営業事務 派遣。 営業事務(派遣)で働くには|仕事内容や時給相場など実体験交えて解説します。

<営業事務(派遣)>◆◆◆川崎エリアではたらこう◆◆◆ 求人No.55029874

営業事務 派遣

掲載されているお仕事について 掲載されているお仕事は、お仕事一覧から検索条件に合致したものです。 既に他の方へご紹介済みのものも含まれています。 あらかじめご了承ください。 リクルートスタッフィング登録後のお仕事紹介について 弊社にご登録後は、非公開の仕事情報からも条件に合うお仕事をMyPageやメール、お電話にてご紹介いたします。 お仕事の期間について• 1「長期」とは、就業先の業務が3ヶ月以上継続する可能性をさします。 2「期間限定」とは、お仕事の終了予定日が明らかな場合をさします。 3 平成27年改正派遣法により、派遣先の同一の部署における派遣受入可能期間は最大でも3年となります。 営業事務の派遣求人一覧から条件を絞り込んで探す エリアから探す• こだわり条件から探す 勤務条件• 勤務先の特徴• スキル・経験• 時給から探す• 業界から探す• sikugunNm. 紹介予定派遣• 契約社員• 未経験歓迎• 即日OK• 土日休• 平日休• シフト• 日数相談可• 週3以下• 時間相談可• フルタイム• 7時間未満• 6時間未満• 残業なし• 残業20H未満• 残業20H以上• 大手企業• 駅5分以内• 分煙・禁煙• 外資系• 複数名募集• 服装自由• アットホーム• 食堂あり• 研修制度• 車通勤可• ネイティブ英語• ビジネス英語• 日常英語• 基礎英語• 中国語• 韓国語• Excel基礎• Excel実務• Excel上級• Access基礎• Access実務• Access上級• PowerPoint基礎• PowerPoint実務• Word• 写真あり お仕事の期間について• 「長期」とは、就業先の業務が3ヶ月以上継続する可能性をさします。 「期間限定」とは、お仕事の終了予定日が明らかな場合をさします。 平成27年改正派遣法により、派遣先の同一の部署における派遣受入可能期間は最大でも3年となります。 深夜支給、休日出勤支給、法定休日支給は月収例には含んでいません。

