トイレトレーニング 3歳 進まない。 保育士が解説!保育園式3歳以降のトイレトレーニング法 |cozre[コズレ]子育てマガジン

保育士が解説!保育園式3歳以降のトイレトレーニング法 |cozre[コズレ]子育てマガジン

トイレトレーニング 3歳 進まない

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 幼児期の子供の成長は個人差が大きいものですが、それが顕著に現れるのがトイレトレーニング。 3歳までにおむつがはずれる子もいれば、3歳でトレーニングを続行している子、3歳を過ぎてからトレーニングを始める子もいます。 今回は、3歳児のトイレトレーニングについて、うまく進めるコツや注意点についてご紹介します。 3歳からトイレトレーニングを始めるときのポイントは? 3歳は様々なことに興味・好奇心が芽生え、食事や服の脱ぎ着を自分でやりたがる時期です。 言葉での意思疎通もある程度できるようになるので、一方的にお世話するだけだった赤ちゃんの頃とは違った育児の楽しさや大変さがあります。 トイレトレーニングは、すんなり受け入れる日もあれば、嫌がる日もあり、スムーズにいかないこともあります。 自分の意思がしっかりしてくるという3歳児ならではの特徴を生かして、トレーニングを進めていくことがポイントです。 関連記事 3歳児のトイレトレーニングのやり方は? ここでは、3歳児向けのトイレトレーニングをご紹介します。 下記のポイントを参考に進めていってくださいね。 トイレトレーニングへの関心や意欲を持たせる 「こうしないとこんな悪いことがあるよ」とマイナス面を伝えるよりも、「こうするとこんな良いことがあるよ」「こういうことをするとほめられるよ」など、とプラス面を教えるほうが意欲的になるもの。 トイレトレーニングも同じです。 「おむつよりも、パンツのほうがかっこいいよね」と子供に伝えて、日中はトイレトレーニングをしようという気持ちを起こさせるのも一つの方法です。 「トイレでおしっこすればお尻が汚れないよ」と声をかけたり、トイレに子供の好きなキャラクターのポスターを貼って、「トイレに行けば〇〇〇に会えるよ」と伝えたりするのもいいでしょう。 子供のペースに合わせる トイレトレーニングのひとつひとつのステップが、子供にとっては未知の経験です。 すぐに関心を持つ子もいれば、初めてのことに怖がり、嫌がって泣く子もいます。 言うことを聞かなかったり、できなかったりしても、叱ったり無理強いはせず、子供自身がパンツをはき、トイレに行こうとするまで待つ心の余裕をもちましょう。 とにかく褒める 3歳児は、褒められることで達成感を得て、どんどん成長していく年頃。 トイレに行って便座に座ることができたら、実際に排泄ができなくても褒めてあげましょう。 「トイレに座ることができたね、すごいね」と大げさすぎるくらいに褒めてあげると、子供も嬉しくなって、さらにやる気を出します。 褒めてあげることで、「自分はやればできるんだ」と自信を持たせてあげることが大切です。 関連記事 3歳児のトイレトレーニングがうまくできないときは? トイレトレーニングがなかなかうまく進まない場合は、次のようなことを心がけてみてください。 親の都合より子供のペースで 最近は、「おむつは、はずすものではなく、自然にはずれるもの」という考えが広がっていることもあり、幼稚園や保育園側も比較的、寛容になってきています。 4~5歳頃までにはずれれば大丈夫ですよ。 入園すると友達に感化されて、すんなりはずれることも。 「いつかは必ずはずれる」とゆったり構えて、子供のペースにあわせて進めましょう。 いったんお休みする 「パンツを履いてトイレにも行けるようになったと思ったら、おもらしばかりするようになった…」という話を聞くことがありますよね。 排泄機能は自律神経がコントロールしているため、環境の変化やプレッシャーによる緊張感などから、逆戻りしてしまうこともあります。 そんなときは思い切ってトイレトレーニングを一度中止してみましょう。 落ち着いてから再開することで、あっさりおむつが外れることもありますよ。 第三者に相談する ママ自身がトイレトレーニングにプレッシャーを感じていると、イライラしてしまったり、なかなかうまく進みません。 トイレトレーニングに行き詰まったら、ママひとりで悩まずに、周囲の信頼できる人に相談してみましょう。 保健師さんやもう少し大きい子がいる先輩ママ、保育園や幼稚園の先生に相談するのもおすすめです。 関連記事 3歳児がトイレトレーニングに失敗したときは? トイレトレーニング中、トイレに間に合わなくて、おもらしをしてしまっても、激しく叱るのはおすすめしません。 3歳児は、自分でできることが増えてくる分、失敗すると落ち込むもの。 前述のように、パンツを履いたり、トイレに行ったりすることは、子供にとって慣れないことです。 過度なプレッシャーを与えず、「パンツが汚れると気持ち悪いね、今度は頑張ろうね」などと、もう一度チャレンジする意欲を持たせるようにしましょう。 トイレに行くことを無理強いしたり、遊びを中断させたりすると、「トイレ=面倒で嫌なもの」という考えが子供の中に刷り込まれてしまい、逆効果になることも。 子供の意欲を尊重することが大切です。

