モテる。 コロナで広がる恋愛格差、非モテ男・モテ男の二極化現象が進行している? (1) モテる男の3要素

モテる男のLINEとモテない男のLINEの特徴!【モテる男のLINE設定も解説】

モテる

そんなとき、「どうしてあの人ばかりがモテるのだろう?」という気持ちが芽生えてしまうものです。 いったいどこからがモテているといえるのかもお伝えしているので、あなたご自身がモテているかどうかのチェックにも使ってくださいね。 ️モテるって結局どういうこと? モテるとは、どういうことでしょうか? あなたはどんな意味を持っていると思いますか?異性から愛される人?同性からも愛されている人でしょうか? きっと人それぞれでモテるという言葉にもっている意味を違って感じているのではないでしょうか。 もしも「上司にモテるってことだろ」と思うのであれば、あなたは上司にモテたいと思っているということ。 そして、異性にモテることがモテだと思っているのであれば、あなたは異性から注目されてモテたいということ。 モテるって結局は、その人自身の立場によって意味合いが少しずつ変わってくるんですね。 雑誌を見ても「上司モテ確実!おとなしめコーデはこれ!」なんて見出しもあれば、「バレンタインの季節は異性にモテよう!」なんて記事があったりするものです。 それぞれ、人によって違うというのはご理解いただけたでしょうか? しかし、それだけではなかなか納得できない方もいるかもしれないですよね。 モテるとは、誰かにちやほやされまくるというだけではなく、ずっと一緒にいたいと思えるくらいの居心地のよさ、そして一緒にいて恥ずかしくない気持ちを抱かせてれる人のことをいいます。 異性からモテる…というと、どうしても女性的、男性的な魅力があるといわれていますが、そういうわけではないんですね。 相手をお手本にしたいな、なんだかずっと一緒にいてもいいなという安らかな気持ちにしてくれるんです。 だからこそ、注目を集め「その人のようになりたい」だとか、そういう人になりたいからこそその人が好きだなんていう状況がうまれるわけです。 あなたの周りにいるモテる人というのは、あなたからみてもきっと人間的魅力が満載の人なのではないでしょうか。 ️本来のモテるの意味とは では、本来のモテるという言葉の意味にはどんなものがあるのでしょうか? 確認していきましょう! 異性から人気である これは誰もが思っている要素ではないでしょうか。 とにかく異性から人気をあつめているんですよね。 なにかと男性同士の話題、女性同士の話題にあがりやすいですし、それにいつでも告白をされているなんていうことも。 多くの人が思う「モテ」はこの意味のはずです。 異性にちやほやされる 異性にちやほやされるのもモテるということ。 ちやほやというのは、甘えてもいいし、なんでも甘くみてもらえる状況ですね。 異性はお手伝いをしてくれるかもしれないですし、それにいつも周りや近くに異性がいるんですよね。 そのため、異性にちやほやされることはとてもよいことだという意味合いをもたせることになりますが、反対にちやほやされて嫌な感じを与えることもあります。 一緒にいたいと思われる いつでも一緒にいたい、それくらいの居心地のよさを出している人のことをモテるといいます。 あなたは、何かに付けて一緒にいたい、そばにいたいな、と思う人はいませんか? もしいるのであれば、そのような人の近くにはいつも誰かがいるのではないでしょうか。 異性だけではなく、同性にもモテている。 それってすばらしいことではないでしょうか。 これこそ、多くの人が目指すべきところなのかもしれないですね。 なぜならば人から愛される人は成功するということが判明しているのですから! 同性からでもモテるを使うことがある さきほどもお伝えしましたが「モテ」は同性からのモテにでも使うことがあります。 それは「あの子と友だちになりたい!」と思わせることなんですよね。 いつもひっきりなしに友だちと一緒にいる人、なにかと他人の相談に乗っている人っていませんか?かなりの優しい方なのでしょう。 異性からモテたほうが魅力的な人なのかと思えますが、実はそうではありません。 