リンデロン通販。 リンデロンA液 市販 点眼・点鼻用を通販で購入

リンデロン錠0.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リンデロン通販

リンデロンVGは、幅広い皮膚トラブルに使用される処方薬です。 特に化膿している状態の皮膚に処方されることが多く、使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 リンデロンVGには、軟膏・クリーム・ローションの3タイプがあり、患部の位置や症状によって使いわけられます。 12%/リンデロン-VGクリーム0. 12%の添付文書 リンデロンはさまざまな皮膚疾患に処方されますが、以下のような症状によく処方されます。 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 【ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)】 ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの消炎鎮痛剤で、炎症を鎮める効果があります。 【ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)】 ゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質です。 免疫機能が下がった患部が感染症になるのを防ぎます。 また、細菌の増殖を防ぎ、感染が広がり症状の悪化をおさえます。 ただし、抗生物質は長期使用すると細菌に耐性ができ効果が出づらくなることがあります。 ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 ・Strongest(ストロンゲスト):もっとも強い ・VeryStrong(ベリーストロング):非常に強い ・Strong(ストロング):強い ・Medium(ミディアム):おだやか ・Weak(ウィーク):弱い リンデロンVGの体内吸収度の強さは、5段階の真ん中3番目の「Strong(ストロング)」です。 ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。 ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示通りに使用してください。 指定された患部以外に使用したり、全体に塗り広げたりしないように注意しましょう。 リンデロンVGを購入する場合は医師の処方箋が必要であり、処方箋なしに薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 また、リンデロンVGと全く同じ薬は現在市販されていません。 しかし、リンデロンVGと似たような成分配合であり、同じような効果が期待できる薬は市販されています。 なお、リンデロンVGと同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」を配合している市販薬は現在2つのみ販売されています。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンと同じステロイド+抗生物質の薬です。 【ベトネベートN軟膏ASの成分】 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) ベタメタゾン吉草酸エステルはリンデロンVGのステロイドと同じ成分であり濃度も同じです。 リンデロンVGと異なる点は、配合された抗生物質の成分です。 ベトネベートN軟膏ASに含まれている抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩は、リンデロンVGに含まれているゲンタマイシン硫酸塩と同じように細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 そのため、ベトネベートN軟膏ASは、リンデロンVGとほとんど同じ効果を期待できるといえます。 ベトネベートN軟膏ASとベトネベートクリームSは、配合されている成分が異なるため、効能・効果が若干異なります。 自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。 判断がつかない場合は、薬局などで薬剤師や登録販売者に相談することをおすすめします。 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。 必ず使用上の注意を読んで用法用量を守って使い、使用中に異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の

