ライン 過去 の トーク。 LINEのトークを非表示にする・非表示を解除して再表示(戻す/復活)する方法

LINEトークのメッセージ保存方法まとめ。

ライン 過去 の トーク

また、機種変更前にトーク履歴をバックアップしていれば、これまでの友人とのトークをそのまま引き継ぎ可能です。 トーク履歴も引き継げないので、残しておきたいメッセージは、Keep機能やスクリーンショットで保存しておきましょう。 なお LINEコインの残高や、LINE Outのチャージ済みコールクレジットなども引き継げません。 機種変更前に使い切ることをおすすめします。 関連記事はこちら 機種変更でLINEデータを引き継ぐ方法 機種変更でLINEアカウントのデータを引き継ぐ大きな流れは、下記の通りです。 元のスマホで設定:引き継ぎ前の5つの準備• 新しいスマホで設定:2つの方法で引き継ぎ 各設定方法を詳しく紹介します。 元のスマホで設定:絶対に必要な引き継ぎ前の5つの準備 機種変更前に元のスマホで絶対に設定する必要がある、引き継ぎ前の5つの準備を紹介します。 LINEアプリをアップデート• 登録済みのユーザー情報を確認• LINEのトーク履歴をバックアップ• トークルーム内の画像を保存• 「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定 5つの設定方法を画像付きで紹介します。 LINEアプリをアップデート 元のスマホと新しいスマホでLINEのバージョンが異なると、アカウントを引き継げない可能性が高いです。 引き継ぎ設定をする前に、元のスマホにインストールされている LINEを最新バージョンにアップデートしましょう。 AppStoreでLINEを検索し、「アップデート」をタップすればOKです。 なお「開く」と表示されていれば、最新バージョンにアップデートされているので、手続きは不要です。 登録済みのユーザー情報を確認 LINEに登録している「パスワード」「電話番号」「メールアドレス」を確認し、必ずメモを取りましょう。 万が一まだ未登録の場合、機種変更前に設定してください。 特に2019年のリニューアルで、 パスワードの設定が必須となったので注意しましょう。 各ユーザー情報は、LINEの設定ボタンをタップし、「アカウント」をタップ。 3つの項目の設定状況を確認できます。 「パスワード」項目が「登録完了」になっていれば、パスワードを設定できています。 「未登録」と表示されていれば、パスワードを新しく登録してください。 なお「パスワードを忘れた…」時は変更しましょう。 「パスワード」項目をタップすると、iPhoneのパスコードの入力が求められます。 その後新しいパスワードを設定すれば変更完了です。 パスワードの作成には、8文字以上の英語と数字を組み合わせる必要があるので注意しましょう。 基本的にLINEの利用には電話番号が必須なので、既に登録されているでしょう。 ただしビジネス用のスマホを持っていたり、有効でない電話番号が設定されている可能性も考えられます。 引き継ぎの際は登録された電話番号に認証コードが届くので、必ず確認しましょう。 メールアドレスの登録も必須です。 パスワードを忘れて再設定したい時や、PC版LINEにログインする際に役立ちます。 メールアドレスの登録では、「古いメールアドレスを登録したまま引き継いでしまった…」ケースが多いので、必ず現在有効なメールアドレスを設定しましょう。 LINEのトーク履歴をバックアップ LINEのトーク履歴をバックアップしておけば、引き継ぎ後もこれまでのトーク履歴を見ることができます。 バックアップといっても数分で終わるので、設定しておきましょう。 トーク履歴をバックアップするには、OS毎に手順が異なります。 同じOS間で引き継ぐ場合• 「トークのバックアップ」をタップ。 「今すぐバックアップ」をタップすれば、バックアップが開始されます。 早ければ5分ほどでバックアップが完了します。 正常にバックアップできたかどうかは、「前回のバックアップ」にバックアップした日付けが表示されていればOKです。 なお「空き容量が足りません」と表示される場合、iCloudドライブの容量を増やす必要があります。 またAndroidではGoogleドライブにバックアップするので、 Googleアカウントへのログインが必要ですが、基本的にバックアップ方法は同じです。 ただし テキストデータで保存することは可能です。 保存したいトークを開き、右上のタブをタップ。 設定マークをタップ。 「トーク履歴を送信」をタップ。 「メール」や「メモ」など、保存したいファイルアプリを選択して保存。 今回はメモを選びました。 メモを開くと、下記のようにテキストで保存されています。 テキストファイルなのでスタンプなどは反映されませんが、会話内容はチェック可能です。 なお一括保存はできないので、保存したいトーク毎に作業しなければいけません。 トークルーム内の画像を保存 異なるOSに機種変更する時や、トーク履歴のバックアップが上手くできないと、トークルーム内の画像が全て消えてしまいます。 ただし「LINEアルバム」か「Keep」に保存していれば引き継ぎ可能です。 