イワタニ cm 宝塚。 ゆりかさんにスポンサーが付いたNE

芹香斗亜と潤花の相性を勝手に考える

イワタニ cm 宝塚

来歴・人物 [ ] にを経て、宝塚歌劇団に入団。。 同期生に・・らがいる。 宝塚入団時の成績は64人中3位。 入団当初娘役として、、、などを相手に『恋人よ我に帰れ』、『青い珊瑚礁』などでの演技ぶりでその存在を認められ、『』、『』など外部出演も多かった。 付で、宝塚歌劇団を退団。 最終出演公演の演目は『残雪/ 』。 その後は東宝現代劇と契約、舞台女優として『悲しき道具』()で奨励賞、『湯葉』(1973年)で演劇部門賞など数々の賞を得る。 から前半にかけては2時間ドラマの主演女優で多彩な役をこなし、お茶の間の人気を数々のシリーズで得た。 特に『』『』シリーズ、『』という高視聴率人気ドラマを産み出し、平成7年で第3回を受賞した。 二時間ドラマの女王として君臨した時期も長く、特に前者のシリーズの人気も手伝い、『』最多主演女優である。 、と結婚。 同年『』にの姉妹の姉役で出演していたが、妊娠のため番組を途中で降板。 そして12月に長男の 香川照之 を出産した。 主演舞台「」の初演当時は、浜が日夏京子を演じていた。 、息子の照之が1歳の時に夫が16歳年上の愛人であるの元へ移り住んだため、照之が3歳の時に離婚。 照之は浜が引き取り、母の協力のもと、女優を続けながら育て上げた。 、『人生は、ガタゴト列車に乗って…』の役の演技により第15回『大賞』を受賞。 芸能生活60周年記念としてに『新版 人生は、ガタゴト列車に乗って…』として井上マス役を再演した。 芸能生活60周年を迎え、永年の舞台の功績に対して、第38回『特別賞』を受賞した。 2月のヒロイン・なつ枝の出演500回を達成。 5月、の名誉理事長に就任。 秋の叙勲でを受章。 同年、古巣・宝塚歌劇団の創立100周年記念で創立された『宝塚歌劇の殿堂』最初の100人のひとりとして殿堂入り。 近年、人気ドラマ『女監察医・室生亜季子』シリーズの終了後はテレビドラマの出演はなく、年間1か月の座長公演及び、その稽古期間やCM出演の他には仕事はほとんどせず、悠々自適の生活を送っている。 息子一家と同居しており、一時期は元夫も加わり生活していたが、現在は元夫は別の女性と暮らしている。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ]• 聯隊の娘(花組公演、1956年4月1日 - 4月29日、、作者:)• 緑のハイデルベルヒ(雪組公演、1956年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場、作者:)• ペロー博士の贈物/夜霧の女(雪組公演、1956年10月2日 - 10月30日、宝塚大劇場、作者:(『ペロー博士の贈物』担当)、演出:(『ペロー博士の贈物』担当)、作者:(『夜霧の女』担当)• 即興詩人/(雪組公演、1957年8月1日 - 8月30日、宝塚大劇場、構成・演出:白井鐵造(両作品担当)、脚本:(『即興詩人』担当))• 恋人よ我に帰れ(月組公演、1958年1月1日 - 1月29日、宝塚大劇場、作者:白井鐵造)• 第六の地球/白夜に帰る(雪組公演、1958年3月1日 - 3月24日、宝塚大劇場、作者:(『第六の地球』担当)、脚本・演出:(『白夜に帰る』は演出のみ担当)、作者:(『白夜に帰る』担当))• ブロードウェイ・シンデレラ/花の中の子供たち(月組公演、1958年8月2日 - 8月31日、東京宝塚劇場、作者:高木史朗)• 青い珊瑚礁(月組公演、1958年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場、作者:内海重典)• カレンダー・ガールス(花・月・雪組合同公演、1958年12月2日 - 12月26日、宝塚大劇場、構成・演出:)• 日本美女絵巻/ミュージック・アルバム(月組公演、1959年2月1日 - 2月26日、宝塚大劇場、演出:白井鐵造(両作品担当)、脚本:菅沼・植田(『日本美女絵巻』担当))• アメリカ・カナダ公演(1959年)• 扇/燃える氷河(雪組公演、1960年3月2日 - 3月23日、宝塚大劇場、作者:高木史朗(『扇』担当)、作者:(『燃える氷河』担当))• 