金 借りる 無職。 無職だけどお金を借りたい。失業中他、収入がない中で借りれる手段について

無職でもお金を借りる方法まとめ!年金受給者、学生、失業中の人必見

金 借りる 無職

このページで分かること 原則として無職の人がお金を借りることはできません。 ただし、配偶者や家族の収入、年金などの 返済のあてがある場合には融資を受けることも可能です。 主婦や学生、年金受給者であれば借りることができますが、それ以外の無職の人が金融機関から借りるのはほぼ不可能です。 それでも借りたいという場合には、質屋や車融資、生命保険の契約者貸付制度、クレジットカードのキャッシング枠や現金化を活用してお金を借りるようにしましょう。 ただし、借りたお金は返す必要がありますので、 無理な借入れは避けるようにしましょう。 無職の人が金融機関からお金を借りることができない理由 無職がお金を借りられない理由を正しく理解することで、無職でもお金を借りることができる可能性が見えてきます。 ここではまず、なぜ無職だとお金を借りられないのかを分かりやすく説明しておきます。 金融機関はお金を貸して利益を得ています。 銀行の場合はお客様から預かったお金を貸していますし、消費者金融ですと自社の資金を貸しています。 いずれの場合も回収できなかったときには、そのまま損失になりますので、 返ってこない可能性があるお金は1円でも貸してくれません。 無職というのは収入がない状態ですので、お金を貸しても借りたお金を返す方法がありません。 友人との貸し借りなら「いつか返すから」で済むこともありますが、金融機関はビジネスで融資を行っていますので、きちんと決められた返済をしてくれないと困ります。 このため、無職だと金融機関からお金を借りることができませんが、逆に言えば 返す方法があるなら無職でもお金を貸してもらえるということになります。 例えば、無職でも専業主婦なら配偶者に収入がありますので返済可能です。 学生も無職という括りにされることもありますが、アルバイトをしていれば収入があります。 このように状況によって、実はお金を借りることができますので、次章でその点についてもう少し詳しくご紹介していきます。 無職でも状況によっては借りることができる 無職であっても、下記のような人たちはお金を借りることができます。 過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。 引用元: 収入がゼロの専業主婦は当然融資不可です。 ただし銀行は総量規制の対象外ですので、配偶者の収入をベースにして、こちらも50万円程度を上限に貸してもらえます。 さらに、主婦の場合には配偶者のクレジットカードで家族カードを作ってもらえば、少額ではあるもののクレジットカードにキャッシング枠を付けてもらうこともできます。 自分に収入がなくても、配偶者の収入で返済できるため、主婦は無職でもお金を借りる方法がいくつもあります。 学生 学生も主婦と同じく、アルバイトをしていればお金を借りることができます。 ただし未成年の場合には民法により契約の取り消しができることから、 銀行や消費者金融などのカードローンを利用することはできません。 親の同意を得て学生ローンを利用しましょう。 もちろん20歳以上で安定収入があれば、親の同意なしで学生ローンを利用することもできます。 また18歳以上ならクレジットカードを持つこともでき、そこにキャッシング枠を付けることができれば、3万〜5万円程度ですがお金を借りることもできます。 収入がまったくないという場合には、親のクレジットカードの家族会員になるか、奨学金制度を利用することになります。 奨学金は卒業するまで返済する必要がなく、金利も成績優秀者は無金利、そうでなくても低金利で借りることができます。 ただし、卒業をしたら返済義務が発生しますので、借りすぎてしまうと卒業時に多額の借金を背負うことになります。 きちんとした企業に就職しないと返済困難になることもありますので、返済のこともしっかり考えて利用しましょう。 年金受給者 年金担保貸付制度・労災年金担保貸付制度は、国民年金、厚生年金保険または労働者災害 補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。 保健・医療、介護・福祉、住宅改修等、冠婚葬祭、生活必需物品の購入などの支出のため に一時的に小口の資金が必要な場合にご利用いただけます。 引用元: 定年退職をして仕事をしていないという年金受給者も、お金を借りることができます。 一部の金融機関では年金を安定収入とみなして、カードローンなどの融資を行っています。 さらに、 福祉医療機構の年金担保貸付なら、低金利でお金を借りることができます。 年金を担保に融資を行うことは法律で禁止されていますが、この2つの年金担保融資だけは、 年金受給者のセーフティーネットとして例外的に認められています。 