リンデロンを市販買える通販はここ♪

リンデロン通販

外用ステロイド(ストロングクラス) この薬をファーストチョイスする理由(2019年2月更新)• ・同種同効薬と大きな違いは感じないが、発売後長い時間が経過しており、基剤や配合剤による刺激、接触アレルギーの事案の経験も少ないので、安全性が高いと考える。 (60歳代診療所勤務医、皮膚科)• ・かゆみが強くひっかき傷がある際には、そこからの感染予防もかねてゲンタシンが含まれているリンデロンVG軟膏を処方することが良くあります。 (60歳代病院勤務医、腎臓内科)• ・費用対効果が高く、漫然と使用しなければ副作用が少ないなど、使いやすいです。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・使い慣れていて、比較的安全で確実な効果が期待できるので。 (60歳代病院勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 再評価結果における安全性評価対象例455例(ローションを含む)中、副作用は18例(4. 主なものは、皮膚刺激感・潮紅8例(1. 1.重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障(ベタメタゾン吉草酸エステルによる)(頻度不明):眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意する。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、緑内障、後嚢白内障等が現れることがある。 2.その他の副作用 1).過敏症:(頻度不明)皮膚刺激感、接触性皮膚炎、発疹[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。 2).眼(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):(頻度不明)中心性漿液性網脈絡膜症[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。 3).皮膚(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):(0. 4).皮膚感染症:(頻度不明)ゲンタマイシン耐性菌又は非感性菌による感染症[このような症状が現れた場合には、本剤の使用を中止し、適切な抗菌剤、抗真菌剤等に切り替える[密封法(ODT)の場合に起こりやすい]]、皮膚真菌症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)、皮膚ウイルス感染症[このような症状が現れた場合には、本剤の使用を中止し、適切な抗菌剤、抗真菌剤等に切り替える[密封法(ODT)の場合に起こりやすい]]。 5).その他の皮膚症状(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):(頻度不明)ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほに潮紅、口囲潮紅等、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、皮膚色素脱失[長期連用により、このような症状が現れた場合にはその使用を差し控え、副腎皮質ホルモンを含有しない薬剤に切り替える]。 6).下垂体・副腎皮質系(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):(頻度不明)下垂体・副腎皮質系機能抑制[大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により発現した事象。 投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性があるため、投与を中止する際は患者の状態を観察しながら徐々に減量する]。 7).長期連用(ゲンタマイシン硫酸塩による):(頻度不明)腎障害、難聴[長期連用を避ける]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.ゲンタマイシン耐性菌による皮膚感染又はゲンタマイシン非感性菌による皮膚感染のある場合[皮膚感染が増悪する恐れがある]。 2.真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[これらの疾患が増悪する恐れがある]。 3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 4.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れがある]。 5.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延する恐れがある]。 6.ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 1.湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷及び手術創等に対しては、湿潤、糜爛、結痂を伴うか、又は二次感染を併発しているものにのみ使用し、これらの症状が改善した場合には、速やかに使用を中止し、抗生物質を含有しない薬剤に切り替える。 2.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。 3.大量又は長期にわたる広範囲の使用により、副腎皮質ホルモン剤を全身投与した場合と同様な症状が現れることがある。 4.症状改善後は、できるだけ速やかに使用を中止する。 (高齢者への使用) 一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては特に注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避ける[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) (ベタメタゾン吉草酸エステルによる)低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児では、長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来すとの報告がある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意する。 (適用上の注意) 1.使用部位:眼科用として使用しない。 2.使用時:化粧下、ひげそり後等に使用することのないよう注意する。 (取扱い上の注意) 高温条件下で軟膏基剤中の低融点物質(液体)が滲出すること(Bleeding現象)がある。 (保管上の注意) 遮光・気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