春の踊り(日本の恋の物語)/三文アムール(雪組公演、1960年5月1日 - 5月30日、宝塚大劇場、作者:白井鐵造(『春の踊り』担当)、脚本:(『春の踊り』担当)、作者:矢代静一(『三文アムール』担当)、演出:内海重典(『三文アムール』担当))• 新・竹取物語/カルメン・カリビア(雪組公演、1960年9月2日 - 9月29日、宝塚大劇場、作者:(『新・竹取物語』担当)・内海重典(『カルメン・カリビア』担当))• がめつい奴(外部出演、1960年)• (外部出演、芸術座、1960年)• 残雪/華麗なる千拍子(雪組公演、1961年2月3日 - 2月26日、宝塚大劇場、作者:高木史朗(両作品担当)) 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• 異母姉妹(原作:平岩弓枝、演出:石井ふく子) - 名古屋演劇ペンクラブ賞受賞• (1961年10月 - 12月、1962年3月 - 5月、) - 日夏京子 役• 帝劇グランド・ロマン「 第1部」(1966年11月 - 1967年4月、)• 帝劇グランド・ロマン「風と共に去りぬ 第2部《完結篇》」(1967年6月 - 1967年8月、帝国劇場)• (1967年9月-10月、帝国劇場) - ホーデル 役• 新春帝劇グランド・ロマン「風と共に去りぬ 総集篇」(1968年1月-2月、帝国劇場)• 帝劇歌舞伎「」(1968年3月-4月、帝国劇場)• 明治太平記(1968年9月-10月、帝国劇場)• 東宝現代劇「丼池」(1968年12月、帝国劇場)• 亭主売ります(1968年初演 - )数年に一度上演され、2017年7月で上演回数550回を超える• ドン・キホーテの物語(1969年11月-12月、帝国劇場) - アルドンサ 役• 哀愁(1970年5月、帝国劇場)• 日本美女絵巻「浮かれ式部」(1972年3月、帝国劇場)• 歌麿(1972年5月-6月、帝国劇場)• 下関くじら屋(1979年9月、帝国劇場)• 喜劇「かえる屋 越中富山の萬金丹」(1980年10月、帝国劇場)• (1984年1月、帝国劇場)• 花の吉原つき馬屋(1984年7月、帝国劇場)• 陽暉楼(1988年1月-2月、帝国劇場)• 芝櫻(1996年11月、帝国劇場)• 真室川の女(1996年、1998年、、)• ねぶたの女(1998年2月、帝国劇場 2000年、)• あばれ女将(1999年1月、帝国劇場)• 八木節の女 上州かかあ天下物語(1999年9月、帝国劇場)• (2001年2月-3月、帝国劇場)• からくりお楽(2002年5月、帝国劇場)• 喜劇「口八丁手八丁!」(2003年6月、帝国劇場)• 喜劇「極楽町一丁目 〜嫁姑地獄篇〜」(2004年1月、)• 喝采〜愛のボレロ(2004年7月、帝国劇場) - 立花麗子 役 舞台生活50周年記念作品• 喜劇「大吉夢家族 恋はいつでもサンバのリズムで!」(2005年12月、帝国劇場)• 肝っ玉姐さん奮闘記(2007年1月、)• 女将の花道(2010年1月、)• 人生は、ガタゴト列車に乗って…(1989年、2000年2月、2013年、帝国劇場、、ほか) - 井上マス 役 2013年芸能生活60周年記念作品• 喜劇「極楽町一丁目 -嫁姑千年戦争-」(2016年、シアター1010 ほか) - 主演・典子 役 映画 [ ]• (1957年、・)• (1967年、東宝・宝塚映画)• (1968年、東宝• (1968年、東宝• (1970年、東映• (1971年• (1972年、東映)• (1972年、東宝)- 酉蔵• (1973年、)- 倉石優子• (1975年、東宝)• (1975年、)• (1976年、東宝)• (1977年、東映)• (1979年、東映) - 風間敏江• (1980年、松竹)-夕霧楼女将・かつ枝 テレビドラマ [ ]• 「」(1965年、)-おふく• (1965年、)• (1969年、NHK)• 第1シリーズ 第51話「艶婦の毒」(1970年) - おとよ• (1970年、)-亜弥(片桐且元の愛人)• (1970年 - 1971年、)-蔦代• (1972年、NHK)-おせん• (日本テレビ)- 酉蔵• 