お腹 が ゴロゴロ なる。 うさぎのお腹がゴロゴロ鳴る際の注意点

お腹がぐるぐる鳴る4つの原因!病気の可能性もチェック!

お腹 が ゴロゴロ なる

この音は、腸が動くときの音です。 腸と腸がこすれ合う音ではなく、腸の動きによって、腸の中身が移動する音です。 腸の中身が、液体なのか、固体か、によって音が違ってきます。 癒着などで狭くなった腸が、食べ物などで詰まっている状態を腸閉塞といいます。 腸閉塞(イレウス)の患者さんの音は、医学的に「金属音」とされています。 聴診器でお腹の音を聞くと、金属の板の上に、水を垂らしたような響く音がします。 腸閉塞の時は、腸が風船のように膨らみます。 膨らんだ腸の中を消化液など水分が移動するときに起こる音が、金属音です。 パーンと張った腸の壁が、タンバリンをたたいたときのように音を出すわけです。 こんな時、腹部のレントゲンを撮ってみると、拡張した腸が映し出されます。 お腹の音で、腸の状態がわかります。 わたしは、患者さんに、お腹の音が何時頃にするのか、をよく聞きます。 午前中からグルグルとよく鳴る人、昼食後にゴロゴロと鳴る人、トイレの前にギュルギュルと鳴る人など、様々です。 午前中に鳴る人 午前中からお腹が鳴る人は、消化管が生まれつき弱い人に多く、シナモンが入った漢方薬を使います。 シナモンには、腸管の動きを調節する作用があります。 食後の人 食後に鳴る人は、消化力に問題がある人に多く、半夏(はんげ)が入った漢方薬を使います。 半夏は、消化を助ける作用があります。 トイレの前の人 トイレの前に鳴る人は、痛みを伴う場合もあります。 このため、朝の電車に怖くて乗ることができなくなる人も、いらっしゃいます。 この場合は、 生姜 ( しょうが )が入った漢方薬を使います。 生姜は、お腹を温めて痛みをやわらげる作用があります。 みなさんのお腹の状態は、いかがでしょうか。 健康で元気に毎日を過ごすために、胃腸を整えることは、大変重要です。 そのためにも、ご自分のお腹の音に耳を傾けてみてはいかがでしょう。 透析医学会に行きました。 企業ブースで透析シャント音確認のための遠隔聴診器を見つけました。 音声データを録音することも可能だそうです。 聴診はなかなか... 透析医学会に行きました。 企業ブースで透析シャント音確認のための遠隔聴診器を見つけました。 音声データを録音することも可能だそうです。 聴診はなかなか難しく、僕自身も細かい音の聴き分けは自信がありません。 画像などの検査機器の進歩ゆえに、余計に苦手になるのかもしれません。 しかし、同じ音を共有することが共有できれば、専門家の意見も理解しやすいですし、客観的な情報にしやすいと思います。 聴診音の波形をグラフ化する機械も将来的には現れるでしょうか? もちろん、画像機器との相関データがでれば、聴診そのものにもフィードバックが可能だと思います。 聴診は伝統的な行為であり、スキンシップや信頼関係を形作る行為の一つなので、遠隔診断の浸透はなかなか難しいと思いますが、救急領域でFASTという緊急超音波診断に関しては一部地域で救急士による代理でプローベ(端子)をあてる行為も行われており、あるいはそういった分野から浸透するかもしれません。 聴診器の位置のずれはすでにあるビデオによる遠隔診断と電話で修正できますし、聴診器の音は一定時間を録音してデータ化して送信すればいいですから。