次の

1週間で脱おむつ!3歳児のトイレトレーニング期間は本当に短かった

トイレトレーニング 3歳 進まない

3歳半のお子さんのママさんから、トイレトレーニングに関するご相談がママスタBBSに寄せられました。 『一昨日からやっとトイレトレーニングを始めました。 2歳半ごろから始めようとしたのですが、トイレに対する恐怖心が強くて……。 もう3歳半だしそろそろマズいのでは? という思いで、親子で頑張っていますが思うようにいかず。 ここ3日ほど、そこら中を拭きまくり、洗濯機フル回転で心が折れそうです……』 焦り、悩み、ヘトヘト……疲れますよね。 でも一人で悩まなくても大丈夫! いろいろ試して乗り越えた、ママスタの先輩ママさんたちの体験談をご紹介します。 焦りは禁物ですよー。 『私も最初はそこらじゅう拭き回って、パンツもズボンも洗いまくっていたよ。 しかも総カーペットの賃貸だから、ホント毎日こっちが泣いてた(笑)。 夏だったこともあってノーパンで過ごさせたら、すんなりオマルでしてくれるようになった。 子どもは「オシッコ!」って教えてくれる? 親が頻繁に連れて行ってない? 大体2時間を目安に声掛けしてみては? うちもまだウンチはオマルにしかしてくれないから、トイレトレーニングは完了してないです。 一緒に頑張りましょう!』 『うちも同じ! 3歳3ヶ月でトイトレしてる。 お互い頑張ろうね。 うちは毎日頑張ってるけどトイレでできないし、トイレを怖がっちゃう。 それに義母が、漏らすのをバカにしたり3歳過ぎてるのにってグチグチ言ってくるからイライラしちゃう』 『大丈夫、大丈夫。 初めはそんなもんです。 たまたま運良く出たときに沢山褒めてあげて、少しずつ自信を持たせてあげればOKです』 『早い子も居れば遅い子もいる! 子どもはそんなものさ! 親が焦らずゆっくり子どものペースに付き合ってあげてね。 うちの子もうんちは頑なにしなくて苦労したけど、今じゃ笑い話だよ! まだまだ大丈夫!』 トイレトレーニングのアドバイスとアイディア トイレの雰囲気づくり、お気に入りのトレーニングパンツ、絵本やシールなど便利なアイテム、そして声掛け。 現在悩んでるママさんは、先輩ママたちのアイディアを活用してみてくださいね。 『うちは2歳の誕生日に補助便座を買ってあげて、トイレには置かないで部屋でおもちゃとして遊ばせて慣れさせた。 トイレの壁に当時好きだったアンパンマンの絵を大量に貼ったり、できたらシールも使った。 トイトレで有効って聞いたほとんどのこと試した。 けど結局、終了は3歳手前だった。 膀胱の発達は個人差があるし、どう頑張っても時期が来たら終わる。 そんな感じなんだと思う。 早く始めたら早く終わるもんでもないし、その逆も然り』 『足はついてますか? 足がつかないと不安定で出ないらしいですよ。 きばれないらしい。 なので、おまるとかで足を床につけて練習するのだとか。 まれにトイレでスタートしてすぐ出来る子もいるみたいですが…。 まだコツが掴めていない間は、足がつくように台を置いてみてもいいかもしれません。 うちは大の時は、足がつくようにするとすんなりできました! お試しあれ、です』 『他の子がトイレに行ってる所を子どもに見せたことありますか? 児童館とか、お店とか、預かり保育とか……。 自分より小さい子や同じくらいの子がトイレでできるのを見せると、子どもも「自分にもできるかも!」って思わせることができるようですよ』 『うちは女の子なので「お姉さんパンツ可愛いー」と褒めまくり、トイレットペーパーも一緒に買いに行って、いい匂いの物やジバニャンの柄が入った物など試しましたよ。 ご褒美シールもトイレの壁に貼り付けましたし、旦那にもうんち付パンツを洗わせたりしました 笑。 夜はお姉さんパンツにパッドを付けてを履かせました。 濡れてしまった時に取り替えが楽です。 ゆっくり頑張ってくださいね』 『トイレの絵本は? 「」という小さめで可愛らしい絵本を使ったら、うちの息子はトイレに行きだしたよ! あとベビー用品コーナーに、おしっこをかけると絵がでてくる流せるシートが売ってるよ』 『寝起きにトイレに連れて行ったりしてみると出やすいですよ』 『家ではすっぽんぽん、外出は綿パンにする。 2~3日はおもらし状態だけど絶対叱らない。 漏らして気持ち悪いってのがわかれば、トイレでしようって気になり始める。 親はお漏らしの後処理に徹するだけ。 頑張れ!』 どんな人でも、赤ちゃんの時はおむつをして大きくなります。 そして大きくなれば、おもらしやおねしょをたまにしても、ちゃんとトイレを使えるようになるものです。 これがきっかけで、親子のきずなも強くなりますように。 文・編集部 イラスト・ゆずぽん.

