デスクトップ pc 人気。 【2020年版】デスクトップパソコンのおすすめ19選。シーン別にご紹介

デスクトップパソコン(PC)、オールインワン 購入 個人向け

デスクトップ pc 人気

10 価格・パーツ情報を更新 ゲーマーのためのゲーミングPC選び かれこれ10年以上もPCゲームに勤しんできた現役PCゲーマーである筆者が、これまで検証・テスト・レビューしてきた数あるデスクトップPC製品から、おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。 BTOパソコンから自作パソコンまで保有している筆者ですが、ここでは学生でも購入できそうな価格の安い製品から、コア向けのハイスペックな製品、購入して到着後すぐにゲームができるようなゲーミングPCを紹介しています。 軽いゲームだけならノートPCでも十分なタイトルはありますが、負荷の高いゲームを最高設定でプレイしたり、高解像度、高リフレッシュレート環境、さらには同時に実況、ライブ配信したりするには、冷却性と性能面に優れたデスクトップ型のゲーミングPCがおすすめです。 さらには、シューティングゲームに至っては、モニターの60Hzを超え、120Hzや144Hzなどの高リフレッシュレート環境も当たり前になってきています。 それに伴い、グラフィックカードの性能もどんどん上がり、新世代のRTX SUPERシリーズや、高性能なミドルクラスのGTX 1660 SUPERが登場し、数も多くなってきています。 現在のおすすめのグラフィックカードはこれ 現在のおすすめのグラフィックカードですが、価格を抑えたいなら GTX 1650 SUPER、もしくは GTX 1660がおすすめです。 性能を求めるなら GTX 1660 SUPERか、 GTX 1660Tiがおすすめです。 特にPUBGやAPEX、フォートナイトなどの軽いeスポーツタイトルを中心にプレイしたい方、ゲーミングPC初心者の方には GTX 1650 SUPER、 GTX 1660がおすすめです。 ほとんどの人気タイトルがプレイできます。 CPUの選び方 CPUのブランドは主にIntel製とAMD製の2種類があり、これまではインテル製がシェア率のおよそ9割を占めていましたが、AMDの第3世代Ryzenプロセッサーの登場により、現在AMD製のシェア率がぐんぐん伸びています。 新たに第10世代インテルCPUが発売されましたが、最上位のCore i9-10900Kでも、Ryzen 9 3950Xの足元にも及びません。 ただ、ゲーミングでは未だにインテルCPUの方がフレームレートが優位です。 特にゲーミングPCではインテル製ではCore i7-9700K、AMDではRyzen 7 3700Xを選択するのがおすすめです。 下記の表は各CPUのCINEBENCH R20のスコア比較です。 CPU選びの参考にしてください。 CPUクーラーの選び方 CPUクーラーの違い CPUクーラーは空冷式と水冷式があります。 空冷式はファンで直接冷やす仕組みとなっており、価格が安く、メンテナンスもほとんど不要ですが、高い冷却性を求めるとなると、サイズは大きくなり、音も大きくなります。 水冷式はその名の通り、CPUを水の流動で冷やします。 良く冷え、静音性も高いと言われていますが、最近だと空冷式とあまり変わりません。 ただ、サイズが小さくヒートシンクがいらないので、CPU周りの見栄えがスッキリします。 また、BTOで選択できる水冷式は簡易水冷というメンテナンス不要の使い切りのもので、物にもよりますが、約3年程で中の冷却水が無くなり、交換になる場合が多いです。 静音性に関しては、CPUを冷やす冷却液も、ラジエータを通して結局はファンで冷やすことになります。 自作経験のある筆者に言わせると、空冷式も水冷式も、静音性ではどちらもあまり変わりません。 ケース内部が見えるケースなど、見栄えも気にするなら水冷式。 特にこだわりがない方は価格の安い空冷式で全く問題ないです。 ただし、排熱量の多いハイエンドなグラフィックカードを搭載している方は、CPUとグラフィックカードのダブル水冷式が長時間のゲームプレイでも熱の心配がなくプレイに専念できます。 PCケースの選び方 PCケースの大きさの違い サイズの種類は大きい方からフルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、スリムタワー、コンパクトタワーがあります。 サイズが大きいほど、エアフロー効率が良く、拡張性、メンテナンス性が高いです。 逆にサイズが小さいほどエアフロー効率が悪く、拡張性も低くなりますが、省スペースです。 人気なのはミドルタワーで、次にミニタワーです。 ケースファンはフロント側にもあると、グラフィックカードを直接冷却しやすいです。 あとは振動を吸収するゴム足の種類や、裏面配線できるか、掃除がしやすいかなどをチェックすると良いでしょう。 また、騒音(動作音)がうるさいかどうかも各レビュー記事でチェックすると良いと思います。 デザインも重要です。 PCケースにもファッションと同じで、流行があります。 側面パネルがアクリルやガラスパネルになっていて、PC内部が見えるモデルがPCゲーマーには人気です。 最近では光学ドライブを搭載するスペースのないドライブレスでスッキリした見た目のケースが増えてきています。 価格の安い初心者向けのゲーミングPC ゲーミングPCを購入したことがないという方や、ゲーミングPCについてあまりよく分からないという、初心者の方におすすめのゲーミングPCの紹介です。 大き過ぎず、小さ過ぎないミニタワーケース、価格も比較的安く、サポートもしっかりしているメーカーをおすすめします。 高性能ではないものの、外部グラフィックスを搭載でき、負荷の低いゲームなら快適にプレイが可能。 これからPCゲームに初めて触れるという学生さんにもおすすめのゲーミングPCです。 