ソニック 電車 予約。 883系 ソニック

883系 ソニック

ソニック 電車 予約

JR九州のソニックの予約についてです。 お得なフリーキップや2枚券4枚券などを利用したいのですが、よくわからなくてとても困っています。 お正月すぎに山口に帰省した帰りに、別府に一泊旅行を考えています。 簡単な旅行日程は下記の通りです。 フリーキップなどはJR九州の窓口などに行かないと買えないのでしょうか。 東京在住です。 当日、九州(又は新山口)でキップを買った場合は、お正月シーズンは座れますか。 新幹線やソニックなど、子供割引で購入するより、4枚券を利用したほうがお得でしょうか。 とても面倒な質問ですみません。 どなたかお詳しいかた、よろしくお願いいたします。 ご質問のエリアで利用できるフリーきっぷはないですね。 2枚きっぷ、4枚きっぷはJR九州の企画乗車券なので新山口駅や東京では買えません。 帰るのは九州内の駅と主な旅行会社です。 当日行って買う形になりますが、はっきり言って指定席の空席はありません。 自由席を利用することになりますが、新幹線に接続しているため激混みです。 臨時のソニック号やにちりん号は比較的すいているので乗るならこちらです。 ただし、小倉発着です。 博多まで行きません。 クレジットカード(どのカードでもOK)をお持ちであれば、JR九州の電話予約センターに電話して、指定席を確保して当日きっぷを受け取ることができます。 JR九州電話予約センターと詳しい予約方法はJR九州のHPに詳しく出ているのでご覧ください。

