ギヴン bl 要素。 漫画「ギヴン」を全巻無料じゃないけど2巻分無料で読む方法!アニメ化情報も!

ギヴン(3)

ギヴン bl 要素

本作の魅力は、やはりきちんと「音楽をしている」ところではないでしょうか。 作品の題材として、ただ「バンド」や「音楽」という要素を使っているのではなく、キャラたちが音楽を愛し、音に乗せて伝えたい想いがあることを丁寧に描いています。 歌というのは気持ちを伝える非常に有効な手段の1つですが、本作のメインバンド「given」に所属する真冬も、普段は言葉にできない想いをライブ中に歌として表現する人物です。 ライブシーンには、歌詞なのか彼の独白なのかわからない言葉たちが並び、剥き出しになった恋心を晒すようなフレーズに引き込まれます。 また、どんなメロディーが乗っているのかついつい想像してしまうような臨場感も魅力です。 天才的と言われる立夏のギターと真冬のボーカル、天才ではないものの才能を感じられる秋彦のドラム、それらの音を繋ぎ合わせて支える春樹のベース。 聴く人を魅了する彼らの音楽を想像するだけでも楽しいですよね。 立夏も真冬も、秋彦も春樹も、音楽を通して初めて自分の気持ち、相手の気持ちを察することができます。 この大前提があるからこそ、4人が音楽を作る様子に深みが出ます。 『ギヴン』の魅力2:言葉にし難い失恋の過去 本作は立夏と真冬、秋彦と春樹、この2組の恋を中心に描いていますが、真冬には亡くなった恋人が、秋彦には別れを告げられた想い人がいました。 明確な三角関係というわけではありませんが、この2組の恋には別の人間の影が見え隠れするのです。 真冬は、かつてバンドマンの彼氏がいました。 ある日、些細なことをきっかけに仲違いし、それからすぐに彼の恋人は死んでしまいました。 その後悔から、過去と元彼に縛られている真冬。 立夏のおかげで立ち直ったように見えたものの、いつもどこかに、もういない人物を想っているのでした。 秋彦は、高校時代出会った圧倒的な「天才」に恋焦がれて彼と恋人になったものの、ある日一方的に別れを告げられることに。 それでもなお、その元彼は秋彦を自宅に住まわせ、ときには抱くことを許可していたのです。 真冬にとっても秋彦にとっても、相手は他の誰かに置き換えられるほど軽い存在ではありません。 本能にも近い衝動を抱え、言語化できずにいたのです。 言葉にできない衝動というのは、心に直接響いてきます。 どうしようもない恋をして修復できない失恋をした彼らの虚しさや、泥沼にハマってしまった雰囲気は、切ない恋心の描写を得意とする作者の真骨頂ともいえるでしょう。 『ギヴン』の魅力3:4人の恋模様 やはり本作の最大の魅力といえば、それぞれの恋模様ではないでしょうか。 断ち切りたいと願う未練のうえに立ち続ける真冬と秋彦を、立夏と春樹は見ていました。 相手にとって替えのきかない存在があることを受け入れ、そのうえで手を差し伸べようとするのです。 最初に変化した関係は、それぞれが鳴らした音に心を震わされた立夏と真冬。 口下手な2人は衝突することもありますが、だからこそ素直に距離を縮めていきます。 高校生らしく、純粋に互いを好き合う彼らが、未だ真冬の心に残る暗い影とどう向き合っていくのか楽しみな部分です。 また、この2人に影響されて秋彦と春樹の関係も動きを見せます。 