次の

お腹がゴロゴロ鳴る原因と対策 & おうちでできる簡単ケア

お腹 が ゴロゴロ なる

この記事の目次• お腹が鳴る原因 どういった状況のときにお腹がなるのかを知りましょう。 原因を知っておくことで、お腹が鳴るのを回避することができます。 空腹時はお腹が鳴ります。 これは胃腸の中が空っぽの状態になっている時、に胃腸が収縮運動を行うことで発生します。 「空腹期収縮運動」や「食後気収縮運動」と呼ばれており、胃腸に残った残ってしまった少量の食べカスを排出するための運動です。 胃腸の運動は意識的に行えるものではないので、いくら意識してもこの収縮運動は引き起こります。 食後6時間〜8時間の間にこの働きが活性化し、お腹から音が発生するケースが多くあります。 胃や腸の中が空っぽの状態だと空間が出来てしまうので音も鳴りやすくなります。 丁度消化運動が終了し胃の働きもまだ活発なタイミングに起こりやすい傾向がります。 またダイエットなどをおこなている場合は空腹の時間が長くなってしまいますのでその場合もお腹が鳴りやすくなります。 満腹の状態 意外に思う方もいるかと思いますが、満腹の状態でもお腹から音が発生する場合があります。 食べ物は、口から入ってきて胃で消化された後に、腸を経過して肛門から便として排出されます。 この過程において、腸に入る時にガスが発生します。 このガスが腸を動かすことで音が発生するのです。 つまり満腹時のお腹からする音は、腸が動く音だといえます。 またこの時に発生するガスはおならとして排外に排出されます。 におならについて詳しく書いてあるので、気になった人は読んでみてください。 早食いである あまり量を食べていなくても、早食いの人はお腹が鳴りやすい状態になってしまうので注意しましょう。 早食いをすると、食物と一緒に多くの空気を飲み込んでしまう傾向にあります。 空気がお腹に溜まると、上記のように腸を動かしてしまって、お腹から音が発生してしまうという現象が現れてきます。 ということは炭酸飲料などは、ガスを飲んでいるようなものなのでお腹から音が発生する可能性が高くなります。 お腹が鳴るのを避けたい場面であれば、炭酸飲料を飲むのは避けたほうが懸命だといえます。 食べたもの 満腹でもないし、空腹感がある訳でもないし、早食いでもないのに音がするという場合は食べたものが原因で音がしてしまうことがあります。 例えば熱すぎる食べ物や冷たすぎる食べ物、辛すぎる食べ物を食べた時にお腹から音がする原因になります。 これは胃腸に対しての刺激が強く負担になっているために、胃腸の働きが活発になってしまい音が発生するのです。 ストレス 直接的な原因とはいえませんが、ストレスが溜まっているとお腹がなりやすい状態になってしまいます。 ストレスが溜まることで自律神経が乱れてしまいます。 腸は自律神経の影響を受けやすく、バランスが崩れてしまうと腸が正常に働かなくなります。 そうなると食物を消化する際に、ガスを上手く排出できなくなりお腹から音がする原因になってしまうのです。 また緊張した時というのは、無意識に奥歯を噛み締めてしまう場合があります。 奥歯を噛みしめると胃腸に空気を飲み込みやすくなってしまい、お腹が鳴る原因となる事があります。 緊張やストレスが特に関係している胃腸の働きの問題には過敏性腸症候群の問題もあります。 これは現代病とも呼ばれていて原因が多岐にわたり判明しにくい事もあります。 特定の状況や緊張、ストレスなどが引き金になり腸の運動が活発になり音を出したりお腹が痛くなるなどの症状が引き起こります。 頻繁にこれらの症状が出てしまう場合は慢性化してしまい病気に繋がってしまう危険があるので注意しましょう。 ファッション 服装によっては、お腹が鳴りやすくなる場合があります。 想像するとお分かりになると思いますが、ベルトをきつく締めたりゴムウエストがきつい服装はお腹の辺りを圧迫してしまい、胃腸の働きを制限してしまう場合があります。 特に女性の場合は、ストッキングやウエストの絞られたワンピースなどを好んで着ている人は気をつけた方が良いでしょう。 休んでいる時 お腹の音は休んでいるときやじっとしている静かな時に良くなるイメージはありませんか?周囲が静かだから音を認識しやすいこともありますが、休んでいる時に胃腸の働きは活発になる事が関係しています。 