正体 判明 ダンメモ。 映画 ドクタースリープ|シャイニングのトニーの正体が判明

【ダンメモ】派遣クエスト R_6(2/4)【勧善懲悪】|このファンと超速とダンメモを。

正体 判明 ダンメモ

記事にするかかなり迷いましたが、アニャクロ探偵事務所の謎解き『怪盗赤猫からの挑戦状』のヒント(解説)と答えを分かる範囲で書いていきます。 なお、このブログの管理人は学がないため、理屈的なことを問われると100%の自信はないです。 がしかし、ストーリー自体は開放できているので、多分考え方は合ってるはず…。 では早速。 なので、当てずっぽうでも何故答えがわかったのかと答えは載せていますが、現時点でヒントはありませんのでご了承ください。 I=1(直線で1画だから1)• O=2(曲線で1画だから2)• W=4(直線4画で4) キレイに=の辻褄が合います。 そしてその下の行にある謎のアルファベットの羅列『AGLBQSUJ』が8文字。 暗号も8文字ならば、『AGLBQSUJ』の各アルファベットの画数を元に1つずつ数字に変えていくと…。 (ちょっと解説長いですがお付き合いください) 自分も四六時中考えてもまったく分からなくて諦めかけていたんですが、土曜日のデイリーミッションこなすために恩恵クエストに入ったときにピンときました。 まずヒントっぽい謎の4つの暗号。 1=PG• 2=RY• 3=BB• 4=PG この暗号ですが、『数字側が曜日』、『アルファベット側が該当曜日の恩恵クエストの色の頭文字』を指していると仮定すると4までは=関係が成り立ち、以降も土曜日まではすべて辻褄が合います。 数字 曜日 恩恵クエスト 恩恵色の英語表記 1 月曜 器用 敏捷 Purpleと Green 2 火曜 力 耐久 Redと Yellow 3 水曜 魔力 技 Blueと Black 4 木曜 器用 敏捷 Purpleと Green ・ 金曜 力 耐久 Redと Yellow ・ 土曜 魔力 技 Blueと Black ・ 日曜 全部 ? そして、暗号と『=』関係になっているのはお日様マークなので、これはおそらく日曜日のことを指していて、暗号の枠の数と恩恵の種類も一致しているのなら…。 答え ここはヒントが書けていない状態ですので、自分で解きたい方は見ないことをオススメします。 冒頭でも書いたのですが、ストーリー1-7を開放する暗号は桁数だけを頼りに当てずっぽうで入力してみたら当たっちゃったので理屈がまったく理解できておらず、ヒントがうまく書けない状態です。 なので、現在は『 何故答えが分かったのか』と『 答え』だけを掲載している状態になっています。 こんだけ悩みまくって最後が当てずっぽうとか、マジですっきりせんぞこれ…。 まぁそれは置いといて、とりあえず本題に入ります。 んでここからが問題なんですが、私はいろいろ調べても全然意味が分からなかったので、このトリボナッチ数列が1-7を開放する暗号である6桁にたどり着くまで見てみました。 0,1,1,2,4,7,13,24,44,81~ ~中略~ ~19513,35890,66012, 121415, 223317, 410744, 755476,1389537 それは 打ち合い始めより 数えて ちょうど 16の刻 二人の智者こそ 勝利のかなめ 我はその名を ここに残さん 文字を見よ その 八ヶ所の すべてを見つけ それを見よ そして 500番目の素なる数で 順繰りそれを 読みしとき その名はしかと浮かび上がらん 要するに、『16ターン目』に『散りばめられていた8個の英字から浮かび上がる名前のキャラ(二人の智者)でとどめを刺せ』ということのようです。 ちなみに、ゲーム内に散りばめられていた英字が下の8個。 すげぇ…。 そして、これまでの部屋で出てきた文言と照らし合わせるて要約するとこうなります。 デメテルと桜花を含むパーティー(武器は全員小刀)で、2人を残した状態で16ターン目に桜花の必殺技で敵を倒せ。 んで肝心の『どこでこの状況を作り上げるか』ですが、これはアニャクロ探偵事務所3の最後のボスのようです。 自分はこんなパーティーで挑みました。 16ターン目に調整するのがけっこうダルイのかもとか思っていたんですが、このパーティーだと最後の数ターンだけ攻撃以外の技だしとくだけでよかったです。 とりあえず、解説は以上です。 1-7の謎解きに関してはマジで不本意な形になってしまったので、完全に理屈が分かればヒントに修正しておきたいと思います。 では、今回はこの辺で!.