ずっと秋彦に片想いしていた春樹は、それを悟られないよう、知られないよう、ただの友人として秋彦に接していました。 しかし、真冬の登場に自分が愛した天才を思い出した秋彦は、よくない方向に落ちていきます。 彼に巻き込まれる形で、関係をこじらせた春樹。 彼らがどんな答えを出すのか気になるところです。 バンドメンバーが全員スキャンダル持ちとなった「given」。 立夏と真冬に交際していることがバレるようなことはするな、と口を酸っぱくして言ってきた春樹たちが、今後どういう運営方針にしていくのか……恋模様と合わせて注目したいですね。 『ギヴン』4巻の見どころをネタバレ紹介! ここまで立夏と真冬の恋に焦点を当ててきた本作。 ここから徐々に秋彦と同居人、そして秋彦と春樹の関係をピックアップするようになっていきます。 そんな4巻の見所は、立夏や真冬とは違うアダルティなこじれ方をする、秋彦と春樹の様子ではないでしょうか。 雨月と衝突するたび、さまざまな人のところへ転がり込んでは、いろいろなことをやってきた秋彦。 そんな彼がついに、春樹のところにまでやってきたのです。 秋彦は今まで、春樹に自分の汚いところを見せないようにしていました。 しかし、そうやって繕うのに疲れたのでしょう。 春樹が自分を好きなのをいいことに、合意もなく衝動的に抱き、冷静になったあとはしばらく泊めてほしいと頼み込んできたのです。 無理やり手を出しておいて、フっておいて、甘えてくる。 なかなかすごいメンタルですよね。 しかも春樹はそれを断ることができず、嫌いになることもできずにいました。 大人だから「どうしようもない」と片付けることができたのかもしれません。 自身のモヤモヤを悟られないよう笑顔を作り、過去は過去と割り切る春樹の姿は、メンバー最年長の貫禄が見え隠れする非常にかっこいいシーンでもあります。 彼のいつもと違う一面が見たい方にとっては、注目の場面でしょう。 『映画 ギヴン』2020年5月16日公開!大人メンバーの苦くて熱い恋 2019年7月にTVアニメが放送され、ノイタミナ初となるBLコミックのアニメ化として大きな話題を呼んだ本作。 映画化が決定し、2020年5月16日に公開になります。 TVアニメは高校生の真冬と立夏2人の切なくて淡い恋がメインでしたが、映画では大人メンバーである、春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋がメインに描かれます。 新しく立ち上がったBLアニメレーベル「BLUE LYNX」によって制作されることにも注目です。 ではティザーヴィジュアルのほか、キャストやスタッフの詳細も公開されています。 公開を記念したイベントや映画館・チケット情報などもそちらで確認していただけます。 声をあてるのは、真冬が矢野奨吾、立夏が内田雄馬、春樹が中澤まさとも、秋彦が江口拓也、そして雨月が浅沼晋太郎。 秋彦に声を吹き込む江口の「読者の日常にも寄り添ってくれているような親近感を感じました」というコメントどおり、穏やかなタッチで紡がれる物語になるでしょう。 2019年夏にアニメ化も決まっている『ギヴン』。 綺麗なイラストと描きすぎない心情、細やかに変化する表情が美しく、また演奏シーンに迫力があるのも特徴的です。 音楽ものや、体ではなく心の繋がりを大切にするBLが好きな方にはおすすめの作品となっていますよ。

