急性 白血病。 急性白血病

【急性骨髄性白血病】の8つの初期症状をチェック、病院へ行く前に

急性 白血病

急性 白血病 原因 について。 急性白血病の主な症候は顔蒼白、倦怠感、動悸息切れ、熱発、せき、下痢症、咽頭痛、紫斑、 鼻や歯ぐきからの出血、頭痛、吐き気、骨痛、肝脾腫、リンパ節腫脹などです。 慢性白血病は発展が徐々であるため初期レベルでは殆んど自覚症状がありません。 人間ドックなどの血液チェックで診療される事が良くあります。 スポンサーリンク 現行でもはっきりとした発症原因は分かっていません。 白血病は血球の癌腫です。 白血球や赤血球、血小板など各生血セルは骨髄の内部にある多能性造血幹細胞が分化、熟成して作られます。 白血病はこの造血幹細胞が要点の内方で腫瘍化してしまい、増加するもの病みの事をいいます。 家庭の誰かが白血病に罹りますと、大抵の人は、なぜ白血病になったのか、遺伝するのか、 あるいは、接触伝染するのかを聞いてきます。 白血病は他のがんと同じ様態に遺伝因子に異常をきたして出現した病魔ですが、 そのシストロン異常が孫子に拡がる遺伝病ではありませんし、感染もしません。 スポンサーリンク では、なぜ白血病に変ずるのかと言うと、どうも全くの巡合によるものらしいのです。 すなわち、我々の全身の内部では、上に述べたさまざまの誘因により、がん細胞は常時突発しているのですが、 初期のがん細胞の多数はまもなく滅び尽きるようなのです。

次の

急性白血病について

急性 白血病

白血病の初期症状と診断 1個の腫瘍細胞ができ、約6~7ヶ月経つと症状が出るという推定されています。 しかしながら、白血病の症状は様々であり、白血病に特徴的と言えるものは特にありません。 特に主とされる初期症状は風邪によく似ており、そのため初期の段階で白血病の診断するのは専門の医師でもとっても難しい事です。 白血病の診断としては医師による問診および触診の他、血液検査での末梢血液中の白血病細胞の有無、その増殖の度合いを見ます。 但し、白血病だからといって、必ずしも白血球数が増加しているとは言えず、時には正常範囲内やむしろ減少している事もあります。 その場合は、より正確な診断の為には 骨髄検査(骨髄穿刺)での白血病細胞を確認が必要となってきます。 白血病の症状 白血病の症状は急性白血病と慢性白血病では若干異なってきます。 (1)急性白血病の症状について 白血病では、骨髄の中でがん化した細胞(白血病細胞)が異常増殖することにより、血液をつくる場所がなくなり、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまいます。 そのため、例えば、赤血球が減ると酸素を運ぶ事ができなくなり、貧血、顔面蒼白、全身のだるさ、日常のちょっとした動作での動悸や息切れなどの症状が出てきます。 また、白血球が減ると、感染症を起こしやすくなります。 その場合、発熱やのどの腫れなど感染症のような症状が出てきます。 但し、発熱においては、白血病細胞が殖えることでも起こる場合があります。 血小板が減ると、血が止まりにくくなる事から、内出血による青あざができやすくなり、鼻血や歯ぐきからの出血が症状として見られます。 他にも白血病細胞が骨髄で増え過ぎてくると、骨や関節に痛みが出る事があります。 あるいは白血病細胞が血管の流れにより他の離れた臓器に広がり、肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたり、歯ぐき(歯肉)腫れる事もあります。 白血病細胞が脳や脊髄の中に広がると、頭痛、吐き気等が症状として出てくる事があります。 この状態を「中枢神経白血病(中枢神経浸潤)」と呼びます。 (2)慢性白血病 急性白血病と違い、慢性白血病においては進行がゆっくりなため、初期には殆どの患者さんが無症状です。 そのため、通常の生活の中では気づきにくく、健康診断の血液検査で発見され診断されることがよくあります。 他にも、肝臓や脾臓が大きく腫れてきたり、リンパ節が腫れたりする症状が見られる事があります。 これに加え、慢性リンパ性白血病では免疫力が低下するため、細菌やカビ、ウイルスなどにより、自己免疫性疾患の溶血性貧血などを合併することがあります。 <白血病の主な症状まとめ> 貧血症状 : 顔面蒼白、身体がだるい、疲れやすい、ちょっとした動作での動悸・息切れ など 感染症状 : 発熱、のどの痛みや腫れ、咳、下痢 など 出血症状 : 内出血による青あざ、鼻出血、歯肉出血、怪我をした時に血が止まりにくい など その他症状: 骨の痛み、おなか(肝臓や脾臓)が大きく膨れる、リンパ節の腫れ、頭痛、嘔気や嘔吐、腫瘤の形成など 白血病の症状のあざについて 白血病の症状のひとつにあざがありますが、これは一般的なあざと見た目は似ていますが区別するのは容易です。 いわゆる打撲などでできる青あざは皮下出血によるものですが、しばらくすると自然と治癒してなくなります、それに較べて白血病によるあざは同じく皮下出血ではありますがなかなか治りにくくまた治りかけている間に他の部位にどんどんあざが増えて治癒する兆候がありません。 時間とともに増えるので一般的な打撲のあざとは明らかに違いがあります。 一か所もしくは数か所の打撲あざがある程度で他の部位に増えることがなければ心配することはありません。 ですが頻度が少なくても並行して重度の貧血や体の明らかなだるさ等が慢性的に起こる場合は一応精密検査を受けたほうが良いでしょう。 女性の場合は貧血等は起こりやすいのでそれほど神経質になる必要はないですが慢性的な場合は注意が必要です。

