メンタ リスト シーズン 6。 メンタリストシーズン4第6話のあらすじと感想

特集:「メンタリスト」シーズン6のまとめ(ネタバレ)

メンタ リスト シーズン 6

メンタリスト シーズン4第6話 前回までのあらすじ カリフォルニアの離島でタリアという若い女性が遺体で発見されました。 ジェーンは島の人間が犯人だと予想し、捜査を開始しました。 タリアは父親を何者かに殺されていたことがわかり、友人に父親を殺した犯人が分かったと言っていたことがわかりました。 捜査を進めているとジェーンは島に移住して蝶々を飼っていたウィリアムがタリアの父親を殺したことを突き止め、ウィリアムは逮捕されました。 ウィリアムは名前を偽っていてフィッシュという名前でした。 しかしタリアは殺していないと言っていて、ジェーンはタリアを殺した真犯人も見つけました。 タリアを殺したのは保安官のホイットでタリアが助けを求めたのにホイットはレイプし殺したのでした。 スポンサーリンク メンタリスト シーズン4第6話のあらすじ グリーン警察署長が遺体で発見されました。 プライス巡査に話を聞くとグリーンはなぜこの現場にいたのか不明だと言っていました。 グリーンの家を捜査していると中に男と女の子がいて、女の子のアニーはリグズビーに銃を向けていました。 そこにリズボンが来ると男とアニーは驚いていました。 男はリズボンの弟のトミーでアニーはトミーの娘でした。 2人は保釈中に逃げた人間を探す賞金稼ぎをしているのでした。 それを聞いたリズボンは呆れていました。 トミーが探している逃亡犯はカーマインオブライエンという男でした。 そしてトミーはオブライエンがこの街に逃亡したとグリーンに警告していたのでした。 グリーンはオブライエンに殺されたのかもしれないと捜査を開始しました。 トミーはリズボンに賞金の為自分が先にオブライエンを見つけると言っていました。 オブライエンは横領で捕まった男でした。 リズボンのオフィスにプライス巡査がグリーンの資料を持ってきました。 グリーンはズボフという男を逮捕していたことがわかり、調べることにしました。 ズボフに会いに行くと高級ホテルに泊まっていました。 そしめズボフの首には傷跡がありました。 しかしズボフは何も言わず去りました。 ジェーンはズボフが女に手を出してその件でグリーンはズボフを逮捕したと言いました。 ジェーンとリズボンはホテルの支配人のチャドカーマイケルに会いに行きました。 そしてズボフの部屋に入った従業員リストを用意してくれることになりました。 チョウはオブライエンを見つけ捕まえようとするとトミーが邪魔になりチョウは怪我をして病院に運ばれました。 オブライエンは逃げてしまいました。 ズボフの部屋でレイプされた女性がわかりました。 彼女は清掃スタッフで抵抗して外に出て、友人であるグリーンに話したのでした。 グリーンは彼女を助けようとしていたのでした。 しかしグリーンが殺された時間にズボフにはアリバイがありました。 捜査を進めていると薬物取引をしているスティーブが遺体で発見されました。 スティーブの母親はスティーブが電話で山小屋に行くと言っていたので薬を買いに行くと思いグリーンに、連絡したと言っていました。 グリーンはスティーブを探しに山小屋にきて、その時に売人に2人は殺されたのだろうとリブボンは推理しました。 そしてオブライエンが見つかったという情報が入ったのでリグズビーとヴァンペルトが向かうとすでにトミーがオブライエンを拘束していました。 トミーはリズボンの携帯を盗聴していてオブライエンの居場所を知ったのでした。 オブライエンはオフィスで拘束されトミーはリズボンに怒られていました。 そしてジェーンは隙を見てオブライエンをトミーに渡し、ズボフが泊まっていたホテルに行けと言いました。 これは作戦でリズボンとジェーンは2人をつけてホテルに行きました。 トミーは支配人のチャドに呼ばれ金を払うから、オブライエンをメキシコで解放してくれと言いました。 グリーンとスティーブを殺したのはチャドでした。 チャドは密輸で金儲けをしていて、スティーブに売る時にグリーンが来たので2人を殺したのでした。 チャドは逮捕されました。 リズボンはトミーに留置所にいるオブライエンをあげるといいました。 そして困った時は自分を頼るようにトミーに言い、2人はハグをして別れました。 メンタリストシーズン4第6話を見た感想 事件は金持ちの息子の馬鹿な犯行で、助けようとしたグリーンが死んでしまって可哀想でした。 正義感があってみんなから信頼されている人ほどこうゆう事件に巻き込まれてしまうんですね。 本当に気の毒です。 今回の見所はなんといってもリズボンファミリーですね。 リズボンは何かにつけ弟トミーの話をよくしていたので今回出てきてとても嬉しかったです。 結構めちゃくちゃな弟なので、リズボンがなんであんなにジェーンに対して寛容なのかというのも理解できます。 アニーもとても可愛かったですし、ナイスコンビな親子だったのでまた別の機会に出るのかなぁ?と思いました。

