このままメッセージを送信してもgmailでの開封確認は行えませんのできちんとチェックボックスが緑色になっているかを確認してからgmailを送信しましょう。 既読確認機能を設定してメールを送信した後にメールを送った相手が開封すると既読したか否かの確認ができます。 gmail上の「mailcastr」アイコンを選び、ダッシュボードを選択すると送ったメールにたいして相手が既読なのか未読なのかを確認することができます。 また、相手がメールを開いた場合はメールが開いた旨のポップアップが表示されます。 さらにgmail宛てに相手がメールを開いた旨のメールが届きます。 これらの機能によってgmailにて相手が既読したかどうかを確認する事ができます。 既読確認機能の制限 ご紹介したようにgmailでの既読確認が行える便利な「mailcastr」ですが、制限が存在します。 制限の内容ですが、1日5回まで、1月で150までという制限があります。 gmailで開封確認を行うために無料版を導入しているのでこのような制限があります。 日々の使用方法によると思いますが、一日に多くのメールを送受信される方で多くのメールにたいして開封確認を行いたい場合は無料版での回数では心もとないと思います。 その際は有料版の導入を検討しても良いかもしれません。 無料版から有料版へ変更することによって上記のような制限はなくなります。 有料版を利用する場合は年間契約で月に1. 9ドル程度かかるようです。 少額の費用で制限が外れるとはいえ、お金がかかってしまうために全部のメールに既読確認をつけるのではなく回答を急いでいるメールや確実に相手に見てほしいメールのみに開封確認をつけるだけにする等の対策を行うことによって有料版を使うことなく無料版のみで運用していくことも可能だと思います。 ちなみにですがG suiteはGoogleが提供するツールでビジネスに使用する機能を兼ね備えています。 初めは無料で使えますが、一定期間経過後は有料の扱いとなります。 このG suiteにおいてG Suite Basicを選択することで開封確認のリクエスト送付することが可能となります。 引用元: gmailの既読返信をしないようにする いままでは、gmailにて送信をする際に相手の既読をどう確認するかを説明してまいりましたが、今回はメールを受信し、相手のメールに開封の確認が設定されている際にgmailにて開封した旨の返信するかどうかについて説明したいと思います。 また、gmailでの開封確認した旨の通知をどうやって行わないようにするかについても解説していきたいと思います。 まずは開封確認が設定されているメールについてどのように返信するかを説明したいと思います。 メールの送信者がgmailのアドレスにたいして開封確認を設定していた場合、基本的には開封した旨を相手にたいしてメールにて送り返します。 受信者側での開封判断をすることはできないようです。 gmailに送られてきたメールに対して開封をした旨の通知を行うことで不利益を被ることは基本的にはないと思いますが、中にはさまざま事情により通知を行いたくないという方や勝手に通知をされるのが気持ち悪いという方もいるかもしれません。 開封をした旨の通知をしたくないという方は、先ほどgmailでの開封通知設定をした時と同様に今回もChromeの拡張機能を用いることによって通知をしないようにすることができます。 その拡張機能ですが2つの機能が存在しており、 「PixelBlock」、「Ugly」というものがあるようです。 双方とも先ほどのgmail開封確認機能「mailcastr」と同じようにインストールを行う必要があります。 「PixelBlock」では、メールを受信した際にどのサービスによって開封通知がなされたかを知ることができる機能やそもそも既読確認設定がされているかどうかを表示させる機能があるようです。 ここでは、それぞれの機能についての詳細は割愛させていただきますが、開封した旨の通知を行いたくない方は、拡張機能の導入を行うことで通知しないよう設定することが可能です。 まとめ 以上、この記事では送信メールに開封確認を設定する方法、特にgmailにおいて既読確認をするためにどんなことをすればgmailで開封確認が設定できるかについて説明をさせていただきました。 具体的にはChromeの拡張機能である「mailcastr」によってgmailで既読確認を行うことが可能になります。 「mailcastr」では、各メールのステータスを参照することによって相手の既読状態を確認する方法やポップアップ表示によって開封が行われたことが確認できたりと比較的簡単にメールが開封されたかどうかの確認を行うこと可能でした。 急ぎのメールや必ず読んでほしいメールについては相手に対して確実に読んでほしい旨を電話などで伝えたいところではありますが、メールを送る相手によっては電話でそのようなことが行いにくいこともあります。 そのような際は今回説明した「mailcastr」を用いることで相手の開封状態を確認することで用件を漏れなく完遂できるようにしておきましょう。

次の

Androidのメッセージ!既読かどうか知る方法はある?