次の

裏に大人の事情がある!? ドラマCDとアニメ版で声優変更となったわけが気になる

ギヴン bl 要素

楽譜、アレンジにとらわれずに、ミュージシャン達が集まって即興的に演奏をすること この時の立夏がめちゃくちゃ楽しそうだったと先輩の梶さんが言っていましたね。 立夏と真冬が出会い音楽への熱を呼び覚ます熱い展開になるのか? アッーーー! fa-hand-o-right歓喜の声多数 新しいノイタミナのギヴンがやばい件。 イケメンとかわいい。 あと、、、沼が深そうでやばい。 ぜひ、質の良いイヤホンで見てください。 音が最高。 二人からの助言もあって立夏は真冬にギターを教えることを決める。 はじめて弾くギターに興奮が隠せない真冬。 そんなある日、春樹と秋彦は音楽をする上で絶対必要なものを真冬に教える。 2話は立夏が真冬をバンドに"受け入れる様子"が描かれました! バンドの先輩の春樹と秋彦は「本気で音楽したいなら絶対必要なものがあるんだよ」と言います。 なんだろうなと思ったんですが... お金でした。 あの流れでのEDの まるつけ はやばかった。 泣いた。 — まろかわ🌈 鈴里二葉。 kawaiimarochan 2019年7月19日 3話感想「Somebody Else」 真冬の歌声に衝撃を受け思わずバンドに誘った立夏だったが、すげなく断られてしまう。 諦めきれない立夏は真冬を再度誘うも色良い返事はもらえず、避けられていた。 そんなある日のバンド練習中、立夏は春樹から真冬との付き合い方について諫められるが……。 立夏フラれる バンドに誘うもまさかの"フラれる"という展開になりました。 「デートに断られた後もう一度誘う方法」を参考に再アタック(笑) 真冬にはなにか隠してる過去がありそうですね。 心の氷を解かすんだ立夏!! fa-hand-o-rightバンドと恋愛はよく似ている 【ギヴン第3話を終えて】 名前の呼び方で関係も変わるよなぁ。 近づいたり離れたり、バンドと恋愛はよく似ていて、近すぎても遠すぎても駄目で、その距離やバランスが難しい。 しかしギヴン観てるとバンドやりたくなりますね… センチミリメンタルはバンドではなく、ソロユニットです — センチミリメンタル cenmilli fa-hand-o-rightタイトルの意味 3話 自らの願望を押し続ける立夏と過去を受け止められない真冬、そんなgiveとgivenがそれぞれ一方通行止まりになっている2人の姿が印象的。 今話の結末だけ見れば良好だったものの未だに真冬の過去は明らかになっていない訳で。 ボーカルからギターへの転向の理由含めまだ一悶着ありそうな予感 — namu oxygen60499747 4話感想「Fluorescent Adolescent」 バンドに入ることを決心した真冬。 立夏は真冬の歌に曲をつけるために、久しぶりにギターに没頭していた。 バイト中の春樹は、やってきた友人の矢岳光司からライブに出てみないか誘われる。 学校で、いつものようにギターを教える立夏は真冬にエフェクターを見に行かないかと誘うのだった。 立夏は音楽への情熱を取り戻し始めました。 作曲に明け暮れ休み時間はぐったり。 クラスの女子の笠井さんが話しかけるも全く無反応の立夏ですが、真冬からの問いかけにはしっかり反応。 葬式っぽいシーンもありましたし、マブダチが死んでしまった過去があるのかな。 春樹と秋彦はバーで酒を飲みながら立夏たちの事を話していた。 バイクで来ていた秋彦を自宅に泊めることになった春樹は、秋彦と出会った時のことを思い出す。 それは、春樹が参加していたバンドが解散し、ちょうど中3になった立夏とも出会った時期で……。 急にBL全開に 4話までは青春バンドものとして見れないこともなかったけど... 5話でいきなり本気を出してきたギヴン。 先輩の春樹と秋彦の関係にもBL要素あったのね。 そしてラストでは真冬が中学校の時男と付き合っていたこと、その男は自殺したことが判明。 ドえらい爆弾が投入されました! fa-hand-o-rightギヴンは少女漫画という名言爆誕 ギヴンはホモじゃない 少女漫画だわ うん、 実質少女漫画だからこれまじで本当最高 — 穂萌李 W4zYfNFZ0Zue8NO August 8, 2019 fa-hand-o-rightBL好きじゃなくても最後まで見るべし 今日から本格的にBL要素出してきてるけどここで視聴やめるのは本当に勿体ない。 ここからがいい所なんだこの作品の醍醐味は。 きっと最終回まで見た人は名作だというはず。 — m myuyun0520 6話感想「Creep」 真冬が当時付き合っていた相手が亡くなったという噂話を聞き、動揺する立夏。 真冬に問いただす勇気がないまま、立夏の自宅に秋彦が訪れた。 そこで秋彦は、真冬に詩を書かせてみてはどうかと提案する。 同じことを考えていた立夏は、バンド練習で詩を書いてみないかと真冬に持ち掛ける。 嫉妬だ 真冬の噂を聞きえずくみたいな奇妙な感覚に襲われる立夏。 モヤモヤしながら毎日を過ごします。 