フランス 解除。 感染者続出、「衛生管理反対」の署名運動…フランス自粛解除、学校再開の混乱(下野 真緒)

フランスの新型コロナウイルス外出制限の緩和措置まとめ【2020年5月11日以降】 フランス/パリ特派員ブログ

フランス 解除

再開して間もなく全土で70名の感染が発覚 学校が再開された最初の1週間、ニュースや新聞はその話題で持ち切りとなった。 中でも、まだ子供を登校させる決心がつかない親たちが恐れるのは、クラスターの発生だ。 多くの親たちが6月上旬に子供たちを学校に戻すべく、この3週間で学校の集団感染が発生するかどうかを慎重に見極めている。 実際、再開直前の週末には、フランス南東部ヴィエンヌ県の 中学校で、再開準備を進めていた学校関係者からクラスターが発生。 4人の陽性が確認され、9人の隔離措置がとられている。 また、再開 1週間(実質3日間の登校)で計70名の感染が各地で確認され、4万校中約50校が閉校した。 感染者のほとんどがその前週に再開準備のために集まっていた学校関係者とされるが、フランス北部のルーベ市(レッドゾーン指定)では生徒たちからも陽性反応が出たため、この地域の計7校が一斉に門を閉ざすことになった。 さらに、再開前の週末にあたる5月9日には、南部マルセイユで9歳男児が川崎病に似た炎症症状で死亡したケースがあり、新型コロナ感染も確認されている。 3月以降、フランスでは約130人の子供にこの症状が見られ、うち半数以上の子供にコロナ陽性が確認されている。 両者の関連性は高いとされ現在も調査中であるが、「子供が新型コロナにかかっても重症化しない」とする説を多くの親や教師が疑い始めている。

次の

フランス5月11日から外出禁止の段階的解除 首相が計画を発表

フランス 解除

フランスのフィリップ首相は28日、5月11日からの封鎖措置の段階的緩和に向けた詳細計画を公表した。 自宅から100キロメートル以内なら外出理由書を携帯せずに出かけられるようになるほか、最大10人までの集会も可能となる。 これに伴い、政府は感染検査の体制を整え、感染者の隔離や感染経路の追跡を徹底する。 ただ、地域によっては厳しい制限措置が継続される可能性もあるとしている。 5月11日からバーやレストラン、映画館、海水浴場などを除く全ての店舗の営業が許される。 企業には、少なくとも向こう3週間は在宅勤務の継続を要請する。 保育所と学校は再開されるが、1クラス当たりの人数は保育所が10人、学校は15人までとする。 宗教的儀式は6月2日まで、サッカーやラグビーなどの試合は9月まで、引き続き禁止される。 政府は5月11日以降、1週間当たり70万件を目標に検査を実施する。 新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状のある人や、感染者と接触した人は全員、検査の対象となる。 感染が確認されれば14日間の自主隔離を義務付けられる。 政府は、全ての企業に従業員へのマスク配布を求め、必要なら小規模企業のマスク調達を支援する。 地下鉄やトラムなどでのマスク着用も義務付ける。 これに向け、マスクの供給体制を整え、郵便局のウェブサイトでマスクを販売するほか、健康弱者向けに1週間当たり500万枚のマスクを提供する。 ただ、感染拡大状況には地域差があるため、政府は封鎖解除の最終的な判断は各自治体に託す方針。 また、こうした封鎖措置の解除は、1日当たりの新規感染者数が3,000人以内にとどまることと、5月11日まで国民が外出制限措置を厳守することが条件としている。 外出規制は3月17日に最低15日間の予定で導入されたが、その後に繰り返し延長され、現在の期限は5月11日となっていた。 フランスの新型コロナウイルス感染症(COVID19)による死者は27日時点で2万3,293人と、前日から437人増えている。

次の

ロックダウン段階的に解除・フランス|英語ニュースを読もう!

フランス 解除

商業施設を再開させ、公共交通機関は平常運転に戻していく。 カフェやレストランなどの飲食店は、6月2日以降の再開の見通し。 大きな美術館や映画館などの施設は、しばらくは閉鎖が続く。 コンサートやイベントなども再開の見通しはたっていない。 公園は、安全が確認された場合のみ開放されるが、集団での使用は禁じられる。 「社会的な公平さが必須」と学校再開 学校再開については、政府に助言する専門家委員会は「9月の再開が望ましい」としたが、フィリップ首相は、インターネット環境や親の都合等によりテレワーク学習が困難な子供もおり、「社会的な公平さが必須」と判断し、学校再開に踏み切ることにした。 地方や学校にもよるが、小学校(5月11日以降)、中学校(5月18日以降)と順番に解除していく。 小中学校は1クラス15人までとされ、テレワーク学習の継続が推奨されている。 高校の再開は6月以降となる見込み。 大学などは夏休み明けの9月以降の予定。 小学生以下の子供にはマスク着用は義務づけられていないことや、給食の配膳時の感染予防などの問題がまだ解決していないため、5月11日の再開までに準備が間に合わない学校も多いという指摘もある。 託児所や保育園などは1クラス10人までとし、医療従事者の子供が優先される。 企業にはテレワーク推奨 通勤時はマスク着用義務化 企業も、できるだけテレワークが推奨されており、できない場合は、出社のローテーションを組む、マスクを着用するなどし、ソーシャル・ディスタンスの確保、濃厚接触を避けるように指示した。 通学通勤時にはマスクの着用が義務づけられた。 不足していたマスクも、国内での生産が進み、5月11日以降には十分な供給が見込まれている。 人の移動距離は100キロ以内と制限され、それ以上の遠距離を移動する場合は証明書が必要になる。

次の