第3話「火炎の街道」(1973年、日本テレビ)• 第9話「二人座頭市」(1974年、フジテレビ)• 第43話「江戸錦 夫婦の花道」(1974年、NTV)- 雪路• (1975年、)• (1976年、)-花村夕子• (日本テレビ)• 第23話「涙でうたう子守唄」(1977年)- 駒吉• 第103話「呑んべえ芸者騒動記」(1978年)- 春千代• 第128話「琉球を食う鬼退治」(1979年)- おゆう• 第26話「鴉カァーとないて市が来た」(1977年、フジテレビ)• 第4シリーズ(1977年、日本テレビ)• (1977年、)-外川つる子• (毎日放送)• (1977年) - お志保• (1978年) - 篠崎倭文子• (1979年、毎日放送)• (1979年、NHK)-お夕• (1979年 - 1980年、日本テレビ)• (1979年 - 1980年、日本テレビ)• (1979年、TBS)• (1983年、TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 偽りの未亡人(1983年10月)• 行きずりの殺意(1984年)• 面影は共犯者(1985年1月)• 悪魔が忍び込む(1985年7月2日、東映)• 妻の疑惑(1986年1月7日、東映)• 空白の実験室(1986年5月27日、東映)• シリーズ(東映)室生亜季子 役• 「㊙女保険調査員」(1986年12月10日、TBS)• (1989年、TBS)• 「㊙女保険調査員2」(1989年7月15日、TBS)• (テレビ朝日)• 「」()• 「」(朝日放送) 時田早苗 役• 「かあさん保護司 神崎アイの熱血事件簿」(2001年、毎日放送)• 「浜木綿子サスペンス・」(2004年3月、) その他のテレビ番組 [ ]• 第29回 (1996年12月31日、)• (2013年3月10日、) コマーシャル [ ]• かまぼこ 脚注 [ ] []• 映像が現存し(モノクロ映像)、放映の『出張! パート6 夢トーク豪華4本勝負 お宝映像も大放出スペシャル』()の中で、浜がソロで歌っている部分の映像が紹介された。 2010年『』2月27日号。 この記事で、母が2010年1月2日に99歳で死去したことも明らかにした。 2018年5月1日中日劇場 中日新聞文化芸能局 発行「中日劇場全記録」• 2014年11月3日閲覧• ステージナタリー. 2016年5月18日. 2016年5月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - (1930年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1955年退団) ・・ (1950年退団。 戦後春日野主演時代雪組の主演娘役) ・・ (1951年ころ。 主演した公演もあったがしばらく固定しなかった) ・・ (1952年ころ) ・・ (1956年~1960年の雪組公演の主演娘役は主に浜、1961年退団) ・・ (1961年~1968年) ・・ (1968年9月28日? ~1970年5月8日? ~1974年3月30日? ) - (1974年3月31日? ~1976年4月5日) ・・ (1976年9月28日? ~1979年3月25日) - 固定スター不在(1979年3月26日~1980年4月7日) - (1980年4月8日~1984年7月30日) - 固定スター不在(1984年7月31日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1991年12月26日) - (1991年12月27日~1994年3月28日) - (1994年3月29日~1997年12月31日) - (1998年1月1日~2002年2月11日) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2009年5月31日) - (2009年6月1日~2010年9月12日) - 固定スター不在(2010年9月13日~2011年3月23日) - (2011年3月24日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