お気に入りの写真・動画は、忘れず保存しておきましょう。 保存方法は簡単で保存したい画像を長押しして、「アルバム」か「Keep」を選択するだけです。 「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定 機種変更する当日に、「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定しましょう。 特に電話番号が変更されると、引き継ぎできなくなる可能性もあるので、必ず忘れずに設定してください。 設定方法は、LINEの設定画面にある「アカウント引き継ぎ」をタップ。 「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定します。 なお引き継ぎできる有効期間は、オンに設定してから36時間以内です。 制限時間が経過したり、引き継ぎが完了すると自動でオフに切り替わります。 ちなみにもしも間違えてオンにしてしまった場合、手動でオフに切り替えればOKです。 アカウントを引き継ぎしないのにオンのまま放置しておくと、乗っ取られるリスクがあるので注意しましょう。 以上で元のスマホでの設定は完了です! 新しいスマホにLINEデータを引き継ぎ2つの方法 新しいスマホにLINEデータを引き継ぐには、下記2つのパターンがあります。 同じ電話番号で引き継ぐ• 新しい電話番号で引き継ぐ 「機種変更によって電話番号が変わったかどうか」で、引き継ぎ方法が異なります。 同じ電話番号で引き継ぐ方法 同じ電話番号のまま機種変更する際に利用する引き継ぎ方法です。 万が一異なる場合は、下部の「いいえ、違います」をタップして、電話番号を再入力しましょう。 既に追加しているLINEの友達ではなく、スマホの連絡帳に登録されている相手を自動追加する機能です。 「連絡帳と同期されて自分のアカウントを多くの人に知られたくない」時は、チェックを外しましょう。 前回バックアップした年月日が正しく表示されているか確認しましょう。 スキップも可能ですが、年齢確認をしなければLINEのID検索を利用できません。 個人情報の漏洩などが心配な方は、同意しなくてもOKです。 以上で、引き継ぎ完了です! 2. 新しい電話番号で引き継ぐ 機種変更で電話番号が変更された際に利用する引き継ぎ方法です。 ごく稀に自分と異なるアカウント名が表示されますが、「いいえ、違います」をタップしてください。 「前回使用していた電話番号」か、「元のスマホで設定済みのメールアドレス」を入力しましょう。 既に追加しているLINEの友達ではなく、スマホの連絡帳に登録されている相手を自動追加する機能です。 「連絡帳と同期されて自分のアカウントを多くの人に知られたくない」時は、チェックを外しましょう。 前回バックアップした年月日が正しく表示されているか確認しましょう。 スキップも可能ですが、年齢確認をしなければLINEのID検索を利用できません。 個人情報の漏洩などが心配な方は、同意しなくてもOKです。 以上で引き継ぎ完了です! 機種変更でLINE引き継ぐ際の注意点 機種変更でLINEアカウントを引き継ぎ際の注意点を3つ紹介します。 パスワード未登録の場合は旧スマホが必要 LINEのパスワードを設定せずに機種変更した場合、電話番号を入力した後にパスワードの設定が求められます。 パスワードの登録には、本人確認の徹底のため、 旧スマホのLINEアカウントに認証コードが送信されます。 旧スマホが手元にあれば、問題なく登録できて引き継ぎ可能です。 しかし下取りなどに出して手元にない場合、アカウントを引き継げません。 もしも「パスワードの登録を忘れた…」時は、下取りに出すのを辞めましょう。 バックアップや引き継ぎ設定は必ず行う LINEアカウントを新しくするなら問題ありません。 しかしこれまでのLINEのトークやデータを引き継ぎたい場合、必ず設定しましょう。 特に 機種変更する前のバックアップと、パスワード・電話番号・メールアドレスの登録は必須です。 また「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定するのも忘れずに行ってください。 機種変更前にしっかり準備しないと、過去のLINEのデータが消失して復元できなくなるので注意しましょう。 引き継ぎ方法に詰まったらLINEヘルプに確認しよう LINEの引き継ぎは難しくないので、今回紹介した内容を参考にして頂ければ、データをしっかり引き継げます。 とはいえ「大事なデータだから紛失したくない…」と不安になってしまうかもしれません。 そんな時はLINEヘルプに問い合わせましょう。 LINE上で質問に答えるだけで引き継げるか確認できる「」や、引き継ぎに関して直接相談できるが用意されています。 自分で判断するよりも、公式に問い合わせた方が確実なので、迷った時は利用してみてください。 まとめ リニューアルによって、LINEアカウントを手軽に、安全性高く引き継げるようになりました。 大切なデータを正常に引き継ぐためには、機種変更前の準備が重要なので、漏れなく設定しましょう。 今回の記事なら真似するだけで正確に引き継げるので、ぜひ参考にしてください! 関連記事はこちら.

