ダンサー インザ ダーク あらすじ。 映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

【ネタバレ解説】鬱映画「ダンサーインザダーク」を観直したら色々な発見があった

ダンサー インザ ダーク あらすじ

「ダンサーインザダーク」 2000年、 ラース・フォン・トリアー監督により作られたデンマークの映画。 上映時間は140分。 三部作の映画となり、 「奇跡の海」「イディオッツ」に次ぐ三部作目となる。 あらすじ 舞台は アメリカのとある町。 チェコから移民してきた 「セルマ」が主人公。 セルマは貧乏ながらも息子の 「ジーン」と幸せな家庭を築いていたが、 先天性の目の病気で徐々に視力を失いつつある体だった。 視力の低下と戦いながらも工場で働き続けるセルマ。 まさに インザダークの名前が相応しい作品ではあるが、 時折 「ミュージカル」が劇中で展開される。 「なぜミュージカル?」 そんな疑問も投げかけたくなる物語の脚本であるが、 なんと、今回の主演である ビョークは 世界的にも人気の歌手であるのだ。 その影響力は日本でも健在で、 日本最大級の野外音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL. 17」では、 一番大きなステージでライブをするほどの人気があり、 日本人アーティストである 「YUKI」が、 ビョークに 絶大な影響を受けているほどの大物ミュージシャンである。 閑話休題。 目の病気を持ち、大した給料も貰えず、なかなかに苦しい生活であるが、 ミュージカルシーンでとても楽しそうに歌って踊る、 ビョーク扮するセルマの歌唱力がとても引き立つ作品となっている。 世の中には 「衝撃のラスト」との見出しが出る作品がしばしばあるが、 この「ダンサーインザダーク」ほどに「衝撃のラスト」を感じる作品を今までに観たことが無い。 暗い映画の雰囲気の中、彼女は 「楽しそうに歌って踊る」 こんなに救いが無い人生なのに、こんなに楽しそうに歌って踊るセルマ。 貧乏ながらの幸せを噛み締める序盤が一変… そこから不幸への階段を段々と踏み進めるストーリー構成は、 観る人全てを引き込み、視聴者は行き場のない怒りとやるせなさを覚えるだろう。 これも生々しいリアルな感覚を覚える一因となっている。 同情という表現が正解かと言われると疑問ではあるが、 モヤモヤする感情を「映画鑑賞」として楽しんでみるのもアリ。 幸せな映画に疲れた時は是非観てみてはいかがだろうか? 配信コンテンツ そんな「ダンサーインザダーク」は今現在、 Amazonプライム、NETFLIX、dTV、U-NEXT、等で視聴できる。 息子ジーンと2人暮らしをしながらの工場での労働、 そして趣味であるミュージカルの稽古に汗を流すことは、 貧乏でありながらも幸せなものだった。 だが、セルマは先天性の病気で徐々に視力が失われつつあり、今年中には失明する運命にあった。 ジーンもまた、彼女からの遺伝により手術をしなければいずれ失明してしまうため、 必死で手術費用を貯めていた。 そんなセルマの唯一の趣味となるミュージカルを演じ、よく空想にふけていたが、 セルマは視力の悪化とミュージカル空想のよる仕事上のミスが重なり、 ついに工場をクビになってしまう。 その矢先、ジーンの手術費用として貯めていたへそくりを、友人の警察官ビルに盗まれてしまう。 セルマはビルに金を返すよう迫り、もみ合っているうちに拳銃が暴発、ビルは死んでしまった。 セルマは殺人犯として逮捕され、裁判にかけられ、死刑宣告を受ける。 このまま何も語らなければ死刑となってしまうが、セルマは一切真実を口にしない。 