受給している年金の種類によって利用できる機関が違います。 会社員だった人は福祉医療機構、公務員だった人は日本政策金融公庫を利用しましょう。 求職中なら求職者支援資金融資から借りる 「求職者支援資金融資」は、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定 の方を対象とした貸付制度です。 中略 職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足 する場合に融資を受けることができます。 引用元: 雇用保険を受給できない人のうち、職業訓練受講給付金のみでは生活費が不足する場合には、 求職者支援資金融資を利用することができます。 ハローワークから求職者支援資金融資要件確認書求職者の発行を受けている人に限られますが、家族がいれば月額10万円、単身者でも月額5万円借りることができます。 金利も年3%と低く、なおかつ3ヶ月の元金据置期間がありますので、それまでの機関で就職先が決まれば無理なく返済することも可能です。 利用できる人が限られてしまいますが、無職でも求職中という方は、ハローワークで相談してみましょう。 無職でもお金を借りたい人がお金を調達する方法 ここまでは、無職でもお金を借りられる人を前提に借り方をお伝えしてきましたが、今度は借りたいけど金融機関などから借りられないという人のための、どのようにお金を調達すればいいのかについてご紹介します。 この4つのほかに、生活福祉資金貸付制度で借りられると紹介しているサイトもありますが、生活福祉資金貸付制度は貸付けですので 無職の人は利用できませんので注意して下さい。 それではそれぞれの借り方について、詳しく内容を見ていきましょう。 質屋なら無職でもお金を借りられる ブランド品や装飾品など価値のあるものを持っているなら、それを質に入れることでお金を借りることができます。 質屋は担保がありますので、仕事をしていない人でも問題なく融資をしてもらえます。 金利も以前よりは下がり、 大手質屋なら月2%以下で借りることができます。 ただし、返済できなかった場合には質入れしたものが質流れして、手元には戻ってこなくなりますので、本当に大切なものは質入れしないように気をつけましょう。 また、 質に入れるものの価値以上は借りられないということも、頭に入れておきましょう。 マイカーがあるなら車担保でお金を借りる 少しグレーな借り方でリスクもある方法ですが、車を担保にしてお金を借りるという方法もあります。 車の所有権を金融業者に移す必要がありますので手数料が発生しますし、 返済できなかった場合売却されてしまいます。 利息も高いので、あまりおすすめはできませんが、お金を借りている間も車には乗り続けることができます。 どこからも借りられなくなったときの選択肢のひとつとして、覚えておきましょう。 生命保険でお金を借りる もし解約払戻金のある生命保険に加入しているのであれば、その 生命保険の契約者貸付制度を利用してお金を借りることもできます。 この方法ですと、生命保険を解約することなくお金を借りることができ、なおかつ返済期限もありません。 生命保険会社によっていくら借りられるかは違いますが、通常は解約返戻金の60〜90%くらいを借りることができます。 ただし、満期になっても返せていない場合には、 満期で支払われるのは残金を差し引いた金額になりますので、それを老後の生活資金に考えていた人は気をつけてください。 クレジットカードでお金を借りる 無職の人でもクレジットカードを持っている人は多いかと思います。 そのクレジットカードに キャッシング枠がついていれば、審査もなくお金を借りることができます。 キャッシング枠があるかどうかは、利用明細書に記載されています。 キャッシング枠がない場合には、クレジットカードの現金化という方法があります。 これは、キャッシュバック付きの商品をクレジットカードで購入して、キャッシュバックを受けるという方法が一般的で、現金化業者を利用して行います。 自分で現金化をすると、クレジットカードの規約違反になる可能性が高いので、現金化は必ず業者を利用して行いましょう。 また、キャッシング枠にしても現金化にしても、返済日がすぐにやってきますので、きちんと返済のあてがある場合にのみ利用してください。 闇金業者からは何があっても借りないこと 無職の人がやってしまいがちなミスが、闇金業者からの借入れです。 「無職でもOK」というような誘い文句でお金を貸し付けてくる業者もいますが、それらはまず間違いなく闇金業者で、法外な利息を請求されます。 でも 無職だと返済できないですよね。 そういう場合には、強制的に仕事を斡旋され、そこから返済させられます。 ただし、仕事の斡旋料なども取られるなど、様々な手口を使ってお金を搾り取ろうとしてきます。 