次の

メンタリスト The Mentalist シーズン2 第6話 ラメと赤い血 Black Gold and Red Blood

メンタ リスト シーズン 6

前回までのあらすじ 古い屋敷を買ったアランという男が窓から落ちて遺体で発見されました。 その古い屋敷には秘宝があると言われていて、元の持ち主のビクトリアと甥のドリューがが屋敷の返還で揉めていたことがわかりました。 ジェーンは屋敷の秘宝を調べていると屋敷には地下室がある事がわかりました。 そこでジェーンは秘宝が何かわかったとこの事件の関係者に伝えました。 するとその夜ドリューが屋敷にやって来ました。 犯人はドリューで秘宝を自分のものにしようとアランの屋敷に入り誤って殺してしまったのでした。 ジェーンは秘宝を見つけました。 それは年代物のワインでした。 オフィスで事件解決のお祝いをしていると、リグズビーとヴァンペルトが見つからない様にキスをしていました。 スポンサーリンク メンタリスト シーズン2第6話のあらすじ カービーという男が遺体で発見されました。 現場の操作をリグズビーとヴァンペルトがしていると、ジェーンは2人の関係を気づいている様でした。 すると野次馬達が暴れていました。 野次馬の男は被害者の妻ドナの兄であるロディーという男でした。 ロディーはテッドという男を、犯人だと思っている様でした。 オフィスでロディーを事情聴取していると、ボスコがジェーンの元にきて、ジェーンを逮捕しました。 ボスコはジェーンが、仕掛けた盗聴器に気づいて逮捕したのでした。 ジェーンはCBIを辞める様言われましたが反発した為、刑務所に入れられました。 事件の捜査をしていると、カービーは地主で、土地の下に石油があるという事でかなりの大金を手にしていたのでした。 そして、テッドはカービー一族が土地を支配しているので一銭も手に入らず日頃からカービー達を恨んでいたことがわかりました。 刑務所に入ったジェーンは独房が一緒になった男の話を聞いてあげ、すでに仲良くなっていました。 しかしジェーンは警察関係で働いていたので囚人達から狙われていました。 リズボンとヴァンペルトは殺されたカービーの家に行きました。 するとカービーには娘がいて、リズボン達は奥さんのドナに話を聞くことにしました。 ジェーンは刑務所でみんなから注目の的でした。 そこでジェーンは自分が狙われないために、刑務所のボスに話しかけ、メンタリストの力を発揮していました。 リズボンがドナに話を聞いていると、カービーとドナの夫婦関係は以前はうまく行っていませんでしたが、最近打ち解けていたところでした。 そしてオイルマネーがある事で妻のドナも容疑者に上がりました。 ジェーンは刑務所のボスに暗示をかけていました。 その時面会に呼ばれ、チョウが会いにきていました。 チョウは事件の資料をジェーンに見せて協力を仰いでいました。 リズボンはドナの義理の父親に会いに行きました。 義理の父親にはサンドリーンという若い奥さんがいました。 2人とも血の繋がりがないからか、カービーが死んでもなんとも思っていないようでした。 ジェーンは捜査資料を読んでいると何か気になったことがあり、チョウに電話してロディーを面会に来させるよう頼みました。 チョウはそれはできないと言った為、ジェーンはロディーを電話で挑発し、事情聴取にきたリグズビーを殴らせ、ロディーはジェーンのいる刑務所に収監されました。 刑務所内でジェーンはロディーに待ってたよと言い、迎え入れました。 そして、事件の話をロディーから聞いていました。 リズボンがマフィンを持ってジェーンの面会にきました。 ジェーンはロディーは無実だとリズボンに言っていました。 その夜ジェーンは差し入れのマフィンでネズミをおびき寄せ捕まえていました。 次の日ジェーンは意識不明で倒れました。 すぐに運ばれましたがジェーンは芝居で倒れていただけで、隙を見てネズミが嫌いな看守の所にネズミを離して、目を盗んでジェーンは脱獄しました。 ジェーンはドナの家に行き、親族を集めました。 そしてリズボンに電話をして来る様に言いました。 ジェーンは親族に話をしていると、カービーはサンドリーンと浮気をしていたことがわかりました。 しかしカービーはドナに隠しておけなくなり話すと言ったのでサンドリーンはカービーを殺したのでした。 そこに警察が来て、サンドリーンは逮捕されました。 そして脱獄したジェーンも連行されました。 リズボンはボスコに頼んでジェーンを釈放してもらい、ジェーンは仕事復帰できることになりました。 リズボンとボスコは過去の事件で隠していることがある様でした。 メンタリスト シーズン2第6話を見た感想 ジェーンが刑務所にいるシーンはどれも面白かったです! どこに言ってもジェーンは相変わらずですね。 刑務所のボスをいとも簡単に味方につけてしまうのはさすがですね。 極め付けは脱獄してしまうシーンはとても凄かったです。 なんの焦りもなくたんたんと脱獄して、その後カービーの家に行くジェーンの神経は本当にすごいですね。 ジェーンが脱獄したと知ったリズボンの落胆した顔がとても面白かったです。 ジェーンは面白いですしCBIに欠かせない人物ですが、部下にジェーンがいると大変ですね。 事件はいかにもお金が好きそうな女の人が犯人で、今回はなんとなく犯人が中盤からわかりました。 奥さんは旦那さんが亡くなったっというのでもショックなのに、死んだ後に浮気をしていることがわかって。 しかもそれが原因で殺されてもう夫の死も悲しめないように思いました。 男女の不倫や浮気で事件に発展するのはとても多いですね。