友人の計らいで、弁護士も来るが、ジーンの手術費用を弁護費用として払うことが条件とわかると、 断腸の思いで拒否をする。 そして死刑執行日、方法は絞首刑。 死への恐怖から足がすくみ、絞首台までの107歩を歌いながらなんとか歩き切る。 ジーンの名前を叫び、死の恐怖を女性看守に訴える。 女性看守はセルマの恐怖を避けるため、顔にかぶせるはずの黒い布を例外的に外す。 死刑の見届けをしていたキャシーは周囲を振り切り、死刑台にいるセルマにジーンのメガネを渡す。 セルマはジーンがもうメガネが必要なくなり、手術に成功したことを知る。 安心したセルマは落ち着き、笑顔になりながら「最後から二番目の歌」を歌ったが、 歌っている途中に死刑は執行され、 絞首台からぶら下がるセルマをバックにエンドロールが流れる。 ネタバレ徹底考察 セルマはなぜ真実を語らなかったのか? 死刑が確定してから執行までの間、セルマは一切の真実を語らない。 セルマが真実を語らなかった理由は 「自分よりもジーンが大事だったから」であり、 ジーンのためならビルを殺すことさえいとわない、という強い意思表示であると考える。 セルマは裁判中であっても一貫してお金の使い道については語らない。 これは、何かの不備でジーンが手術を受けることができなくなったら… という不安からくるものであると推測できるだろう。 安心感から歌い始めたセルマはジーンの回復を知り、どのような気持ちだったのだろうか? なぜ、病気のことや、お金のことを相談しなかったのか? セルマはこれまでの人生、 一切人に頼ることなく生きてきた。 女手一つで子供を育て上げた彼女の プライドの高さも原因の一つであろう。 そして何よりも、彼女の唯一の楽しみである「ミュージカル」、 辛いことや悲しいことがあった時、 いつも彼女はこれに「逃げている」ようにみえてしまうのだ。 現実から目を背けるための材料として、ミュージカルを使っていたのかもしれない。 ミュージカルが流れるシーン 今作の中でミュージカルが流れるシーンは全部で6つ。 ・工場での仕事中 ・クビになった後歩く線路 ・ビルを殺した直後 ・裁判中 ・絞首台までの107歩 ・絞首台の上 アカペラ 全てに共通する状況として、 「その時セルマが置かれた状況が辛いものであった」というものがあるのが、 この描写を観てもセルマの空想は 「現実からの逃避」であったと言える描写である。 手持ちカメラによる「ドキュメント風」の撮り方 今作の監督、ラース・フォン・トリアー監督は、 過去にも数々のディストピア映画を世に放ってきた奇才であるが、 今作では、映画のほとんどを手持ちカメラによる撮影を行った。 この描写により、 「映画感」があまり感じられないカットのシーンが多くなり、 現実的描写が増えたように感じる。 今作の映画にはBGMが無かった。 手持ちカメラでの独特なカメラワークの中、 BGMは一切なく自然の音や生活音だけで物語が進むのもよりリアル感を引き立てる。 音楽が流れるシーンが「ミュージカルシーン」だけであるのが、 そのミュージカルシーンをより一層盛り上げる要因となっているだろう。 しかしその「ミュージカルシーン」は、セルマが辛いときにしか起こらないのだ。 絞首台の上が「舞台」だった。 セルマはミュージカルが趣味で、失明前は稽古に参加し、 主役に抜擢されるほどの才能を持っていた。 そんな中視力も失い、主役から外され、 挙句の果てに刑務所に入ってしまう。 セルマの夢は叶わないと思われたが、 最後、絞首台でミュージカルを披露する。 最後の「舞台」は主役として立つことができたと考えるべきなのか…? ラース・フォン・トリアー監督の奇才ぶりがうかがえる。

