サツマイモ。 サツマイモの栽培方法!失敗しない育て方と収穫時期のすすめ [家庭菜園] All About

サツマイモの蔓苗が枯れました。

サツマイモ

サツマイモのコンパニオンプランツ「赤シソ」 つるぼけを抑えてイモが大きくなる効果 サツマイモと赤シソの組み合わせは、相性が良いと言われていますね。 農学博士の木嶋利男先生によりますと、サツマイモは葉や茎(つる)に、アゾスピリラムという共生菌がすみつき窒素固定を行うため、肥料分が少ない土でも良く育つのだそうです。 肥料分の多い土でサツマイモを育てますと、つるばかりが茂ってしまう「つるぼけ」が起こり、イモが大きくならなくなったり、美味しさに欠ける水っぽいものになってしまいます。 そこで肥料分をよく吸う性質のある赤シソを混植しますと、土の中の肥料分が適度に奪われて、サツマイモはつるぼけを起こさずに、葉や茎で作られた養分がイモに行きわたって大きくなります。 つるぼけを起こさないサツマイモは、 光合成でつくられた糖分が転流し、イモに集まりやすくなりますので、甘くなります。 害虫よけの効果 赤シソは、害虫を寄せ付けない効果もあります。 サツマイモを栽培されたことがある方は、コガネムシ(アカビロードコガネ)が葉っぱのまわりをブンブン飛んでいるのを見かけたことはないでしょうか。 アカビロードコガネの幼虫はサツマイモに付く害虫で、土の中のサツマイモを食害することがあります。 赤シソをサツマイモのそばに植えておきますと、アカビロードコガネは、赤い葉っぱを嫌うので寄り付ず産卵しなくなります。 したがいまして、サツマイモが幼虫に食害される被害を抑えることが出来ます。 栽培のポイント 品種選び サツマイモの品種は、何でもOKです。 害虫は赤い色を嫌い寄り付かなくなりますので「赤シソ」を使います。 土づくり サツマイモの苗の植え付け2週間前に、 高めのウネを立てましょう。 挿し穂・植え付け サツマイモ 地域により前後しますが、サツマイモの苗は4月下旬~5月下旬、遅くとも7月の上旬までに植え付けましょう。 縦に挿しますと丸くて甘い大きなイモが、横に寝かせて挿しますと、細長いイモがたくさんできます。 水平植え 赤シソ 赤シソは、サツマイモの株間(約45センチの間)に植え付けます。 もしくは、通路などのツルが伸びるスペースを利用して育ててもOKです。 市販の苗でも良いですし、植え付けの1か月ほど前に種をポリポットなどにまいて、育苗しておいても良いですね。 追肥 追肥は行いません。 つる返し つるの途中の節が地面と接して根っこを出すことがあります。 すると つるの先端でつくられた糖分が株元に流れず、イモが大きくならなくなりますので、ときどき「つる返し」を行いましょう。 収穫 サツマイモ 苗を植え付けてから約110~120日前後で収穫です。 初霜が降りる前に掘り起こしましょう。 収穫の2~3週間前に最後のつる返しをおこない、また収穫の1週間前につるを刈り取って養分をイモに転流させますと、美味しいイモがとれます。 収穫が遅れますとイモは大きくなりますが、色や形、味が落ちてしまいます。 赤シソ 赤シソは葉っぱが大きくなってきましたら、随時収穫します。 伸びたわき芽を摘心しますと、こんもりと育ちます。 サツマイモのコンパニオンプランツ「つるなし品種のマメ科野菜」 木嶋先生によりますと、サツマイモの産地でもある徳島県や香川県などでは、河川敷や海岸近くの肥料分が流れやすい砂地を利用して栽培しているのだそうです。 サツマイモは肥料分が少ないやせた土で栽培するほうが、甘みが凝縮して、良質な美味しいイモが収穫できます。 サツマイモのコンパニオンプランツは「マメ科」 サツマイモのツルが占める広いスペースを利用して、マメ科の野菜をコンパニオンプランツにしますと「良いこと」があります。 マメ科の野菜は根っこに根粒菌が共生し、空気中の窒素を同化できるため、やせた土地でもすくすく良く育ちます。 サツマイモも、葉や茎の共生菌による窒素固定で やせた土でもよく育ちます。 コンパイオンプランツに適しているマメ科作物 サツマイモと相性が良いマメ科作物は、つるなしササゲ、つるなしインゲン、エダマメなどです。