当サイトおすすめのゲーミングPC 多くのPCを見てきた筆者がおすすめするゲーミングPCです。 ここでは最も人気の高いミドルタワーサイズのゲーミングPCが中心です。 ミドルタワーだと程よい大きさでメンテナンスがしやすく、エアフロー効率の良いケースが多いので、ハイエンドで大きめのグラフィックカードも選択できます。 サイズ ミニタワー CPU Core i9-9900K GPU GeForce RTX 2080 SUPER 価格 26万円台(税抜)~ 持ち運びが可能なミニタワー フロントパネルがかっこいい、レノボのミニタワーハイエンドゲーミングPCです。 天面にはハンドルが付いており、無線LANも内蔵しているので、持ち運びが可能です。 LEDライティングに対応しており、フロントパネルと透過サイドパネル内部が点灯します。 高レートモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーミングモニターとも呼ばれる、120Hz以上の高リフレッシュレートモニターにおすすめのゲーミングPCの紹介です。 120Hz以上の高リフレッシュレート環境でゲームを動作させるには、平均フレームレートが120 fpsを超える必要があります。 そうなるとかなりハイスペックなグラフィックカードが必要になりますし、発熱も高くなります。 そのため、SLI構成や冷却性に優れたフルタワーサイズのゲーミングPCがおすすめです。 負荷の高いゲームや4Kなどの高解像度でのゲームプレイに向いています。 奥行きが短くコンパクトで、工具不要で簡単に内部にアクセスでき、メンテナンス性も高いです。 グラフィックカードの選択肢も多いです。 スリム・コンパクトなゲーミングPC ミニタワーよりもさらに小さいスリム・コンパクトなゲーミングPCです。 設置スペースが狭い方や、配信したり、イベントなどで持ち運ぶ場合にベストです。 小さければ小さいほどカスタマイズ性や拡張性は落ちますが、下記で紹介するゲーミングPCは小さくても性能が高い製品ばかりです。 天面にはハンドルが付いており、無線LAN内蔵で持ち運びが可能です。 価格も手ごろです。 パーツ選びが豊富なカスタムゲーミングPC パーツ選びが豊富なBTOメーカー・ゲーミングPCの紹介です。 コアな方や玄人向け、前もってパーツを吟味したい方向けです。 パーツの選択肢ではサイコムが圧倒的ですが、PCケースも画像付きで選択できるパソコンショップ SEVENもおすすめです。 自作したいけど、自分で組み立てている時間がない方などにも適していると思います。 安心性能&24時間サポート可 マウスのゲーミングPC「G-Tune」は、品質、価格、デザイン、サポートのバランスが取れた製品です。 サポートにも力を入れており、2006年にコールセンター専門会社のウェルコムをグループに入れて、標準で24時間365日の電話対応を実施しています。 さらに、「」という保証が用意されています。 このサービスは、初期不良時に修理ではなく新品と交換してくれたり、加入者専用ダイヤルを用意し電話がつながりやすくしたりするサービスです。 3,000円程度で受けられるサービスなので、是非加入したほうが良いです。 また、センドバック(送付時のみ送料負担)、ピックアップ(送料無料)修理に加え、オンサイト(技術者が自宅に訪問)修理も行っています。 納期は7日前後で普通です。 ミドルタワー ~ Core i9 10900K ~ Ryzen 9 3950X ~ GeForce RTX 2080Ti ~ Radeon RX 5700 XT カスタムの内容による PCケースからマザーボードまで、画像つきで細かく選択できる数少ないBTOメーカー。 当サイトのベンチマーク機として購入したゲーミングPCの構成例およびレビューはこちら。 自作PCのメリット・デメリット BTOで購入する以外でも自作するという方法があります。 メリットは自分でパーツを細かく選定できるという点と、パーツ費用だけで済むので価格を自由に抑えることができるという点です。 デメリットとしては、サポートがないのでトラブルがあった場合は全て自分で解決しないといけません。 そのため自作するにはある程度PCに関しての知識が必要になりますが、最近のPCパーツは説明書が丁寧に日本語で書かれていて分かりやすいのと、トラブルに見舞われも、ネットで検索すれば、大体は解決する時代です。 興味がある方は勇気を出して自作してみるのもいいかも知れません。 逆に知識があっても、社会人で時間が無くて面倒だという理由で、BTO製品を購入する方もたくさんいます。 中古ゲーミングPCの注意点 中古ゲーミングPCの注意点ですが、よく見かけるのが、フリーマーケットサイトなどで出品されている中古PC。 外観は格好良くていかにもゲーミングPCらしい高性能っぽい情報を羅列しているのですが、実は何年も前の古いパーツをかき集めて、OSだけ最新のものをインストールしたPCが多いです。 いわゆる情報弱者を騙すような売り方をしているPCが目立ちます。 また中古ゲーミングPCにはサポートもなく、すぐに故障してしまう可能性も高いので、個人的には中古製品はおすすめしません。 少し価格が張ってでも、サポートもしっかりした評価の高いゲーミングPCを購入するのをおすすめします。 ただし、ドスパラなどで販売されている余ったパーツを利用した「リノベーションPC」は、ビデオカードは新品のものを搭載しており、動作テストも行われているので、安心して購入できます。 中には本当にお買い得な製品もあるので、店頭に直接行ってみるのもいいでしょう。 PCゲームベンチマーク一覧 各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。 やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。 関連ページ.

