みずかみそう 炎上。 水上颯が妊娠中絶で相手彼女は誰?河野玄斗と避妊無し東大仲間で炎上!

水上颯の赤ちゃん?妊娠中絶文春砲からの孕ませた赤ちゃん!堕胎誰?

みずかみそう 炎上

本当だったら子供たちに夢はなくなる。 東大生で頭いいのに、女性との関係は無知? 頭脳王・東大生の 河野玄斗さんの報道があったばかりなのに、 今度は 「東大王」水上颯 みずかみ そう さんに 中絶トラブル報道、 「楽しくない。 帰ってくれないか」という 言葉だけでかたずけたという。 これが事実なら本当に残念だけど。 彼女A子さんというのは一般の人なので顔写真などは 公開されていない。 交際していたのは間違いないようです。 水上さん側は1年の交際で話し合いの元で別れたと主張、 彼女側は3年の交際で別れは電話1本「じゃあね」で終わったとか。 生理が来ないということを告げたのに何もしない、で 彼女が一人で堕胎、費用も悩みもすべて一人で行ったようです。 そして、 頭脳王・東大生の河野玄斗さんの報道が出る前後で 急に水上さんが彼女に「そういえば生理来た?」的な 電話を入れて来たというのです。 1番辛い時期に逃げておいて、嘘の発表を したことが本当なら大問題だと思います。 もちろん彼女にも問題はあるでしょうけど こういうことは「男性」がやはりね、 知識はあるでしょうから。 スポンサードリンク スポンサードリンク.

次の

水上颯の中絶トラブルで東大王の出演どうなる?降板や卒業(引退)の可能性は?

