函館 コロナ。 函館の仲間たちを応援したい!いただきますの未来をちょっと前倒し

五稜郭病院、新型コロナ対策で紫外線照射システムなどを導入【函館】

函館 コロナ

函館市の工藤寿樹市長は23日の臨時記者会見で、新型コロナウイルスの経済対策として、休業要請などに応じた事業者に道が支給する支援金に、1事業者当たり受給額が一律計30万円となるよう市独自で上乗せすると正式に発表した。 小規模ホテルなどにも30万円を支給し、経済対策は総額268億7550万円となる。 支給対象は道が休業要請するスナックや学習塾など約800業者に加え、要請対象外の飲食店や宴会場を持たない小規模ホテルなど約1100業者の計約1900業者に上る。 市は、テーブル間の距離を離すなどの対策を行い、酒類を提供しない飲食店に30万円を給付。 午後7時以降の酒類提供を自粛した飲食店に20万円、道の休業対象業者の個人に10万円を上乗せする。 支給総額は5億7千万円で、市負担はこのうち3億1千万円。 申請窓口は道と一本化を目指し、問い合わせ専用電話を27日に設ける。 工藤市長は記者会見で、「市民も事業者も困ったらまず市役所に相談してほしい」と呼びかけた。 経済対策を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を5月7日開会の臨時市議会に提案する。 全国民向けの一律10万円の「特別定額給付金」として255億4890万円を見込んだ。 同額が国から交付される。 このほか、感染拡大の影響で失職した市民らを期限付き市職員で最大100人採用する事業に1億5540万円を充てる。 卸売業者ら支援の各市場使用料減免に4450万円、湯の川地区のホテルや旅館が支払う温泉供給料金減免に2050万円を出す。 国が企業に支給する雇用調整助成金に関して、利用申請手続きを代行する社会保険労務士に支払う費用の企業への補助4千万円も盛り込んだ。 また、医療態勢強化として、医療機関や福祉施設で使うマスク70万枚の購入に2510万円、PCR検査機1台の購入などに730万円、市立函館病院の人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を1台購入する費用などとして890万円。 市は今後、感染拡大の終息状況を見極めて、飲食店で使えるプレミアム付商品券発行や観光クーポン券配布など経済活性化策を策定する計画も明らかにした。 (五十嵐知彦、伊藤友佳子).