同性は嫌なところに目がつきやすいもの。 だからこそ、同性にモテる人ほど本当の意味で人間的にモテルことが出来る人なのです。 ️モテるという言葉のいろんな意味 次に、モテるという言葉はどのように使われているのかをチェックしていきましょう。 これまではどんな気持ち、どんな対象にモテるかどうかをお伝えしてきましたよね。 しかし、ここではそういうことではなく、どんな対象からモテるのか、それをどのように使っているのかを丸ごとチェックしていきましょう! きっと「ああ、これってこういう意味だったのね」というものに出会えるはずですよ! 恋愛的にモテる 恋愛的にモテる、というのは、恋愛対象として異性からモテるということになります。 恋愛対象になるのって、実は簡単ではないんですよね。 その反対も然りですよね。 しかし、少しでも恋愛対象に入ることが出来れば「この人とお付き合いしたらこうなるのかな」なんていう想像されるようになります。 そうやって恋愛する相手に見られるモテなんですね。 さきほどもお伝えしましたが、このように異性から恋愛対象にみられることを「モテ」の本当の意味だと思っている方が多いのでは? 実はそんなことありません!以下にもモテる対象があるのをチェックしてみて。 人間的にモテる 人間的にモテることができるのも、モテです。 人間的とは、人としてもう何もいうことがないために尊敬されている人ということです。 そのため、男性にも女性にも色々なジャンルの人からモテます。 ひっきりなしに電話がなっているような人、そしていつも周りに人がいる人は明らかにモテているのかもしれないですね。 子供たちからモテる 子供に好かれる人と好かれない人がいますね。 ここでは、子供に好かれる人のことを子供たちからモテる、といいます。 子供たちは不思議なことに、大人の腹黒いものを一瞬で見分けます。 そのため、ちょっと卑屈な精神になっているだけで子供たちは近寄ってこないものです。 しかし、幼稚園の先生などのなかではいつでも「先生これみて」「これよんで」と言われる人がいますね。 それこそ子供たちにモテる人。 こういう人は、たいてい笑顔がお日様のように明るいことがあげられます。 もしも子供に嫌われてばかりいるのであれば、まずは優しいオーラを出せるようにしてみてはいかがでしょうか? 上司としてモテる 会社に入り、数年も立てば誰かの上司になります。 そんな部下たちからモテることもありますよね。 これは異性として、ではなく「仕事上の関係として誇れたり、尊敬する部分がある」ということになります。 なにかと相談にのられやすいですし、そのため部下たちの現状を把握しやすくなります。 その結果、上司として周りの状況をみれることになり、さらにその人の評価があがっていくんです。 モテる人は当たり前のことをして、当たり前によい循環を作り出しているんです。 社会人としてモテる 社会人には色々な人がいますよね。 しっかりはたらく人。 さぼってばかりの人。 それらの人々全てから尊敬されるような「こんな社会人になりたい!」とお手本になるような人を社会人からモテる人といいます。 例えば、テレビドラマの主人公。 はかないサラリーマンがどんどん出世をしていくというストーリーでしたら、きっと「こんな風になってやるぞ!」とパワーを視聴者に与えることが出来ますよね。 その結果、そのドラマの主人公は社会人たちからモテることになるんです。 リーダーとしてモテる リーダーはチームをまとめていかなければなりません。 当然のように人々は良いリーダーについていきたいもの。 リーダーとしてモテる人は、リーダーの質がとてもよいということなんです。 ️モテるの線引きとは では、モテるということの線引きはどこからなのでしょうか? なんとなくモテているような人がいても、その人は本当はモテている状況ではないかもしれないのです。 さっそくチェックしていきましょう。 人から慕われているかどうか 人から慕われていますか?慕われているというのは、愛着などを持ちながらもその人の存在をおいかけることです。 たとえば、憧れの人がどんどん出世していくのであれば、一緒になって「自分も出世してやるぞ!」と考えるんですね。 