みずかみそう 炎上

水上颯は少女漫画の王子様だった 2016年交際開始からはクリスマスがバレンタインなどの記念日はほとんど一緒に過ごしていたそうです。 以下、LINEは2016年の暮れのもの。 このLINEのやり取りのあとに水上颯さんよりマフラーをプレゼントされたそうです。 A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。 A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。 A子さんが明かす。 「颯君とは友人を通じて出会いました。 彼は最初から積極的で、みんなの前でハグをされて驚きました。 初デートでは恋愛映画を観に行ったんです。 その日に颯君から告白され、交際することになりました。 颯君は女性慣れしているように見えたし、私は大勢の中のひとりだろうと思っていたのですごくうれしかったです。 それから月に1、2回はデートをしていました」 テレビ出演や書籍の執筆、学業などで多忙を極める水上氏だが、A子さんとの交際は順調だった。 「颯君は本当に優しくて、いつもキュンとする言葉を言ってくれるんです。 初デートの映画館で、私が『寝ちゃったらごめんね』と言ったら、『君の綺麗な顔をずっと眺めているよ』と言ってくれたり、『どうして私を彼女に選んだの? 』と聞いた時は、『他の子はサラダで、A子ちゃんはメインディッシュだからだよ』なんて言ったり。 キザな台詞をさらりと言うんです。 男性とちゃんとお付き合いをしたのは颯君が初めてだったのですが、すぐに彼のことが大好きになりました」 交際中には少女漫画に出てくるような出来事もあった。 「東大の学園祭に行ったとき、颯君がファンに取り囲まれて写真を求められたことがありました。 私は遠慮したほうがいいのかなと思って後ろに下がろうとしたら、『そういうのやってないんで。 A子ちゃん、行こう! 』と私の手をとって、一緒に逃げてくれました。 王子様みたいに格好良かった」 引用:文春オンライン 過ち 水上颯さんの元彼女A子さんは避妊具なしで行為に至ってしまい妊娠してしまった。 その理由はしばらくのあいだあまり会えていなかったこと。 「もっと会いたい」と告げたことでよく会えるようになったこと。 嬉しさのうえで水上颯さんのわがままを受け入れてしまったこと。 いろいろな思いや出来事が重なった結果、元彼女A子さんは避妊具なしの行為という過ちを犯してしまいました。 そんな微笑ましい2人の交際は、4年目に差しかかろうとしていた。 「颯君は忙しいので、私から会いたいと言い過ぎないように気をつけていました。 でも昨年末に『本当はもっと会いたい』と伝えたんです。 颯君は『そうだったの? 今年3月下旬のことだった。 期待に応えようと、避妊具なしの行為を許してしまった 「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。 その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。 最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。 すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。 「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。 赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。 親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。 万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」 しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。 「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。 でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。 不安で不安で仕方ありませんでした」 4月27日、なんとしてでも会わなければいけないと思ったA子さんは、電話で会ってほしいと懇願し、水上氏が1人で暮らす都内のマンションへ向かった。 水上氏と会えたのは、彼が飲み会を終えて帰宅した午前0時頃のことだ。 「帰宅するなり、彼はソファでずっとスマホをいじっていました。 何を話しかけても上の空で、こちらを見てもくれなかった。 そのうえ『仕事があるから』と、大事な話をせずに暗に私を帰そうとしたんです」 引用:文春オンライン 絶望 水上颯さんに心配してほしかったのにもかかわらず、逆にすごく冷たくされてしまった元彼女A子さん。 なんとか、いつもの楽しいひとときを取り戻したいと思いを寄せるも、距離をどんどん取られてしまう結果に。 「タクシー代をあげるから、帰ってくれないか」 そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの? 」と聞いた。 「不安で、声は震えていたと思います。 そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。 数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」 ショックを受けたA子さんは何も言えず、黙り込んでしまった。 2人の間には気まずい時間が流れた。 「それでもいつものように一晩過ごせば優しい颯君に戻るかもしれないと、そう思っていました。 でも颯君は『先寝てて』と言ってマンションを出ていってしまった。 私はLINEで『朝まででいいから(側に)いて』と引き返してくれるようお願いしました。 そうしたら面倒そうに戻ってきて、『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と冷たく言い返されました」 それでも食い下がるA子さんだったが、水上氏は冷たい態度を取り続けた。 「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。 『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。 結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」 思いつめたA子さんに対し、水上氏は最後まで向き合うことはなかった。 「帰り際にはいつもキスとハグをするのが習慣だったのに、『したくないの、わかるでしょ』と初めて断られてしまって……。 その瞬間、颯君に捨てられたんだと、目の前が真っ暗になりました。 ずっと気付かないフリをしていたけど限界でした。 私はその時ひとりぼっちになってしまいました」 引用:文春オンライン 元彼女A子さんは一人で中絶手術をした・・ 水上颯さんに事実上捨てられたような態度を取られた元彼女A子さん。 水上颯さんだけでなく、両親にも誰にも相談できずに相当苦しかったことがうかがえます。 この事実が本当であれば、最低クズ野郎です。 一人で中絶同意書にサインし、一人で終わらせた 孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。 A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。 「 彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。 でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。 こんなこと誰にも相談できません。 親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。 だから、一人で終わらせることにしました」 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。 15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。 「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。 全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。 水上颯さんが元彼女A子さんに突然連絡がありました。 頭脳王の河野玄斗氏の中絶トラブルの速報の約2時間半後だったそうです。 さすがにこのタイミングだと相当あせっていた行動に思われて当然ですね。 《そういえば、生理って……》水上氏が突然連絡してきた理由 堕胎から約1カ月、A子さんは夜も眠れない日々を過ごしていた。 そして6月12日、A子さんの元に水上氏から連絡が入った。 「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。 なにをいまさら? 水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。 「記事を読んで、自分にも心当たりがあると焦ったんだと思います。 そんな思惑が透けて見えたので、返信しませんでした」 その3日後、水上氏から電話がかかってきた。 「『久しぶり』の一言もなく、生理のことをしつこく聞いてきました。 私は腹が立って、『あなたが忙しすぎるから、全部ひとりでやるしかなかったんだよ』と伝えました。 だから、『ひとりでやるしかなかった』という言葉で手術を受けたことを暗に伝えたつもりでした。 それを聞いた彼は『ごめん』と何度も繰り返していました。 私が一人で中絶したことが伝わったのだと思います。 それを聞いた彼は口数が少なくなり、『いままでありがとう。 じゃあね』と電話を切ったんです。 私のことを心配するフリをして電話をかけてきたくせに、颯君は自分のことしか考えていなかった。 私のことも赤ちゃんのことも、どうでもよかったんでしょうね」 河野氏の報道までは、A子さんは水上氏との間に起こったことを隠し通そうと考えていたという。 「ずっと自分のことを責めていました。 赤ちゃんを殺したのは私。 両親にも友達にも言えないし、この罪は私が背負っていくべきだと思ってきました。 死ぬべきなのかもしれないと思い詰めたこともあります。 それが悲しくて、今はテレビを見ることができません」 引用:文春オンライン 水上颯に直撃インタビュー(電話) 元彼女A子さんとの交際は認めたものの、妊娠中絶にかかわる質問に関しては直接回答を得られませんでした。 後日、所属事務所から回答が届く。 元彼女A子さんは事実とは異なる回答にさらなるショックを受けていました。 取材班は水上氏に電話で直撃した。 「いや、その時は僕、(生理がきたかどうかについて)伺ってないです。 「詳しく……ちょっとこれ、事務所を通していただくことは可能でしょうか。 一度失礼させていただきます」 事務所を通じて水上氏に事実確認を求めたところ、文書で回答があった。 「水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。 貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、極めて遺憾に存じます」 回答を受け、A子さんに再度取材をしたところ、「私がお話しした内容はすべて事実です」とした上で、水上氏側が交際期間を1年程度だと主張していることについて、こう述べた。 「間違いなく、私は颯君と3年以上お付き合いしてきました。 大学時代のほとんどを彼と過ごしてきたんです。 それに、最後のお別れは6月15日に電話で『じゃあね』と告げられただけです。 『真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり』なんて……一体どの口が言っているのでしょう。 悔しいです」 水上氏側の回答を何度も読み返しながら、A子さんは「驚きました」とショックを隠せない様子だった。 引用:文春オンライン 水上颯は最低!ネット上の反応は? 最低すぎる。 常にナマでしたいって言ってたあたり、ただのクズ男じゃん。 んで、できちゃったら無視するとかどんだけ都合よく生きてるんだよ!水上颯って — キングオブ低スペ i pochapapi 東大王、水上颯、女性に中絶を強要した上に捨てる。 一般人なのに掲載するのはおかしいとかの発言してる人がいますが、一人間として行動には責任を持ってください。 今回はたまたまプチ有名人なのにスポットされただけかもしれませんが、やった事は一人間として最低ですよ。 文春が嘘ってこと祈ってます。 — 未成年 21 dokodemooo 本当だとしたら、自分の今の立場を考えて行動すべきだったよね。 子供を望まなければ避妊は必須。 まさかと思うけど、堕胎してくれとは言ってない、頼んでない、自分の子じゃないかもしれないとか言い訳はやめて欲しい。 潔く認め相手に謝罪すべき。 もちろん、ライン、電話ではなくて面と向かってね。