これは、副交感神経が優位に働いているからです。 交感神経を活発に働かせている時は胃腸などの内臓の働きは弱くなります。 緊張状態になり、身体を動かすことに集中するからです。 基本的に消化や胃腸のぜん動運動などの働きは休んでいるタイミングに活発になります。 食べてすぐ横になると牛になると言いますが、寧ろ食べた後にしっかり休息することで消化は良くなり、早く食べ物が消化されるので胃の中に長期的に食物が残らずに便秘になりにくかったり、太りにくくなります。 なので休んでいるタイミングは胃腸の働きが活発になり音が鳴りやすくなります。 休んで副交感神経が働くタイミングは目を閉じたりすることで光の摂取量が少なくなることや、横になること、筋肉を休ませること、意識を落ち着かせること、呼吸を深くすることなどを行うことでスイッチが切り替わります。 このタイミングで食後気収縮運動が起きやすくなります。 病気の可能性 上記の原因がどれも当てはまらない上に、いつまでも鳴り続けるという場合は胃腸が炎症を起こしたり病気になっている可能性があります。 下記でおなかがなる症状のある病気を紹介しているので、心当たりのある方は一度読んでみましょう。 お腹の音の止める方法 では実際に音が出てはいけない場面になった場合、どのような対処法を取れば音を止めることが出来るのかその方法を紹介します。 自分に合う方法を探してみてピンチの時に使えるようにしておきましょう。 変なタイミングでお腹がなって周囲から注目を集めてしあわないようにしましょう。 背筋を伸ばす 人間の体は誰しも少しは丸まっているものです。 その状態ではお腹がなりやすくなってしまうので、背筋を伸ばすことでおなかが鳴るのを止めることができます。 丸まっていると、腹腔の面積が広くなってしまいます。 背筋を伸ばすことで腹腔を狭くし、その空気圧で胃腸が動くのを止めることが一時的にできるのです。 お腹が鳴る時は自分でわかると思うので、鳴りそうと感じたときに背筋を伸ばしてみましょう。 音を止めることができます。 お腹を膨らませる 腹式呼吸のようなやり方の対処法です。 お腹を膨らませるように空気を取り入れればお腹が鳴るのを事前に止めることができます。 これは胃に空気を取り込むことで、その空気圧により胃腸の働きを一時的に止めることができます。 お腹の音を気にする時は試してみましょう。 背中を叩く あまり大きな動きが取れない時はこの方法が良いと思われます。 胃の後ろくらいの位置の背中を叩くことで、胃に溜まった空気を腸に送る手助けをすることができます。 息を吸ってお腹を膨らました後に、背中を叩きながらゆっくり息を吐きましょう。 1日3食しっかり食べる 毎日、食事の回数が違うかったり、食べる時間がマチマチだとお腹が鳴りやすくなってしまうので、決まった時間に食べることを心がけましょう。 近年は朝ごはんを食べないという人も多くいます。 朝ごはんを食べないということは睡眠時間を考えると、ご飯を食べていない時間がとても長くなります。 朝ごはんを食べることで仕事や学校の最中にお腹が鳴る可能性をぐっと下げられるでしょう。 また朝ごはんは、パンよりもご飯の方が消化に時間がかかり腹持ちが良いので、お腹の音に悩んでいる方はご飯を食べるようにしましょう。 上記の原因にもありましたが、早食いはお腹の音の原因になってしまうので、ゆっくりよく噛んで食べることを意識してください。 あまり水分を取らない 食事の時にお茶や水をたくさん飲んでいる人は、少し減らすようにしましょう。 水分を摂りすぎることで、胃酸が薄くなって消化管の消化機能が弱くなってしまい、食べカスが残りやすくなってしまします。 食べカスが残るとガスが発生しやすくなりお腹の音が発生する原因になります。 少しづつ喉の乾きを取ることだけを意識して水を飲みましょう。 消化が終わってから水分を摂るようにすると、食べカスが残りにくくなります。 ゲップをする これは仕方なくといった方法ではありますが、ゲップをすることでお腹がなるのを減らすことができます。 上記のようにガスが原因でお腹が鳴っているので、ゲップをすることでお腹のガスを先に出しておくのです。 もちろんゲップも自分で故意にできない人もいると思うので、難しい方法かもしれませんが、故意にゲップを出せる人は仕事前などにトイレでゲップをしてガス抜きを行うと良いでしょう。 