次の

ゲーミングPCのデスクトップ/ノート 人気ランキング 2020/7/9 ~ 2020/7/15【ドスパラ】

デスクトップ pc 人気

まずはマウスコンピューターについて知ろう! マウスコンピューターの特徴として、多くのユーザーから称賛されているのは、 サポート能力と品質の高さ、コストパフォーマンスの良さです。 「24時間電話サポート」と「安心サポートパック」などのサポートが充実しており、専用ダイヤルが設置されています。 また即日修理、初期不良の新品交換などサポートは相当な手厚さがあります。 製品自体はPCショップでの取り扱いも多く、 店頭でのサポートを受けることが可能な店も多いです。 そういったサポートは他のBTOショップなどでも可能ですが、一般的なPCショップでも持ち込み修理依頼が可能なことが多い点が、他のBTOに無い強みでしょう。 また度重なる検証の末に商品化を決定するため、 耐久力や品質なども高い点も明確な強みと言えます。 BTOショップとして見ると、製品のパーツ選びの自由度も比較的高いといえ、自分好みの何かに特化したPCを依頼することができます。 国内メーカーのデスクトップパソコンは高いが海外メーカーでは品質とサポートが不安だという方に向いているメーカーであるといえます。 マウスコンピューターのデスクトップの特徴 ここでは マウスコンピューターのデスクトップの基本情報について解説していきます。 以下の項目に沿って解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。 価格帯• こんな方におすすめ! 特徴 マウスコンピューターのデスクトップパソコンの主な特徴としては、 最新のパーツを使ったデスクトップパソコンを抑え目な価格で提供していることです。 製品品質を上げるために業界最安ではないことが多くなりましたが、その分、パーツの信頼性と品質は高いです。 また凝ったケースを採用しているケースも多く、 所有感があるケースを使うことが多いです。 デメリットはメーカーの分からないパーツが多い事です。 有名ではないメーカーのパーツや、メーカー名を公表していないパーツが散見されることが唯一のデメリットと言えます。 しかし、パーツの相性問題や耐久性テストなどを実施し、 国内での組み立てを行っているマウスコンピューターですので、過剰にデメリットと考える必要はありません。 価格帯 価格の安いデスクトップパソコンはCPUの性能が低く、ケースは拡張性の低く、小さいパソコンであることが多いです。 逆に10万円以上するデスクトップパソコンの場合、ミドルタワー型、タワー型など大き目なケースを使ったパソコンであることが多いですが、その代わり、 性能や拡張性は高いといえます。 もし初めてデスクトップパソコンをマウスコンピューターで購入する場合、 10万円以上を見積もってパソコンを買えば、次のパソコンを買うまでの期間、満足した性能でデスクトップパソコンを運用できることが多いです。 こんな方におすすめ! マウスコンピューターのデスクトップパソコンは、 初めてパソコンを買う方から、ある程度のパソコンの知識はあるけれども自分でパソコンを組むほどマニアックではない人向けと言えます。 全体的に ビギナーから中級者くらいを射程に収めた製品展開をしていると言えます。 マウスコンピューターのデスクトップの選び方 ここではマウスコンピューターのデスクトップパソコンの選び方を解説していきます。 以下にそって解説していくので、気になる点があればぜひ参考にしてみてください。 パソコンスペック• ブランド 価格 パソコンの価格帯次第で性能は大きく違ってくるため、単純に価格が高いほど性能は高くなっていくという考え方で間違ってはいません。 自分がどのくらいの作業をやりたいのか、何を目的に使うのかを考え、適切な価格帯のパソコンを購入することが大事です。 ただ 今後やりたいことが増えていきそうだと考えているのであれば、価格帯は高めの製品を買っておけば、今後、買いなおしなどの費用が発生することを防ぐことは可能です。 パソコンスペック 現状、windows10でパソコンを使用する場合、 普段使いであればCPUは4コア4スレッドで十分おつりがくる性能であるといえます。 まだソフトが多コアすぎるパソコンをフォローしきれていないため、8コア16スレッド以下のCPUを選べばCPU性能において困ることは無いでしょう。 