【2020年】ステロイド塗り薬、リンデロンを3分で解説!【種類・効果・副作用】

リンデロン通販

「病院で処方されたリンデロンVG軟膏ってどんな症状に効果があるお薬?」 「やけどや虫刺され、ニキビ、切り傷など、他の症状でも使っていいの?」 「使ったらいけない人や塗ってはいけない場所はあるの?」 あなたはリンデロンVG軟膏を使う時に、このような疑問が思い浮かぶことがありませんか? リンデロンVG軟膏は、とても強力な作用を持つ塗り薬ですが、成分にステロイドが含まれているため、取り扱いには注意が必要なお薬です。 そこで今回は、 リンデロンVG軟膏の効果・効能や副作用などを詳しくまとめてみました。 リンデロンVG軟膏の症状別の効果や塗っていい部位、同じ効能の市販薬などもご紹介していきますので、気になる情報をチェックしてみてくださいね。 Sponsored Link リンデロンVG軟膏の効果は? リンデロンVG軟膏は、 炎症が原因となっている腫れ、赤み、かゆみ、痛みなどを抑えるお薬です。 細菌を抑える効果のある抗生物質の 「ゲンタマイシン」という成分が含まれているため、細菌による皮膚の炎症にも効果的で、身近な病気だと「湿疹(しっしん)」や「かぶれ」などによく処方されるお薬ですね。 炎症にとても効果的なステロイドの 「ベタメタゾン」という成分も含まれており、 皮膚の炎症症状を素早く抑えるのに効果的なのも特徴です。 ステロイド外用薬は、その強さに応じて5段階にランク分けされているのですが、 リンデロンVG軟膏はその中でちょうど中間の3番目の強さとなっています。 ステロイドとしては強すぎでも弱すぎでもなく、適度な強さというわけですね。 リンデロンVG軟膏の使い方 リンデロンVG軟膏は、通常だと 1日1回~数回、患部に適量を塗るのが基本になります。 使用する期間は 1~2週間程度であれば、ほとんど副作用は出ないとされており、病院で処方される場合も短期間の使用になることが多いですね。 ここで注意しておきたいのは、塗る量についてです。 通常、医師がリンデロンVG軟膏を処方する時というのは、病気や症状、皮膚の状態などを考慮して1回量や1日量を決めています。 つまり、あなたの状態を考えた上で塗る量を教えてくれていますので、 個人の勝手な判断で増やしたり減らしたりしないようにしましょう。 例えば、ステロイドが怖いからといって言われた量より少ない量を塗っていると、効果が十分に得られない可能性があります。 逆に、もっと効果を上げたいからと教えられた量より多くのステロイドを塗ってしまうと、副作用のリスクが高まってしまいますよね。 そのため、 リンデロンVG軟膏を処方された際は、病院で教わった使用量をしっかりと守った上で、患部全体に薄く伸ばすようにやさしく塗るようにしましょう。 また、 「リンデロンVG軟膏はステロイドが入ってるから1日に何回も塗るのはなんとなく怖い…」と相談をされることも多いのですが、 基本的には怖がらずに塗った方が良いです。 中途半端に塗っていてはなかなか治りにくいですし、下手に長期化するくらいなら短期的に治した方が副作用も起こりにくいですよ。 Sponsored Link リンデロンVG軟膏はどんな症状に効果がある? リンデロン軟膏は、同じようなかゆみや腫れのある場合でも、使っても良い症状とダメな症状があります。 使っても良い症状の例• 湿疹やかぶれ• オムツかぶれ(カンジダ性でないもの)• 突発性発疹• 皮膚炎• 虫刺され(蜂、ムカデ、ブヨ、ダニなど)• 軽いやけど(水ぶくれが出るような場合はNG)• あせも• 蕁麻疹• ニキビ リンデロンVG軟膏は皮膚の炎症を抑えるお薬なので、基本的には炎症による強い腫れやかゆみが出る皮膚の症状に効果があります。 そのため、上に書いたような 皮膚が赤くなり、かゆみや発疹が現れる症状の場合は大体使っても良いと考えておきましょう。 ただ、リンデロンVG軟膏はステロイド剤ですので、むやみやたらと使用するのは良くありません。 個人の判断で使う場合には、強いかゆみや発疹などが現れる場合にのみ使うのが良いですね。 また、適応外ではあるものの、 リンデロンVG軟膏は外耳炎や痔、口内炎などにも効果があります。 ただ、耳や口の症状などには専用の別のステロイドを含むお薬が存在しますので、あくまで緊急時に使う程度に留めておきましょう。 使ってはいけない症状の例• カンジダ• ヘルペス(帯状疱疹も含む)• とびひ 水虫やカンジダ、ヘルペスというのは、どれも細菌性ではない感染症です。 