カミラカベロ 人 種 差別。 ノーマニ、カミラ・カベロの人種差別的発言について「ショックだった」と言及

ノーマニ、カミラ・カベロの人種差別的発言について「ショックだった」と言及

カミラカベロ 人 種 差別

シンガーのカミラ・カベロが、自身のインスタグラムを通じて過去の人種差別的な言動を謝罪した。 (フロントロウ編集部) 過去の人種差別発言が発覚 12月6日に待望のニューアルバム『ロマンス(Romance)』を発売し、私生活では同じくシンガーのと交際するなど、仕事もプライベートもまさに順風満帆のが、過去の人種差別的な言動をめぐって窮地に立たされている。 事の発端となったのは、カミラがまだ14、15歳の時にブログサービスのタンブラー(Tumblr)にアップした人種差別的な内容の投稿をまとめたものを、とある人物がツイッターで大量に公開したことにある。 しかも、人種差別的な投稿はひとつやふたつではなく、通称「Nワード」と言われる黒人の人たちへの差別用語を使ったものや、アジア系の人たちの言語をおちょくる内容のものなど、その数が「うっかり」では済まされない量だったことから、カミラのもとに批判が殺到。 とくに、カミラには10代のファンが多いことから、怒りよりも落胆や失望の声が多く上がった。 そんななか、カミラがSNSを通じて謝罪のコメントを発表した。 「今よりもっと若い頃の私は、一生後悔するほど恥ずべき言葉を使っていました。 その頃の私は教養がなく、無知でした。 そのような言葉を使っていた自分をとても恥じています。 これまでも、そしてこれからも謝罪し続けます。 誰かを傷つけるつもりはありませんでした。 自分の言動を心の底から後悔しています。 時間を巻き戻すことも、過去の自分の発言を訂正することもできません。 物事の分別がつくようになった今、私にできることは、より良い行いをすることだけだと思っています」 「私は今22歳で、もう大人です。 成長する過程で様々なことを学び、歴史とその歴史が伴う痛みを知りました。 これらの過ちは私という人間を表現するものではありません。 私は愛を信じているし、すべての人たちに平等な世の中を支持しています。 憎しみや特定の人たちに対する悪感情を抱いたことは一度たりともありません。 恥ずかしながら、私の過去の過ちはすべて私の無関心さと無知によるものでした。 今後は自分の立場を利用して、世の中の不公平と不平等についてもっと声を上げていくつもりです。 言葉では言い尽くせないほど、過去の自分の言動を深く反省し、恥ずかしいと感じています。 改めて、心から謝罪します」 なかには「私も15歳だけどそれくらいの分別はある」「前から言われてたのに今さら謝っても遅い」といった手厳しい意見もあるもの、大半の人たちは素直に過去の過ちを認め、すぐに謝罪をしたカミラの誠実な姿勢に好意的な反応を示している。 過ちを認め、素直に謝罪する姿勢が高評価 若手セレブのこういった不祥事が発覚するのはこれが初めてではない。 過去に不適切な内容の投稿をSNSにアップしていたことがあとになって発覚し、問題になるケースが多発している。 じつは、カミラの恋人であるショーンも、シンガーとしてブレイクする前に投稿した人種差別的な内容のツイートが最近になって見つかり、糾弾されたことがある。 その際、ショーンもカミラと同様に、すぐさま自分の過ちを認めて謝罪したことで、ファンから理解を得ることができた。

