がっちゃん英語 アプリ。 英語学習 これが本当に最後の救世主 『がっちゃん』を見つけた!!

韓国人のすごい英語学習法―特許を取ったキーワード式記憶術

がっちゃん英語 アプリ

まず押さえたいYoutube英語学習動画 ごく普通の外国人・がっちゃん 一番最初に観てほしい衝撃作。 いやー、めちゃくちゃ面白いですよこれ。 韓国人の日本語ペラペラな女性が一人でマシンガントークするという動画。 しかも、 言っていることが全部まともかつ正論で勉強になるという素晴らしいもの。 英語を知り尽くしているからこそできる芸当だと思う。 たぶんハマる人は1回再生したら1時間は確実に時間を奪われます。 それだけずっと観てられる愛すべきYoutuber。 発音〜英文法まで、日本人が間違えがちな英語の解釈をズバッと一刀両断。 そして分かりやすい理解をサッと差し伸べてくれる。 こんな先生が学校にいたら大人気になるはず… むちゃくちゃ面白いのでぜひ一度みてほしい。 英語が苦手な方でも思わず好きになるんじゃないかと思います。 がっちゃんのおすすめ動画 ・ ・ 英会話系でおすすめのYoutube動画 バイリンガール英会話 英語好きならだいたい誰でも知っているバイリンガールのちかさん。 Youtube動画の中でもかなり有名な部類に入ると思います。 アメリカでの生活を配信しており、サブウェイ、スタバ、マックなどでの注文の仕方を動画にしたりしてます。 英会話表現のワンポイントアドバイスなんかもかなり参考になります。 何より親しみやすい! 英会話に特化して、 アメリカ英語の会話表現を学びたい人やリスニングの練習をしたい人なんかにはかなりおすすめです。 ちかさんは小学1年生から16年間をシアトルで過ごしており、日本人ながらほぼネイティブです。 留学したい学生向けのコンテンツが多いので、海外留学に憧れている人はものすごく参考になるはずです。 バイリンガール英会話のおすすめ動画 日本と比べ物にならないくらい難しいサブウェイの注文に挑戦 アメリカ英語とイギリス英語の違いが明確に Hapa 英会話 さわやかイケメンなHapaさんの英会話講座。 英会話するときのワンポイント講座や、ネイティブ表現を使った言い回しを的確に説明してくれます。 というか、Hapaさんは日本語が上手でシンプルに伝えてくれるのが人気の秘密だと思ってます。 ものすごく分かりやすい。 細かい表現の違いなど、 ネイティブの感覚からどう理解すればいいかを教えてくれます。 正直、これが無料動画で公開されているのは本当にすごいと思います。 Hapaさんは独自に英会話教材も手がけているので、もし動画が気に入った方は公式サイトもチェックしてみよう。 公式サイト: Hapa英会話のおすすめ動画 見なきゃ損!独自の視点から英会話力を伸ばすヒント 意外とたくさんあるHow are you? へのネイティブの返答 IU-Connect 英会話 英会話そのものというより、 英会話するときに必要な準備やマインドを教えてくれる動画です。 日本語と英語を交えて、日本人がやりがちなミスや改善点などを教えてくれる動画です。 まさに英語を使う環境にいたり、英会話学校に行っているけど上達している感覚がない人は必見の動画です。 アメリカのボストン出身の陽気なアーサーが一人でガンガンマシンガントークしていきます。 なぜ日本人が英語を話せないのか?どう勉強したら良いのかなどネイティブ視点からの意見は参考になるのでおすすめ。 IU-Connect英会話のおすすめ動画 とりあえずこれだけは見ておこう! 簡単そうで難しい会話を続かせるコツ 英文法系でおすすめのYoutube動画 コペル英会話 コペル英会話のイムランさんの動画見て笑うのが日課になっていた時期もあるくらい好きな動画。 なんでネイティブの日本語話せる人って、面白い人たちが多いんでしょうかね。 頭の良さもあるかもしれないですね。 文法をとにかく分かりやすく解説してくれます。 