病気の可能性 普通に生活をしているのに、あまりにも頻繁にお腹が鳴ってしまったり、少し食べただけでも毎回音が発生する場合は病気という可能性もあるので、症状に心当たりのある方は病院へ行くようにしましょう。 過敏性腸症候群 特に胃腸に変化がないのにもかかわらずお腹あたりに不快感を感じて、下痢や便秘などが起きる病気です。 症状の現れ方がマチマチなのが特徴で、「下痢が頻繁に起きてしまう症状」・「便秘になってしまう症状」・「二つが交互に繰り返される症状」の3つに分類することができます。 主に食事の後に発生することが多いのですが、前兆を感じることがなく急に症状が発生してしまうために、いつ起こるか分からないという不安が原因で症状を引き起こす場合があります。 完治することが難しく、命の危険はありませんが、過敏性腸症候群とは長い付き合いになってしまいます。 まずは自分が過敏性腸症候群だということを認知することが大切なのです。 特に働き盛りの20〜30代の男女に多く発症することから社会的なストレスが大きな原因となっているのではないかと言われています。 過敏性腸症候群は腸の知覚過敏です。 何らかの刺激やストレスを受けるとそれに反応して腸の動きが活発になります。 どの様な状況で症状が出やすいのか、自分で分析してみて、医者に報告し治療を行っていきましょう。 過敏性腸症候群に関する詳しい記述はこちらで紹介しています。 ・ 胃炎 胃で起こる炎症を総称して胃炎と呼びます。 症状としては、腹部の痛み・吐き気・気持ち悪さなどがあり、お腹からゴロゴロ音がする場合が多くあります。 お酒の飲み過ぎなどにより胃が刺激を受けすぎた時に炎症を起こすことが原因になります。 症状によっては、治療方法も変わってきますので、あまりにも激しい痛みや気持ち悪さを感じる場合は病院へいきましょう。 胃炎に関する記事はこちらになります。 詳しくはこちらを参考にしてください。 ・ ・ ・ ・ 逆流性食道炎 胃酸や十二指腸液が逆流してしまって、食堂で炎症が起きてしまった状態です。 症状として、胸焼け・吐き気・喉のイガイガ・気持ち悪さなどがあり、お腹から音がするといった症状もあります。 この場合お腹からする音が大きくなるのが特徴です。 原因としては、過度なストレス・暴飲暴食・喫煙などがあります。 症状が軽ければ自己治癒でも治せますが、あまりにも痛みや吐き気を感じる時は診察してもらいましょう。 逆流性食道炎の記事はこちらになります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 ・ 呑気症 空気を無意識に多く吸い込んでしまうことで、お腹に空気が溜まってしまうという病気です。 空気嚥下症と言われる場合もあります。 症状としては、 ・お腹の張り ・ゲップやおならの多発 ・胸焼け ・痛み といった症状が現れることがあります。 さらに空気が多く溜まっているので、お腹が鳴ることが多くなってしまいます。 ストレスや早食いが原因となって発症することがあり、それらの原因を取り除くことで症状を改善することが出来ます。 呑気症が疑われる場合はこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。 ・ ・ ・ まとめ お腹が鳴る原因• 空腹感で胃腸が収縮している• 満腹によりガスが発生している• 早食いで空気を取り込んでいる• 胃に負担をかけるものを食べている• ストレスにより自律神経が乱れている• 腹部を締め付ける服装をしている• 病気の可能性 お腹の音の止め方• 背筋を伸ばす• お腹を膨らませる• 背中を叩く• 1日3食バランス良く食べる• 食事中の水分を少なくする• ゲップをしてガス抜きをする お腹の音がでる症状の病気• 過敏性腸症候群• 逆流性食道炎 以上が今回の記事のまとめになります。 お腹が鳴るのは個人差があります。 基本的には鳴る人の方が多いと思われますが、仕事中や恋人とのデートの時は避けたいものですよね。 原因になるような行動を避けて、お腹がなるのをなるべく少なくしましょう! 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