次の

派遣の仕事シリーズ:一般事務と営業事務 [派遣で働く] All About

営業事務 派遣

営業事務のお仕事に興味のあるみなさま、営業事務と一般事務の違いについてご存知でしょうか? この記事では営業事務とは何か解説します。 仕事内容はもちろん、一般事務との違いから平均給与、営業事務のお仕事をとおして身につくスキルについても徹底解説します。 この記事を読めば営業事務の仕事内容だけでなく一般事務との違いなども理解することができます。 営業事務とは? 営業事務とは、営業部門において営業担当者のサポートや部署全体の事務業務を行う職種のことです。 資料や書類の作成、データ入力、商品等の在庫・納期の管理、そして電話やメールの対応などを行います。 主に社外に出て活動することが多い営業担当者は、顧客からの問い合わせに即座に対応することが難しかったり、抱える業務量が膨大になってしまったりすることが多々あります。 そこで、営業事務が顧客対応や事務処理を行えば、営業担当者は円滑に営業活動ができるので、顧客からの信頼も得られるようになります。 営業事務は企業の業績を支え、売り上げを伸ばすために不可欠な存在といえます。 最近では営業事務のお仕事は、フルタイムのお仕事だけでなく、時短や日数限定のものも増えてきています。 業務が繁忙になる曜日や時間帯に合わせて出勤する働き方です。 育児や介護などプライベートとお仕事を両立させながら働けるので、自分に合ったお仕事を探してみると良いでしょう。 営業事務の1日 営業事務のお仕事は、朝出社したら、まずメールや連絡事項、営業担当者の予定、その日の業務内容などを確認することから始まります。 そして、見積書や請求書を作成したり、書類や商品・カタログの管理、商品の注文に対応したりと、円滑に営業担当者のお仕事が進むようサポートを行います。 また、営業担当者の指示によっては、資料作成や商品・サービス等についての説明・プレゼンテーション、問い合わせや来客の応対、クレーム処理といった顧客対応をすることもあります。 営業担当者の多くは夕方に外出から戻ってくるため、そこからその日の情報共有や打ち合わせをすると退勤間際が忙しくなったり、急ぎのお仕事を頼まれると残業になったりすることもあります。 求められる能力 営業事務のお仕事を行う上で求められる能力は、コミュニケーション能力と効率よくお仕事をこなす能力です。 営業事務のお仕事は営業担当者とのチームワークを大切にしながら、迅速な業務処理や顧客対応をしなければなりません。 そのためには求められたお仕事、作業を短時間で正確に行えるスキルが必要です。 さまざまな業務を行うにあたって、優先順位をつけて取り組むことができるスケジュール管理能力も求められます。 また、取り扱っている商品やサービスについて説明や問合せに答えることもあるので、社内外の人と円滑にコミュニケーションが取れたり、素早く正しく意思疎通できたりすることも重要です。 縁の下の力持ちとして人を支えることが好きな人、チームワークや仲間を大切にできる人、几帳面で物事を計画的に進めることができる人には、営業事務のお仕事は向いているといえます。 資格としては簿記、秘書検定、 MOS資格を持っているとスムーズに業務を進めることができるでしょう。 Word・Excelのスキルを証明する資格であるをご覧ください。 営業事務の平均時給は、データ入力、 OA事務、金融事務よりはやや高く、貿易・国際事務、英文事務よりはやや低いことがわかります。 営業事務と一般事務の違いは? 営業事務は主に企業の営業部門で業務を行うのに対し、一般事務はどの部門、部署でも発生する可能性がある業務になります。 営業事務は営業担当者のサポート、企業の営業活動に関わる商品・サービスの受発注や見積書・請求書発行、データ入力などが主な業務内容になります。 営業担当者に代わって顧客からの問い合わせに対応することもあるため、社内だけでなく社外の人と直接やりとりをする機会も多くあります。 一般事務の業務内容は企業によっても異なりますが、基本的には部門や部署にかかわらず発生する業務で、ファイリング、郵送物の仕分け、電話やメールの対応、資料作成、庶務や経費精算、伝票処理などのさまざまな事務作業を担当します。 営業事務のお仕事で身につくスキルは? 営業事務のお仕事で身につくスキルは以下の通りです。 資料作成能力 資料作成を行う機会の多い営業事務では、 Word、 Excel、 PowerPointなどの使い方や、 PCでの資料作成が上達します。 それに伴ってタイピングも早くなるでしょう。 売上数値の管理など毎週、毎月集計業務が発生したり、営業会議に必要な表の作成を求められたりすることで Excelのスキルが、顧客提出用の資料の作成や修正を頼まれることで PowerPointのスキルが上がることが期待できます。 営業担当者からの指示に従って資料を作る場合が多いため、他者の意見を汲んだうえでそれを具現化する能力も向上します。 スケジュール管理能力 時と場合に応じて業務の優先順位を決めて、迅速かつ的確に処理することが求められる営業事務では、スケジュール管理能力やその場に適した臨機応変な対応をする能力が向上します。 また、自分だけではなく営業担当者のスケジュールも把握した上で業務を進めることが必要となるので、計画力や現状把握能力も身につくでしょう。 コミュニケーション能力 営業部門では日々電話やメールで様々な連絡が来ます。 顧客からの問合せや連絡に、営業に代わって対応することはもちろんのこと、社内でも様々な部門や部署とのやりとりが発生します。 そのため電話でも対面でもコミュニケーション能力が上がっていき、自分自身のみならず営業担当者の業務が円滑に進むための必要不可欠のスキルとなるでしょう。 営業事務になるためには? 営業事務とひとことで言っても、企業によって業務内容は異なります。 例えば受発注がメインであれば事務未経験でも応募できる案件もあるので事務職に転向するきっかけにすると良いでしょう。 また営業事務でも売上データの集計や分析、会議資料の作成が多いお仕事であれば Excelのスキルを活かしたり、伸ばしたりできます。 資料作成、電話や来客応対、営業担当者の経費精算、部署全体のサポートであれば一般事務やアドミ業務経験者でも活躍できます。 自身のスキルや経験と業務内容の詳細を照らし合わせて自分に合ったお仕事を探してみましょう。 派遣社員として働くことで自分に合った条件を選べるだけでなく、経験を積んだのちにさらなるステップアップを目指す職場を探すこともできます。 JOBNETでは、様々な業務内容の営業事務の求人を数多く紹介しています。 興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