水虫は白癬菌、カンジダはカビ菌、ヘルペスはヘルペスウイルスがそれぞれ原因となっています。 そして、 これらの真菌やウイルスが原因となる症状に対しては、リンデロンVG軟膏を単体で使用してはいけません。 リンデロンVG軟膏に含まれる抗生物質は、細菌には非常に強力な作用があるものの、水虫やカンジダ、ヘルペスの原因となる真菌やウイルスには効果がないんです。 しかも、ステロイド剤には塗った部分の免疫力が低下する作用があるため、これらの症状に対してリンデロンVG軟膏を単体で使用するのは、むしろ悪化の原因となってしまうんですね。 そのため、 個人でリンデロンVG軟膏を使用する場合は、水虫やカンジダ、ヘルペスに使わないよう注意しましょう。 また、とびひについては黄色ブドウ球菌という細菌が原因なのですが、黄色ブドウ球菌はリンデロンVG軟膏に含まれる抗生物質の『ゲンタマイシン』に高確率で耐性を持っています。 つまり、 とびひには抗生物質が効かないので、真菌やウイルスと同じようにリンデロンVG軟膏を使うことは出来ません。 ただ、病院などでは 水虫やカンジダ、ヘルペス、とびひといった症状であっても、リンデロンVG軟膏が処方される場合があるかと思います。 「悪化するのに処方されるの?」と思われるかもしれませんが、リンデロンVG軟膏が処方される際には、一緒に菌やウイルスを治療するお薬も出されたのではないでしょうか? 実は、こういったお薬を合わせて使用すると、菌やウイルスの増殖を抑えることが出来るため、 症状を悪化させずに腫れやかゆみを抑えることが出来るんです。 特に、 かゆみや赤みがひどい場合は、菌やウイルスの治療薬と合わせてリンデロンVG軟膏が処方されることもあるので覚えておきましょう。 リンデロンVG軟膏は顔や陰部などにも使える? 結論から言うと、 リンデロンVG軟膏は顔や首、陰部(デリケートゾーン)などの皮膚が薄い部分にも使うことが出来ます。 ただ、注意点がいくつかありますので確認しておきましょう。 まず、 顔や首、陰部といった皮膚が薄い部分はステロイドに敏感なため、ちょっとした症状でリンデロンVG軟膏を使うのは良くありません。 そのため、 どうしてもかゆみや腫れがひどい場合にのみ使うようにしましょう。 また、顔や首、陰部などに使う場合には、 長期的な使用や大量使用を行わないようにしてください。 皮膚が薄い部分はリンデロンVG軟膏の副作用を受けやすく、長期使用・大量使用を行うと、 塗った部位に皮膚が薄くなる、シワができる、赤みが出るなどの症状が現れることがありますので注意が必要です。 特に、 まぶたや目の周りに塗る場合には、自分で判断せず、先に眼科を受診するようにしましょう。 リンデロンVG軟膏が目に入った場合、眼圧が上がって目が見えなくなる緑内障(りょくないしょう)を引き起こす危険性があります。 その他、顔や唇、陰部などに使う場合は、リンデロンVG軟膏の効果がない ヘルペスやカンジダではないかを確認した上で使うようにしましょう。 中でも 顔面ヘルペスや 口唇ヘルペス、 性器ヘルペスなどはよく見られる症状なので、必ずチェックして使った方が良いですね。 顔や陰部への注意点をまとめると、以下の4つです。 どうしてもかゆみや腫れがひどい場合にだけ使う• 長期的な使用や1回の大量使用はしない• まぶたや目の周りに塗る場合は必ず眼科の医師に相談する• ヘルペスやカンジダなど使ってはいけない症状ではないか確認する リンデロンVG軟膏の副作用は? リンデロンVG軟膏は1~2週間程度の使用ではほとんど副作用がありませんが、長期的に使用したり大量に使用した場合、以下のような副作用が現れる場合があります。 目の重い症状(緑内障や白内障など)• 皮膚の発疹やかぶれ(発疹や赤み、かゆみなどがかえって悪化する)• 皮膚の感染症の悪化や誘発(ヘルペスやカンジダなど)• 皮膚が白くなる• 皮膚が委縮して薄くなる• 皮膚がてかてかと光る• 皮膚にシワが出る• 皮膚の体毛が濃くなる• 喉が渇く• 全身のだるさや倦怠感• 肥満になりやすくなる 特に、 緑内障や白内障は副作用の中でも重度の症状になります。 初期症状としては、 目が見えにくい、視力が落ちた、かすんだように見える、やけにまぶしさを感じる、目の痛みがある、頭痛がする、吐き気がするといったものがあるので注意しておきましょう。 