次の

派遣クエスト 特殊掲示板 過去分リンク集

正体 判明 ダンメモ

Contents• シルが怖い いつもの笑顔でベルを励ますシル。 可愛いですよね。 そんなシルですが、リリがベルの「ヘスティアナイフ」を盗んだ際に、すごく怖い顔でリリに釘を刺します。 正直引きましたw シルが働いている「豊饒の女主人」にはリューをはじめ、過去がある人達が働いています。 そもそも女将のミア母さんが元・冒険者でフレイヤ・ファミリアの団長だったほどの実績です。 シルは唯一の一般人と思っていたので、あの顔は正直ショックでしたね。 1度疑いだすと全て疑って見えるもので、これまでのシルの行動を思い出すと不自然なところが見えてきます。 怪物祭(モンスターフィリア) モンスターファミリアでベルがあの場所に行った理由を思い出して下さい。 シルが財布を忘れたから届けてくれとアーニャとリューから頼まれたからです。 あそこでベルがシルに財布を渡しに行かなければ、あの場所にはいなかったということですよね。 魔道書(グリモア) ベルが魔法を習得できたのは魔道書(グリモア)を読んだからです。 この魔道書は「豊饒の女主人」に忘れていった客のもので、それをシルがベルに貸したことがきっかけです。 こんな大事なものを客が忘れていくのも違和感があるし、いくら魔道書と知らなかったとはいえ簡単に貸し出すものでしょうか。 モンスターフィリアと魔道書の件は、偶然起こったわけではないですよね。 どちらもフレイヤが人為的に行ったことで、モンスターファミリアの会場にベルを「確実」に連れてくる。 魔道書をベルに「確実」に渡す。 このどちらにもシルが絡んでるんですよね。 偶然とは思えません。 フレイヤは元々怖いところがありましたが、だんだんシルのことも怖くなってきます。 この怖さは親子ならではとも思えてきます。 北欧神話のフレイヤ 北欧神話のフレイヤは 女性の美徳と悪徳を全て内包した女神で非常に美しく、自由奔放な性格で欲望のまま行動し、性的にも奔放であった。 引用:ウィキペディア とあります。 「美徳」と「悪徳」ってあたりがダンまちのフレイヤも同じですよね。 フレイヤはその美貌と性的にも奔放だったことから、人間にも多くの愛人がいました。 その中で特に気に入ってたのが「オッタル」です。 そしてそのオッタルも原因の一つだと思いますが、そんなフレイヤに愛想を尽かした夫のオーズは長旅に出ます。 豊饒の女主人 北欧神話のフレイヤは「豊饒の女神」とも呼ばれていました。 ダンまちで豊穣といえば「豊饒の女主人」ですよね。 豊饒の女主人にはシルが働いています。 さらに女将のミア母さんは元・フレイヤ・ファミリアの団長。 偶然にしては出来過ぎですよねw 外伝エピソードリューから考察 シルの正体がフレイヤの娘説に関して、ダンまち外伝「エピソードリュー」から考察していきます。 大賭博場の招聘状 本来なら国の要人しか手に入れることができない「大賭博場の招聘状」を、酒場の常連客に頼み譲り受けます。 これにはリューも驚き、シルの人脈が「計り知れない」と漏らします。 シルの愛想の良さなら、お願いすれば譲ってもらえることも可能かもしれませんが、それにしても出来過ぎです。 最初からどの常連客に頼めば良いか知っていた気がしますよね。 例えばフレイヤが母親なら簡単に情報を得られますよね。 もしくは事前にフレイヤから根回ししてもらうとか。 フレイヤの頼みを断る男性はいないでしょうから。 賭博(ゲーム)の強さ エピソードリュー5話では、ルノア、アーニャ、クロエの三人の会話が登場し、これまでシルにポーカーで勝てたことがないと話します。 シルの強さはポーカーフェースとかブラフなんているレベルではないと。 元々シルは妙に勘が良いところがあるが、賭博(ゲーム)での勝ち方はこちらの手の内を全て読まれているようだったと。 出ました「神様」発言!! ますますシルの正体がフレイヤの娘説が濃厚になってきました。 人間観察 大賭博場でのポーカー勝負を圧勝するシルは、神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神がいると話します。 その女神の瞳は魂の揺らぎを見て子供達の心まで暴くと。 もちろん自分は女神のような瞳は持っていないが、人間観察が好きだと話します。 そして人間観察を続けているうちに、その人が今なにを思っているのかがなんとなくわかるようになったと。 こわ!シルこわ!! さらにリューは自分が悩んでいた時、何も言わなくてもシルが側にいてくれたことを思い出します。 なるほど、確かにこれまでのシルの行動が納得できます。 いつも気の利いたタイミングでベルの前に現れたりしてましたもんね。 魂の色 色といえばフレイヤのセリフを思い出します。 怪物祭(モンスターフィリア)の前にフレイヤとロキの会話の中で、ロキが次に狙っている男はどんな奴か尋ねます。 その時フレイヤはベルのことを「今まで見たことのない色」と説明しています。 つまりシルが話していた「神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神」とはフレイヤのことで、人間である自分はそんな瞳は持っていないが、人間観察を続けることで同等の能力が身についた。 シルの正体がフレイヤの娘だったら、母親の影響でシルが人間観察を好きになったと考えられますよね。 まとめ シルとフレイヤって髪の色もなんとなく似てますよね。 出典:animetable. jp そして一番似ていると思ったのは、頼まれると断れないところです。 フレイヤの場合は頼むというよりその魅力でいいなりにしてますが・・・。 なんにせよ二人とも自分の「我」を通すのが上手ですよね。 さらに大賭博場でのシルの笑い方。 完全にフレイヤの笑い方です。 以上のことからシルの正体はフレイヤの娘で確定でしょ!! ダンまちはアニメもおすすめ テレビアニメで「ダンまち」と「ソードオラトリア」が放送されていたのはご存知かと思いますが、残念ながら既に放送は終了してしまいました。