また メモリーは8GB、グラフィックカードは1. 5万円台など最低限度のラインさえ超えていれば、後はコストパフォーマンス重視で選んでもかまわないでしょう。 ブランド マウスコンピューターのメーカー内ブランドは4種類あり、 一般用途のmouse、ゲーミングパソコンを扱うG-Tune,クリエイターパソコンを扱うDAIV、法人販売向けのmouseProなどがあります。 それぞれ自分が使う用途に適したパソコンブランドを選択することで、自分が使う用途とのミスマッチを防ぐことが可能です。 まずはミスマッチの幅を狭めるために ブランド選定から考えると良いでしょう。 そこから価格、スペックと選択していけば、ほぼ自分の望む通りのパソコンを選択することが可能です。 好みの大きさを探そう! デスクトップには以下の3種類の大きさがあります。 小型 コンパクト・スリム• 中型 ミニタワー・マイクロタワー• 大型 ミドルタワー・フルタワー ここではそれぞれについて特徴を解説していくので、自分にあった大きさを見つけてみてください。 小型 コンパクト・スリム わずかなスペースを有効活用でき、設置面積も小さくできます。 小型は重量も軽く 移動がしやすいケースが多いです。 その反面、使用されているマザーボードも小さいタイプが多く、 後から新しいパーツをとりつけたりする拡張性に乏しかったり、そもそも拡張性がない場合もあり、サイズの為に犠牲にされている部分も多少あります。 また全体としてはケースが小さいため、冷却性能と熱効率が弱く、どうしてもロースペックなCPUを積みがちなため、 CPU性能を高くできないというデメリットもあります。 デスクトップパソコンを数年単位で買い替える人や、机の上に設置し机を広く使いたい人などに向いているといえます。 中型 ミニタワー・マイクロタワー このサイズでは 豊富なカスタマイズ性と排熱能力の向上が認められます。 ある程度放熱しますが、 高いスペックのパーツを載せたり、サイズで犠牲にされがちな大き目のマザーボードやパーツを載せることが可能です。 カスタマイズ性は高く、サイズも手ごろなため、もっとも広く販売されているサイズと言えるかもしれません。 ゲーミングデスクトップパソコンやクリエイター向けデスクトップパソコンもだいたいこのサイズから選択可能になっていきます。 高い拡張性と放熱能力、大きすぎないサイズ、ハイスペックなデスクトップパソコンを望むユーザー向けです。 大型 ミドルタワー・フルタワー 水冷CPUクーラーや大型ファンなど高い冷却性能が魅力のデスクトップパソコンのサイズになります。 画像・動画編集やクリエイティブワークなど高いCPU性能が必要となる作業をするパソコンには必須のサイズとなります。 CPU性能が高くなると、CPU自体が高い熱を持つため、一般的に使われている空冷CPUクーラーよりも、より冷却性能の高い水冷CPUクーラーなどが使用されるようになります。 その際、水冷CPUクーラーが載るサイズが大型サイズのケースとなります。 サイズに余裕があるため、 E-ATXサイズのマザーボードやサーバー用マザーボードを載せることができることも。 そういった際に必要とされるプロフェッショナルの現場で使われることの多いサイズとなります。 サイズは大きいながらも、 クリエイティブワークやよりハイスペックなハイエンドデスクトップパソコンを望む場合に必要とさるユーザー向けのサイズと言えます。 マウスコンピューターのおすすめデスクトップパソコン人気10選! LUV MACHINES iH700S4N-SH2 LUV MACHINES iH700S4N-SH2の仕様・製品情報 サイズ ミニタワー型 重さ 約 6. 2SSD256GB SATA HDD1TB LUV MACHINES iH700S4N-SH2のおすすめポイント3つ• 一般仕様では余裕のあるメモリー容量• 最新のM. 2SSD搭載• 最新の6コアCPU搭載 LUV MACHINES iH700S4N-SH2のレビューと評価 mouseブランド、デスクトップPC 人気ランキング1位のデスクトップパソコンです。 一般仕様とでは余裕のあるメモリー容量16GBと最新のM. 2SSDを搭載し、SATAケーブルの取り回しはHDDのみ。 