さらには家族にも取り立てがいくこともあり、周りの人に迷惑をかけることにもなります。 返済できるあてのない無職の人が金融機関からお金を借りる方法はありません。 どんな誘われ方をしても、 このような金融業者からはお金を借りないようにしましょう。 ちなみに090金融と呼ばれるものや、ソフト闇金、掲示板を使った個人間融資などもほとんど闇金業者が関係しています。 安易に利用して失敗する人が後を絶ちません。 手軽に借りられる方法などないことをしっかりと頭に入れておいてください。 無職でも人によっては借りられるが基本的にはNG 無職であっても、返すことができるアテのある人なら融資を行ってくれる金融機関はあります。 主婦や学生、年金受給者がそれに該当しますが、 返済できない人にお金を貸してくれる銀行や消費者金融はひとつもありません。 それでも借りたいという場合には、質屋や車融資、生命保険の契約者貸付制度、クレジットカードなどを活用してみましょう。 ただし、どの方法で借りるにしても返済しなくてはいけません。 返済できないと、またどこかから借入れをしての繰り返しで、最終的に債務整理しか選択肢がなくなってしまいます。 無職の人は安易な借入れを避けて、 必ず返済できるとき以外には借りないように心がけてください。 債務整理を行うと、無職から抜け出せたあともクレジットカードを持てないなど、生活に制約が発生します。 そうならないためにも、無理な借入れは避けておきましょう。

次の

即日融資&無審査で無職が借りる5つの裏技

金 借りる 無職

Contents• 消費者金融、カードローンで借りる 結論から言いますが、 ダメです。 借りられません。 ネットで情報収集していると、「この消費者金融は審査甘いから無職でも借りれるよ!」なんていい加減なことが書いてあったりしますが、無理です。 中には「無職だけど審査通って借りれたぞ!」って人もいるようですが、たまたま運が良かっただけだと思います。 巧妙にバレない程度にウソをついたり、 収入証明書を偽造してまで借りてる人も一部いるようですが…。 かなり巧妙にやらないと無理でしょう。 お金は貸すよりも取り立てるほうが難しいですから、返済のアテがない人間に貸してしまうと商売あがったりです。 向こうも毎日数え切れないほどの人間の審査をしていますので、ウソをつく人間の傾向、どんなウソをついてくるかなんて大体把握しています。 いわば 人間を見抜くプロですので、滅多なことは考えないほうがよいでしょう。 WEBで借り入れ可能かどうかを判断できる消費者金融のサイトが多いですが、 職業を無職に選択すると問答無用で借り入れ不能と診断されます。 お手持ちのクレジットカードに、キャッシング枠がついていませんか? 利用明細にキャッシング枠の限度額が書いてありますよ。 ほとんどのクレジットカードは、セブンイレブンあたりのコンビニATMでキャッシングできるはずです。 ただ、 あまり高額な金額を一度に借りようとすると、収入証明書を求められるケースも中にはあるようです。 まあ、10万円未満なら大丈夫だとは思いますが。 自分はそうなったことはないですね。 icon-times-circle ただ、このページを見ているような方ですと既にキャッシング枠なんて使い切っているかもしれません。 その場合はこの手段は使えないですね…。 ていうか、 私も当時そういう状態だったのでわかります。 金なくなったら消費者金融とかカードローン検討する前に、馴染み深いクレジットカードのキャッシング枠使っちゃいますもん。 審査ないし。 クレジットのショッピング枠現金化で借りる キャッシング枠がなくなっても、ショッピング枠を現金化する手段が存在します。 私が実際に行ったのが、この方法です。 ショッピング枠を現金化できる業者を利用すれば、 申し込み額の凡そ8割ほどの金額を現金化できます。 ショッピング枠現金化は、業者から買い物をして、その金額の何%をキャッシュバック…という形になります。 一応景品表示法的には合法です。 ただ、 クレジットカードの会員規約では禁止されています。 犯罪ではありませんが、バレたらクレジットカード停止、一括返済を求められる可能性はあります。 あくまでも自己責任で行う必要がありますが、無職がお金を借りるとなるともうこれしかありません。 icon-exclamation-circle 注意点は、 キャッシュバック率が何%か?という部分です。 キャッシュバック率が80%の業者を利用した場合…。 8000円欲しければ、クレジットカードで一万円のショッピングをしたのと同じことになるわけです。 現金化業者から一万円分の買い物をしたことにして 一応何らかの商品が届きます 、一万円の80%、つまり8000円をキャッシュバックしてもらう。 そういう仕組みです。 グレーな方法なので積極的に利用する人なんていないと思いますが…。 