経理や事務系資格おすすめ6選 経理や一般事務で有利な資格などを厳選ランキング

営業事務 派遣

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 営業事務の派遣で働く人の時給、月給は? 未経験での就業希望も多い営業事務。 収入の平均はどのくらいでしょう。 社内外からの急な依頼にもいやな顔をせずに引き受けられることなども高評価につながります。 PCスキルや資格取得だけを重視するのではなく、 ヒューマンスキルが高いということが重要なポイントです。 派遣先の企業によって業務の範囲も様々です。 会社や部門の規模が大きければ同じ立場の人が2人以上いることもありますので、業務量の多さを負担に感じていた人は派遣会社にそのような条件を伝えてみましょう。 派遣会社によって得意な業界や業種が違うため複数の派遣会社に登録することが大切です。 2、3社登録すれば希望のお仕事が見つかりやすくなります。 同じ業界への転職は商品や業界知識があるため有利になることもあります。 派遣登録の際に業界経験をアピールすることを忘れないようにしましょう。 営業事務の派遣として働くメリット・デメリット 営業のサポート役として売上に直接関わることができるのは営業事務ならでは。 一丸となって目標を達成した時の達成感は経験した人にしかわかりません。 事務の分野では派遣の求人数が増えています。 希望する会社で営業事務の正社員の求人はなくても、派遣の求人ならあるということも多いのです。 派遣の求人では業界も広く数も多いため、希望する条件にも合ったお仕事を見つけやすいという大きなメリットがあります。 また営業事務の派遣は未経験からチャレンジしやすいです。 経験すれば社会人として総合的にスキルアップが望めますので、幅広いお仕事へ繋げる可能性があります。 アルバイトと違って、仕事上の悩みを派遣会社の担当者に相談することができるのも強みです。 専門的な職種である貿易事務へのステップアップを目指す足がかりとすることもできます。 貿易事務は経験や専門知識が重視されますが、未経験者が挑戦するには営業事務の経験が求められることが多いです。 これは業務上必要な対応力や対外的なビジネスマナーが営業事務で培われる、と考えられているためです。 同じく伝票処理や売上管理、請求処理などの経験を通して経理への転職も視野に入れることができます。 営業事務の派遣のデメリットとしては残業の多さが挙げられるかもしれません。 外出している営業がお客様から預かってきた契約書などの処理など、営業が帰社してからの仕事も実は多いのです。 特に月末や期末などの締日近くは契約や受発注などが通常よりも増えることがあります。 先ほども書きましたが、営業事務のお仕事は真摯に行えば事務処理能力・コミュニケーションスキル・対応力など 様々な面でのスキルアップが望め、違う職種にもステップアップが可能です。 具体的にどうすればよいかわからないという人は派遣会社のキャリアカウンセリングなども利用してみましょう。 営業事務にはどんなスキル・経験が必要? 必須スキル 営業事務は PCスキルは必須です。 見積書や請求書など外部へ提出する資料の作成をすることも多いため、ExcelやWordの最低限のスキルは必要でしょう。 専用端末に入力することもあります。 入力ミスが誤発注や見積金額ミスなど大きな問題に発展することもありますので、併せてスピードや正確性も求められます。 お客様や営業、他部署とのやり取りが多く発生するお仕事ですので、 ビジネスマナーやコミュニケーションスキルも不可欠です。 これらはPC関連スキルよりも重視されると言えるかもしれません。 