次の

サツマイモの栽培方法・育て方のコツ

サツマイモ

徳島市民はサツマイモが大好き? 都道府県庁所在地と政令市計52市を対象にした総務省家計調査 2017~19年 の品目別支出額ランキングで、「サツマイモ」の全国1位が徳島市だった。 同市はスポーツドリンクと乳飲料で2位に入るなど、飲料関係の上位が目立った。 支出額は1世帯 2人以上 当たりの年平均。 徳島市のサツマイモの支出額は1911円と、全国平均の2倍近くになり、2位の京都市を500円近く上回った。 なると金時の産地があり、なじみが深いことが背景にあるとみられる。 ちくわは2位。 特産品の竹ちくわがあるためか、支出額は全国平均の約1・7倍となる2873円だった。 飲料関係では、スポーツドリンクと乳飲料のほか、コーヒー飲料 4位 、コーヒー・ココア 5位 、果実・野菜ジュース 7位 も上位に入った。 牛肉が9位に入る一方、鶏肉は31位、豚肉は45位にとどまり、「牛肉好き」の傾向もうかがえた。 半面、下位1位の52位には、ハムやソーセージなどの「加工肉」、ゴボウ、上下水道料があった。 下位2位の51位にはピーマン、昆布、食塩、ゼリー、タクシー代などが並ぶ。 消費者問題に詳しい四国大短期大学部の加渡いづみ教授は「身近な県産品などに支出する状況が見て取れる。 乳飲料関係の支出が多いのは、家計調査などで菓子パンや総菜パンなどを好む傾向も見られるため、その組み合わせで飲んでいるためではないか」と指摘している。

次の

サツマイモの「つる返し」は、芋を太らせるための大事な作業

サツマイモ

MEMO苗を寝かせる方向は畝と平行にします。 根は挿した方向に長く伸びるため、畝と直角に植えると通路や隣の畝までイモが広がり、収穫が大変になります。 土が乾燥しているときは、植え付け後にたっぷりと水をやります。 この後は、収穫まで追肥や芽かきなどの作業も必要ありません。 植え付け方 サツマイモの主な植え方には、「斜め植え」と「垂直植え」があります。 苗を斜めにさす「斜め植え」が一般的ですが、それぞれ次のような特徴があります。 斜め植え・・・根は横に長く伸びるため、細長い芋になる。 個数は多め。 垂直植え・・・根は縦に短く伸びるため、丸く短い芋になる。 個数は少なめ。 また、栄養分の転流がスムーズになり甘みが凝縮する。 トラブル・生育不良 サツマイモ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。 つるばかり茂ってイモが小さい 肥料分、特に窒素過多による「つるぼけ」が原因です。 施肥量を控えることが肝心ですが、症状が出てしまった場合は「」を何度か行うようにしましょう。 各節から伸びた根を引き剥がすことで、養分の吸収を抑えることができます。 発生しやすい病害虫 サツマイモに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 立枯病(たちがれびょう) 葉が黄色になってしおれ、つるは伸びず生育不良に、症状が激しいと枯れてしまいます。 茎や塊根に黒い病斑ができます。 貯蔵中に被害が大きくなります。 予防とてしては、無病の苗を用いることが大切です。 葉に紫色の斑紋が現れます。 芋は表面が帯状にひび割れ、でこぼこになり、色あせます。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 かいよう病 芋に暗褐色でくぼんだ病斑が発生します。 害虫 サツマイモネコブセンチュウ 根に寄生し、根を腐らせたり葉を枯らせる土壌病害虫。 被害に遭うと、芋のひげ根の基部に黒色の斑点やくぼみができます。 地中にいる幼虫が芋を食害します。

次の