そして行動にうつします。 要するに、みんなからの指標・目標になっているかどうかです。 人から尊敬されているかどうか 人から尊敬されるということは、人間的に悪いところがないということ。 人間的にモテているということです。 「あの人を尊敬している」と発言する人がいたり、「あの人のようになりたいんだ」なんて思っている人がいるはず。 もしも尊敬されているのであれば、モテているといってもいいでしょう。 魅力的な人かどうか その人は魅力的な人ですか?モテる人というのは、異性・同性にモテるに関わらず魅力的な人がとても多いんです。 また、魅力的な人って人々の視線を奪いやすいのはあなたでも分かりますよね。 外見がかっこいいかどうか 外見がかっこいいですか?魅力的な人は外見がかっこいいことも。 それは女性男性関わらずにあることです。 行動ひとつひとつがとてもかっこよくみえたり、仕草などがかっこよくみえるので視線を集めます。 中身が素敵かどうか モテる人は、中身までもステキなものです。 自分の利益ばかりを考えているのではなく、相手のことまでもしっかり考えることが出来ます。 そのため、一緒にいると居心地がいいんですよね。 その人の恋人が羨ましがられるかどうか モテる人とつきあっている恋人というのは、なにかにつけてうらやましがられやすいです。 例えば、「あんなステキな人とお付き合いできてうらやましい!」なんて思われるんですね。 そんな経験はありませんか?また、そんなことをいったのではありませんか? 色んな人からアプローチをされるかどうか モテる人はやはり、誰からかいつでもアプローチされているものです。 それは同世代の人からかもしれないですし、年上や年下などさまざま。 また、女性であっても逆チョコだったり友チョコをもらえていますか? 誕生日をお祝いされるかどうか お誕生日って何歳になってもお祝いされたいもの。 しかし、なかには一切お祝いされなくなってしまう人もいるんです。 そうではなく、毎年ラインのメッセージでもなんでもお祝いをされるかどうかをチェック。 お祝いされるということは覚えてもらっているということは、嬉しいことでもあり、それはモテているってことんです。 その人を巡ってのトラブルが生まれるかどうか あなたやその人を中心にトラブルが生まれていませんか? もしも生まれているのであれば、それはモテているとはいえません。 モテる人というのは事前に問題を回避できるもの。 そのため、モテる人を中心に問題がおこることはないのです。 評判がいいかどうか その人の評判はいいですか? どこでも、誰からも悪く言われていないでしょうか?いわれているようであれば、それはモテているとはいえないかも。 なぜならば、モテる人は悪いことはいわれずに良いことばかりを言われるからなんです。 ️モテるとは数では測れない モテるというのは、今回ご紹介した項目だけでジャッジできるものではありません。 告白の数の多さ=モテるではない 要するに告白の数が多いから、モテているということではないんです。 人間としての素質があるかどうか その人自身の中身を知ることによって、本当に真の意味でその人がモテているのか、それともモテていないのか…。 それは人間としての素質によるんですね。 ️モテるということ、理解できましたか? 今回は、モテるということについてご紹介してきました。

次の

コロナで広がる恋愛格差、非モテ男・モテ男の二極化現象が進行している? (1) モテる男の3要素

モテる

「モテる女」の外見・ファッション モテる女の外見・ファッションといえばセクシーな装いを想像する人も少なくありません。 ですが、真にモテる女は安易なセクシーさに走ったり、ただ流行っているからと言って流行のファッションをすることはありません。 モテる女は自分の外見に自信を持っています。 モテる女のファッション モテる女は外見だけで決まるものではありません。 ですが、モテる女の外見的特徴をよくよく調べてみると一定の共通項があるのです。 それは「自分に似合った服装をしていること」です。 実は男性の多くは女性が思っているよりも流行のファッションに疎い傾向があります。 