次の

【機種変更時は超重要!】知ってる? LINEのアカウントとトーク履歴の移行方法(Android)

ライン 過去 の トーク

Lineトーク履歴が消えてなくなることはあるの? Lineは非常に便利なアプリで、多くの人が利用しています。 実際にチャットをしてから相手と話すことも出来て、無料通話で電話することも出来ます。 これらすべてが無料で使えるので、利用者がたくさん増えてきているのがわかります。 チャットというのは新しいものではなく、パソコンが始まったときから利用する人が多くて、利用されていました。 ただし、パソコンの場合は、使う人が限られていたので、そこまでの需要はありませんでした。 それが、スマホやiPhoneが使えるようになってからほとんどの人がスマホやiPhoneを持つようになりました。 そこで無料のコミュニケーションツールとして普及したのがLINEです。 そのLineトークでチャット繰り返していると、過去に話したことがわからなくなったときに読み返してから確認することが出来るのもLINEのよいところです。 実際に、何を話しているのかなどもとの主題を忘れてしまってから脱線することもありますし、昔はなした内容で改めてトークをすることもあります。 そのときに、過去に話したトーク履歴を読むことが出来るのは大変助かります。 このトーク履歴はトークをするときに重要なもので、残っていると大変助かります。 ただし、トーク履歴が突然消えてしまったりすることがあるのでしょうか。 では相手にブロックされたり削除されてありしたときにトーク履歴が消えてしまうものでしょうか。 この場合は、トーク履歴が消えることはありません。 しっかりと残っているので、そういう理由でトーク履歴が消えることはありません。 では実際にどういう理由でトーク履歴が消えることが在るのでしょうか。 Lineトーク履歴が消える理由 Lineトーク履歴が消える理由には幾つかあります• 1つ目は、トークをした相手がアカウントを削除した場合、• 別の端末からログインをしてしまった場合、• 間違って相手のIDをブロックしてしまった場合 などが人的な要因としてのトーク履歴が消える原因となります。 LINEトーク履歴が、消えた場合どうすれば復旧する? まずは、iCloudを利用してからトークのバックアップを取ったり復元したり出来ます。 ただしこの場合は、Lineのトーク履歴だけではなく、端末内のデータを丸ごとバックアップすることになります。 復元もLineトーク履歴だけではなく、丸ごとデータを復元することになります。 この場合だと、他のデータも上書きしてしまうので、できればLineトーク履歴だけをふっきゅうしたいというときにはちょっと使えません。 ソフトを利用してからトーク履歴を復元することが出来ます。 そのソフトとしては、「」のLINEバックアップ&復元を使えば、簡単にiPhoneのLineデータのバックアップと復元をすることが出来ます。 事前にLineのデータのバックアップを取っていないと復元は出来ません。 fone」を起動して、メイン画面から「WhatsAppデータバックアップ」機能を選択します。 まずはdr. foneのメイン画面から「WhatsAppデータバックアップ」をクリックします。 左側のメニューから「LINE」機能を選択します。 ステップ2 :iPhoneスマホをパソコンへ接続して、「バックアップ」をクリックします。 LINEトーク履歴のバックアップは完了後、画面には「以前のバックアップファイルを確認」をクリックして、バックアップされたLINEのトーク履歴を詳しく確認することができます。 ステップ3:「デバイスに復元」にするか、「PCへ保存」にするか必要に応じてどちらか選択してください。 実行画面が表示されたときに、「デバイスに復元」と「PCへ保存」がありますので、パソコンへデータを保存するときには「PCへ保存」をクリックして保存して、消えたトーク履歴を復旧したいときには、「デバイスに復元」をクリックして、パソコンにあるトーク履歴を転送して復旧させます。 このように、「」のLINEバックアップ&復元を利用すると、マウスの操作だけで簡単にトーク履歴を復元することが出来ます。

次の

Lineのトーク履歴が消えた?Lineの消えたトーク履歴を復元するには?

ライン 過去 の トーク

LINEメッセージの検索! LINEのメッセージの検索は、トーク画面を開きます。 これまでは無かった検索フォームが メニューボタンの右上に追加されています。 虫眼鏡のアイコンボタンです。 虫眼鏡ボタンをクリックし、検索フォームにキーワードを入力すると、 リアルタイムで検索結果が表示されます。 例えば、「ありがとう」と検索フォームに入力すると、トーク履歴の中から「ありがとう」が使われたトーク相手が表示されます。 同じトーク相手とのメッセージ(トーク履歴)に複数キーワードがある場合は、キーワードが含まれたメッセージがリストで表示されます。 検索結果または リストをタップすると、トーク履歴の中から検索キーワードとマッチしたメッセージに移動します。 検索キーワードにはハイライトが付くので、画面内で検索キーワードにすぐ目が付きます。 LINE トーク相手・グループの検索! LINEの検索機能は、トーク相手やグループも探せます。 「名前」を検索フォームに入力すれば、入力した人が表示されます。 勿論、登録されていない人は表示されません。 例えば、「大原」さんを探そうと「大原」と入力すれば、ずらずらと「大原さん」が表示されます(笑) 「大原」が使われたメッセージ(トーク履歴)も検索結果に表示されます。

次の