次の

特集:『メンタリスト シーズン6』遂に宿敵レッド・ジョンとの決着なるか!シリーズ最大のクライマックス

メンタ リスト シーズン 6

前回までのあらすじ 古い屋敷を買ったアランという男が窓から落ちて遺体で発見されました。 その古い屋敷には秘宝があると言われていて、元の持ち主のビクトリアと甥のドリューがが屋敷の返還で揉めていたことがわかりました。 ジェーンは屋敷の秘宝を調べていると屋敷には地下室がある事がわかりました。 そこでジェーンは秘宝が何かわかったとこの事件の関係者に伝えました。 するとその夜ドリューが屋敷にやって来ました。 犯人はドリューで秘宝を自分のものにしようとアランの屋敷に入り誤って殺してしまったのでした。 ジェーンは秘宝を見つけました。 それは年代物のワインでした。 オフィスで事件解決のお祝いをしていると、リグズビーとヴァンペルトが見つからない様にキスをしていました。 スポンサーリンク メンタリスト シーズン2第6話のあらすじ カービーという男が遺体で発見されました。 現場の操作をリグズビーとヴァンペルトがしていると、ジェーンは2人の関係を気づいている様でした。 すると野次馬達が暴れていました。 野次馬の男は被害者の妻ドナの兄であるロディーという男でした。 ロディーはテッドという男を、犯人だと思っている様でした。 オフィスでロディーを事情聴取していると、ボスコがジェーンの元にきて、ジェーンを逮捕しました。 ボスコはジェーンが、仕掛けた盗聴器に気づいて逮捕したのでした。 ジェーンはCBIを辞める様言われましたが反発した為、刑務所に入れられました。 事件の捜査をしていると、カービーは地主で、土地の下に石油があるという事でかなりの大金を手にしていたのでした。 そして、テッドはカービー一族が土地を支配しているので一銭も手に入らず日頃からカービー達を恨んでいたことがわかりました。 刑務所に入ったジェーンは独房が一緒になった男の話を聞いてあげ、すでに仲良くなっていました。 しかしジェーンは警察関係で働いていたので囚人達から狙われていました。 リズボンとヴァンペルトは殺されたカービーの家に行きました。 するとカービーには娘がいて、リズボン達は奥さんのドナに話を聞くことにしました。 ジェーンは刑務所でみんなから注目の的でした。 そこでジェーンは自分が狙われないために、刑務所のボスに話しかけ、メンタリストの力を発揮していました。 リズボンがドナに話を聞いていると、カービーとドナの夫婦関係は以前はうまく行っていませんでしたが、最近打ち解けていたところでした。 そしてオイルマネーがある事で妻のドナも容疑者に上がりました。 ジェーンは刑務所のボスに暗示をかけていました。 その時面会に呼ばれ、チョウが会いにきていました。 