ショート メール 既 読 わかる

皆さんはiPhoneのメッセージサービス「iMessage」を使っていますか? LINEが普及して以前より利用者が減ったかもしれませんが、LINEには無い利点もあるんですよね。 ・・・それは、LINEのように既読表示がついていて、しかも表示のオン・オフが可能なこと! えっ、既読表示が出るのは知っていたけど、オン・オフが可能なの?と思った人もいるのではないでしょうか。 ちなみにここでいう「オフ」とは、自分がメッセージを開封した際、それを相手に知らせる「開封証明」が送信されないようにするということです。 オンにしてあると、自分が読んだことが相手に通知されるということですね。 ではどこで表示の設定をするかを説明します! iMessageの既読表示をオンにする方法 iPhoneの「設定」画面で「メッセージ」をタップします。 「開封証明を送信」をオンにします(下記のように緑色になっている状態がオンです)。 これで、自分がiMessageを読んだ場合は送信者に「開封証明」が送信され、相手のiPhoneの画面に「開封済み」と表示されるようになります。 逆に読んだことを相手に知らせたくない場合は「オフ」にすればいいわけです。 そして、相手が読んだかどうかが自分のiPhoneの画面に表示されない場合は、相手が表示設定をオフにしている可能性があるというわけです。 要注意!既読表示は「iMessage」にしか出ない 大事なことを補足します。 それは、既読表示機能が使えるのは「iMessage」だけであり、「SMS」「MMS」では表示されないということ! そもそもその3つの違いが分からない、という人もいると思うので、違いをザックリと下記にまとめてみました。 iPhoneの「メッセージ」アプリでは、「SMS」「MMS」「iMessage」の3種類のメールサービスを使うことができるのです。 ・SMS(ショートメッセージサービス)・・・電話番号で送受信できる、いわゆるショートメールのこと。 携帯電話会社が提供。 ・MMS(マルチメディアメッセージングサービス)・・・「 softbank. jp 」で送受信する、いわゆる携帯メールのこと。 携帯電話会社が提供。 ・iMessage・・・iPhone、iPad、iPod touchなどとやりとりができるメールのこと。 Appleが提供。 自分が使っているのがiMessageかどうか分からない!という人は、手っ取り早い見分け方を紹介します。 メッセージの吹き出しの色に注目してください。 下記のように自分の発言が青い吹き出しなら、使っているのはiMessageです。 自分の発言が緑色の吹き出しなら、使っているのはSMSかMMSです。 ちなみに、iPhoneではiMessageのアドレスとして自動的にiPhoneの電話番号が指定されるので、電話番号に送った場合、相手の方もiPhoneやiPadなどであれば、SMSではなくiMessageとして認識されます。 つまり既読表示も使えます。 もし、iPhone同士だし相手も開封通知をオンにしているらしいのに「開封済み」が表示されないよ!という場合は、相手の電話番号ではなく「 softbank. jp」のアドレスに送っている可能性があります(体験談)。 確認してみてくださいね。 ・・・既読表示はどうでもいい人にはどうでもいい機能かもしれませんが、個人的には重宝しています。 というのも、iMessageは主に家族と使っているので、「返事より何より、自分の連絡が伝わったかどうかだけ知りたい」と思うことが多いからです。 もし家族や親友、親しい仕事仲間とiMessageを使っていて、「既読表示された方が連絡は伝わっているんだなと安心できる」という場合は、表示にしてほしいと頼んでみるのもいいと思いますよ! この記事もオススメ ・ ・ ・.

次の

iMessageの送信ステイータスについて

ショート メール 既 読 わかる

恐らくここで躓く方がいらっしゃると思います。 各項目の意味は、 Name:メールで表示される名前 Email:使用するメールアドレス INCOMING MAIL SERVER Host Name:受信用メールサーバのアドレス User Name:ユーザーネーム OUTGOING MAIL SERVER Host Name:送信用メールサーバーのアドレス User Name:ユーザーネーム となっています。 softbank. jpのメールアドレスであれば、 Name:あなたの名前 Email:〜 i. softbank. jp INCOMING MAIL SERVER Host Name:imap. softbank. jp User Name: i. softbank. jpの前のアカウント部分 OUTGOING MAIL SERVER Host Name:smtp. softbank. jp User Name: i. softbank. jpの前のアカウント部分 になります。 docomoの方は、 Name:あなたの名前 Email:使用するメールアドレス INCOMING MAIL SERVER Host Name:imap2. spmode. jp OUTGOING MAIL SERVER Host Name:smtp. spmode. jp auの方のは、 Name:あなたの名前 Email:使用するメールアドレス INCOMING MAIL SERVER Host Name:imap. ezweb. jp OUTGOING MAIL SERVER Host Name:smtp. ezweb. jp docomoとauのUser Nameの確認方法は、 ドコモメールアプリ以外のメールソフトでのご利用方法 docomo公式 を参考にしてください。 メールサーバーの認証が成功すると、設定したメールアドレス宛に以下のようなメールが受信するので、リンクをタップしてください。

次の