また、リンデロンVG軟膏は塗り薬なので主に皮膚に関連する副作用が中心ですが、 長期に渡って大量に使用した場合に限り、喉の渇きや全身のだるさ、太りやすくなるといった全身症状が現れることがあります。 もしこのような全身症状が現れた場合は明らかに使いすぎなので、こちらも必ずチェックするようにしておきましょう。 どの副作用が出た場合も、一旦リンデロンVG軟膏の使用は中止して、医師に相談するようにしてくださいね。 なお、 大量に使うというのは、例えば両腕全体に使ったり、1日で10gのリンデロンVG軟膏を使い切るような極端なものなので、普通に使う分には特に問題はないかと思います。 リンデロンVG軟膏を使う場合に相談した方が良い人• 高齢の人• 赤ちゃん• 持病やアレルギーがある人• ウイルスや真菌に感染している人(ヘルペス、カンジダなど)• 目の周りやまぶたに使う人 高齢の人は成人の大人に比べて皮膚の代謝が遅いため、薬の成分が体に残る時間が長く、その分副作用が出やすくなっています。 また、赤ちゃんや子供はまだ皮膚がデリケートなので、同じく副作用が出やすいんですね。 そのため、 高齢の人や赤ちゃん、子供が使う場合には、リンデロンVG軟膏以外の薬でも対処が出来るのかどうか、まずは病院で相談した方が良いでしょう。 持病やアレルギーがある人については、 リンデロンVG軟膏を使うことで持病やアレルギーが悪化する可能性があるので、こちらもやはり相談が必要です。 その他、ウイルスや真菌に感染している場合や目の周り・まぶたに使うという場合は、先ほどもお伝えした通り 個人で判断するのはとても危険ですので、必ず受診をした上で対応してもらうようにしましょう。 リンデロンVG軟膏は妊婦でも使っても良いの? 妊婦の方は 「妊娠中にステロイドの入った薬なんて使って大丈夫なの!?」と思うかもしれませんが、 リンデロンVG軟膏を使う分には特に問題ありません。 また、 妊娠中だけでなく出産後の授乳中に使うことも可能です。 リンデロンVG軟膏は、体の中に入る内服薬と違って皮膚に塗るだけなので、実際に体に吸収される量はごくわずかです。 そのため、 通常の使用量を守っていれば、特に心配する必要はありません。 ただ、体に影響が及ぶほど長期的な大量使用をした場合は例外ですので、その点は注意しておきましょう。 気になる方は、一度病院で医師に相談してみると良いですね。 リンデロンVG軟膏と同じ効能の市販薬はある? リンデロンVG軟膏は軟膏の中ではかなり強い部類のお薬になるので、ドラッグストアや薬局では販売されていません。 「じゃあリンデロンVG軟膏の市販薬はないのか…」と思われるかもしれませんが、 実は成分が似た別の市販薬なら存在します。 それが第一三共ヘルスケアの 「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASは、 市販薬の中で最もリンデロンVG軟膏と似た成分のお薬です。 ステロイド成分である「ベタメタゾン」の量はそのままで、配合される抗生物質が異なるのが特徴ですね。 リンデロンVG軟膏の成分:ベタメタゾン(ステロイド)+ゲンタマイシン(抗生物質)• ベトネベートN軟膏ASの成分:ベタメタゾン(ステロイド)+フラジオマイシン(抗生物質) しかも、抗生物質は成分こそ違うものの、働きはほぼ同じなので、 ベトネベートN軟膏ASはリンデロンVG軟膏とほぼ同じ効果を持つお薬と考えて良いでしょう。 ベトネベートN軟膏ASは、 ドラッグストアや薬局、通販などで購入することが可能です。 もしドラッグストアや薬局で購入する場合は、大抵薬剤師の方がいると思いますので、相談した上で購入するようにしてくださいね。 まとめ リンデロンVG軟膏は、ステロイドの効果で手早くかゆみや炎症を抑えるのに優れたお薬です。 ただ効果が強い分、使い方には注意が必要なので、今回お伝えした内容を参考に使うようにしてみてください。 また、 リンデロンVG軟膏には、効果は同じで価格の安いジェネリック医薬品も多数あります。 例えば、 「デキサンVG軟膏」「デルモゾールG軟膏」などは、リンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品ですね。 病院で処方してもらう際には、このジェネリック医薬品を希望するとお薬の費用を抑えることが出来ますので、必要な方は希望を伝えるようにしてみましょう。 Sponsored Link•

次の