よくある流行のモテファッションをしても「流行に敏感な人なのだな」と思ってもらえれば良い方で、気付いてもらえない場合も多いのです。 モテる女のメイク メイクに関しても同じことが言えます。 女性目線で可愛い・ステキなメイクやネイルであっても男性には理解できないこともしばしば。 ですので、モテる女は必然的に自分の長所を伸ばすような自分に合ったメイクをしている、というわけです。 流行はわからなくても、その人に似合う・似合わないは男性でもわかるからです。 「モテる女」の性格 モテる女の条件、それはズバリ「気遣いのできる人」です。 ただ、そう一言で言い表されても指標がないと困ってしまいますよね。 気遣いができるモテる女になるためのコツは想像力を働かせることです。 モテる女の洞察力 モテる女は相手に対する洞察力が優れています。 この場面で一番相手が喜ぶ言葉・行動は何かと考えて実行するコトがモテる女の秘訣といっても良いでしょう。 そのためにはまず相手がどんなタイプかを良く見ること。 普段の行動や何気ない癖、表情の変化などを細かく観察して相手が喜ぶことを実行し、嫌がることは避けます。 「モテる女」の会話 モテる女の会話術の秘訣は、相手から話題を引き出すことにあります。 言い換えると「聞く力」が強い、とも表現できますね。 些細な会話から、相手が最も話したい話題を探し当てて会話を膨らませているのです。 モテる女は焦らない 会話のキャッチボールが苦手な人にありがちなのが、沈黙が怖くて直ぐに返事をしてしまうことです。 ですが、そんな余裕のないモテる女はいませんよね。 会話をするとき、相手は多かれ少なかれ「自分の気持ちをわかってほしい」という願望を持っています。 そんな相手の気持ちに寄り添っているのがモテる女、というわけです。 モテる女のリアクション 聞く力が大事、と言ってもモテる女はぼーっと話を聞いているだけではありません。 適度にボディランゲージを織り交ぜているのです。 話題に合わせて小刻みにうなずいてみたり、表情に出して驚いてみせたりとパターンは様々。 話題に合わせて強弱をつけたボディランゲージを使いこなしているのです。 モテる女の口調 モテる女は総じて柔らかい口調を使う傾向にあります。 あまりにも強い口調だと、男性は恋愛対象としてではなく友人枠に入れてしまうようです。 また、男心をくすぐる「あなたのおかげ」や「流石ですね」などの男性を立てる黄金パターンを持っている人も少なくありません。 「モテる女」の行動 言葉の他にもモテる女の要素はたくさんあります。 その根底にあるのは自分へのさりげない自信と相手への気遣いです。 どんな場面でもそこにいる全員が楽しめるように行動するのがモテる女と言えるでしょう。 モテる女は盛り上げ上手 どんな場面でもニコニコしていて楽しそうな人と、いつでも仏頂面の人ではどちらが好かれるかは一目瞭然ですよね。 いつでもはしゃいでいればいい、というわけではありませんがどんなときでも楽しそうな人は好ポイントというわけです。 ちょっとしたことでも楽しそうに受け止めるポジティブさが大事なんですね。 モテる女は自虐をしない モテる女は話題作りの為に他者も自分も貶めることはしません。 ちょっとした失敗談を面白おかしくあるあるネタとして披露することはありますが「私ブスだからー」などのパターンには陥らないようにしています。 というのも、自虐ネタはある意味相手の「そんなことないよ」というフレーズ待ちのかまってちゃんに見えてしまうからなんです。 「モテる女」の心理 モテる女はモテるために行動しているわけではありません。 禅問答のような言葉になってしまいましたがこれは事実です。 というのも、モテたいと思っているほどモテからは遠ざかってしまうことが多いからです。 モテる女は何かに夢中 好きなことに夢中になっている人って人生を謳歌しているように見えませんか? ギタリストがギターを弾いているときが一番かっこよく見えるように、好きなことに夢中になっている姿は人を魅了するのです。 モテる女もそれと同じで、仕事や趣味に夢中になっていて予定が充実しています。 頑張っている姿がモテに繋がる、というわけです。 