次の

ノーマニ、カミラ・カベロの人種差別的発言について「ショックだった」と言及

カミラカベロ 人 種 差別

カミラ・カベロと、ノーマニ・コーディ 現在活動休止中のガールズグループ「 フィフス・ハーモニー」のメンバーで、現在ソロアーティストとして活躍する ノーマニ・コーディが、元メンバーで歌手の カミラ・カベロの過去の人種差別発言について、ついに言及した。 過去にカミラ・カベロは、犯罪者を示す言葉遣いやアフリカ系アメリカ人に対する差別表現、貧困層が多い地域の住人を表す言葉を使用し、大バッシングを受け、その後クールな言葉だと勘違いして使っていたことを謝罪。 2019年の終わりに、自分の発言がいかに幼く、人を傷つけるものであったかを改めて認識し、長文の謝罪文を投稿した。 This a good and very elaborate apology. This is PLENTY. Thank you and I appreciate you — Melissa worIdwidemila これまで何度も謝罪してきたカミラを許す声や、成長した証だという声もあれば、「2012年の時だってすでに15歳なんだから、それくらいの分別はついたはず」「カミラは一度じゃなくて、何度も差別発言したから許せない」といった厳しい声もあがっていた。 そんな中、元同じグループのメンバーで、自身もこれまで人種差別を受けてきたことを明かしているノーマニ・コーディが、カミラの差別発言とカミラが炎上してしまったことについて言及した。 先日、雑誌「Rolling Stone」の表紙を飾ったノーマニ。 その中のインタビューで、このカミラの差別発言の炎上について「最初にはっきり言っておきたいんだけど、過去のこの炎上事件について語るのは気持ちのいいものではないわ。 ただ過去の経験も踏まえて誤解を招きたくないの。 だから、あえて自分の気持ちをしっかりと言葉にすることにしたわ。 できることなら騒動に巻き込まれるようなことはしたくないから、話をするかどうか本当に悩んだ。 でもどうしても、黒人女性として伝えておきたいことがあったの」と、自身の想いを語り始めた。 ノーマニは、カミラの謝罪が人種差別発言から7年後という遅い対応となったことにも失望したそうだ。 「まるで妹のように接していて、決して私を攻撃してくるようなことはしないと信じていた存在からあのような発言が出たことには、ただただ悲しみしかないわ。 もし逆の立場であれば、私は彼女を全力で守るもの。 彼女は自分の発言の軽々しさに気づくのに数日かかっていたし、きちんと責任を取って謝罪するまでさらに何年もかかった。 それが彼女の意図だったのかもしれないけれど、彼女にとっては、私よりもファンとの関係の方が大切で、私のことは二の次ということね」 「でも私は、彼女がこの経験から大切なことを学んでくれるのが1番だと思ってる。 どうしてここまで炎上してしまったのか、理解して受け止めてほしいの。 今回、私は自分の気持ちに正直に話したわ。 もう、この件について口を開くことは一切ない。 私たち黒人は、唯一無二の存在よ。 独自の文化に裏打ちされた誇りがあるわ」と締めくくった。

次の

フィフス・ハーモニー「泥沼脱退」のカミラが騒動について告白

カミラカベロ 人 種 差別

ショーン・メンデスとのコラボ曲は大ヒットし、ショーンは「カミラは、僕が少し話しただけで書きたい内容を即座に理解してくれる最高のパートナー」と大絶賛! 昨年末のシングルはキューバ出身のソロアーティストとして約 25年ぶりにアメリカのチャート1位を飾り、ソロアーティストとしての資質を見せつけた。 しかしこれらの成功は、生まれ持った才能だけでなく、「5H」在籍中からのたゆまぬ努力が導いたものなんだとか。 カミラは友人のひとりであるテイラー・スウィフトに刺激され、グループに入って間もない頃から「人生を写す、写真のような歌」を書きたいと思っていたという。 はじめは既存曲のメロディーに合わせて歌詞を書いていたものの、のちに作曲も手がけるように。 「(音楽を作るために)毎朝、早朝に起きてたわ。 「 黙って与えられた歌を歌って、与えられた服を着るのが一番簡単でしょ? (当時は)キャリアの頂点にいたから、脱退を決断するのは危険な選択でもあったわ。 だけど私のDNAには、冒険しつづける性分が刻まれちゃってるの。 母にも『満足して立ち止まっちゃダメよ。 ジャンプして、降りながら羽根を成長させなさい』って、ずっと教えられてきたし。 今は生きてるって実感があるわ!」 さらに、グループ間で亀裂が生じたと思う瞬間についても語った。 「はっきりいつだったかは分からないわ。 私はずっとオープンに想いを伝えてきたし、他人が書いた曲ばかり歌っていてもハッピーになれないとも言ってきたの。 時には、自分の心の声にも耳を傾けなきゃでしょ? 私はいつも、メンバーたちにも自分自身の声を聞くように勧めてきたわ。 どうしてもグループって、何かしらの敵対意識が芽生えちゃうものなのよ。 その上で、私の行動や発言が、余計に波風を立てた可能性はあると思ってる」 そして悲しいことに、脱退後はメンバーと連絡が取れていないと明かした。 「こちらから連絡はしたわ。 あの時期のことを思い出すとすごく悲しい気持ちになるから、詳しくは話したくないんだけど…。 お互いの将来のために円満に別れて、これからも応援し合えれば、と思っていたのよ。 でも結局、 私は 彼女たちを愛しているけど 、片思いのようね」 しかし、カミラはこれからの活動をとても前向きに考えているよう! 「<ビルボード>の撮影では『生まれ変わり』をコンセプトにしたの。 自分自身の心と魂を感じて、自分とつながりたい。 そして心をみんなの前で丸裸にする。 それがアーティストとしての目標よ。 今は作詞作曲する時は、本当は隠しておきたいような気持ちについて書いているの。 悲しみって、とても人間らしいと思うのよね。 あとは、私は自分自身をもっと理解したい。 そのためにも、ただ自分の気持ちを表現するのではなく、何を伝えたいのかを深く考えているの」 17日には「カシミア・キャット」とコラボしたを発表したばかりだし、ピットブルと J. バルヴィンと共に映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』用に制作したもあるそう。 円満に脱退できなかったことは悲しいけれど、ますます活躍の幅を広げているカミラの今後に注目したい。

次の