お腹がボコボコ(ポコポコ)鳴る・動くおならのような音原因は水やガス溜まり?

お腹 が ゴロゴロ なる

そもそもお腹の音が鳴る仕組みとは? わたしたちのお腹の音が鳴る仕組みはどうなっているのでしょうか?自分の身体のことなのに意外と知らないものですよね。 ちょっとだけイメージしてみてください。 飲みものがいっぱいに入ったペットボトルを振っても、何も音は鳴りません。 また、飲みものが一切入っていないペットボトルを振っても、やはり音は鳴りません。 一方、飲みものが半分くらい入っているペットボトルを振るとシャカシャカと音が鳴りますよね。 つまり、飲みものと空気が混ざり合うときに音が鳴ります。 お腹の音が鳴る仕組みはこれと同じで、 胃腸の伸縮運動で食べものや飲みものが空気と混ざり合うときに、「グルルルゥー」「ゴロゴロゴロー」「キュルキュルキュルー」とお腹の音が鳴るのです。 なぜ空腹時にお腹の音が鳴りやすいのか? わたしたちのお腹の音が鳴りやすいのはやはり空腹のときです。 なぜ空腹のときにお腹の音が鳴りやすいのでしょうか? わたしたちの脳は血糖値が下がってくると、「何かエネルギーになるものを食べろ!」という指令を出します。 これがいわゆる空腹感ですね。 そうすると、胃腸は食事を受け入れる準備を整えるために伸縮運動を開始します。 このときに胃腸に残っている食べものや飲みものと空気が混じり合いやすくなります。 つまり、 空腹のときには胃腸が活発に動く分、お腹の音が鳴りやすくなるのです。 なぜ空腹ではないのにお腹の音が鳴ることがあるのか? わたしたちのお腹の音が鳴りやすいのは空腹のときですが、空腹ではないのにお腹の音が鳴ってしまうこともありますよね。 でも胃腸が健康的に活動していれば、どんなときでもお腹の音は鳴る可能性があります。 わたしたちが食べものや飲みものを摂ると、胃腸は消化活動を始めます。 このとき、胃腸の伸縮運動で食べものや飲みものと空気が混ざり合うため、お腹の音が鳴ることがあります。 食後などにお腹の音が鳴るのも決して不思議なことではないでしょう。 食後にお腹の音が鳴りやすい場合には下記のような状況が考えられますが、決して病気というわけではありません。 スポンサーリンク 頻繁にお腹の音が鳴るときに疑うべき5つの病気とは? ここまで説明してきたように、お腹の音が鳴るのは胃腸が健康的に活動している証拠です。 誰でもそれなりにお腹の音は鳴るもので、基本的には病気の心配はありません。 ただあまりに頻繁にお腹の音が鳴る場合は次の5つの病気を疑ってみてください。 1.過敏性腸症候群 小腸や大腸が刺激に過敏になっている状態のことで、腹痛・下痢・便秘・腹部膨張感・食欲不振などの症状が出ます。 ちょっとしたことでも小腸や大腸が活発に動いてしまうため、お腹の音が鳴りやすくなることもあります。 現在のところ、過敏性腸症候群の原因ははっきりとわかっていません。 ただ血液検査や内視鏡検査でも腸に特別な異常が発見できないことから、過敏性腸症候群はストレスの影響が大きいと考えられています。 過敏性腸症候群は自己治癒も可能で、決して致命的な病気はありません。 過敏性腸症候群を改善するためには、普段からリラックスすることを心がけるとともに、毎日規則正しい生活をすることで自律神経のバランスを整えることが大切です。 ただあまりに過敏性腸症候群の症状が続く場合には、病院の内科や消化器科などに相談しましょう。 2.胃腸炎 胃腸炎はご存知の通り、胃や腸で炎症を起こしている状態のことです。 胃腸炎の原因としては暴飲暴食・薬品(風邪薬など)・ストレス・細菌・ウィルスなどが考えられます。 