次の

特急ソニックの停車駅・路線図・沿線の観光情報

ソニック 電車 予約

ソニックは小倉で結構入れ替わるので自由席でも並べば座れます。 双方向に使えます。 ただしご質問の時期 3月16日~4月8日 は指定席1枚につき500円追加が必要です。 それでもだいぶ安いのですが。 また、出発地によってはもっとお得な割引きっぷをご紹介できるかもしれません。 このような質問をされる場合には情報を小出しにせず、旅程をなるべく詳しく書いた方がよろしいかと思います。 なお、 3さんも 6さんも微妙に違っているのですが 「振り子列車」はカーブを高速で通過するための仕組みで車体を内側に傾けます。 その結果、乗客にとっては遠心力が打ち消されるため「揺れ」を感じ"にくい"ようになっています。 大阪から和歌山方面の列車は同じ振り子でも制御のない振り子列車がほとんどですので、こちらはカーブに入ってからいきなり大きく傾くので不快な揺れを感じさせます。 ただ、カタカタカタ……という小揺れを感じることはあります。 また、なるべく、乗車時には直ぐに車掌室に出向き、特急券(座席指定の場合は指定席特急券)を発券してもらう。 もしも、満席の場合は自由席特急券になり、車掌の配慮で指定席に空きが出来れば指定席特急券を発券してもらう。 >でも、それならどこの駅から乗ったか分からないですね? いいえ、手元の乗車券の発行駅や車内検札等で、ある程度は分かります。 自己申告と言うか、特急券の購入が出来なかったor車内で購入の理由事情を述べて必要な種類の切符を購入します。 尚、無断でで乗車していて、特急電車が数駅を通過してから車内検札時に特急券を持たず無断で乗っている場合は、ご指摘のように特急の乗車区間が分からない場合も出てきますので、その場合は車掌の判断で、利用客の申告通りor始発駅や乗換え可能な駅からの乗車と見做される可能性もあります。 Q JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 指定席は、みどりの窓口に券を持って行ったら決めてもらえた。 新幹線以外の特急とか指定席との併用は可能? 質問がいろいろ曖昧なんですが、この辺の疑問を解消したいと思ってます。 アドバイスお願い致します。 JRの電車に乗るときの切符(?)はどのような構成になるのでしょうか? 今、次のように認識してます。 (たぶん、この認識が間違ってますが、) ・運賃 その区間における基本料金みたいなもの ・特急券 その区間を走る特急とか新幹線とかに乗る時に追加で払うもの ・指定席券 絶対座りたい時に、あらかじめ一定数確保された指定の席に座るためのもの そう考えた時に、いくつかの疑問があります。 1.前に金券ショップで新幹線の券を買った時には、それ1枚だけで、乗れた。 A ベストアンサー まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に必要。 前述の通り特急だけは指定席券というものが存在せず、特急券に包括されます。 またグリーン車指定席もグリーン券+指定席券ではなく、グリーン券に包括されています。 ということで特急の指定席に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券 特急の自由席に乗る場合は、乗車券+(自由席)特急券 特急のグリーン車に乗る場合は、乗車券+(指定席)特急券+グリーン券 急行の指定席に乗る場合は、乗車券+急行券+指定席券 という感じになります(詳細は興味があればということで)。 1.そのきっぷの券面に「指定席特急券」とか「指定席用」とか書いてあれば、 指定席特急券としての効力があります。 「自由席特急券」とか「自由席用」とか書いてあれば自由席しか利用できません。 (指定席と自由席の差額を支払えば、指定席に乗れるものはあります) また一部には、乗車券の効力のない特急券のみのチケットも存在します。 (その場合、券面にその旨表記があります) 2.yahoo路線情報についていえば、特別料金は特急料金のことは示しているのですが、 それが指定席特急料金なのか自由席特急料金なのかは見てもわかりません。 たいていは指定席特急料金ですが、自由席の場合のこともたまにあります。 いずれにしても特急に乗る場合には必要な料金です。 3.青春18きっぷは、ごく一部の例外を除いて普通(快速)列車専用のきっぷのため、 乗車券(運賃)に相当するという考えではなく、専用券と考えた方がいいでしょう。 併用が認められているのは#4さんの回答にある通り、 普通(快速)列車の普通車指定席とグリーン車自由席、それとライナーです。 まず最初の認識ですが、JRの規則においては以下のような乗車券類が存在します。 jreast. html ・乗車券(運賃)・・・どの種別の列車にも必要 ・特急券(料金)・・・特急列車(新幹線含む)に必要。 なお特急券は着席保証のある「指定席特急券」とか、 着席保証のない「自由席特急券」などというようにそれぞれ独立しています。 ・グリーン券(料金)・・・グリーン車に必要。 ・指定席券(料金)・・・急行や普通(快速)列車の普通車指定席に... Q はじめまして。 4月に急に大分の友人の結婚式に招待されました。 私は広島に住んでいますので、ご祝儀のほかに交通費もかかり、とても痛い出費です。 少しでも安く行きたいと思い、広島からの高速バスで博多まで行くルートを考えていますが、大分に行くには小倉からのほうが安くつくと友人から言われて新幹線で行ったほうが良いのか迷っています。 帰りは他の友人と一緒なので嫌でも新幹線を利用しないといけないので、行きだけでも安く行きたいと思っています。 どの交通機関を利用すると安く目的地に着くことができるでしょうか?時間はかかっても構いません。 できれば大まかで結構ですので料金なども具体的に教えてくださると有難いです。 鉄道や旅行に詳しい方よろしくお願いします。 大分ゾーンの場合ですが、中津から南は特急の普通車自由席が乗り放題になります。 合計で19020円~20980円程度になります。 なお行きについて快速列車を利用する手もあります。 もう1000円程度の出費で新下関から新幹線+小倉から特急を利用でき、1時間ほど短縮できる場合もあります。 逆に所要時間を6~7時間程度見て山陽本線を各駅で下ることもできます。 この場合、15310円~16290円に下がります。 なお普通列車・快速列車専用の『青春18きっぷ』を使えば実質2300円 指定席利用の場合+510円 程度になるのですが、日豊本線宇佐~中山香間は普通列車が10往復程度しか走っておらず、3時間程度間隔が空くことがありますので余りおすすめできません。 あとは高速バス 広島~福岡線と福岡~大分線の乗り継ぎ ですが、運賃が7100円で所要時間が7時間前後かかります。 doconavi. doconavi. 大分ゾーンの場合ですが、中津から南は特急の普通車自由席が乗り放題になります。 Q 電車のチケット購入について2、3質問をさせてください。 私の場合は博多駅を利用したいと考えているので博多駅を利用した事がある方の回答なら尚嬉しいです。 私は高校時代は電車通学だったのですが、それ以来 5年 電車に乗った事がありません。 地下鉄はよく利用します。 電車通学も当然定期だったので特にチケットを自身で購入した事はありません。 なので電車の乗り方やチケットの購入にについて等、普通の方が常識と思っている事も私は知りません。 ましてや田舎出身なので博多駅のような駅内がただっ広くて、乗り降りするホームが多い駅を目の当たりにすると緊張・動揺してしまい躊躇して別の公共機関を利用したり、結局は行き先が遠くてもバイクで向かったりします。 人一倍見栄っ張りで極端にミスを恐れる、冒険をしないで無難な道を行くという私の性格も関係しているのかもしれません。 ただそんな電車にも乗れない自分が情けなく感じてきたので変わりたいと思いとにかく行きたい方向と真逆に行ってしまっても構わないのでとりあえず博多駅を利用して電車に乗ってみようと思いました。 