ラストでは2人きりになったタイミングで真冬が語りだしました。 真冬:「俺さ、本当に... 本当に好きな人がいたんだ」 この発言を聞いて立夏は気づきます。 これが嫉妬であることに... 秋彦に話を聞いてもらい、その気持ちが間違いではないと気付くも、認めていいものなのかと悩む立夏。 そんな立夏と真冬の様子を見守りながら、秋彦は自分と雨月の過去を思い出す。 秋彦は奴隷 今までクールさ全開だった秋彦はバイオリニスト雨月と恋愛関係にあったことが判明しました。 このバンド祭りかよっ そんな中、6話で嫉妬してしまった立夏はどんどん真冬へのあたりが強くなってしまっていました。 バンドは空中分解寸前。 さらに春樹が立夏を焚きつけて... ライブは大成功、大失敗、どっち? fa-hand-o-right好きだったら男とか女とか関係ない なにより、今日のギヴンで梶さんが「男だからか?」って台詞とか聞くとほんと恋愛の価値観って人それぞれだと思うし、相手が誰であれ好きな理由がどうであれ、好きなもんは好きだし、恋は恋だと普通に考えさせられる。 少なからずギヴンの中に出てくるキャラは気持ちに正直に生きてて尊敬する。 心の底から共感。 恋愛って、それまでの人生観も、これからの人生観もひっくり返すくらい強く影響するからな。 そしてバンドも恋愛も、どちらも物語の佳境に入ってきましたね。 — センチミリメンタル cenmilli 8話感想「Time Is Running Out」 ライブ目前、季節は梅雨に入り、高校では期末試験のシーズン。 作詞がまったく進まない真冬の元に、真冬と、真冬のギターの元の持ち主・由紀の幼馴染、鹿島 柊が訪ねて来る。 とうとう何かが弾け、そして 切れる 由紀の幼馴染、鹿島 柊が真冬を訪ねてきました。 元カレ・由紀は真冬と些細な喧嘩をし、それがキッカケで酒を大量に飲んで死んだってことなのかな。 そしてそれを傍観しかできなかった柊はやっとアクションを起こし真冬と話をします。 柊をライブに誘った真冬。 自分の思いをしっかり歌詞にするという決意みたいなものを感じました。 ですがライブ当日歌詞は出来上がらず... 真冬の歌詞が出来上がらなかったことにホッとしてしまう立夏。 ぐちゃぐちゃになった立夏は真冬とぶつかり合う展開に... fa-hand-o-right弦がはじけたシーンに詰まった切なさ ふぐぅ 胸が苦しい 伝えることも伝えたくないことも。 言葉にできないことも。 全部混じって溜まってつけたくない色がついていって、切れて弾けて、、 この子達ならまた繋げるって信じてる… — 舞姫桜🌸ラムダリリス来てくださいお願いします maihime925 9話感想「冬のはなし」 ライブ当日。 ふとした弾みで言い合いになり、真冬のギターの弦が切れてしまう。 春樹に言われ、急いで弦を買いに走る立夏は、真冬がいつも自分の言葉に応えようとしていたことに気づく。 弦を張りなおす際、立夏は真冬に自分の想いを伝える。 そして、歌詞はできないままに自分たちの演奏する番になるが……。 完成した曲 8話で切れてしまったギターの弦。 春樹:「なに世界の終わりみたいな顔してんだよ。 切れたら直せばいいだろ」 この言葉でバラバラになりかけたバンドが修復されました。 春樹さんマジ天使!! 曲が完成していないはずでしたが... 演奏が始まると歌いだす真冬。 真冬の思いが詰まった曲... 控えめに言って神でした。 自分の整理できていなかった思いをぶちまけることで前に進めそうな真冬。 これで新しい恋に進むって感じなのか。 構成、展開。 これからの季節にぴったり。 改めて人を本気で好きになるってどいう事か痛いほど分かるような曲。 さよならと言えない苦しさも伝わってきて歌詞を読むだけで涙があふれる曲。 今日という日に出会えて良かった。 と改めて思いました。 原作最強だから、すごいプレッシャーがある中なのに…想像をはるかに超えた9話だった…。 純粋に泣きながらみとった…。 目と耳が追いつかなかった…。 ノイタミナすげえ。 矢野奨吾さんすげえ…。 ギヴンすげえ…。 圧倒的、今期最強。 ここ一番好き。 — ゆう 取引専用 ajt825 10話感想「Wonderwall」 ライブの余韻と勢いで、真冬にキスしたことに狼狽える立夏。 真冬が熱で欠席していることを知った立夏は、見舞いに行くため、真冬の自宅へと向かう。 後日、ライブの打ち上げと真冬の快気祝いを兼ねた席で、四人は自分たちのバンドの今後について話し合い、バンドの名前を考えるのだった。 given爆誕 春樹、立夏、秋彦の3人だったバンドthe seasons。 真冬が加わり全く別のバンドになったので別の名前を考えることに。 新バンド名はgivenに決定しました。 バンド名がタイトルだったのね。 真冬に「この後予定とかあるの?」と聞かれ連れていかれた先は横浜みなとみらい。 完全にデートじゃねぇかっ そこでストレートに好きだと言われた立夏。 立夏はどうこたえるの!?次最終回です。 