定期収入がなく借り入れの審査基準を満たせない以上、こうでもするしかありません。 どうしようもないほどお金がないのであれば、こういう手段を使ってでもお金を手に入れ、生き延びるべきだと思います。 icon-times-circle ただ、 あくまでも急場を凌ぐための手段として、多用しないほうがよいでしょう。 今は定期収入がない状態ですから、切り詰めて一ヶ月~二ヶ月くらい生活できる金額を借りて、クレジットの返済はリボ払いにして出費を最低限に抑え、現金がある内に次の仕事を探しましょう。 働いてある程度まとまったお金が手に入ったら、できれば 一括で返済してしまったほうがいいです。 リボ払いだといつまでたっても返済が終わらないので…。 グレーな方法ですので、やるならば自己責任で行ってください 社会福祉協議会の生活福祉貸付制度で借りる このページの中のを見てみますと、貴方の場合は• 総合支援資金• 緊急小口資金 あたりが対象になりそうですね。 緊急小口資金ならすぐ借りられる…みたいなイメージがありますが、実際は 二週間~一ヶ月程度かかることもザラなようです。 その上、面接と審査もあります。 申し込むと 地域の民生委員の面接があり、• 他から借りられないのか• どうしても必要なのか• 働いて返済できる目処はあるのか など、根掘り葉掘り聞かれるようです。 まあ、生活保護を頼る前の本当に最後の手段的な感じですから、本気で生活に困っていてどうしようもない人しか対象にならないんだと思いますが…。 icon-times-circle この民生委員ってのが曲者で、その地区の一般人から選任されますから、 要は近所のオッサンやオバチャンです。 守秘義務はありますが、これはかなり人によります。 お喋りで意識が低い民生委員だと、「あの家は生活保護だから」とか「あそこは生活が苦しい」とかベラベラ言いふらします。 ちなみに、ウチの地区の民生委員はそんな感じです……良識も何もないですね。 でも、 本気でどうにもならないと思ったら、こういうところに頼るしかないと思います。 死ぬよりマシですからね…。 生活保護の相談もついでにできるでしょう。 本気でどうにもならないと思ったら一度地域の社会福祉協議会に相談に行くことをおすすめします。 まとめ 無職となると、お金を借りられるところも限られてきます。 銀行や消費者金融などは、普通の人に対しては「どんどんお金を借りてください!」と言います。 そのため広告もバンバン出します。 ですが、 返済の目処がない無職の方だったり、収入が極端に少ない人に対しては社会は厳しいです。 本当は、そういう人たちにこそ安い金利で貸すべきだと思うのですが…。 彼らは金利で儲けたいだけなので、我々貧乏人は相手にすらしません。 とはいえ、本気でお金がなく死にそうであれば、 もう生活保護を頼るレベルでいかないと厳しいと思います。 あのハリーポッターの作者も昔は生活保護を受けていたようですし、あんまり気にすることもないと思います。 ただ、かなり根気強くやらないと受給できないかもしれませんが…。 無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます! 無職となると収入もなくなってしまうため、 「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。 失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。 ですが 最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています! 外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。 特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。 ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。 Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。 不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。 他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。 この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、 東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です。 私も何度も換金していますし、安心して利用できます。 FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。 稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。 gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、 スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