文法から学んでいる初心者にとっては救世主的な存在。 これが無料なんだから本当にいい時代になりましたね。 英語教材も手がけてるみたいなので、イムランファンになった人は検討してみるのもありかも。 スタディサプリの神動画の一部が無料で公開されてる感じで、見てない人はとりあえず一回見とくべきでしょう。 カリスマ講師の神授業と言われている理由も見れば分かるはず。 そのくらい、正確にシンプルに英語のコアを説明してくれてます。 これで英語の考え方が一気に変わって、英語好きになる学生さんもたくさんいるそうです。 それだけ絶大な人気を誇る授業です。 関正生のおすすめ動画 ・ 発音系でおすすめのYoutube動画 ニック式英会話 イケメンなニックの英会話リスニング講座。 企画として多いのが 「この英語聞き取れる?」シリーズです。 ネイティブなら問題なく聞き取れる英語でも、日本人だと???となるヤツです。 このあたりをいくつか見てみて、もし聞き取れないなら 「音声変化」が身についていないので、この記事で紹介している発音系の動画を見ると相乗効果が期待できます。 【プライムイングリッシュ】 個人的にも使ったことのあるプライムイングリッシュ教材を監修するサマー先生の動画。 英語の音声変化に焦点を当て、発音から英語力を鍛えられる内容になっている。 音声変化とは? 音声変化とは単語が単体もしくは複合で一部の音が脱落したり弱くなったり全く違う音になったりすることです。 音声変化は特別なことではなく、むしろ日常会話ではそれが自然です。 公式サイトより引用 日本人が英語を聞き取れない大きな原因がこの音声変化。 サマー先生はここを一つ一つ丁寧に説明してくれます。 特に、日本人が苦手で聞き取りにくい前置詞(in, of, forなど)など、弱形とよばれるネイティブが話すと一瞬で過ぎ去るのはなぜか日本語と英語を交えて話してくれます。 リスニングが苦手な初心者なら絶対にチェックしておくべき! プライムイングリッシュの教材と合わせると学習効果2倍です。 僕自身もこの動画を見てかなりの学びがありました。 特に 英語は弱拍、日本語は強拍なんて知らなかったので、この知識が得られただけでも見た甲斐がありました。 発音の違いも明確に説明してくれるので、英語の発音に悩んでいる人にかなりおすすめです。 また、Yumiさんはイングリッシュブートキャンプの顧問でもあり、英会話系サービスのプロでもあります。 イングリッシュブートキャンプは私も取材してかなりプレッシャーのかかるハードな時間を過ごしました… 体験記をまとめてますので、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。 ビバリーヒルズの超豪邸や有名人のファッションなんかも参考になる秀逸な動画。 個人的にはTaylor Swiftが好きなので、何回も見てます。 随所の表現がめちゃくちゃ参考になるし、質問の答えから自分のライフスタイルのヒントも得られる。 これぞ本当に英語を使った学びだと思う。 海外のトレンドを追いつつ英語力をブラッシュアップさせたい人におすすめです。 ちなみに日本語字幕バージョンもあるので、英語が苦手な人でも楽しめます。 Learn English With TV Seriesのおすすめ動画 アラジンの英語を題材に学べる動画- Will Smithのパンチがすごい The Ellen Show アメリカで人気のおちゃらけ番組。 とにかくellenがはちゃめちゃ過ぎて個人的に大好きな動画ですね。 エレンの部屋という企画があり、まさに日本で言う徹子の部屋みたいなインタビュー形式企画もあれば、街に繰り出して馬鹿騒ぎしたりする総合エンタメショーです。 実はEllenはなんと1958年生まれの61歳!(2019年時点)コメディアン、プロデューサー、脚本家としてまだまだ活動の幅を広げている点でかなり尊敬。 アメリカ英語を楽しく笑いながら学ぶには絶好の動画になります。