次の

新型コロナウイルス函館道南での情報源と感染対策まとめ | 週刊いーハコ・函館一週間 by e

函館 コロナ

(新型コロナウイルス感染症対策チーム) ・ 道内の発生状況一覧 報道発表資料 令和2年6月13日発表分 令和2年6月12日発表分 令和2年6月11日発表分 令和2年6月10日発表分 令和2年6月9日発表分 令和2年6月8日発表分 令和2年6月7日発表分 令和2年6月6日発表分 令和2年6月5日発表分 令和2年6月4日発表分 令和2年6月3日発表分 令和2年6月2日発表分 令和2年6月1日発表分 令和2年5月31日発表分 令和2年5月30日発表分 令和2年5月29日発表分 令和2年5月28日発表分 令和2年5月27日発表分 令和2年5月26日発表分 令和2年5月25日発表分 令和2年5月24日発表分 令和2年5月23日発表分 令和2年5月22日発表分 令和2年5月21日発表分 令和2年5月20日発表分 令和2年5月19日発表分 令和2年5月18日発表分 令和2年5月17日発表分 令和2年5月16日発表分 令和2年5月15日発表分 令和2年5月14日発表分 令和2年5月13日発表分 令和2年5月12日発表分 令和2年5月11日発表分 令和2年5月10日発表分 令和2年5月9日発表分 令和2年5月8日発表分 令和2年5月7日発表分 令和2年5月6日発表分 令和2年5月5日発表分 令和2年5月4日発表分 令和2年5月3日発表分 令和2年5月2日発表分 令和2年5月1日発表分 令和2年4月30日発表分 令和2年4月29日発表分 令和2年4月28日発表分 令和2年4月27日発表分 令和2年4月26日発表分 令和2年4月25日発表分 令和2年4月24日発表分 令和2年4月23日発表分 令和2年4月22日発表分 令和2年4月21日発表分 令和2年4月20日発表分 令和2年4月19日発表分 令和2年4月18日発表分 令和2年4月17日発表分 令和2年4月16日発表分 令和2年4月15日発表分 令和2年4月14日発表分 令和2年4月13日発表分 令和2年4月12日発表分 令和2年4月11日発表分 令和2年4月10日発表分 令和2年4月9日発表分 令和2年4月8日発表分 令和2年4月7日発表分 令和2年4月6日発表分 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年4月5日発表分 令和2年4月4日発表分 令和2年4月3日発表分 令和2年4月2日発表分 令和2年4月1日発表分 令和2年3月31日発表分 15時45分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月30日発表分 令和2年3月29日発表分 令和2年3月28日発表分 令和2年3月27日発表分 令和2年3月26日発表分 令和2年3月25日発表分 令和2年3月24日発表分 令和2年3月23日発表分 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月22日発表分 令和2年3月21日発表分 令和2年3月20日発表分 令和2年3月19日発表分 令和2年3月18日発表分 令和2年3月17日発表分 15時20分現在、道で行った検査において新たな陽性患者は確認されておりません。 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (1)年代:10代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:上川総合振興局(中富良野町) (5)職業:小学生(中富良野小学校) (6)症状、経過: 2月18日 発熱(37. 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 年代:40代 (2)性別:女性 (3)国籍:日本 (4)居住地:石狩振興局管内(千歳市) (5)職業:検疫官(小樽検疫所千歳空港検疫所支所) (6)症状、経過: 2月16日 微熱(37. (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 (1)年代:40代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月15日 悪寒、発汗、倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現。 2月18日 発熱、筋肉痛、咳、痰が出現 2月19日 札幌市内の医療機関Cを受診。 すぐに帰宅し自宅待機を指示 医療機関Cからの連絡により保健所が患者情報を探知 札幌市保健所の指示で、市立札幌病院を受診させ、検体を採取。 引き続き、自宅待機を指示。 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、 23時ごろに陽性と判明。 2月20日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 3の男性(2月18日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事。 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は現在調査中(2月20日現在)。 和2年2月19日発表分 (2月20日更新) (1)年代:60代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:渡島総合振興局管内(七飯町) (5)職業:七飯町議会議員 (6)症状、経過: 2月 3日 微熱、咽頭痛。 2月 7日 渡島総合振興局管内の医療機関Aを受診。 2月13日 医療機関Aを再診。 2月14日 同管内の感染症指定医療機関を紹介受診。 2月18日 同管内の感染症指定医療機関に入院。 2月19日 道立衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 濃厚接触者48名について保健所が健康観察を行う。 【発症後の行動】 2月10日 七飯町議会の特別委員会に出席 2月17日 函館湾流域下水道事務組合議会に出席 引き続き調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内(単身赴任者) (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月 8日 倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現 2月12日 発熱、咳が出現 2月13日 札幌市内の医療機関A、調剤薬局Bを利用、感冒薬の服薬を開始 2月15日 医療機関Aを受診、インフルエンザ検査陰性、胸部レントゲンで異常なし、調剤薬局Bを利用 2月17日 医療機関Aを受診、胸部CT上で両側肺炎像を認めた 同日夕刻に医療機関Aから保健所に相談、医療機関Aにおいて検体を採取し、自宅待機の指示 2月18日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明 2月19日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 5の男性(2月19日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事(2月20日現在)。 海外渡航歴なし。 行動歴及び濃厚接触者は現在調査中(2月19日現在)。 和2年2月14日発表分 (1)年代:50代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:自営業 (6)症状、経過: 1月31日 発熱、咳、倦怠感が出現。 2月 3日 石狩振興局管内の医療機関Aを受診。 2月 4日 医療機関Aを再受診し、レントゲン上で肺炎像を認めた。 同管内の医療機関Bを紹介受診し、抗菌薬治療を開始。 2月11日 症状改善しないため、同管内の医療機関Cに入院。 胸部CT上で両側に肺炎像を認めた。 2月12日 呼吸状態改善せず、ICUにおいて人工呼吸器管理となる。 2月14日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 2月15日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院。 2月17日現在 人工呼吸器管理継続中。 (7)行動歴・滞在歴: 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は、現時点で家族、同僚等43名を特定し、健康観察実施中。 令和2年1月28日発表分 (1)年代:40代 (2)性別: 女性 (3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市) (4)症状、経過: 1月21日に来日し、22日より北海道を観光。 1月26日 体調不良のため外出せず。 夜間に咳、発熱あり。 1月27日 道内の医療機関を受診、入院。 胸部レントゲン検査にて肺炎像。 1月28日 熱は残っているが、容態は安定している。 (5)行動歴・滞在歴: 1月21日、2名で来日し東京都内の知人宅に宿泊。 1月22日、3名で東京から北海道に移動して観光。 1月26日は体調不良のため外出せず。 ・なお、日本に来てからはマスク着用。 ・武漢市の華南海鮮城(海鮮市場)の訪問は無い。

次の

五稜郭病院、新型コロナ対策で紫外線照射システムなどを導入【函館】

函館 コロナ

函館市医師会(本間哲会長)は22日、感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症の対策本部を設置した。 感染の有無を調べるPCR検査を行う施設の設置を目指すほか、感染者の受け入れ態勢整備に取り組む。 同市内でクラスター(感染者集団)が発生していないうちに、医療態勢を整える狙いだ。 道によると、医師会が独自に新型コロナウイルスの対策本部を設けるのは道内で初めて。 同本部は本間医師会長、市立函館病院の氏家良人病院局長、市立函館保健所の山田隆良所長、市保健福祉部の大泉潤部長らでつくる。 同本部の構想では、「函館市医師会健診検査センター」(函館市田家町)敷地内にテントを設け、平日に1日当たり10~20人の検査を受け付ける。 医師会所属の開業医や勤務医が業務を担当する。 検査は同市内の開業医の紹介を必要とする方向だ。 函館市内のPCR検査は現在、同市衛生試験所が主に担っているが、市内で感染者が急増した場合に備え、検査の受け皿を増やしておく狙いもある。 現在、月内の開設に向けて市などと調整している。 また、新型コロナウイルス感染者を重症、中等症、軽症に区分し、指定した医療機関やホテルに振り分ける態勢づくりにも着手する。 感染者の増加で病床が不足した際、道が療養先のホテルを確保するのに合わせて、同本部がホテルで診療する医師や看護師を手当てする。 医師会の本間会長は「函館でも感染拡大の恐れはある。 医療崩壊が起こる前にできうる準備を整える必要がある」と話している。 (池野上遥).

次の