尽力いただいた。 「お力添え」の意味、ビジネスでの使い方、類語「ご尽力」との違い、英語

ご尽力とは?意味や、目上の人に使うときの例や使用方法を紹介!

尽力いただいた

「ご尽力」の意味と使い方 じん りょく [1] [0] 【尽力】 ( 名 ) スル ある事をなすために,力をつくすこと。 努力すること。 ほねおり。 「再建に-する」 「尽力 じんりょく 」とは、字の通り力を尽くすこと・精一杯努力することという意味であり、それに対して尊敬の意味を持たせた言葉が「ご尽力」です。 相手の方の砕身の努力、力を尽くしてくださったことに対するお礼やお詫びの気持ちを込めて使います。 使い方によってはやや大げさな印象になりがちなので、相手と状況をよく考えて使用するように心がけましょう。 また、自身の努力を表す場合には「ご尽力」は尊敬語ですのでふさわしくありません。 その場合は「尽力」を使うよう留意してください。 それでは具体的な例文を見ていきましょう。 「ご尽力」を使った例文(お礼とお詫び) ・お礼をする場合 「〇〇様のご尽力に心より感謝申し上げます」 「この度はご尽力いただきまして誠にありがとうございました」 「皆様の厚いご尽力のおかげで今日という日を迎えられたことを心より感謝申し上げます」 ・お詫びをする場合 「〇〇様のひとかたならぬご尽力にもかかわらず私の力不足により不本意な結果となりましたことを深く陳謝申し上げます」 「並々ならぬご尽力をいただきながら力及ばずこのような結果となりましたことを、心よりお詫び申し上げます」 結果の善し悪しに関わらず、相手の方の努力や苦労を慮った上で感謝していることを伝えられる言葉です。 お詫びの際には自身の力が至らなかったことを伝え、相手の方が負担に感じないように心を配った表現を心がけましょう。 「尽力」を使った例文(自分に対して使う場合) 先にも述べましたが、自分に対して使用する場合には尊敬語である「ご尽力」はふさわしくありません。 「尽力」を使用するように注意しましょう。 「誠心誠意尽力いたします」 「今後とも社員一同いっそう尽力してまいります」 また「微力ながら」「及ばずながら」などのクッション言葉を使用するとより謙虚な印象になります。 「僅かな力ではありますが」「足しにはならないですが」という意味であり、自分の力を謙遜した表現です。 「微力ならぱ必要ない!」という考えの方も中にはいらっしゃるので、相手や状況を熟慮して使いましょう。 「及ばずながら尽力させていただく所存でございます」 「微力ではございますが尽力いたします」 重ねて申し上げますが、この場合は「尽力」とするように注意しましょう。 「誠心誠意尽力いたします」 「微力ながら尽力させていただく所存です」 「今後とも社員一同尽力してまいります」 「お力添え」の意味と使い方 ちからぞえ -ぞへ [0] 【力添え】 ( 名 ) スル 助けること。 「及ばずながらお-しましょう」 「お-を願いたい」 一方で「お力添え」とは、手助けすること・援助をするという意味合いがあります。 「ご協力」のより丁寧な表現です。 また、「ご尽力」とは異なり努力をするというニュアンスはありません。 従って相手の方に何かしらの協力をお願いしたい場合には「ご尽力」ではなく「お力添え」と表現するのが望ましいでしょう。 自分のために力を尽くして努力してほしいというのはややおこがましい印象を与えかねないためです。 もちろん支援や後押しをしていただいたお礼や、残念ながら結果が伴わなかった場合のお詫びをする際にも使用できます。 それでは具体的にどのように使えばよいのか、例文を見ていきましょう。 「お力添え」の例文(お願いする場合) 自身のために協力をお願いする場合は、相手の方の事情を配慮した表現を心がけましょう。 「大変申し訳ありませんが」「お忙しい中恐縮ではございますが」などのクッション言葉を使うと、相手の方の心象もぐっと良くなります。 「どうかお力添えをお願いできませんでしょうか」 「お忙しい中大変恐縮ではございますが、お力添えのほど何卒お願いいたします」 「お願いするのはしのびないのですが、お力添えいただけませんでしょうか」 「お力添え」の例文 お礼とお詫び ・お礼をする場合 「これも〇〇様のお力添えのおかげと心より感謝申し上げます」 「この度は皆様にお力添えいただきましたことを心より感謝申し上げます」 「これもひとえに皆様からの多大なるお力添えのおかげです」 自分の努力だけではなく相手の方からの支援や手助けがあってこそ成果を得られたという感謝の気持ちを表すことができます。 ・お詫びをする場合 「お力添えをいただいたにもかかわらずこのような結果となってしまい誠に申し訳ございません」 「〇〇様の多大なお力添えにもかかわらず、私の力が至らず残念な結果となりましたことを深く陳謝致します」 思うような結果が出せなかったという場面でも「お力添えにもかかわらず…」というフレーズを使用することによって、報告と謝罪だけではなく相手の方の手助けや支援を理解して感謝しているということを表現できます。 目上の人に使っても大丈夫? 「ご尽力」「お力添え」ともに相手の方の手助けや援助に対して尊敬の意味を持たせた表現です。 したがって目上の方に対して使用する言葉と言えますので全く問題はありません。 ただ気をつけたいのが、相手の方の努力や協力を低く見積もるのはもちろんのこと大げさになりすぎても慇懃無礼な印象を与えてしまうこともありますので、使い方には注意しましょう。 控えた方がいい使い方は? たとえばあなたが主催するイベントに少し顔を出しただけという方に対して「この度はご尽力いただきまして誠にありがとうございます」という表現はやはり大げさといえますし、嫌味にも捉えられかねないので控えた方がよいでしょう。 この場合はあなたが主催するイベントのために奔走してくださったというような方に対して使うのが適切です。 大げさにならないよう、かといって過小にもならないよう状況をよく考えて使用するように心がけましょう。 「ご尽力の賜物」の意味は? 「ご尽力の賜物」こちらもよく耳にするフレーズですが、改めて意味を調べてみましょう。 まずは賜物の意味から見ていきます。 いただいたもの。 「努力の-」 上記のとおり、賜物とは自分以外の方から受けた恩恵や良いことの積み重ねで与えられた成果を指す言葉です。 したがって「ご尽力の賜物」とは「相手方が力を尽くしてくださったおかげで得ることの出来た成果」という意味合いになります。 話し言葉というよりも書き言葉ですので、メールや文書で使用します。 それでは例文を見ていきましょう。 「この日を迎えることができたのも〇〇様のご尽力の賜物です」 「これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心より御礼申し上げます」 「並々ならぬ」「ひとかたならぬ」というフレーズを使用することによって「身に余るほど力を尽くしてくださった」という気持ちを表現できます。 「これも〇〇様のひとかたならぬご尽力の賜物と深く感謝いたしております」 「今回のプロジェクトが成功したのも、〇〇様の並々ならぬご尽力の賜物にほかなりません」 言葉を正しく使えば人間関係もよりスムーズに!.