次の

【2020年最新版】がっちゃんの文法英語学習動画まとめ、1億人の英文法 | ジャズ男(ダン)サーのダンス道

がっちゃん英語 アプリ

東方神起とユノとユチョンの2Uカップルのファンであるカリスマブロガー『 がっちゃん』。 がっちゃんは、日本と韓国の2か国でブログを運営しているのですが、韓国ブログがJYJファンに叩かれたことがありました。 がっちゃんは日本と韓国の2か国でブログを運営しておられます。 がっちゃん談 」だそうです。 日本では東方神起のカリスマブロガーながっちゃんですが、韓国では違うようですね。 しかし、このがっちゃんの韓国ブログの方が、JYJファンに叩かれまくったことがありました。 「年中休止以外のなんでもないようなブログ。 がっちゃん談 」の韓国ブログの方が叩かれるって、どういうことなのかな? JYJファンの怒りを買ったがっちゃんの韓国ブログ がっちゃんの韓国ブログ記事で叩かれたのは、東方神起分裂騒動について触れた記事。 そのブログ記事の部分が、JYJファンの怒りを買ったようで、アンチからこんな画像まで作成されて、話題になりました。 この画像が出回り、がっちゃんは「ジェジュンファンだと嘘をついています!この人信じないで!」とJYJファンやジェジュン様ファンから叩かれまくったようです。 しかし、このバッシングに対して、なんと!がっちゃん本人が、日本のブログで触れています。 がっちゃんご自身で、韓国ブログの真相について語っているのです。 なので、がちゃんのブログ記事をご覧いただければ、真相についてわかるのですが、結構長文ですので、ゆかこが簡単にまとめてみました。 まず、では何が書かれているかを箇条書きにすると…• アンチにとって都合のいい箇所だけ抜粋されている• 東方神起について韓国ブログに書いてある内容は日本のブログ『東方神起そして2U』とほぼ一緒• 韓国ブログで東方神起について書いた記事を、がちゃん本人がまんま翻訳 です。 がっちゃん「どうせ翻訳して画像つくるんなら、全部翻訳しろや。 」ってことで、全部日本語訳してます。 では、次にがっちゃんの韓国ブログ記事を書いていた当時の心境と記事の翻訳をまとめたものをご紹介しますね。 当時のがっちゃんはジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の主張を鵜呑みにして「訴訟の本質は奴隷契約で、ユノとチャンミンも時間差でSMを出るだろう」と本気で信じていて、ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様の勝訴を心から応援していて、SMエンターテインメント叩き動画を振りまいていました。 なのに、「ユノとチャンミン裏切り者説」が出回っていてショックだったがっちゃん。 がっちゃんはブログ記事で、「自分はジェジュンファン、2Uのファンである。 」と打ち明けました。 でも「黙ってるしか何一つ方法の無かったホミンの立場を、逆にそれを利用して2人をそこまで滅茶苦茶にしてまで…それがファンの義務?」とJYJファンに投げかけ、ジェジュン様に対しても「今回ばかりは擁護できない。 」と信じたいけれどもう信じられないという苦しい胸の内を語っています。 私いつから2人のファンみたいになってんだ?JJファンだっての。 」と書きつつも、JYJの3人を擁護してユノ様とチャンミン様をディスっているファンの事態に「意味が分からない」と言及。 韓国の国民としても、東方神起っていう国を代表するグループを奪われたようなものなのに、これは怒って当然のことじゃなねーか」的な事を記事に書く。 