次の

トイレトレーニング進まない!トイトレあるあるを切り抜ける

トイレトレーニング 3歳 進まない

早い年齢で 保育園に通う子は早めに初めて、オムツ外れも早い傾向があります。 一般的な、 おむつ外れの平均年齢は、2歳~4歳頃(3歳位が多い)になります。 ただ、年齢を気にする必要はありません。 ほとんどの子供は心身の成長とともに 自然と小学校入学前にはオムツ外れが完了します。 ただ、夜のオムツ外れは子供の意思だけでは難しいので、まずは昼間だけでもオムツが外れるように頑張りましょう。 トイレトレーニング方法・やり方 トイレトレーニング前には、トイレトレーニングできるほど心も体も成長できているか確認が必要です。 膀胱が発達して、おしっこが出そう!という感覚が定まってくるころが1歳半になります。 幼稚園・保育園の入園前(3歳頃 には、オムツが外れているのが理想なので、それより前の 2歳ごろ 早生まれの子は1歳半 からトイレトレーニングを始めるご家庭が多いとのことです。 2歳頃の時期に始めることで、入園する3歳までにはオムツ外れできているか、 あとちょっとでオムツ卒業!という感じになれるようです。 子供の成長の度合いを知る オムツ外れの時期は個人差がありますが、子供の成長にも個人差があります。 まずは子供がオムツを外すためのトイレトレーニングができるか?を把握することが大切です。 ・言葉のやりとりはできるか ・排尿感覚は2~3時間あるか ・トイレまで歩いていけるか 上記の項目が当てはまると、トイレトレーニングを始めても大丈夫です。 まだできていないことがあると、トイレトレーニングを進めることが難しいので、 少し見送って時期を待ちましょう。 トレーニング開始の時期を考える トイレトレーニング中は失敗もあります。 寒い時期であると、失敗した後に冷えて、体調を崩すことも考えられます。 春や夏の暖かい時期に始めることが理想的です。 【実践】トイレトレーニング・オムツ外れのやりかた 【1】こまめに声掛けをする トイレトレーニングを始める頃は、失敗してもいいように、まずはおむつのままから始めましょう。 2~3時間おきに「おしっこ出る?」「トイレ行こう」とこまめに声掛けをしてみましょう。 「いかない!」と嫌がる時は、無理やり連れて行くとトイレに嫌なイメージが付く可能性がありますので、 無理強いは禁物です。 親がトイレに行きたい時など、ついでに一緒に連れて行きましょう。 暗くて臭いトイレであった場合は、明るくにおわないトイレに変えてあげるとよいでしょう。 トイレを楽しいところだと感じさせるのがコツです。 最初はオムツをしたままでもいいですし、 慣れてきたらオムツを脱いで座らせてみましょう。 この時に用を足せたら、しっかりほめてあげましょう。 ほめられるとうれしくて、今度もトイレで頑張ろうという気持ちがわきます。 もし、おしっこが出なくても、座れたことをほめてあげましょう。 【3】便意、尿意を教えてあげる 子供は、まだまだ「尿意や便意」が分からず、自分でトイレに行きたいと思えません。 