次の

「ご尽力いただき」の意味や使い方!ビジネスやメール例文やマナーを解説

尽力いただいた

さて話をもとにもどしますね。 今回の取引で先輩が目上の人に力を借りたのは事実です。 でもその大恩ある目上の人に「ご尽力いただき」=「力をつくしていただき」なんて使うのって失礼じゃないですか? だって目上の人に力をつくしてもらうんですよ! あなたはどう思いますか? ということで今回は「ご尽力いただき」という言葉は目上の人に使ったら失礼になるのか。 そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 さらに実践で使えるように 例文を紹介します。 そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 それではまいりましょう。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼なの? 目上の人にわざわざ力をつくしてもらう「ご尽力いただき」という言葉。 ちょっと考えると目上の人に使う言葉としては失礼なような気もします。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 「尽力」に尊敬の意味でつける接頭語「 ご」をつける。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に敬意を表し、相手に敬意を持ちへりくだって言う謙譲語までつけているんです。 どれだけ 相手への敬意が高いんだ!という言葉だったんです。 ということで「ご尽力いただき」は 目上の人に使っても何の問題もありません。 プロジェクトを成功させるために先輩にご尽力いただきました• ご尽力いただき本当にありがとうございます• 我が社が契約できるように大変 ご尽力いただき感謝いたしております• 日ごろから弊社商品の口コミに ご尽力いただき、まことにありがとうございます• 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 言葉って、ほんのちょっと言い方を変えるだけで自分の気持ちを相手に伝えることができるんですね。 類語 相手に敬意と感謝の心を表す「ご尽力いただき」という言葉。 せっかくですから類語もみてみましょう。 似た意味の言葉をいろいろ使えると会話で幅がでてきますから。