がっちゃんは、「たまたまユチョンの誕生日だったけど、誰の誕生パーティーでも絶対同じこと書いてた」と言っています。 逆だろ、あの長い時間を待ってあげてたのはユノとチャンミンだったろ。 」とジェジュン様の発言にキレた文章を書く。 そして、がっちゃんが最後に書いた記事が「ラジオスターの作家さん、がんばってください。 JYJファンは恥を知れ」 ざっとまとめると、こんな内容かな? 私が特に心打たれたがっちゃんのブログ記事が2010年1月19日に書かれた「もうジェジュンを擁護できない」という記事。 ジェジュン様ファンで、ジェジュン様が大好きで大好きでたまらないんだけれど、この件に関してはもう擁護できない…という苦しくてつらい胸の内がすごく伝わってきて…ちょっとうるっときました…。 最後にがっちゃんは、『今回の記事を見てどう受け取ったかは、皆さんの脳みそで判断する、皆さんの意思です。 』と言っています。 私は、がっちゃんは自称ジェジュン様ファンじゃなくて、ホントにファンだったんだろうなあと思いました。 あなたはどう思いますか? スポンサーリンク がっちゃんが東方神起の本を執筆!?サイン会まで! 東方神起ファンから絶大な支持を集めるカリスマブロガーがっちゃんですが、なんと!東方神起に関する本を執筆してるんです。 そして、東方神起の東京ドーム公演が行われた2012年4月15日には、本の発売を記念して池袋にある旭屋書店でがっちゃんのサイン会が開催されました。 同じ東方神起ファンとして、ゆかこ一体どんな人物なのか気になる!! とゆーことで、がっちゃんの正体に迫ってみました。 なんでこんな格好しているのかというと、トマトのかぶりものは「トマトをぶつけられるくらいなら、いっそ最初からトマトをかぶっていれば、ぶつけられてもわからねえよ。 」 ということらしい。 何故トマトをぶつけられるかですが、アンチに「マジでトマト投げられるかもな」と本気で思い、自身のブログにも「おまえらトマトを投げるなよ~」と冗談で書いたことがあるからだそうです。 がっちゃん、なかなかに、ぶっとんだキャラクターのようですwww 画像からお分かりのとおり、がっちゃんは女性。 その 正体は、1986年生まれの韓国人です。 そう!日本人ではないのです。 がっちゃんのブログをご覧いただければお分かりかと思いますが、日本語ペラペラで、とても外国人が書いているだなんてわかりません。 がっちゃんのこの日本語能力は、東京外国語大学への交換留学生時代に身につけたそうですよ。 がっちゃんの正体はユーモアあふれる東方神起ファン 今回は東方神起ではなく、東方神起のカリスマブロガーがっちゃんについての特集をお届けいたしました。 東方神起ファンから絶大な支持を受けるカリスマブロガーのがっちゃんの正体は、「日本人バリの流暢な日本語を扱うユーモアあふれる韓国人女性」でした。 東方神起のファンになったのは、2012年2月からという新米ペン。 でも、ファンになってからののハマり方が尋常ぢゃない!! 「ユノ様、チャンミン様のことをもっと知りたい!!」 と、過去発売されたDVDやら写真集やら収集し始めました。 その額ざっと見積もって たぶん 50万円 いってると思う。 グッズの情報を集めるときに、一つにまとめられたサイトがなくてめちゃ苦労しました。 「きっと他のトンペン様も苦労してるハズ!!」 と思って作ったのが、このサイトです。 5人時代のものも扱ってますので、温かい目で見てくださると嬉しいのです。