fa-hand-o-rightFOD 公式 も次週最終回に混乱 え 来週本当に最終回なの? は? 信じないから。 管理人信じないから。 てか最終回ってなに?? 分からなものは信じない 現実逃避 — 【公式】FOD 雑誌も動画も見放題 fujitvplus 11話感想「Song2」 真冬に告白された立夏は、真冬と両想いだとわかり嬉しい反面、バンドに色恋沙汰を持ち込むべからずという、過去の言葉の間で葛藤する。 だが、正直に春樹と秋彦に報告し、春樹からはお小言を、秋彦からはぞんざいな祝福をもらった二人。 一方、密かに秋彦を想う春樹は……。 両想い 真冬から告白された立夏が出した答えは... "付き合う"でした おーーーおめでとう! 真冬に告白されて立夏のいろんな人格が会議を始めるんですが、冷静な俺、熱血の俺とかの中にシレっと童貞の俺がいてワロタ。 その後しっかり春樹、秋彦に報告しバンド公認の仲に。 大団円だーーー fa-hand-o-right映画化決定!ギヴンは... おう、いいじゃねぇかっ 秋彦風 恋人の死が重くのしかかった青年が一人の男と出会い、その死を乗り越えていく。 素晴らしいプロットでしたね。 悔しいけどよくできてるわ。 2020年に早くも映画化が決定しました。 twitterとか見る限りめちゃくちゃヘビーな話を持ってくるっぽいですね。 期待大。 ノイタミナ枠で挑戦的なアニメ。 戸惑いながらもしっかり楽しめました。 ありがとうございました。 フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ• 雑誌読み放題が熱すぎる• 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる マンガの購入に利用可能 アニメ『ギヴン』はFOD フジテレビオンデマンド での独占配信となっています。 FODはフジテレビが運営する動画配信サービス。 フジテレビと言えばノイタミナですよね。 ノイタミナ枠はもちろん、他アニメのラインナップも地味に頑張っています。 雑誌 読み放題が熱い FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!! 最新の雑誌も読み放題です。 ラインナップは100冊以上。 ジャンル 雑誌名 週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA! 、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc. ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc. ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako ハナコ etc. *ほんの一例です アプリとブラウザで閲覧可能です。 紙のほうがいいと思っていましたが、FODを使ってみるとスマホがあると雑誌が読めるので便利です。 電車内やちょっとした待ち時間をワンランク上の時間にできますよ。 FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。 月額888円で 月1300円のポイントがもらえる FODプレミアムは 毎月8の付く日(8日・18日・28日)に400ポイント、 毎月月初に100ポイントの計1300ポイントがもらえます。 このポイントは有料配信の作品や 漫画・小説の購入に使えるポイントです。 漫画はいつでも全作品が20%ポイント還元! 888円の月額で1300円分のポイントはもはや錬金術。 漫画を買う場合は超お得です。 FODプレミアムおすすめポイント• フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ• 雑誌読み放題が熱すぎる• 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる マンガの購入に利用可能 FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!! 最新の雑誌も読み放題です。 ラインナップは100冊以上。 ジャンル 雑誌名 週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA! 、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc. ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc. ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako ハナコ etc. *ほんの一例です FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。 \FOD を 2週間無料 で楽しむ/.