子供が、 モジモジ、うずうずしていて、これは「出そうだな!」と感じたらすかさず 「トイレに行こう!」と誘ってみましょう。 トイレで1度でも出すことができれば、「尿意や便意」がこういうものなのだとわかり、だんだんと、自信もついてくると思います。 【4】自分でトイレに行きたくなるまで繰り返す ここまでの流れを 根気よく続けていきます。 遊びに夢中だったり、外出していたり、途中でスムーズにいかないこともありますが、なるべくこまめにトイレに連れて行くことが大事です。 【5】トレーニングパンツに挑戦 トイレで用を足せる回数が増えた、オムツが汚れないようになってきたら、 トレーニングパンツ 二~三重構造のパンツ 、または思い切って普通のパンツに履いてみましょう。 子供が好きな キャラクターのパンツだと、すすんで履きたがると思います。 最初の頃は失敗することがありますが、このパンツがぬれた気持ち悪さがオムツ外れをさらに促しますので、替えのパンツと着替えを何枚か用意しておきましょう。 失敗してしまったら、子供はがっかりしていると思いますので、 励ましてあげましょう。 トレーニングパンツはこんな感じのものです。 もし、トイレを嫌がる、拒否反応を示したら、今から紹介するトイレが好きになる方法を試してください。 トイレが嫌!トレーニングがなかなか進まない時のやり方 トイレに良いイメージを持つ 子供にとってトイレは、恐怖心を覚えることも珍しくありません。 便座の穴は大きく感じ、恐怖心を覚えることもあります。 トイレトレーニングを始める前に、絵本などを使い良いイメージを持てるようにしましょう。 トイレについての絵本や番組はたくさんありますので、使っていきましょう。 最初は【おまる】を使用するのも良いでしょう。 トイレの環境を良くして、楽しくする せまい、くらい、くさい場合は、できる限り改善しておきましょう。 失敗しちゃったら貼ってはいけません。 「次がんばろうね」と声掛けしましょう 成功した数だけシールが増えていくので、紙がシールでいっぱいになった時はトイレトレーニング卒業! 「こんなに頑張ったんだ!」と子供もたくさんのシールを見て満足するでしょう。 目標「おにいさん・おねえさんパンツ」作戦 親子で目標を持つとやる気が出ます。 目標は 「おねえさん・おにいさんパンツをはく!」 おねえさん おにいさん パンツとは、 普通のパンツの事です。 大好きなキャラクター、イラストのパンツを一緒に買いに行き、 「オムツが外れたら、これを履けるよ!」と目標にしましょう。 きっとトイレトレーニング卒業後にパンツをはいたとき、達成感で嬉しいはずです。 男の子はお父さん、女の子はお母さんがお手本に! 子供のトイレトレーニングは、ママが行っていることが多いと思いますが、 ママにとって男の用の足し方は教えにくいと思います。 男の子は 立って用を足せるようになると、すごく楽です。 ちょっとパンツとズボンを降ろすだけなので しかし、立って用を足したことのないママが教えることは困難です。 そこで、パパの出番です。 