胃腸炎の代表的な症状は腹痛・下痢・嘔吐などですが、胃腸の活動が不規則になることでゴロゴロとお腹の音が鳴ることもあります。 ただお腹の音が鳴るという症状が単体で出ることはほとんどありません。 お腹の音が鳴る以外にも腹痛・下痢・嘔吐などの症状がある場合には、胃腸炎を疑ってみるとよいかもしれません。 胃腸炎の症状が繰り返される場合には、病院の内科や消化器科などの診察を受けましょう。 3.逆流性食道炎 逆流性食道炎とはその名前の通り、胃酸が逆流することで食道が炎症を起こす病気のことです。 逆流性食道炎では胃酸が逆流するときに、「ギュルギュルギュルー」とお腹の音が鳴ることがあります。 「いつも胸が焼けつくような感じがする」「口に酸っぱいものや苦いものが込み上げてくることがある」「何か飲み込むときに胸の中心あたりに痛みを感じる」「何となく吐き気がする」「風邪を引いているわけではにのに喉がイガイガする」などなど。 上記のことにいくつか当てはまるのなら、逆流性食道炎の可能性が高いでしょう。 逆流性食道炎の原因としてはさまざまなことが考えられます。 たとえば、食後すぐに横になると胃酸が逆流しやすくなります。 また、猫背も胃を圧迫するため、胃酸が逆流しやすくなります。 さらに高脂肪食品・香辛料・カフェイン・アルコール・炭酸飲料などの内臓に負荷のかかる食品の過剰摂取もよくありません。 逆流性食道炎は生活習慣を改めることで自然治癒することもありますが、もし心当たりがあるのならまずは病院の内科や消化器科などを受診することをおすすめします。 スポンサーリンク 4.呑気症(どんきしょう) 無意識に空気をたくさん飲み込んでしまう病気のことを呑気症(どんきしょう)と呼びます。 空気嚥下症(くうきえんげしょう)と呼ばれることもあります。 誰でも食事では一定の空気を一緒に飲み込みますが、呑気症では食事以外のときにも無意識にたくさんの空気を飲み込んでしまいます。 呑気症は胃腸に空気がたまるため、お腹の音が鳴りやすくなります。 その他の呑気症の症状としては「おならやゲップが出やすくなる」「お腹が張りやすくなる」「胸焼けする」などがあります。 呑気症の最大の原因はストレスと考えられています。 わたしたちは不安や緊張などのストレスを感じると、ゴクリと唾液を飲み込みやすくなりますが、このときに空気も一緒に飲み込んでいます。 つまり、日常的にストレスを抱え込んでいると、唾液と一緒にたくさんの空気を飲み込みやすくなるのです。 実は日本人の8人に1人は呑気症というデータもあります。 もしかしたらあなたも気が付かないうちに呑気症になっているかもしれません。 呑気症は自覚するのが難しい病気ですが、あまりに頻繁にお腹の音が鳴るという方は呑気症を疑ってみるとよいでしょう。 5.胃がん・小腸がん・大腸がん がんは異常な細胞が増殖することでできる悪性腫瘍のことです。 胃腸に悪性腫瘍ができると、胃腸の活動が不規則になることで、ゴロゴロとお腹の音が鳴りやすくなることもあります。 胃腸の悪性腫瘍には他にも腹痛・下痢・便秘・消化不良・腹部膨満感・胸焼けなどさまざまな症状が出ることがあります。 ただ頻繁にお腹の音が鳴るからといって、すぐに胃腸にがんができていると決めつける必要はありません。 もちろん、がんは自己判断できない病気です。 「自分は胃腸にがんがあるのではないか」と不安な方は、病院で内視鏡検査などを受けてみるとよいです。 なお、胃腸に良性腫瘍ができた場合にも、お腹の音が鳴りやすくなることがあります。 ただ健康にそれほど悪影響が出ていなければ、基本的に良性腫瘍は放っておいても問題ありません。 最後に.

次の