次の

無職がお金を借りるには?【※無職の失業者・主婦・学生必見】

金 借りる 無職

続きを読む お金がない無職の方でも、これは絶対NG! 無職はカードローンの利用ができないなど、お金を借りるのも難しいことが多いです。 だからと言ってどんなにお金が必要になっても、以下で紹介することは絶対にしないようにしてください。 NG 1:ウソをついてカードローンの申し込みをする カードローン審査では「在籍確認」のため、申し込み者が申告した勤務先に在籍しているか確認するため、勤務先に電話をします。 無職の人が嘘の勤務先を申告しても、在籍確認で大抵はバレます。 万が一嘘がバレなかったとしても、後で知れたら強制的にカードローンを解約される上、借り入れの一括返済を求められます。 さらに金融事故として事故情報が記録されるので、5年は新規の借り入れはできません。 なお就職が決まっていても現時点で仕事に就いてない人は、原則カードローンに申し込みできません。 <関連記事>: 嘘を付いて審査に通っても、カードローン会社から詐欺罪で訴えられる可能性もあり、絶対に止めるべきです NG 2:ヤミ金を利用する 消費者金融や銀行カードローンを利用できなかったとしても、ヤミ金は絶対に利用してはいけません。 多重債務者や過去に債務整理した人など、 カードローン審査に通らない人でも借入れできるとアピールしていますが、実態は違法な貸金業者です。 法外な高金利を要求したり、暴力や暴言を伴った厳しい取り立てを行います。 最近はソフト闇金という、暴力的な取り立ては無いものの、違法な高金利や手数料を要求してくる業者もあります。 ヤミ金やソフト闇金を利用しても、お金のない苦しみは大きくなるだけです。 <関連記事>: NG 3:クレジットカードの現金化 クレジットカードの現金化は、厳密にいうと違法行為ではありません。 しかしクレジットカード会社の規約には、違反します。 クレジットカードの現金化が発覚すると、カードの利用停止や解約される恐れがあります。 その上、解約の場合はそれまで利用した分の一括返済を求められ、事故情報にも載ることになります。 さらに最悪の場合、返済に追い込まれ自己破産しても、破産法第252条の「不当な債務負担行為」と見なされ、債務が免除されません。 <関連記事>: クレカの現金化は明確に規約違反であり、日常生活を台無しにするリスクはヤミ金と変わりません 個人間融資を利用する 個人間融資とは、SNSや掲示板を利用して相手を探し、個人でお金の貸し借りをすることです。 個人が対面(またはネット上)でお金の貸し借りをすること自体は、違法ではありません。 しかし個人間融資には、大きなリスクがあります。 ネット上だと対面でない分、お金を借りるどころか詐欺で盗まれたり、個人情報が漏洩する(盗まれる)可能性があります。 取引相手が実は、ヤミ金業者かもしれません。 SNSと知り合った相手と一度対面してから取引しようと思っても、暴力を受けるリスクもあります。 クレジットカードの現金化と同じで違法ではありませんが、危険性を考えれば、利用すべきではありません。 <関連記事>: お金がない無職でも利用できるキャッシングは? カードローンなどのキャッシングを利用する上で、必須条件の1つに「安定収入」があります。 このため 安定収入のない無職の人は、原則キャッシングを利用できません。 ただし一口に無職と言っても、その状態によっては利用できる場合があります。 無職でもキャッシング審査に通る場合がある 安定収入のない人(=仕事に就いてない人)でも、以下で挙げた人はキャッシングの審査に通る場合があります。 <専業主婦> 専業主婦(主夫)でも配偶者に一定以上の高収入がある場合は、キャッシングの審査に通る可能性があります。 ただし申し込めるのは一部の銀行カードローンのみで、借入額も制限されています。 <不動産収入のある人> 不動産収入のある人は無職でも安定収入があると判断され、消費者金融・銀行カードローンの審査に通る場合があります。 ただし、即日融資を受けるのは難しいでしょう。 審査で収入証明書(確定申告書など)の提出が求められ、審査自体に時間がかかるためです。 <年金受給者> 年金受給者(年金生活者)でも安定収入があると見なされ、キャッシングできる銀行カードローンがあります。 ただし年齢制限があるのと、収入が年金受給のみの場合に利用できるのは、一部の銀行カードローンだけです。 一方で年金以外にも収入があれば、年金受給者向けローンなど、高齢者でも利用できるローン商品は増えています。 <内定済みの学生> 通常、収入のない学生はキャッシングできません。 ただし卒業後の就職先が内定してる学生であれば、アルバイトをしていなくても利用できる、内定者専用のローンがあります。 これについては、次で詳しく説明します。 <関連記事>: 専業主婦向けの銀行カードローンは、以前に較べて審査が厳しくなっています 内定者向けローン 就職が決まっていても現時点で仕事に就いてない人は、ローンの申し込みは原則できません。 しかし 一部の金融機関では、以下の4点に該当する人向けに「内定者専用ローン」を提供しています。 ・対象地域の居住者、または勤務予定者 ・満18歳~30歳未満 ・内定証明書の提出ができる ・保証会社の保証が得られる 特に「対象地域の居住者、または勤務予定者」は、どの金融機関の内定者専用ローンにも共通します。 また平成31年2月現在、内定者専用ローンを扱っているのは以下の6社です。 銀行・商品名 金利(年率) 借入上限額 東海ろうきん 「みらいず(未来図)」 変動金利 年4. 長野ろうきん 「就職内定者向けローン」 固定金利 年3. なお東海ろうきん「みらいず(未来図)」のみ、内定者であれば対象は学生に限っていません。 東海ろうきんなら、新卒でなくてもローンを利用できます。 クレジットカードのキャッシング 無職の人がクレジットカードを利用してお金を借りる方法は、大きく言って2つあります。 1つは既に持っているクレジットカードを持っている場合で、手持ちのクレカのキャッシング枠を利用する方法です。 すでに持っているクレカなら審査もないため、無職の人でも借入れできます。 またクレカの借入枠は10~50万円程度であることが多い上、そもそもキャッシング枠を設定してない場合もあります。 クレカをお持ちの方は利用前に、契約内容を確認した方がよいでしょう。 もう1つは、クレジットカードの家族カードに申し込む方法です。 家族カードとは、安定収入のある本会員(クレジットカードを最初に契約した人)の家族も、発行できるクレジットカードです。 すでに本会員が審査に通過していれば、その家族は審査を免除される可能性があります。 つまり家族カードであれば、収入のない無職の人でもクレジットカードを作れる可能性があります。 ただし 家族カードを発行するには、本会員の持つクレジットカードが、家族サービスに対応していることが条件です。 その上で、家族カードにキャッシング枠を付帯してもらう必要があります。 借りたお金には返済義務もあるので、家族カードを利用したい場合は、家族とよく相談して下さい。 なお請求は本会員に来るので、本会員に内緒でキャッシングすることは不可能です。 上でも書いた通り、クレジットカードの金利が高めなので、利用はあまりオススメできません 年金担保貸付 年金受給者で収入が年金のみの人は、年金担保貸付(通称:年金担保融資)も検討してみて下さい。 年金担保貸付とは、日本政策金融公庫や独立行政法人福祉医療機構が行っている、年金を担保にした融資です。 銀行カードローンや消費者金融の大半は、収入が年金のみの年金受給者に対して融資を行っていません。 カードローンの利用には安定収入が必須ですが、多くの銀行や消費者金融は、年金のみの収入を安定収入として認めていないためです。 ですが 年金担保貸付なら、年金を担保にすることで年金受給者でも借入が可能です。 なお日本政策金融公庫と独立行政法人福祉医療機構では、担保にできる年金の種類が違います。 利用を検討する際は、まず受給している年金の種類から、どちらの機関を利用するか判断しましょう。 詳しい申し込み条件については、以下をご覧下さい。 <関連記事>: キャッシングできない無職の方に、他に対応策はある? ここまでお金のない無職の人でも、お金を借りる方法をご紹介しました。 しかし上の方法でもお金を借りるのが難しい人や、なるべくキャッシングは避けたいという人もいるでしょう。 ここからはそんな人たちに、借入以外で乗り切る方法を紹介します。 親や知人から借りる まずは親や知人からお金を借りられないか、検討しましょう。 自分がよく知る相手なら、ヤミ金のように借り入れで理不尽な要求をされることはないでしょうし、金融機関のように面倒な手続きも必要ありません。 ここで大切なのは、自分から誠意を見せることです。 借入にあたっては借用書を必ず書いて、相手に渡すようにしましょう。 借りる言い訳もおざなりにせず、きちんと理由を説明するべきです。 信頼関係にあぐらをかかず、お金を貸してくれる相手には誠意をもって行動しましょう。 借用書の書き方については「」、お金を借りる理由の言い方については「」を、それぞれご覧下さい。 金の切れ目が縁の切れ目とも言います。 