パパがそばにいる時は、トイレトレーニングはパパに頼みましょう。 また、座っておしっこする場合も、男の子はおしっこが飛び散らないようにする必要があるため、コツがいるのでパパに頼むとよいでしょう。 女の子の場合は、お母さんが見本を見せて教えてあげるとよいでしょう。 やはり 同性の大人が教えた方が説得力があると思います。 もし、ママしか教えられない時は、座って用を足す方法を教えてあげて、大きくなったら友達のやり方を見て自然と立ってできるようになるでしょう。 オムツ外れが楽になる!幼児教材で楽しくトイレトレーニング 「おしっこしたくなったらトイレ行こうね~」と根気よく声掛けをしても、言葉だけでは子供は理解していないかもしれません。 そんな時は 幼児教材でわかりやすく理解し、トイレが楽しくなる教材を使えば、トイレトレーニングがさくさくと進んでいきます。 親の言葉よりも、人気キャラクターの映像の方が幼児には理解しやすく自分から「トイレ行きたい!」と言ってくれるかもしれません。 一番オススメ「こどもちゃれんじ」 パパ・ママが「ちゃれんじ」の経験者という方も多いでは? 長年幼児教育を研究されているため、 効率よく、分かりやすく子供にオムツ外れ、トイレトレーニングのノウハウを教えてくれます。 キャラクターは大人気のしまじろう。 トイレトレーニング教材の「トイレちゃん」が楽しくトイレの大切さやトイレの使い方を教えてくれます。 正直、親が教えるよりも しまじろうの方が理解しやすく、言う事を聞いてくれます。 費用は 月2300円前後。 DVD、絵本、教材が毎月送られてくるので、子供は毎月楽しみにしています。 なかなか進まない、イヤイヤしてうまくいかない時、親はイライラしてしまうでしょう。 怒りたくなる時も今は我慢しましょう。 きっと子供も親同様イライラ、ストレスがたまっているのでは? そんな時は、アプローチを変えてみると、気分が変わってうまく進み始めるかもしれません。 例えば、子育て支援センターや子供が集まる施設のトイレに行ってみる、トイレがテーマの絵本を一緒に読んでみるなど 育児書やネットにはたくさんのトイレトレーニング方法が紹介されていますので、いろいろ試してみてください。 体験験として、 しまじろうパペットを使って 「僕と一緒にトイレに行こう!」 裏声 と誘うと、 「しまじろうと一緒に頑張る!」 とトイレに行って出るまで頑張っていました。 出たらしまじろうが「スゴイスゴイ!」と褒めてくれて、子供はにんまり。 親の言葉よりも、しまじろうの言葉の方がうれしいようです。 失敗してしまった時は、子供は親が思っている以上にショックを受けています。 「も~!掃除が大変なんですけど!」と、言いたい気持ちを我慢して、 「嫌だったね。 まだ出るかもしれないから、トイレに座ってみよう」とおもらし後もトイレに行き、少しでも出るとほめて自信を無くさないように気を使っていました。 無事、幼稚園入園前にはオムツ卒業し、自信満々に幼稚園のトイレに行っていたようです。 オムツは必ずいつかは卒業します。

次の