なので小さなことでもいいので教えていただけると幸甚です。 ・特急、快速、準快速についてですが、このチケットは新幹線とは違い予約などは不要なのでしょうか? 乗りたい日に駅に行きその場で 券売機など で購入できるのでしょうか? ・上記の質問で券売機で購入が可能という事でしたら、何か注意点はありますか?例えば~線や~行きに乗るとか、乗車料金を予め調べてメモしていった方がスムーズに購入できるなど。 あと一つ気になった事がありまして、色々ネット検索していたら特急や快速・準快速に乗る場合は普通 鈍行? のチケット以外に特急や快速・準快速用のチケットが別にいると記述されてる記事があったのですが本当ですか?2枚必要なんでしょうか? ・上記の2つの質問とは若干異なりますが、博多駅から無人駅に向かう場合、帰りのチケットはどこで購入すれば良いのですか?車掌さんから購入する?到着駅で駅員に告げて料金を支払う?予めその区間の料金分のチケットを購入しておけばいい? ・最後にチケットとは関係ない事なんですが、よく電車を利用しあちこち遠出している方でも行った事ない駅などを利用する時は緊張したりするものなのでしょうか? どうかご教授ください。 よろしくお願いします。 電車のチケット購入について2、3質問をさせてください。 私の場合は博多駅を利用したいと考えているので博多駅を利用した事がある方の回答なら尚嬉しいです。 私は高校時代は電車通学だったのですが、それ以来 5年 電車に乗った事がありません。 地下鉄はよく利用します。 電車通学も当然定期だったので特にチケットを自身で購入した事はありません。 なので電車の乗り方やチケットの購入にについて等、普通の方が常識と思っている事も私は知りません。 ましてや田舎出身なので博多駅のような駅内がただっ広くて、乗... 指定席の発売は乗車日の1ヶ月前からなので、当日だと埋まっている可能性も否定できませんが、当日でも空きがある事もあり、ケースバイケースです。 自由席については、当日でも購入可能なほか、普通列車や快速列車 準快速含む の利用の場合も当日に切符を購入する事ができます。 そもそも、自動券売機で購入できる乗車券は近距離に限られます。 後、運賃・料金を調べておくのは悪い事ではありませんが、駅の運賃表で確認した方が良いですよ。 乗換検索サイトで出てくる金額は、検索の仕方によって誤差が出る事もありますので。 最低限「どの駅で降りるのか」が判っていれば良いでしょう。 ですので、特急列車や新幹線に乗るのであれば「特急券」を追加で購入する必要があります。 さすがに「特急券」を券売機で購入するのはコツが要るので、素直に「みどりの窓口」で駅員さんと相談しながら購入すれば良いでしょう。 単に「きっぷうりば」と案内される事もありますが、「グリーン窓口」は無いです また特急券に限らず、券売機で切符を買うのが不安なら窓口へ行ってしまっても問題ありません。 ただし、混んでいると並ぶので時間がかかる事もありますが。 ちなみに、快速・準快速については追加で何か切符を買う必要はありません。 指定席に座りたいなら話は別ですが、そもそも博多近辺の快速列車には指定席はありませんので。 前もって駅員さんが居る駅で乗車券を購入しておいても良いですし、乗車した列車の車掌さんから乗車券 と言ってもぺらぺらの用紙ですが を購入するのもアリです。 たまにワンマン運転と言って、車掌さんが乗車しない場合もありますが、乗車する時にドアの横に整理券を受け取って下車駅で運賃箱に現金で支払う。 また乗り換える際に整理券を持ったまま駅員さんに申告して、改めて乗車券を買い直す事もあります。 判らない事があれば、どんどん駅員さんに尋ねて下さい。 駅員さんも仕事ですので。 指定席の発売は乗車日の1ヶ月前からなので、当日だと埋まっている可能性も否定できませんが、当日でも空きがある事もあり、ケースバイケースです。 自由席については、当日でも購入可能なほか、普通列車や快速列車 準快速含む の利用の場合も当日に切符を購入する事ができます。