次の

水上颯が妊娠中絶で相手彼女は誰?河野玄斗と避妊無し東大仲間で炎上!

みずかみそう 炎上

Contents• 王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」 大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。 彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。 だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。 取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。 6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。 交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。 「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。 『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん) A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。 A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。 A子さんが明かす。 「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。 その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。 最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。 すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。 「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。 赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。 親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。 万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」 しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。 「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。 でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。 不安で不安で仕方ありませんでした」 ゲスの極み過ぎて言葉が見つかりませんね…。 これが全て事実だとしたら、TVの爽やかなイメージとかけ離れすぎています。 しかも、文面の雰囲気からしてかなり信ぴょう性が高そうですよね。 それまでは適当に扱っていたのに、 河野玄斗氏の妊娠・中絶報道が出た直後に 《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》 と慌てて連絡をしてきたというゲスっぷり。 自己保身に走っていますね。 ただ、 女性もちゃんと断らなかったという落ち度はあります。 許してしまって舐められてしまったという経緯も少なからずある気はしますね。 でもその女性の落ち度よりも水上さんの対応の方が断然気になりますが。。 こんな問題が発覚して、今後も平然と東大王に出演していく予定なのでしょうか?? 知能はすごく高いのはわかりますが、倫理観はまるで無いということがわかりました。 水上楓のプロフィール 名前:水上 楓(みずかみ かえで) 生年月日: 1995年8月19日 出身地:山梨県 身長:170㎝ 高校:開成高校 職業:学生(東大医学部) 妊娠させたA子の顔写真や名前は? 水上さんの彼女は「佐藤さん」という名前の女性で、高校時代の塾仲間であるという噂がかつてありましたが、 A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。 A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。 A子さんが明かす。 このように話されているのでその情報はデマだったことがわかっています。 顔や名前は公開されていませんでしたが、水上さんが選ぶ女性ということはきっと綺麗な女性なんだろうと思います。 あれだけ頭の回転が早いので、知的な女性が好みだったのではないでしょうか。 A子さんは女子大生で都内の有名大学に在籍しているとのことなので、 早稲田・慶応・上智・MARCH辺りの大学の可能性が高そうです。 A子さんを妊娠・中絶させたことについて 「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。 『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。 結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」 思いつめたA子さんに対し、水上氏は最後まで向き合うことはなかった。 「帰り際にはいつもキスとハグをするのが習慣だったのに、『したくないの、わかるでしょ』と初めて断られてしまって……。 その瞬間、颯君に捨てられたんだと、目の前が真っ暗になりました。 ずっと気付かないフリをしていたけど限界でした。 私はその時ひとりぼっちになってしまいました」 孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。 A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。 「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。 でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。 こんなこと誰にも相談できません。 親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。 だから、一人で終わらせることにしました」 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。 15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。 引用 読んでいるだけで辛くなる内容ですね。 A子さんは今回の件で一生心に深い傷を負うことになるのではないでしょうか。 たった一人で中絶手術を行うなんて孤独過ぎます。 この件に対し、水上さんの所属事務所は 「水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。 貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、極めて遺憾に存じます」 このように回答しています。 これはイメージ悪化の一途を辿りそうですね。

次の