あると有利なスキル 派遣として就業する業界にもよりますが、 受発注の経験や経理系の業務の経験は有利になることがあります。 営業職を経験した人も流れがわかっているという点で有利です。 営業のプレゼン資料作成によく使われるPowerPointや、データ管理にAccessを使用する派遣先もありますので、これらのスキルもアピールポイントになるでしょう。 主に外資系などの派遣先では英語での対応が必要とされることがあります。 条件に見合った英語力を持っていれば時給2000円を超えるお仕事もあります。 営業さんのアシスタントとして見積もりや請求書の作成から顧客との電話応対もします。 毎日忙しいですが、売上げが伸びたり成果がわかるのでやり甲斐があります。 前はデータ入力の仕事をしていましたが、1日中誰とも話さないなんて事もあって。 アデコの担当者さんが「ワードやエクセルも使えるし、外交的だから営業事務が向いているかも」とキャリアチェンジを勧めてくれました。 自分では全く考えていなかった職種ですが、指摘されると良さそうかなと。 思い切ってアドバイスを受け入れて良かったなと思います。 指示されたお仕事だけでなく必要とされることを察してできる人は評価が高いです。 営業事務のお仕事は変化に富んでおり、それに対応できる臨機応変さが求められます。 相手の立場に立つことができる人は、チームワークを大切にうまくお仕事を進めることができます。 営業が安心して営業活動ができるようサポートするのがお仕事ですので、誰かの役に立つことが好きな人も向いています。 逆に、限られた範囲の業務を黙々とこなしたいという人には営業事務はあまり向いていないといえますね。 営業事務のお仕事を始めるとき、どのような点に気をつければいいですか? 営業やお客様とコミュニケーションをしっかり取り、求められていることは何かをしっかり読み取ることを心がけましょう。 営業が外出中にお客様の対応をする場面も多いです。 お客様に失礼のない対応をするために、ビジネスマナーは再度確認したほうが良いです。 PCスキルも含め自信のない人は派遣会社の講座等を利用して身に付けておきましょう。 慣れてくると担当営業が不在でもお客様への対応を一人で完結することができるようになります。 不在でも対応を任せられる、という安心感を持ってもらえることを目標にしましょう。 営業事務はどんな仕事内容ですか? 営業事務は 主に営業部門に所属し、営業活動を円滑に行えるようサポートするお仕事です。 受発注業務や納期管理、在庫管理、入金処理、顧客情報の管理、お客様にお渡しする見積書や請求書の作成など、営業活動に付随する様々な手配や事務を行います。 電話やメールでの問い合わせの返答など、社内にいながらお客様の対応をすることも多いので社内営業と言われることもあります。 部署内の経費精算や庶務的な業務も大切なお仕事です。 社内外からの急な依頼やトラブル、クレームなど機転をきかせたスピードのある対応が求められることも多いです。 常に部署内の状況を把握し、必要とされていることを察して優先順位をつけて動くことがポイントです。 日常的に営業やお客様とのやり取りが多いので、コミュニケーションを取ることが好きな人には向いているお仕事といえます。 また日々対応力が求められるので、変化がある忙しいお仕事を希望する人もやりがいを感じる場面が多いでしょう。 営業事務は目立つ仕事ではありませんが部署内で重要な役割を果たしており、社内外の人から感謝されることも多いです。 大変と感じる人もいるかもしれませんが、人間的にも成長し、事務処理能力や対応力など様々な面でスキルアップできるお仕事でもあります。

次の