次の

裏に大人の事情がある!? ドラマCDとアニメ版で声優変更となったわけが気になる

ギヴン bl 要素

佐藤真冬 CV 矢野奨吾• 上ノ山立夏 CV 内田雄馬• 中山春樹 CV 中澤まさとも• 梶秋彦 CV 江口拓也 めちゃくちゃ豪華な声優陣ですね……! その中でも筆者が特に注目したいのは真冬役の 矢野奨吾さんで、アニメ「ツルネ -風舞高校弓道部- 」の如月七緒役も務めました。 男性にしては高めの印象的な声で素晴らしい歌唱力もあり、ギター兼ボーカル になる予定 の真冬役にはうってつけのキャスティングといえます。 そしてなんと、アニメでは「ギヴン」が 初めての主演!おめでとう〜〜!! 話が進めば矢野さんの透き通るような歌声も拝めますので、もしまだ全話観てないよって方は是非! ギヴン 第1話 ザックリあらすじ 階段の踊り場で 上ノ山立夏が出会ったのは、壊れたギターを抱えた 佐藤真冬。 立夏にギターを直してもらった真冬は、ギターの弾き方を教えてほしいと頼み、立夏のいるバンドの練習を見学することに。 立夏は真冬にギターを教えることに乗り気ではなかったが、真冬は何度も頼み込む。 真冬の前に誰かいて、それを見つめる真冬の顔は絶望の色を浮かべています。 抱えていた赤いギターの弦を指で引き千切ってしまっていますが、このギターは真冬の?それともその誰かの…? あまり考えたくはありませんが、状況的にその誰かはおそらくもう 死んでいるのでしょう……。 これは予想外に重い展開です。 もうこの時点から、楽しいだけのほのぼのバンドストーリーとは一線を画していますね。 ギターを抱えて丸くなる真冬可愛すぎ……。 真冬の仕草はどこか「子犬感」がにじみ出ていて、愛らしさが半端ないのです。 立夏は真冬のギターの弦が切れていることに気づき、なんだかんだ文句を言いながらもちゃんと直してくれました。 案外面倒見の良い上ノ山立夏16歳。 最初のシーンで真冬がギターの弦を引き千切ってしまいましたが、なんとかその弦を直そうと必死だったのは、その 死んだ誰かと真冬を繋ぐキーアイテムがそのギターだから。 ギターの弦は真冬とその誰かを結ぶ 「絆」を意味しているのではないでしょうか。 相手が死んでもなお絆を結び直そうとするなんて、その人は真冬にとってとてつもなく重要な人物だったに違いありません。 弾き方を知らないということは、 そのギターはやっぱり死んだあの人のものなのかも……。 立夏のバンドメンバーである、ベース担当の 中山春樹とドラム担当の 梶秋彦は、見学者が来たと張り切りだします。 かっこいいのが聴きたいという真冬のリクエストに答え、3人はセッションを披露。 おっと。 立夏君ったらもう 真冬のこと意識し始めてる……? そんなある日、ひょっこり真冬がスタジオに現れます。 なんと姿が見えなかった間、自分で弦の張り方やチューニングの仕方を身につけていたのだそう。 軽音部にも顔を出してみたけれど、 真冬「上ノ山君の方がかっこよかったよ」 待って……!?真冬何その可愛い顔!!しかもさらっとすごいこと言ってるし……。 「ギヴン」は比較的BL要素が少なめな作品ですが、だからこそこういう 些細なやり取りに萌えちゃいますよね! 真冬「だからもっとギターを教えてください」 あ、振り出しに戻った。 立夏の受難は続くようです。。 佐藤真冬には何やら重い過去がある模様• 真冬は上ノ山立夏に出会い、ギターの弾き方を教えてもらおうとするが何度も拒否される• 立夏たちのセッションを聴き、真冬はやっぱり立夏にギターを教えて欲しいと思う 立夏はギターがとても上手ですが、どこか冷めたような感じがありました。 真冬との出会いを機に、彼のギターへの情熱がどう変わるのでしょうか?そして真冬はギターを教えてもらうことができるのでしょうか?•

次の