次の

【ダンまち】シルの正体はフレイヤの娘?北欧神話から関係を考察

正体 判明 ダンメモ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの8巻の4章~6章までの感想とあらすじを紹介します。 前回の前半1章~3章を紹介したときと同じように大まかな内容としてはオラリオはラキア王国に責められている最中で、その戦いに参加していないヘスティア・ファミリアの日常などが描かれています。 以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 GA文庫 第4章はギルドでベル君の担当をしてくれている『エイナ・チュール』エイナさんのエピソードです。 ギルドの受付の人たちは容姿がいい人が多いというのに漏れず、美人のハーフエルフエイナさんもよく冒険者に口説かれていた。 特に熱心に口説いてくるのが、ドワーフの青年『ドルムル』とエルフの青年『ヴィルフ』であった。 そんなある日、エイナさんが仕事を終えて帰っている途中誰かにつけられている気配がした。 不安になっていたそんなエイナさんの護衛をベル君が引き受けることとなった。 ベルも確かに視線を感じ、しばらくエイナの護衛を続けることになる。 そんな日が続く中、なぜかご機嫌になってしまうエイナ。 一体自分はベル君に対してどう思っているんだろう。 弟分としてベルのことを可愛がっていたが自身の気持ちがわからなくなる。 いつものようにエイナを送っていると、ある日視線に殺気を感じるようになった。 それもベルに対しての。 事の深刻さを感じたエイナは相手の正体を知ろうとする。 すると、それはドワーフのドルムルだった。 ドルムルがそんなことをするとは思っていなかったエイナは動揺を隠せない。 事件も解決したと思われ、エイナは一人で帰っているとまた誰かにつけられている。 血の気が引く思いをし、エイナが走り出したところにベル君が助けに来た。 今度の犯人はエルフのルヴィス。 一体どうなっているんだろうと二人に確認したら、それが神たちの悪戯だったことがわかる。 改めてエイナに求婚してくるドルムルとルヴィス。 そこでエイナはベルと付き合っていると宣言するのだった。 そんなこんなで事件が解決し、二人の関係は今はまだ、このままでいいかなと思ったりもするエイナであった。 エイナさんはずっとベル君に恋心を抱いているんだと思っていたら、今までは弟分って感じに思ってたんですね。 そして今回自分の気持ちに改めて気づいたって感じでしょうか。 詳しい内容は実際に本を手に取ってみてくださいね。 さて、次は5章。 豊穣の女主人で働く『シル・フローヴァ』のエピソード。 彼女がベル君を気に入ってるっていうのはバレバレですよね。 この章ではおそらく多くの人が思っていたシルの秘密が明らかになります。 シルが酒場を長く休んでいることを知ったベル。 そんなシルをある時見かけ、彼女のあとをつけてみる。 そこはダイダロス通りでシルが向かった場所には孤児院があった。 実はシルもスラム育ちで子供たちを放っておけないんだとか。 そして、子供たちからシルはベルのためにお弁当を作るようになり、その味見をさせられていると迷惑そう。 そして、ベルは子供たちからクエストを依頼される。 なんでも呻き声が聞こえてくるということでそれを突き止めてほしいらしい。 その声の正体はなんとモンスターだった。 どうしてこんなところにいるのかは謎だったが、子供やシルを庇いながら戦うベルは苦戦する。 そこで助けられたのはなんとフレイヤ・ファミリアの猫人(キャットピープル)のアレンだった。 どうやらフレイヤの指示もあったのかシルを見守っていた模様。 