次の

ニック式英会話

がっちゃん英語 アプリ

韓国はTOEICテスト平均スコア、受験者数 人口比 ともに日本を上回る英語学習大国。 本書は、そんな韓国で10万部突破のベストセラーとなった英語学習書の日本語翻訳版です。 日常英会話における重要表現100を整理して、それを「キーワード」という特別な暗記ツールを通じて、本を見なくても反復練習でき、たやすく覚えていくことができます。 さらにその100表現それぞれをパターン化して、学習者自らが英文を作り出す練習ができるように構成されています。 網羅している構文は、日常会話でも、また各種受験においても必須の頻出表現ばかりです。 お金をかけずにしっかり身につく学習法を研究していた著者がついに見出したのがこの「キーワード学習法」。 韓国で特許を取ったこの学習法の効果をお試しください。 内容(「BOOK」データベースより) 使いまわしの効く100の例文。 アルファベット順に名詞のキーワードが工夫されているので、暗記するのがかつてないくらい楽でした。 覚えた100の例文の、主語や名詞を入れ替えた、さまざまヴァリエーションもたくさん記載されています。 自分自身でも、覚えた例文を使って自分の言いたいことを表現する練習をしています。 言いたいことが英語でササッと言えることが増えてきて効果を感じています。 この本1冊をがっつりやりこめば大抵のことは話せるようになるのではないでしょうか。 おそらく、英語に対しての韓国語訳があり、その韓国語を日本語訳にしたのではないでしょうか。 英語をダイレクトに日本語訳にしたのではなく。 How long have you been reading the newspaper? の日本語訳が「君はいつまでその新聞を読んでいるんだい?」となっていますが「いつまで」当たる英語はセンテンスの中に含まれていません。 How long have you been 〜ingは、いつからその行動をしているのか期間を尋ねる構文であって、「いつまでそうするの?」という感覚ではないですよね。 I wonder if you will 〜に対しての訳が「私はあなたが〜するのか気になる」となっていますが、ちょっと違和感を覚えます。 直訳すぎて不自然というか・・・。 「〜かしら?」が相当するのではないかしら?(笑) 「この映画のこういうシーンでこういう台詞があった」という説明があるのですが、それもおかしいところがポツポツ。 著者の記憶違いなのか、韓国語を日本語に訳すとそうなってしまうのか。 モリーは「妻」と訳されています。 揚げ足取ってごめんなさい、でも、違和感でモヤモヤしちゃったんだもん・・・ 韓国のTOEIC教材がなかなか良かったので、一般の英語学習用教材でも日本の教材と少し違った方針で作ってあるものが他にないか探し、この本を買ってみた。 英文が基本例文別に並んでいるだけの本なのだが、覚え方にひと工夫してあるところがポイント。 たとえば、 I want you to show me the album. という構文は、 Album:I want you to show me the album. というように、Albumという語を最初に意識させて、 それからそれを用いた例文を覚えるようにすればよい、というもの。 あとは、キーワードをアルファベット順にしてそれに対応した例文をずらりと並べている。 慣れたところで、覚えた複数の構文を今度は組み合わせて応用してみる。 だから、一周するのは早い。 あまり時間はかからない。 確かにひと通りやると、何でもいいからどこかに着目すべきポイントを置いて覚えるようにする方が、全体を力技で覚えようとするより記憶効率が多少良さそうだということは実感できた。 あえて近いイメージを探すと、津村式の、漢字の難しいところに赤丸を付けて印象付けてから覚えるというのやり方の英文版、という感じだろうか。 コツは簡単なので、少しやってみると後は本に頼らなくとも自分で同じやり方でいろんな例文に適用できる。 もっとも、これで特許を主張するのは、少々厚かましい気もする。 登録が必要だったり場所がちょっとわかりずらかったりするが、音声ファイルがMP3形式でDownloadできる。 中身は各構文の例文のまとめ部分の読み上げをやっているだけなので、おまけ的な感じである。 特にレベルの指定はないが、英検3級程度であれば十分こなせるのではないかと思われる。 珍しい単語をいくつか覚えたところで実際に外人と会ってもなかなか使う機会がなかったりするのに比べ、基本的な文法を含んだKey構文を覚えるといろんな場面で使い回しが効いて便利なことは確かである。 教材の合う合わないは個人差があるものなので何とも言えないが、特に英語学習を始めて間もなくて、とっかかりを探しているという方は、試してみる価値がある教材かもしれない。 この本で使われている学習法は、その昔一世を風靡したAudiolingual Method である。 Audiolingual Method とは、言葉は音・語・文型などの要素が規則に従い積み木のように重なり合って出来上がっているという「構造主義的言語理論」と、言葉はちょうど我々が自転車を乗れるようになったり跳び箱を跳べるようになるのと全く同じように繰り返し訓練・強化することによって身につくのだという「行動主義的学習理論」をその基礎に置き、パターン・プラクティス(組み合わせ、置き換え、変形などのドリル)を訓練法として用いる学習法である。 その意味では、少々古い学習法である。 ただ、この本がなかなかユニークなのは、abc順に並べた簡単な単語に日常頻繁に使われる文型を当てはめて覚えさせ、これを縦横無尽に組み合わせていくことで自由自在の英語運用力をつけさせようと目論んでいるところである。 全体は4章から構成されているが、例えば第1章では album, baby, chair … という具合にアルファベット順に並んだ単語に夫々 I want you to show me the album. といった文型が当てられている。 所々に少々不自然な表現や日本語訳との齟齬が見られるが、初版ゆえの誤植であろうと思わせる程、面白い本である。

次の