次の

えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約

ソニック 電車 予約

特急ソニックの車両と編成 特急ソニックの使用車両 883系と885系で運行されています。 こちらは883系です。 1995年(平成7年)から運行を開始した車両です。 JR九州の車両として初めて振り子式を採用し、それまでの「にちりん」と比較して博多~大分間で20分の所要時間短縮を達成しています。 運行開始当初は全面のみブルーメタリックの塗装で一部はシルバーやイエローのパネルでした。 2005年からリニューアルが施され車両すべてがインディゴブルーに塗装されています。 こちらは885系です。 885系は2000年(平成12年)に「かもめ」で運行を開始しました。 「ソニック」には2001年(平成13年)から運行を開始しています。 原色系が多い九州の特急列車の中で白を基調とした色使いです。 「かもめ」用と「ソニック」用ははじめは分けられていましたが、現在は共通で運用されています。 特急ソニックの編成 特急「ソニック」は7両編成と6両編成があります。 7両編成が883系、6両編成が885系です。 グリーン車が1号車の半室、そのほかは普通車です。 自由席と指定席の割合は図の通りです。 (JR九州 HPより) 特急ソニックの車内 883系ソニック グリーン車 1号車の半室がグリーン車です。 皮張りのシートで、耳のついた座席が883系の特徴です。 窓側の足元にはコンセントがあります。 普通車(自由席、指定席) 普通車も耳のついた座席です。 指定席にも窓側にはコンセントがついています。 普通車の8番の座席は、窓がありませんが座席間隔が広くゆったりしています。 883系お手洗い等 1,2,3号車にはお手洗いがあります。 3号車には多目的の広いお手洗いがあります。 885系ソニック グリーン車 グリーン車は1号車の半室です。 皮張りのシートが並びます。 ゆったりしたシートで間隔も広いのでくつろげます。 テーブルが若干小ぶりなのでパソコン作業などは向いてないかも。 コンセントはついています。 運転席がガラス張りになっており、展望を楽しむことができます。 普通車(自由席、指定席) 普通車です。 2号車の座席にはコンセントがあります。 お手洗い、トイレ等 お手洗い、トイレは少し探しにくいです。 曲線を活用した配置です。 特急ソニックのおすすめ座席 特急ソニックは絶景が見える区間はあまりありません。 お得な座席といえば883系普通車の8番は座席の間隔が広くゆったり座れるのでお得な座席といえるでしょう。 ソニックには飲み物の自動販売機がある 特急ソニックには飲み物の自動販売機があります。 お茶、コーヒー、ジュース等の飲み物が買えます。 その他の車内販売はないので駅で買っておきましょう。 写真は順番に883系、885系の自動販売機です。 特急ソニックの停車駅、所要時間 特急ソニックは下記の駅に停車します。 博多 小倉 大阪・新大阪 (新大阪~小倉間はのぞみ利用) 行橋 1時間10分~1時間20分 15分~20分 3時間~3時間10分 中津 1時間20分~1時間30分 35分 3時間20分~3時間30分 別府 1時間55分~2時間15分 1時間15分~1時間20分 3時間55分~4時間10分 大分 2時間~2時間20分 1時間20分 4時間~4時間15分 佐伯 (大分でにちりんに乗換) 3時間20分~3時間30分 2時間30分~40分 5時間10分~5時間30分 延岡 (大分でにちりんに乗換) 4時間20分~4時間40分 3時間30分 6時間10分~6時間30分 時刻は博多駅基準で6時台〜20時台までおおむね1時間に2本。 大分駅基準で5時台から20時台までおおむね1時間に2本で運行しています。 速達タイプのソニックは、ほとんどが大分駅で特急「」と接続しています。 同じホームで乗り換えができます。 「ソニック」と「にちりん」は大分駅で改札を出なければ、特急料金は通しの料金で計算されます。 特急ソニックの運賃、料金等 通常の運賃、料金 博多 小倉 大阪・新大阪 (新大阪~小倉間はのぞみ利用) 行橋 3,330円 2,800円 1,320円 790円 16,170円 14,790円 中津 3,950円 3,420円 2,500円 1,970円 17,110円 15,730円 別府 5,680円 5,150円 4,310円 3,780円 17,820円 16,440円 大分 5,680円 5,150円 4,310円 3,780円 18,150円 16,770円 佐伯 (大分でにちりんに乗換) 7,330円 6,800円 5,680円 1,410円 18,750円 17,370円 延岡 (大分でにちりんに乗換) 8,370円 7,840円 6,890円 6,390円 19,520円 18,140円 (上段:指定席、下段:自由席) ソニックに安く乗るには JR九州ネット早得3 JR九州のネット予約です。 3日前までに予約すれば利用できます。 3日前であれば変更も可能です。 博多~別府・大分:2,550円 小倉~別府・大分:2,500円 JR九州ネットきっぷ こちらネット予約で当日まで予約可能なきっぷです。 急に利用する場合でも安心です。 受取前なら何度でも変更可能です。 博多~別府・大分:3,150円 博多~佐伯:5,130円 博多~延岡:5,760円 小倉~別府・大分:3,040円 (指定席・自由席とも同じ料金です、佐伯、延岡は大分駅でにちりんに乗り換えても同じ料金です) JR九州のネット予約は登録は無料で、クレジットカードを登録すればすぐに利用できます。 駅の窓口のほか、指定席券売機での受け取りも可能です。 