チョウは事件の資料をジェーンに見せて協力を仰いでいました。 リズボンはドナの義理の父親に会いに行きました。 義理の父親にはサンドリーンという若い奥さんがいました。 2人とも血の繋がりがないからか、カービーが死んでもなんとも思っていないようでした。 ジェーンは捜査資料を読んでいると何か気になったことがあり、チョウに電話してロディーを面会に来させるよう頼みました。 チョウはそれはできないと言った為、ジェーンはロディーを電話で挑発し、事情聴取にきたリグズビーを殴らせ、ロディーはジェーンのいる刑務所に収監されました。 刑務所内でジェーンはロディーに待ってたよと言い、迎え入れました。 そして、事件の話をロディーから聞いていました。 リズボンがマフィンを持ってジェーンの面会にきました。 ジェーンはロディーは無実だとリズボンに言っていました。 その夜ジェーンは差し入れのマフィンでネズミをおびき寄せ捕まえていました。 次の日ジェーンは意識不明で倒れました。 すぐに運ばれましたがジェーンは芝居で倒れていただけで、隙を見てネズミが嫌いな看守の所にネズミを離して、目を盗んでジェーンは脱獄しました。 ジェーンはドナの家に行き、親族を集めました。 そしてリズボンに電話をして来る様に言いました。 ジェーンは親族に話をしていると、カービーはサンドリーンと浮気をしていたことがわかりました。 しかしカービーはドナに隠しておけなくなり話すと言ったのでサンドリーンはカービーを殺したのでした。 そこに警察が来て、サンドリーンは逮捕されました。 そして脱獄したジェーンも連行されました。 リズボンはボスコに頼んでジェーンを釈放してもらい、ジェーンは仕事復帰できることになりました。 リズボンとボスコは過去の事件で隠していることがある様でした。 メンタリスト シーズン2第6話を見た感想 ジェーンが刑務所にいるシーンはどれも面白かったです! どこに言ってもジェーンは相変わらずですね。 刑務所のボスをいとも簡単に味方につけてしまうのはさすがですね。 極め付けは脱獄してしまうシーンはとても凄かったです。 なんの焦りもなくたんたんと脱獄して、その後カービーの家に行くジェーンの神経は本当にすごいですね。 ジェーンが脱獄したと知ったリズボンの落胆した顔がとても面白かったです。 ジェーンは面白いですしCBIに欠かせない人物ですが、部下にジェーンがいると大変ですね。 事件はいかにもお金が好きそうな女の人が犯人で、今回はなんとなく犯人が中盤からわかりました。 奥さんは旦那さんが亡くなったっというのでもショックなのに、死んだ後に浮気をしていることがわかって。 しかもそれが原因で殺されてもう夫の死も悲しめないように思いました。 男女の不倫や浮気で事件に発展するのはとても多いですね。

次の