SSDとHDDの二台搭載で、データの使い分けも容易になっています。 更に最新第9世代インテルCPU,Core i5 8400を搭載しているため、ほとんどの人にはハイスペックなデスクトップパソコンであるといえます。 値段は抑え目になっているため、コストパフォーマンスは非常に高いといえるかもしれません。 92mmファンをケースの前後に搭載可能なので、冷却性能を上げることができる LUV MACHINES AG400BN-M2S2のレビューと評価 mouseブランド、デスクトップPC 人気ランキング2位のデスクトップパソコンです。 AMD第三世代CPU,RYZEN3600プロセッサー 6コア12スレッド を搭載しており、ほとんどのソフトウェアで過剰なスペックを誇っています。 ケース自体も拡張性が高く、電源容量もやや余裕のある500W. 92mmファナンをケースの前後に搭載可能なので、熱くなりがちなケース内の冷却性能を上げることも可能。 拡張性の高いデスクトップパソコンです。 こんな方におすすめ現時点でのコストパフォーマンスが高く、ライトゲームができ、高機能なCPUを搭載した拡張性を犠牲にしていないパソコンが欲しい方におすすめ! LUV MACHINES iG700UN-M2SH2 LUV MACHINES iG700UN-M2SH2の仕様・製品情報 サイズ ミニタワー型 重さ 約 7. 2SSD 256GB NVMe対応 HDD1TBデュアルストレージ LUV MACHINES iG700UN-M2SH2のおすすめポイント3つ• 高性能グラフィックス GeForce GTX 1660• 2SSD 256GB NVMe対応 LUV MACHINES iG700UN-M2SH2のレビューと評価 mouseブランド、デスクトップPC 人気ランキング3位のデスクトップパソコンです。 また高性能グラフィックス GeForce GTX 1660を採用しているため、ほとんどのゲームや画像処理には問題のないミドルエンドの処理能力を持っています。 さらにM. 2SSD 256GB NVMe対応製品を装備。 SATA接続のSSDと比較しても段違いのストレージへの書き込み・読み込み時間短縮が見込めます。 やや重めのゲームに一般仕様ながら対応しており、プロセッサーの能力も高いため、動画編集やゲーミングまで負荷の重い作業を難なくこなす仕様になっています。 価格相応以上のハイスペックデスクトップパソコン• G-Tune販売台数第一位• ハイスペックなだけではない拡張性の高さ MASTERPIECE i1640GA2-SPのレビューと評価 G-Tune販売台数第一位で価格相応以上のハイスペックデスクトップパソコンです。 またマルチタスクにも強く、複数の処理を同時に行うことができます。 もちろん、既存の最新ではないゲームであればほとんどの場合、快適に遊ぶことが可能で。 さらに32GBメモリーに512GBのM. 2SSD NVMe対応 とストレージからメモリーまで高容量なものを搭載しています。 700W電源を使用しているため、電源容量にも余裕があり、これ以上は中々望めないのではないかと考えられる高スペックを実現しています。 こんな方におすすめハイゲーマーからクリエイター用途までハイエンドゲーミングデスクトップパソコンを望む方におすすめ! NEXTGEAR-MICRO im620GA4 NEXTGEAR-MICRO im620GA4の仕様・製品情報 サイズ タワー型 重さ 約 11. G-Tune販売台数第三位• ハンドル付属のケースで持ち運び可能 G-Tune PL-Bのレビューと評価 G-Tune販売台数第三位のゲーミングデスクトップパソコンです。 これからゲームを始めるライトゲーマー向けのパソコンです。 ハンドル付属のケースを採用しているため、持ち運びが可能となっています。 メモリー、CPU、SSDもコスパの良い構成になっています。 そつなくまとまったハイスペックデスクトップパソコン• シリーズ内ハイエンドデスクトップパソコン• 必要十分なハイスペック• 必要十分でコストパフォーマンスの高いハイスペックデスクトップパソコンと言えます。 特にCPU性能は高く、数年前ならスーパーハイエンドのパソコンに載っているようなCPUと言えます。 今から買うならこのパソコンがおすすめです。