モテる女は満たされている モテる女はもともと満たされているため、モテるためにガツガツした態度はとりません。 皆さんも逆の立場で考えるとわかるのではないでしょうか? 「モテたい!モテたい!」と片っ端から女性に声をかけている男性に魅力はあまり感じませんよね。 それと同じであまりにも恋愛にガツガツしていると、男性もひいてしまうんです。 「モテる女」の秘訣・テクニック モテる女の特徴の次は、モテる女の秘訣・テクニックを見ていきましょう。 モテる女と見られる女性たちが使っている秘訣やテクニックとはいったいどんなものなのでしょうか。 バランスが大事 人間は頼られっぱなしだと疲れてしまう生き物だというのは皆さん想像がつきますよね。 ですが、頼りっぱなしでも実は駄目になってしまうんです。 頼りっぱなしでいると引け目を感じてその人を遠ざけてしまいたくなるのです。 モテる女は適度に「頼り頼られ」というバランスを維持しています。 謙遜のしすぎは卑屈に見える モテる女は褒められた時に否定や謙遜をせず、ニッコリ笑って「ありがとう」と言います。 何かしてもらったら「ありがとう」は子どもの頃は当たり前だったのに、いつのまにか「すみません」と謝っていませんか? 自分は相手の親切を受け取るだけの価値がある、とモテる女は無意識に自覚しているのです。 相手の喜ぶ顔が好き モテる女はあまり打算では動きません。 相手が喜んでくれるだろう、という予想を立てたなら即行動に移す傾向があるようです。 感謝されることが好きなわけではなく、純粋に相手の喜ぶ顔が嬉しいからです。 そういった親切は押しつけがましくないですよね。 見返りを要求しない行動がモテに繋がっているのです。 「モテる女」になるためには モテる女に対する知識は十分についたことと思います。 ここからは実践編です。 ズバリ「モテる女」になるためには何が必要なのかという点に着目してみましょう。 まずは言葉のセレクトから モテる女の第一歩として改善すべきな事柄は、言葉の選び方です。 たかが言葉とあなどってはいけません。 普段から後ろ向きな言葉を使っていれば「あの人はネガティブな人」というレッテルを貼られてしまうからです。 ネガティブな人はモテる女とは対極の位置にいる存在と思って間違いありません。 「ありがとう」は魔法の言葉 いくら言っても減らない魔法の言葉。 それが「ありがとう」です。 何かをしてもらったときに、つい癖で「すみません」と言ってしまうことはありませんか? 思わず出てしまう「すみません」「ごめんなさい」を「ありがとう」に変換するだけで、誰とでも対等な関係を結べる「モテる女」に一歩近づくことができます。 男性を立てる黄金フレーズ 男性に対応する際に、男心をくすぐる黄金フレーズを会話にさりげなく盛り込むと恋愛関係にぐっと近づきます。 例えば「流石~さんですね」「こんなの初めてです」「他の人にはちょっと頼めなかったので~」など、【あなたは少し特別です】といったことを匂わせるフレーズを使いこなせれば上級モテ女間違いなしです。 外見の基本は清潔感 人の好みは千差万別であり、外見の好みも人それぞれです。 ですが、それでもどうしても外せないキーワードが清潔感です。 キチンとした生活は服装にも如実に表れてきます。 めんどくさいからとメイクをしたまま眠ってしまったり、洗濯掃除をサボったり…これではモテる女からは程遠いですよね。 人に不快感を与えない 清潔な服装はそれだけで男性にとっては好印象です。 男性は強い香りを好まない人が多く、ほのかに香るシャンプーや洗剤の匂いが好きというパターンが結構多いんです。 キツイ柔軟剤の香りや香水などは要注意。 自分にとってはいい匂いでも男性が不快感を覚えていてはモテる女どころではなくなってしまいます。 自分の魅力を引き出そう どんな人でもその人固有の魅力があります。 自分自身の個性や素材を生かすことを考えて、自分の黄金パターンを見つけるのがモテる女への近道です。 自分の魅力はどこですか?と聞かれたときに「私はこんなタイプです」とすぐに答えられるようになっていることがベストですね。 そのためにもまずは自分のタイプを見極めましょう。 