次の

急性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

急性 白血病

こんにちは、ファストドクターです。 急性白血病についてお伝えします。 急性白血病の特徴・症状 急性白血病の特徴 血液は、ほとんどが水の液体成分である血漿と言われるものと、この中ある細胞成分の血球と言われるものからできています。 血球としては、酸素を体に運搬する赤血球、病原体が体に入ってくるのを阻む白血球、血管に付いて止血する血小板などがあります。 骨髄でこのような全ての血球は作られます。 血球を作る骨髄には、造血幹細胞が多くあります。 この造血幹細胞は、自分を複製すると同時に、増殖・分化・成熟を骨髄の中で繰り返して、いろいろな種類の血球になり、血液中に送られます。 人の体においては、このようにして、それぞれの血球は血液中においてなくならないで、生命を保つために常に必要数が維持されています。 急性白血病は、骨髄の中において、造血幹細胞が増殖・分化を繰り返して血球の成熟したものに成長するプロセスに異常が起きる一つの病気です。 急性白血病の場合は、造血幹細胞から血球として成熟したものになるプロセス中に、成長しなくなった不良品ができて、どんどん骨髄中で不良品が多くなっていきます。 不良品が骨髄のほとんどの部分を占めると、血液を正常に作れなくなります。 増え続ける芽球は骨髄からそのうちに溢れて、脾臓や肝臓などに入って塊になったり、臓器が腫れたりします。 急性白血病の症状 急性白血病の症状は、血液が正常に作れなくなるための症状と、芽球が増えるための症状に分けられます。 血液が正常に作れなくなるための症状としては、 ・酸素を体中に運搬する赤血球が少なくなることによって、息切れや倦怠感などが起きる ・病原体が外から入ってくるのを阻む白血球が少なくなることによって、肺炎などの感染症がよく起きる ことが挙げられます。 感染症が急性白血病で起きた際は、唯一の症状が高熱になる場合が多くあるようです。 また、血小板が少なくなることによって、出血がよく起きるようになります。 血が怪我をした際に止まりにくくなる以外に、あざが何もしていないにも関わらずできたり、鼻から血が出たり、症状が重い場合は脳出血や胃、十二指腸など消化管から血が出たりすることもあります。 一方、細菌が骨髄の中に増殖すると、血液中に流れて、肝臓、リンパ節、脾臓、歯肉などのさまざまな臓器に入って、臓器が腫れる場合があります。 また、芽球が塊になって、神経などをこの塊が圧迫するため、さまざまな症状が起きる場合もあります。 急性白血病の診断と検査 体の調子が良くなくて病院で診てもらった際に、血液検査で異常細胞の出現、血球数の減少・増加の異常がある場合は急性白血病の可能性があります。 急性白血病の可能性があれば、骨髄を検査します。 血液を作るところである骨髄は、基本的に、採った骨髄血の中には、成熟した細胞から若い造血幹細胞まで、いろいろな細胞があるはずです。 しかし、急性白血病の場合は、未成熟な腫瘍化した白血病細胞で一杯になっています。 急性白血病は、急性リンパ性白血病と急性骨髄性白血病に、その細胞のペルオキシダーゼ染色の結果によって大きく分けられ、表面マーカー、染色体などの検査によって、それぞれがさらに細かく分けられます。 では、急性白血病はどうして細かく分けることが大切なのでしょうか? というのは、治療する方法あるいは治療についての反応性がそれぞれの白血病によって違っており、治療する方針を決めるために役に立つためです。 急性白血病の治療法 急性白血病を治療する方法としては、併用化学療法といういくつかの種類の抗がん薬を投与するものをまず行います。 寛解導入療法とこの方法のことを言います。 この治療法は、骨髄中に一杯になっている白血病細胞を顕微鏡では分からないような状態にまで少なくし、スペースを骨髄に設けて造血を正常に戻すことが目的です。 完全寛解というのは、白血病細胞が顕微鏡では分からないような状態になって、正常に血球数がなる状態を言います。 治癒ということを言わないのは、顕微鏡では分からなくても白血病細胞が体のどこかにいるためです。 急性リンパ性白血病と急性骨髄性白血病では、抗がん剤として寛解導入療法に使うものが少し違っています。 急性白血病の予防 急性白血病を予防するためや急性白血病で退院した後の食事を摂る際には、「タンパク質」をぜひ意識しましょう。 タンパク質というのは、人が必ず摂る必要がある一つの「3大栄養素」で、大豆や肉などに多く含まれているものです。 急性白血病を予防するためにタンパク質がどうしておすすめかと言えば、タンパク質は免疫力をつける、体が回復する作用があるためです。 お近くの救急医療機関をお探しの方 下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。 意識がない• 頭を強く打った• ろれつが回らない• 手足の動きが悪い、または動かない• 吐血している• 頭をひどく痛がっている• 我慢できないひどい痛み• けいれんをおこした、けいれんしている 夜間往診をご希望の方 下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。 感染症の疑い• 喉の痛み、激しい咳• 今まで経験のある頭痛• 今まで経験のある痛み• めまい、嘔吐、下痢• アレルギー.

次の