次の

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

尽力いただいた

「ご尽力いただき」という言葉を使ったことはありますか。 力になってくれた人に対して感謝の気持ち述べるときの前置きの言葉として使います。 この記事では、「ご尽力いただき」の意味と使い方、例文、類語表現について詳しく紹介していきます。 「ご尽力いただき」の意味を正しく理解し、お世話になった方へ対して最大限の感謝の気持ちを伝えましょう。 早速見ていきます。 「尽力」の意味 「尽力」は、漢字の通り「力を尽くす」という意味を持ちます。 「じんりょく」と読みます。 「する」という動詞をつけて「尽力する」という使い方もします。 「町の復興のために尽力する」というように使います。 「ご尽力いただき」の意味 「ご尽力いただき」は、お世話になった目上の人に感謝の気持ちを述べるときに使う前置きの言葉です。 「尽力」には「力を尽くす」という意味があり、これに敬語表現が付いていることから目上の人に丁寧な感謝の言葉を述べるときに使うといいでしょう。 「快く力を尽くしてくださり感謝しております」という気持ちを簡潔で丁寧なフレーズの「ご尽力いただき」を使って伝えましょう。 「ご尽力いただき」の敬語 「ご尽力」 「ご尽力」という語に含まれる敬語は「ご」です。 丁寧語の接頭語になります。 丁寧語とは言葉や文章を丁寧にする敬語のことを言います。 具体的には、言葉に「ご」や「お」といった丁寧語の接頭語をつけたり文末に「です」や「ます」をつけたりします。 丁寧語は最も簡単で取り入れやすい敬語のため、最初に抑えておきましょう。 「いただき」 「いただき」は「もらう」の謙譲語の敬語表現です。 謙譲語とは、自分をへりくだって表現することで相手を敬う敬語の種類です。 謙譲語の特徴としては、主語が自分になります。 「ご足労いただき」とはつまり、自分が「足を運んでもらった」という意味になります。 「もらう」の謙譲語の「いただき」はビジネスシーンにおいて頻繁に使う言葉なので、意味や使い方まで理解しておく必要があります。 「ご尽力いただき」の使い方 「ご尽力いただき」の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」はビジネスのさまざまな場で使うことができます。 「ご尽力いただき」という言葉を使うタイミングはお礼を言ったり謝罪をしたり相手へ自分の気持ちを伝えるときに使います。 どのような言い回しをすれば素直な気持ちが伝わるのか考えていきましょう。 メール 例文「この度はご尽力いただき誠にありがとうございました」 メールでは尽力してもらったことへの感謝をストレートに伝えましょう。 メールの内容が尽力してもらったことへのお礼の場合、冒頭でこの例文のように感謝の気持ちを述べます。 その後にさらに詳しく、この部分で助かった、ありがたかったという気持ちを伝えます。 手紙 ご尽力いただきありがとうございます 例文「この度は、ご尽力いただきありがとうございます」 最もシンプルな使い方です。 尽力してもらったことへの感謝の気持ちを伝えましょう。 「ご尽力いただき」は敬語表現のため、取引先や目上の人に対して使います。 相手に失礼のないように敬意の気持ちを持って誤った敬語を使わないように注意しましょう。 ご尽力いただきますよう 例文「何卒、ご尽力いただきますようお願い申し上げます」 「ご尽力いただきますよう」というフレーズは、相手へお願いをするときに使います。 取引先や目上の人に何か手を貸してほしいとき、知恵を出してもらいたいときに丁重にお願いするときに使います。 ビジネスシーンにおいて経験のある人の手を借りることは必須です。 関係を有効に保って手助けしてもらえるようにしましょう。 ご尽力いただき感謝します 「ご尽力いただき」の類語を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」に似た言葉を覚えておくと言い回しや言い換えをするときに役に立ちます。 「ご尽力いただき」は「力を尽くしていただき」という意味ですが、伝えたいことはなんとなく異なるというときもあることでしょう。 その時の状況に適した言い回しをしましょう。 お力添えをいただき 例文「この度は、お力添えをいただき大変感謝しております」 1つ目の「ご尽力いただき」の類語は「お力添えをいただき」です。 「力添え」とは漢字の通り「力を添える」「助力、援助」という意味を持ちます。 「お力添え」という表現は「ご尽力」という表現より少し弱い援助を表します。 尽力の方が密に援助してもらったときにつかう言葉に適しています。 ご助力いただき 例文「ご助力いただきましたこと、心より御礼申し上げます」 2つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご助力いただき」です。 「助力」とは「手助け。 手助けすること。 力を貸すこと。 加勢」という意味を持ちます。 ニュアンスとしては「お力添えをいただき」という表現に近いため、「尽力」よりは弱い表現となります。 ご支援いただき 例文「いつもご支援いただきありがとうございます」 3つ目の「ご尽力いただき」の類語は「ご支援いただき」です。 「支援」とは「力を添えて助けること。 他人を支え助けること。 援助」という意味を持ちます。 これも「お力添え」「ご助力」のニュアンスに近い表現です。 「ご尽力いただき」の相手別の使い方を確認していきましょう。 「ご尽力いただき」という言葉は使う相手によって表現の仕方が変わります。 また「ご尽力いただき」は丁寧な敬語表現です。 そのため、取引先や目上の人に対して使う表現です。 相手に失礼のないように正しく理解しましょう。 上司 例文「部長にご尽力いただいたおかげでプロジェクトが成功しました」 上司に「ご尽力いただき」というフレーズを使うときは、ストレートに感謝の気持ちを伝えましょう。 「部長のおかげで」だけよりも「ご尽力いただいた」を加えることで一層のありがたみが伝わります。 目上 例文「この度はご尽力いただき、心より感謝申し上げます」 目上の人や取引先の人に対して「ご尽力いただき」を使うときは、最上級の敬語を使うようにしましょう。 「ご尽力いただき」だけでなく、「申し上げます」と謙譲語を加えることでさらに丁寧な表現になります。 「ご尽力いただき」を正しく使おう いかがでしたでしょうか。 「ご尽力いただき」の意味や使い方、例文、類語を紹介してきましたが、理解することはできたでしょうか。 「ご尽力いただき」というフレーズを正しく使い、ビジネスシーンにおいて相手と友好な関係を築きましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の