次の

【高バリュー】ゲーミングデスクトップPCおすすめ人気商品10選

デスクトップ pc 人気

CPUは グラフィックを除く全ての情報処理と制御を担うパーツで、性能が高いほどゲームが快適になります。 国内のゲーミングPCに搭載されているのは、主にインテル製の「Core i」シリーズです。 Core i シリーズのラインナップには「Core i7」、「Core i5」、「Core i3」などがあり、さらにリリース日による『世代』の違いがあります。 おおむね数字が大きい方が性能が高いとされますが、世代が新しいほど性能がアップするため、スペック詳細を必ず確認するようにしましょう。 ゲーミングPCに適しているのはCore i5やCore i7ですが、ゲームによっては推奨環境をCore i7とするものもあります。 ゲーミングPCの選び方2. メモリは、16GB以上の機種を選ぶ 昨今のPCゲームは長期にわたってアップデートやコンテンツ配信されることが多く、リリース当初に必要な容量よりも余裕を持ったストレージを用意するのがベターです。 最近のメジャーなPCゲームだと、最低限必要な容量は『モンハンワールド』の20GBから、超大作の『FF XV』の100GBまで様々あります。 もしプレイしたいゲームがいくつもあるなら、ゲームの推奨環境を考慮してストレージの容量を吟味すべき。 大容量の500GBのSSDでも今後リリースされるゲームやプレイ本数によっては容量不足が予想されます。 1TBのSSDが理想ですが、予算に余裕がない場合はHDDに移すことも検討しましょう。 ゲーミングPCの選び方5. フルHD以上の画質を選ぶ.

次の