2枚きっぷ(自由席)(指定席) 2枚買えばお得なきっぷ。 往復でも2人でも利用できます。 利用開始日の前日まで発売しています。 有効期間は7日間です。 新幹線・ソニック号・にちりん号の普通車指定席が利用できます。 大阪市内(大阪・新大阪)~中津:12,530円 神戸市内(新神戸)~大分:12,530円 大阪市内 神姫ゾーン 中津 27,650円 (片道13,825円) 27,650円 (片道13,825円) 大分・別府 27,870円 (片道13,935円) 27,870円 (片道13,935円) 延岡・南延岡 28,280円 (片道14,140円) 28,280円 (片道14,140円) (神姫ゾーンの新幹線乗車駅は新神戸・西明石・姫路です) 詳しくはJR西日本の割引きっぷのページもご覧下さい。 のページ スーパー早得きっぷ はJR九州、JR西日本が発売する割引きっぷです。 14日前のネット予約でお得になります。 新幹線・ソニック号の普通車指定席が利用できます。 大阪市内(大阪・新大阪)~大分:12,530円 神戸市内(新神戸)~大分:12,530円 詳しくはJR九州の割引きっぷのページもご覧下さい。 特急ソニックと競合する交通機関との比較 特急ソニックと同じ区間を運行する高速バス「号」があります。 また伊丹空港から大分空港に就航しています。 博多~大分間、大阪~大分間の交通機関の比較をまとめました。 博多~大分の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(ソニック) 2,550円~5,680円 2時間~2時間20分 約30分間隔 高速バス (とよのくに号) 2,040円~3,250円 2時間25分~2時間47分 20~30分間隔 大阪~大分の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (新幹線+ソニック) 12,530円~18,150円 4時間~4時間15分 ソニックは約30分間隔 飛行機 (ANA,JAL) 12,660円~24,660円 3時間20分 ~3時間40分 7往復 (ANA4往復、JAL3往復) 各交通機関の解説 とよのくに号 は西鉄バス、大分交通、大分バスが共同運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 福岡(天神)~大分:約2時間25分~2時間47分、平日32往復、土日祝:36往復(20~30分間隔) 福岡空港・福岡(天神)~別府:約2時間15分、16往復(約1時間間隔) 運賃は福岡~大分・別府で3,250円です。 天神や福岡空港から利用する場合や、別府の鉄輪地区に行きたい時などはバスが便利になります。 伊丹空港~大分空港を飛行機利用 航空機は伊丹空港から大分空港まで就航しています。 伊丹空港~伊丹空港 JAL、ANAが就航しています。 運行本数:1日7往復(JAL3往復、ANA4往復) 所要時間は次の通りです。 伊丹空港~大分空港:約55分 大阪駅・新大阪~大分駅:約3時間20分~3時間40分(リムジンバスの時間を含む) 大阪駅・新大阪駅~別府北浜:約3時間00分~3時間20分(リムジンバスの時間を含む) 運賃は次の通りです。 このほかにリムジンバス運賃が必要です。 (大阪・新大阪~伊丹空港:510円~650円 大分空港~大分駅:1,550円、大分空港~別府北浜:1,550円) 運賃 ANA JAL 通常運賃 20,160円~22,460円 22,260円 バリュー3(ANA 得便割引3(JAL 17,360円~20,460円 17,360円 スーパーバリュー28(ANA 先得割引(JAL 10,660円~15,360円 10,660円~12,960円 スーパーバリュー55(ANA) スーパー先得(JAL 10,460円~10,560円 10,460円~11,460円 フライトの時刻やリムジンバスの情報については次のページもご覧ください。 ソニックにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急ソニックから乗り換えできる列車 博多駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 九州新幹線:「」、「」、「つばめ」 特急「」、特急「みどり」、特急「ハウステンボス」、特急「ゆふ」、特急「ゆふいんの森」 小倉駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 九州新幹線:「」、「」 別府駅 特急「ゆふ」、特急「ゆふいんの森」、特急「」 大分駅 特急「」、特急「ゆふ」、特急「ゆふいんの森」、特急「」 特急ソニックとは 特急ソニックは博多〜大分を結ぶ特急列車です。 (一部は博多~佐伯、博多~中津、中津~大分もあります) 1995年(平成7年)に博多~大分間を883系で運行するにちりんに「ソニックにちりん」と名付けられたのが始まりです。 1997年(平成9年)に博多~大分間を運行する列車は「ソニック」となりました。 883系は振り子車両なので、当時の485系「にちりん」と比べて20分以上の大幅なスピードアップが実現しました。 それからは「ソニック」と博多~宮崎空港間を運行する「にちりん」の両方が運行されてきました。 そして2003年(平成15年)には「にちりん」は博多~大分間の運行をほとんど中止し、大分~宮崎間の特急となりました。 このときの博多~大分間の「にちりん」のダイヤも「ソニック」が受け継ぎ、博多~大分間の特急は「ソニック」にほぼ統一されました。 特急ソニックの関連商品.

次の