流行に惑わされないで 流行に敏感なオシャレさんにありがちなのが、自分に似合わない服装をしてしまうことです。 確かに流行しているファッションやメイクは心が踊りますが、それが自分の魅力を十分に引き出してくれるかどうかは別問題。 自分が楽しむためのファッション・メイクとモテる女としてのファッション・メイクは分けておくほうが無難かもしれませんね。 「好き」を隠さない 好きなファッションや好きな俳優・ドラマなど、あなたの生活には「好きなもの」がありますよね。 その「好き」という感情を隠してしまうのはとてももったいないことです。 何故なら、人間は好きなことに夢中になっている姿が一番キレイだからです。 折角の好きという最強のプラス感情を隠さないことが大事です。 自信を持つことが大事 好きなものを好きと言えないのは、自信がない証拠です。 これを好きと言ったら笑われてしまうかもしれない、変だと思われるかもしれないというマイナス思考が根底にあるのかも。 しかし、周りの目を気にしてビクビクおどおどしている人が果たして「モテる女」と言えるでしょうか。 自分に自信を持って好きなものは好きと言ってみましょう。 合わない人がいるのは当然 世の中には様々な人がいて、趣味が合わない人がいるのは当然のことです。 そしてあなたの「好き」を馬鹿にしてくる人がいるのも残念ながらありえることなのです。 しかし、そんな男性にあなたはモテたい・好かれたいと思いますか? 合わない人がいるのは当然と考えて「知らない場所で幸せになってね」と思うくらいがちょうどよいのです。 さりげなく「好き」と言ってみよう 恋愛においては特になんとも思っていない人でも「好き」と言われればまんざらでもない気分になります。 特に男性は女性からの「好き」という言葉に弱いもの。 普段の会話に混ぜてサラリと「好き」というワードを使いこなせるのがモテる女です。 恋愛関係に持ち込む前にも少しずつアピールできるのが理想ですね。 楽しいを極める 色んな場面で斜に構えず全力で楽しんでいる女性は、どんな男性にも魅力的に映るもの。 そして楽しいことを極めると言うのはただ遊んでいるだけのように思われがちですが、それなりの苦労も含まれています。 是非自分にとって楽しいことを極めて、魅力的なモテる女になっちゃいましょう。 充実した毎日を 予定がびっしりでスケジュールにこれ以上書き込めない!とまではいかなくても、毎日がハリのある状態というのが理想的なモテる女です。 モチロン予定の中には自分へのご褒美タイムなども盛り込んで、メリハリのある生活にしましょう。 そのためには嫌なことを後回しにしないで真っ先に片付けてしまうアクティブさも大事になってきます。 努力を惜しまない 楽しいことを極めるためには、努力は必要不可欠です。 そうして努力する姿は男性からだけでなく、同性から見てもステキに映ります。 男性にだけモテて女性には嫌われるという人もモテる女の中にはいますが、出来れば同性にも嫌われることなく幸せに過ごしたいですよね。 きちんと適切な努力をする姿は性別を問わずひきつける魅力となります。 「全員が楽しい」を目指す 学校・職場など多くの人間がいる場所で、全員が満足するというのはとても難しいものです。 ですが、その難しいことにチャレンジするのがモテる女というもの。 全員への気遣いを忘れず、自分の苦手分野は素直に人に頼るなどの高いレベルのモテテクニックを駆使しないと成し遂げられないことです。 ですが、そうした行動がよりハイレベルなモテる女になること請け合いです。 モチロン、自意識過剰になってしまうのは NGですが適度な余裕と自信は女性をキレイにしてくれます。 自暴自棄ではなく、自然体で楽しいと思うことを楽しむこと。 そして、自分の周りにいる人も一緒に楽しめる環境を作る女性こそがモテる女と言えるでしょう。 ファッションやテクニックを磨くことが楽しいのであれば、それはそれでOKです。 自分が一番輝ける場所で、一番楽しいことをすることがモテる女への一番の近道かもしれませんね。

次の

モテるために大事な秘訣6個

モテる