次の

映画「ダンサーインザダーク」のあらすじ&感想!母の存在について

ダンサー インザ ダーク あらすじ

映画「ダンサーインザダーク」あらすじ チェコからアメリカにやってきたセルマは女手ひとつで息子を育てながら工場で働いている。 セルマを母のように見守る年上の親友キャシー、何かにつけて息子の面倒を観てくれる隣人ビル夫妻、セルマに静かに思いを寄せるジェフ。 様々な愛に支えられながらもセルマには誰にも言えない悲しい秘密があった。 病のため視力を失いつつあり、手術を受けない限り息子も同じ運命を辿るのだ。 愛する息子に手術を受けさせたいと懸命に働くセルマ。 しかしある日、大事な手術代が盗まれ、運命は思いもかけないフィナーレへ彼女を導いていく・・・。 引用: 遺伝の病により視力が失われつつあるセルマ。 息子にも遺伝してしまうことがわかっているため、息子のために工場で必死に働き貯金を必死で貯めます。 しかし視力が悪くなっていき仕事のミスが増え、やがて工場を解雇されます。 そして大切な手術のための貯金が盗まれてしまい、 セルマは悲劇的な運命を歩むことに。 悲しくつらいラストにはしばらく放心状態になってしまうこと間違いありません。 映画「ダンサーインザダーク」総合評価・感想 3. 5 後味の悪さは評判どおりという感じです。 それ以外のところでいうと、言い方は悪いですが結構だらだらとしていて、よくテレビ番組であるドキュメンタリー映像でも見ている感覚。 盛り上がりも特別になく、ちょっと退屈に感じました。 とはいえ、この華やかさのなさがリアルで暗い独特な雰囲気を作っているのもまた事実。 あとはやっぱりビョークの歌唱力はさすがですね。 ミュージカル部分のおかげで、後味の悪さが少し緩和されているようにも思いました。 何度もみたいと思う映画ではありませんでしたが、やがて失明してしまう病を抱えながらも息子のため一生懸命なセルマには強さを感じました。 映画「ダンサーインザダーク」鬱すぎるラストのネタバレ• 隣人のビル家は銀行から家を押さえられてお金に困っていた• ビルがセルマの家を訪れたとき、セルマの貯金のありかを知る• ビルがセルマのお金を盗んだことでもみあいになり銃が暴発、ビル死亡• セルマは殺人罪で逮捕され死刑が求刑される• 死刑執行の前に息子ジーンの手術成功がわかり、安心する• セルマ死亡 映画「ダンサーインザダーク」ネタバレ含む感想 ビルにもやもや 最初は良き隣人でしたが・・・セルマにお金を貸してほしいと言ったところで「ん?」と嫌な予感がしました。 するとやっぱりビルはセルマのお金を盗んでしまいましたね。 警官ともあろう人が。 ビルもジーンのためにと聞いたはずなのによく盗めるなと。 これがセルマの死の原因だから本当にもやっとします。 とはいえ、ビル死亡後のミュージカルシーンで、ビルも追い詰められていた状態だったわけで、本当にお金を返すつもりはあったんだろうなとは思いました。 みんな 優しいけれど、追い詰められているせいで弱さが出てしまったんですね。 本当のことを言えばいいのに・・・ と、セルマへの尋問をみていると思ってしまいますね。 なんで本当のこと言わないんだ~ともやもやしてしまいますが、結局セルマにとっては息子ジーンがすべてだから、息子に心配をかけたり手術に悪影響が出ることを心配してたんですよね。 そこがセルマらしいですが、悲しいです。 救いがまったくないわけではない セルマは結局死刑執行となったわけですが、最後に息子ジーンが手術成功したことがわかったことだけ、 唯一救いがあったなと思います。 彼女にとっては息子の存在がすべてでしたから。 ミュージカルで良かった ミュージカルのおかげで、落ち込んでしまうシーンもちょっと和やかな雰囲気になるのが良かったですね。 ビル死亡後や、ビル家を後にする場面、尋問シーン、そしてラストの死刑執行シーン。 音楽とダンスがなかったら本当に鬱だったと思います。 ダンサー・イン・ザ・ダークは美しく悲しい物語 以上、後味の悪い映画「ダンサーインザダーク」のあらすじとネタバレ、感想でした。 セルマを取り巻く環境はすごく優しいのですが、みんなどこか弱さをかかえていて、それが悲劇のきっかけとなっていたのがリアルでした。 後味は悪いですが、まったくの救いなしというわけではないので、ぜひ気になる方はみてみてください。 暗く、だけど美しい物語が待ってます。

次の

映画「ダンサーインザダーク」のネタバレ徹底考察│かゆブロ!

ダンサー インザ ダーク あらすじ

この項目では、デンマークの映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』について説明しています。 レディー・ガガのアルバムについては「」をご覧ください。 『』と『』に次ぐ「黄金の心」3部作の3作目とされる。 の人気女性歌手ビョークを主役に据え、手持ち撮影主体のカメラワークやの多用によるスピーディーな画面展開、不遇な主人公の空想のシーンを明るい色調のミュージカル仕立てにした新奇な構成の作品である。 ストーリー [ ] 舞台はアメリカのある町。 からの移民セルマは、息子ジーンと2人暮らしをしていた。 貧乏だが工場での労働は、友人に囲まれて日々楽しいものだった。 だが、セルマは先天性の病気で徐々に視力が失われつつあり、今年中には失明する運命にあった。 ジーンもまた、彼女からの遺伝により13歳で手術をしなければいずれ失明してしまうため、必死で手術費用を貯めていた。 しかし、セルマは視力の悪化により仕事上のミスが重なり、ついに工場をクビになってしまう。 しかも、ジーンの手術費用として貯めていた金を親切にしてくれていたはずの警察官ビルに盗まれてしまう。 セルマはビルに金を返すよう迫り、もみ合っているうちに拳銃が暴発、ビルは死んでしまった。 セルマは殺人犯として逮捕され、裁判にかけられる。 セルマはこのまま真実を語らなければ、死刑となってしまう。 しかしセルマは真実を語らず、無情にも裁判官からの温情は得られず死刑となる。 セルマは最後に恐怖からジーンの名前を叫び、死の恐怖を女性看守に訴える。 女性看守はセルマの恐怖を避けるため、顔にかぶせるはずの黒い布を例外的に外す。 死刑の見届けをしていたキャシーは周囲を振り切り、死刑台にいるセルマにジーンのメガネを渡す。 セルマはジーンがもうメガネが必要なくなり、手術に成功したことを知る。 安心したセルマは落ち着き、笑顔になりながら「最後から二番目の歌」を歌った。 しかし、途中で死刑が執行されてしまう。 セルマが真実を語らなかった理由は「自分よりもジーンが大事だったから」であり、ビルを殺してでもジーンのためなら構わなかったためであった。 出演者 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 セルマ キャシー ビル ジェフ ノーマン ジーン リンダ オールドリッチ サミュエル 地方検事 ブレンダ ポーコルニー医師 医師 スタッフ [ ]• 監督・脚本・:• 製作:ペーター・オールベック・ヤンセン• 音楽: サウンドトラック [ ].

次の