せっかくの人間関係を、金銭問題で崩したくはないですね 生命保険の契約者貸付 生命保険の「契約者貸付制度」とは、生命保険を解約せず、解約時に支払われる「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」の範囲内で借入れできる制度です。 生命保険の中でも貯蓄性のある商品(終身保険や養老保険、個人年金保険など)では、契約期間中の解約でも、積み立てたお金を解約返戻金として返金してくれます。 契約者貸付制度のメリットは、保障を継続したままお金を借りられる点にあります。 このため、解約後に再加入して月々の支払いが高くなったり、健康状態が理由で加入を断られたりしなくて済みます。 改めて審査を受ける必要もなく、返済は保険の満期までに終えれば問題ありません。 もともと加入している保険があれば、契約者貸付制度を活用することもオススメです。 ただし契約者貸付制度を利用できるのは、積立型の保険に加入している人だけなので、注意して下さい。 <外部の関連サイト>: 自治体の支援を受ける 国や自治体では、「生活福祉資金貸付制度」と呼ばれる支援制度を用意しています。 生活福祉資金貸付制度とは、生活困窮者への国の公的な融資制度です。 低所得者など生活の苦しい人限定に、生活支援の一環として国がお金を貸します。 生活福祉資金には「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類があり、それぞれ利子・融資上限額が違います。 ひとり親の家庭なら、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用する選択肢もあります。 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、死別・離婚・未婚で配偶者がいない男女で、20歳未満の児童を扶養している人が利用できます。 注意点は、融資まで時間がかかることです。 申し込みから融資まで1~2か月はかかりますし、審査に通らないこともあります。 すぐにお金が必要な場合は、他の手段を考える必要があります。 <関連記事>: 非常に有利な条件で借入できますが、生活困窮者やひとり親など利用者は制限されています お金を借りる以外の方法も検討する お金を借りる他に、短期間でお金を得られる方法をご紹介します。 <日雇い、短期バイトで稼ぐ> 日雇いや短期のアルバイトだと、手短に収入を得ることができます。 特に「即日払い」のアルバイトなら、その日の内に給料を支払われます。 なお「日払い」のアルバイトは、給与計算を1日単位で行うバイトのことで、その日中に給料を支払ってくれるとは限りません。 応募の際は、条件をよく確認しておきましょう。 3日~1週間程度の期間で即日払いのバイトであれば、5万円程度を手早く得られるのでオススメです。 <関連記事>: <不用品を売る> 不用品を売るという方法もあります。 ヤフオクやメルカリといったフリマアプリを使えば、ネット上のやり取りだけで済むので手軽です。 すぐに出品物が売れるとは限りませんが、質屋やリサイクルショップで売るよりも高く売れる場合が多いです。 ただし出金スケジュールとタイミングによっては、1週間以内にお金が入らない場合もあります。 家電などの大きなものや、アクセサリーなどの高級品を売るなら、リサイクルショップや質屋を利用するのもいいでしょう。 ある程度値の張るものでないと数万円単位で買い取ってもらえませんが、即日で現金を得ることができます。 <関連記事>: 以上、お金がない無職の人がお金を借りる方法について解説しました。 状況により条件は異なりますが、無職でもお金を借りることはできます。 キャッシングはできなくても、家族や知人にお金を借りる他、生命保険の契約者貸付や公的機関の支援制度を利用する方法もあります。 日雇いのアルバイトや不用品を売ることでも、お金を得ることは可能です。 焦ってカードローンの審査で嘘を付いたり、ヤミ金に手を出すことは絶対にしないで下さい。 この記事のまとめ• 安定収入のない無職の人は、原則キャッシングを利用できない• 専業主婦(主夫)や不動産収入のある人など仕事に就かない人でも、キャッシング可能な場合あり• 内定済みの学生なら内定者専用ローン、受給者なら年金受給者なら年金担保貸付を利用できる• キャッシングできない人は、家族や友人からお金を借りる、生命保険の契約者貸付、公的機関の支援を受ける方法もある• お金を借りる以外にも、日雇いのアルバイト、フリマアプリや質屋などを利用してお金を得ることもできる <監修者のコメント> 収入のない人はお金を借りても返すことができないので、お金を借りることができないのは当然のことです。 安易に借りるのではなく、まずはアルバイトや不用品を売るなどしてお金を得ることを考えてください。 そして、キャッシングする場合は返済できるアテはあるか?返済しながら生活費が確保できるか?よく考えましょう。

次の