「どういう女性がモテるか」は、時代によって多少の差はあるものです。 経済がうまくいっていて世の中の勢いが十分な時代と、今のように先行き不安な時代では、違うタイプが求められる……というのは、当たり前のこと。 しかし、男性陣の本音を聞いていると、 どんな時代になっても変わらないであろう、男性が求める「永遠のモテ女子」というのは、確かに存在するようです。 条件を見てみると「モテる女子」というよりは、「もう単純に、女性としてかなり素晴らしい」と言うしかない女性像です。 誰もが思い描く「きれいなお姉さん」ですね。 見た目はこんな感じのようです。 「あぁ……わかる……」という声が聞こえてくるようです。 さて、それでは特徴を見ていきましょう。 彼の背を追い越さないコーデを意識している ヒールを履いてスタイルアップしているのはいいけれど、自分の背を抜かされるとちょっとプライドが傷つく、というのが男ゴコロ。 デートの日は、男子の身長を追い抜かさないように考慮してくれている女子はポイント高し! 2. 言葉づかいがきれい 言葉づかいは育ちのよさを表すもの。 崩れた言葉を平気で使う女子は、なかなか本命にはなりません。 実際話すときの言葉づかいはもちろん、SNSの言葉づかいや書き文字の美しさも、実はしっかりチェックされています。 肌の状態がいい 男性が気にするのは、「その日のメイクのよしあし」ではなく、「思わずさわりたくなるような肌の質感のよさ」。 ファンデーションを厚塗りしていると、肌が汚いのかな……と想像されてしまうそうなので要注意。 顔はもちろん、手や脚の肌もツルスベでいてほしいそうです。 特に冬はついサボッてしまいがちなので……大変! 4. 弱いところを見せてくれる いつも強い女性よりは、たまに素の弱いところを見せてくれるような女性にキュンとする……というのが男性の意見。 見栄を張らず等身大の姿を見せてくれたり、いつもは真面目で強気な女性がお酒を飲んだらさびしがったり、ときには弱音を吐いたり……そんなところに、ドキッとしています! 5. お年寄りや動物に優しい つくろったものではない、本当の優しさが出る部分です。 子どもや動物が好きだったり、電車でさっと席を譲れたり、おばあちゃん想いだったり。 そんな女性とならいい家庭が築けそう、と、自然と思う様子。 いつも笑顔でポジティブ 笑顔の女性って、一緒にいるのが楽しくなりますよね。 常に前向きで太陽のように周囲を明るくしてくれる、ハッピー感のある女性は永遠に人気です! 7. 「ありがとう」「ごめんね」がちゃんと言える 基本中の基本ですが、とっても大事なこと。 礼儀はすべての基本です。 公私ともにありがとうとごめんなさいを言える人は、それだけで素敵です。 そんな女性なら、家族に胸を張って紹介できる……というのが男性の意見。 サラサラの黒系ヘアスタイル 清潔感は髪に宿る! 「ツヤのある清楚な長めヘア」は男性にはないものなので、それだけで女らしさを感じるもの。 さらにシャンプーのいい香りがすると、パーフェクト! 9. 人の悪口を言わない 悪口を言う人が裏表がありそうだから付き合いたくない……というのは、男女ともに思うことですよね。 自分からは言わなくても、言われるとつい同調するなど巻き込まれてしまいがちですが、同調せずにポジティブに返したり、うまいことかわすのが吉。 悪意に満ちた空気を浄化できるような女性になりましょう。 料理が得意で自炊する 特にアピールするわけではないけれど、さくっと日常的に料理をしていることが伝わる女子はポイントが高い! おしゃれなお弁当ではなく、さっと握ったおにぎりを持参していたり、いざ料理をするとなったら手際がよかったり。 「特別な料理」よりは「日常的な料理」が得意な人に惹かれる、とうのが男ゴコロです。 こちらは、優しくて礼儀がきちんとしていて守りたくなる「ザ・女子」という感じですね。 「新しいモテる女子」「不変にモテる女子」、どちらも読んでいるだけで「確かにこんな女性がいたら確実にモテるわ……」という、まさに素敵な女性の理想像。 新年の目標をまだ立てていない……という方、こんな女性像を目指してみるのはいかが?(後藤香織) 『AneCan』2016年2月号(小学館) 【あわせて読みたい】 2016. 21 作成.

次の