血尿 が 出 たら。 尿の色が赤い!血尿が出たら何科にいくのが正しいの?

ランニング後血尿!原因は?腎臓の病気?疲れた時に出てしまう?

血尿 が 出 たら

血尿とは、尿の中に血液(特に赤血球)が混じって排出される病気を言います。 一言で血尿と言っても、見た目で尿の色が赤や褐色となっている場合もありますが、ごくわずかながら血液が混じる場合は、顕微鏡で見ないと判明しないものがあります。 特に顕微鏡で判明する血尿は、健康診断や人間ドックを受診した10%の方の割合で見受けられるそうです。 一般的に、血尿時に痛みがある場合は、結石や膀胱炎、症状がない場合はガンが疑われるそうです。 年齢的にも「ガン年齢」と言われる中高以降の方は、泌尿器系のガンが発見されることも多く、若い方は結石や膀胱炎が多いというデータもあるようです。 それでは、血尿が出る病気はどのようなものがあるのか、見てみましょう! <血尿が出る病気 その1:膀胱炎> 膀胱炎は血尿が出る病気の中でも、もっとも多く見られる炎症だそうです。 血尿と言うより、尿のにごりが目立ち、排尿するときに激しい痛みを感じることが多いようです。 また、排尿の回数も増えることが特徴です。 特に尿管が短く、冷え症で血流の悪い女性に多い病気とも言えます。 <血尿が出る病気 その2:腎炎> 腎炎は、腎臓の糸球体に炎症が起き、尿の量が減少したり、むくみや血尿、蛋白尿、高血圧などの症状が出る病気を言います。 急性腎炎は主に溶連菌の感染によるものが多いそうです。 腎炎は若い人に掛かり易い、血尿が出る病気ではありますが、若い頃に掛かった方は、高齢になって再発することも多いようです。 <血尿が出る病気 その3:尿路結石> 尿路結石とは、腎臓で出来た結石が、腎盂から尿管に移動する際に、粘膜が傷つき、出血したものが血尿になって排出される病気を言うそうです。 結石が尿路にはまり、尿の出が悪くなったり、そのために腎臓や尿管が痙攣し、激しい痛みが起こることがあるそうです。 <血尿が出る病気 その4:膀胱ガン> 高齢者に多く見られる血尿が出る病気に、膀胱ガンがあります。 膀胱ガンは、膀胱に出来る腫瘍で、目で見える血尿が数日続いた後、その後血尿が止まる為、病気を見過ごしてしまうことが多いようです。 また、ガンでの血尿の場合は、特に排尿時に痛みも感じないことが多い為、より注意が必要です。 少しでも血尿が見られたら、病気の可能性がありますので、直ぐに医師の診断を受けるようにしましょう。 <血尿が出る病気 その5:遊走腎(ゆうそうじん)> 遊走腎は、体形的に「やせ形」の方に多く見られる血尿が出る病気です。 これは、腎臓が呼吸や運動に伴い、位置が下に下がってしまう為、血管や他の臓器を圧迫することで、血尿が出ることがあるそうです。 いわば、腎臓の「胃下垂」状態とも言えます。 毎年健康診断で血尿を指摘される方は、遊走腎のこともあるようですので、きちんと医師の診断を受けるようにしましょう。 <血尿が出る病気 その6:前立腺肥大症> 前立腺肥大症とは、前立腺の内側の部分が膨れ、大きくなってしまう病気を言うそうです。 通常前立腺腺腫は数十グラムのことが多いものの、前立腺肥大症になると、100グラムを超すものになることもあるそうです。 前立腺肥大になると、尿道粘膜の充血が起こり、前立腺部の尿道粘膜から出血して血尿が出やすくなるそうです。 また、尿道が圧迫され、尿の出が悪くなったり、頻尿になったり、最悪の場合は尿が全く出なくなってしまうこともあるようです。 如何でしょう?ここに記載したものは、血尿が出る病気の一部であり、他にもまだまだ血尿の出る病気は沢山あります。 まずは血尿が出たら、素人判断はせず、すぐに病院に行き、医師の診断を受け、治療に専念するようにしましょう。

次の

血尿が出たけど痛みなし!男性に多い3つの原因!