シルを助けたことをフレイヤに報告すると、フレイヤから出た言葉は、 「ふふ、貴方が助けてくれて、娘(シル)も感謝してると思うわよ?」 という言葉だった。 フレイヤとシルが同一人物とかいろいろ噂はありましたが、予想通り娘ではないかと思われます。 そして、なんと酒場の猫人『アーニャ』はどうやらフレイヤ・ファミリアのアレンの妹らしい。 豊穣の女主人とフレイヤ・ファミリアの関係など謎は尽きませんね。 なるべく短く説明しようと心掛けていましたが、また長々となってしまいましたね。 最後の6章はヘスティアのというより、神々と眷族との恋について語られています。 ベル君が春姫の手伝いをして、仲良くしているところをみたヘスティアは例のごとく邪魔をし、ついにはファミリア内の恋愛禁止とまでいいだした。 そこで、意義が飛び交う中、神様たちとの恋愛観の話になる。 ヴェルフと命は自分たちのことがあるから賛成派、リリは勿論否定。 そしてベルにその質問がいくと、ベルは神様相手に滅相もないというベル君らしい回答。 それを聞いたヘスティアはホームを飛び出して行ってしまう。 ここで、話はうって変わってラキア王国。 軍神アレスはヘスティアを誘拐して、ヴェルフの魔剣を手に入れようと企んでいた。 ーあぁ、まだこの人あきらめてなかったのね・・。 アレスの計画通り攫われるヘスティア。 そのことを知ったベルたちは、ヘスティアを助けに向かうことになる。 アスティの力によって、ヘスティアの位置を探り、捜索にはベルとアイズが向かうことになった。 そのかいもあって、ヘスティアを発見することが出来たベルたちだが、渓谷に落下してしまう。 そこで助けてくれたのが隠れ里のように存在している『エダスの村』の人々だった。 ヘスティアも無事に回復し、村の祭りをベルが手伝うと、村長のカームから話がしたいと言われる。 実はカームは昔、冒険者でその主神である女神と愛を誓い合ったのだという。 だが、カームは女神を助けることが出来ず、彼女は天界に送還されてしまったそうだ。 ベルにこんな話をしたのは、ベルとヘスティアに昔の自分を重ねたからだという。 村の祭りも無事終わり、次の日にオラリオへ帰ろうとするベルたちのもとへカームの死期が近いことを告げられ、カームの死を見届けることに。 カームはヘスティアに天に還ると自分が愛した女神ブリギットに会えるかどうか尋ねる。 ヘスティアはブリギットの神友でもあり、彼女は執念深いからきっと彼女が見つけ出すよと伝える。 いよいよカームが天に召される時、ヘスティアは彼の手を包み込み、まるでブリギットがヘスティアにのり移ったかのように声色が変わり、彼に告げた。 「ありがとう、カーム、私を愛してくれて」 「今も・・・・これからもずっと、貴方を愛してる」 それを聞いたカームは ブリギット様、私も・・・俺も愛していますと言って息をひきとった。 ベルは自身の祖父との別れを経験したことから、いずれ来る女神との別れを恐れていた。 だが、ヘスティアは伝える。 ずっと一緒にいる、生まれ変わっても必ず会いに行くと。 だから自分たちとの愛を怖がらないでくれと。 だから断ってもいい、受け入れても構わないだが、恐れないでくれとミアハに言われたことを思い出す。 そしてベルは自身の本当の気持ち神様とずっと一緒にいたいと告げるのであった。 500ページ以上にわたる8巻もこれで終わりです。 いろんな恋愛観がありました。 いろんな発見があったり、謎が明らかになったりしました。 ここではとてもじゃないけど伝えきれないほどの内容がいっぱい詰まった一冊でした。 詳しい内容は是非原作を読んでもらいたいです。 また、エピローグでは新たな展開をにおわせることが・・・。 これからも益々目が離せませんね!.

次の