血尿 が 出 たら

Sponsored Links ランニング後に血尿!原因は何? まず、最初に言っておきます。 あくまでも、血尿は大きな病気のサインである場合が多いです。 ですから、ボクの経験談だけを頼りにせずにまずはお医者さんに行くようにしましょう。 近くのかかりつけのお医者さんに行くと尿検査をしてくれると思います。 そこで、尿に血が混ざっていたら大きな病院への紹介状を書いてくれますので、指示にしたがってくださいね。 目に見えない血尿を潜血と言って、今回のように目に見える症状の場合は重大の病気の可能性が高いそうです。 命は大事にしないと、せっかくのランニングも意味がないですからね。 ですが、実はランニングをやっている人は結構な割合で血尿を経験しているんですよ。 そのほとんどの方が、病気ではなく一時的なもので、1~2回血尿が出たら出なくなります。 正確には、次の日くらいまでは目に見えない血が混ざっていたりするんですけどね。 その原因っていうのは、実は激しい運動をしたら出るということなんですね。 それが、原因であれば安心ですね。 体が激しい運動に慣れている最中なんです。 そして、その運動の激しさを感じるには個人差があります。 例えば、ボクの場合は最初に書いたような練習で血尿が出ました。 でも、中にはたかだか3㎞を何日か連続で走ったっていうだけでも出る人もいます。 ですので、かなり個人差がありますのでそこはご理解いただきたいと思います。 ランニング後の血尿は腎臓が原因! 「ランニング後に血のオシッコが出た!」 と言っても、その中にもいろんな原因があります。 まず、一つ目。 筋肉中にある色素たんぱく質の事をミオグロビンと言いますが、そのミオグロビンがマラソンなどの激しい運動によって腎臓を通って排出されたもの。 これを ミオグロビン尿と言います。 赤褐色をしています。 そして二つ目。 足裏に衝撃が何度も何度も加わることによって、足裏にある血管のヘモグロビンが壊れて排出されます。 これは ヘモグロビン尿と言い、 コーヒーのような色になります。 舗装路などの硬い路面などを走り続けることで起こることも多いようです。 硬い路面はこのような事の他にも、関節などのケガにもつながる事が多いので、なるべく柔らかい芝生や土などの上を走るようにするといいでしょう。 また、シューズも大事な役割を果たします。 特に練習時のシューズは衝撃吸収力の高いものを選ぶようにしましょう。 最後、三つ目。 激しい振動によって、膀胱や尿道が傷ついてしまう。 腎臓に負荷がかかり機能低下を起こし、それを回復させようとしている。 このときに出るのが 血尿です。 実際に傷ができてしまっている状態ですね。 この場合は 鮮やかな赤色です。 ランニングをすると、腎臓におおきな負担がかかっています。 筋肉痛と同じような感じで一時的なものではあるんですが。 健康の為にやっていても、激しすぎると体を痛めてしまう事にもあるんですね。 ランニングをすると、腎臓におおきな負担がかかっているんです。 特に経験の浅いランナーの方は脱水気味になってしまう事が多くなります。 走っている時は体温が上がっていきます。 体は血を循環させる事で、体温を下げようとします。 また、筋肉から排出されるたんぱく質を腎臓でろ過しようとするので走っている間の腎臓は過労状態になってしまいます。 そして、腎臓機能が低下してしまう結果で血尿が出るという事につながっていきます。 という事で、やはり血尿があった後は無理をせず少しだけ体を休めた方がいいでしょう。 そして、ランニングの最中の水分補給はしっかりと行うようにしましょうね。 まとめ ランニングで血尿が出るという事はよくあることです。 基本的にはそう大きな心配をする必要はありませんが、まずは必ずお医者さんに診てもらうようにしてくださいね。 たまたま、それがランニング後だったというだけの話にすぎないかもしれないので。 そして、激しいランニングによって腎臓にダメージを与えてしまうという事も知っておかないといけません。 トレーニングの強度は急に上げすぎないように徐々に上げることをおすすめします。 こんなボクが言うのもおかしい話なんですが。 無理のない範囲の練習と、適度な水分補給。 よく言われるのは喉が渇いてからでは遅いという事です。 早めの水分補給を心がけましょう。 それでは、無理のない楽しいランニングライフを一緒に楽しみましょう!.

次の

要注意!血尿の出る病気 6つ!

血尿 が 出 たら

健康診断などで行う尿検査では「+」や「2+」といった表記で陽性反応を指摘されます。 血尿の方は、日本で約500万人いると推測されています。 年齢が高くなるほど発生頻度が高く、とくに女性に多い傾向があります。 今回は「血尿」からわかる病気を特集します。 尿ができるまで 尿は腎臓でつくられます。 腎臓は血液をろ過して老廃物を取り除き、再利用できるものは血液とともに体の中に戻し、不要になった水分・塩分などは、尿として体外に出しています。 尿は腎臓から尿管という細い管を通り、膀胱にたまります。 膀胱には300~500㎖程度の尿をためる働きと尿を出したいときに、適切に収縮して排出する働きがあります。 血尿とは このとき腎臓の中にある糸球体が「ざる」の役目をして、必要なものと不必要なものにわけます。 腎不全では、糸球体や尿細胞に障害がおこるため、血尿やたんぱく尿がでてしまいます。 血尿は大きく分けて、目でみて尿が赤~黒く見える 「肉眼的血尿」と、目には見えないけれども、検尿検査をすると尿に血液(赤血球)が混じっている「 顕微鏡的血尿」の二つに分けられます。 血尿が出ても病気でない場合も多く、運動後(マラソンなど)、生理前後、性活動後、抗凝固薬(血をサラサラにする薬)使用中などは一時的に血尿がでることはあります。 通常の尿検査で「+」が出ている場合でも、顕微鏡で赤血球が見えなければ血尿とは言いません。 健康診断などで血尿を指摘された際には、再度かかりつけ医などに行き、顕微鏡で見る検査(尿沈渣検査)を行う必要があります。 血尿は何科を受診するべき? さて、血尿が出たら何科を受診するのがよいのでしょうか。 「血尿の原因は、腎臓で尿ができる時に血が混じる場合と、尿ができた後に尿管や膀胱に結石や腫瘍、傷ができて血が混じる場合の2通りがあります。 前者は腎臓内科で、後者は泌尿器科となります」と柳田太平(やなぎだ・たいへい)腎臓内科部長は話します。 「腎臓の内科的疾患でも、5-6%で肉眼的血尿をきたす場合がありますが、風邪や咽頭炎のあとに血尿が出ることがほとんどです。 ただ、下肢のむくみや高血圧、蛋白尿をともなう場合は腎臓病の可能性が高くなります」。 とくに蛋白尿をともなう血尿の場合は、いち早く腎臓内科(腎臓専門医)に受診し、治療することが大事です」(柳田太平腎臓内科部長)。 (製鉄記念八幡病院 柳田太平腎臓内科部長) 「Feature 特集」最新記事•

次の