真風涼帆はいつでもカッコいい~(*´▽`*)♥~イワタニカセットフーCMより~

イワタニ cm 宝塚

宝塚歌劇公式チャンネルより 星組を一言でいうと 「濃い」。 そして 「熱い」。 個人的に客席釣り 舞台から特定のお客さんにウインクなどのサービスをすること が最も容赦なくて恐ろしい組だと思っています あと花組。 最近はもっぱら体育会系の印象が強いですが、ほかにも「コスチュームの星組」「王子様の星組」など端正なイメージの呼び名も。 過去にはそのイメージに因んで、 千秋楽の楽屋入りで白馬に乗って現れたトップスターさんもいたほどです。 とはいえパッションが抜きん出た、どこかオラオラした雰囲気を醸し出しているとしたらそれは星組かもしれません。 そんな 星組のトップスターは礼真琴(れいまこと・95期)さんと舞空瞳(まいそらひとみ・102期)さん。 オラオラしている~なんて言いましたが、このお二人はともに 宝塚音楽学校を首席で卒業している超優等生コンビです。 首席なので歌も芝居もなんでもできるのですが、 個人的にイチオシなのはダンス。 重力も関節もどこかへ行ってしまったのかな??というような息ぴったりの超絶技巧ダンスを舞台上で繰り広げてくれます。 それでいて普段の二人は、人懐っこくてちょっと繊細なところもある礼さんと、ほんわかした女子力の塊のような舞空さん、というのも魅力。 最近トップに就任したばかりなのでどこか初々しく、見ていて微笑ましい気持ちにさせてくれます。 最初に観た時は 「脚、長…」という感想でした。 というのも、 宙組は5組のなかで最も高身長揃い。 今となっては珍しくなくなった170cm以上の男役さんも、宙組が結成された1998年当時はまだそれほど多くなく、そんな選りすぐりの人たちを中心に集めてできたのが宙組でした。 そのスタイルを存分にいかしたコスチュームものや、スーツものが非常に様になるほか、 コーラスの上手さでも有名です。 宙組誕生の一作目となったショー『シトラスの風』のなかで、宙組生全員がダンサーとコーラスにわかれて歌うゴスペル曲の場面「明日へのエナジー」は、結成から20年以上経た今もなお、組を代表する名場面として再演を重ねています。 宙組のトップスターは真風涼帆 まかぜすずほ・92期 さんと星風まどか ほしかぜまどか・100期 さん。 大人の男の色気を漂わせる真風さんは、カセットコンロのイワタニのCMで、まるで ブランドバッグのようにカセットコンロを持ったことでヅカファンを騒然とさせました。 個人的なベストオブ真風さんはショー 『VIVA! FESTA! 』の「YOSAKOIソーラン節」。 宙組の男役さんがソーラン節を歌って踊る場面があり、もちろん皆さん素晴らしくカッコいいのですが、 真風さんのソーラン節は次元が違った。 本物の男性漁師がやってきたかと思いました。 これについては百聞は一見にしかずなので、ぜひDVDなどで観ていただきたいところです。 相手役の星風さんはアイドルのような可愛い容姿ながら、キレイな高音の歌唱力が素晴らしいです。 スタイリッシュな現代感を堪能したい方は、ぜひ宙組へ。 以上、ヅカオタ編集Mによる、宝塚の組紹介PART2でした。 ここで紹介しているのは個人的な解釈の一部なので、もし興味を持たれた方がぜひ一度、ご自身の目で観ることをオススメします。 チケットの取り方や公演日程は、宝塚歌劇団公式サイトをチェックしてみてくださいね。 そもそも宝塚歌劇団とは?.

次の

ゆりかさんにスポンサーが付いたNE

イワタニ cm 宝塚

真風涼帆 岩谷産業の顔になる! 10月1日より 真風(真風涼帆)が岩谷産業の岩谷産業のイメージキャラクターを務めることになったようです! イワタニの新しい風、あなたへ。 のキャッチコピーと共に 笑顔を浮かべる真風が岩谷産業さんのHPを開くとバーンと飛び込んできます。 一番に目に入るのでインパクト大です! 来年5月に創業90周年を迎える岩谷産業。 「100年企業」に向けて挑戦を続ける会社のイメージにふさわしい存在ということで 真風涼帆様が起用されました。 タカラジェンヌのように美しく歩けるようにサポートしてくれるシューズで 歩く正しく美しく、と7人の星組生がサッソ-と歩いていましたっけ… 真風涼帆、芹香斗亜、十碧れいや、漣レイラ、麻央侑希、瀬央ゆりあ、紫藤りゅうの7名でした。 時は流れ~ 真風涼帆、芹香斗亜のお二人は 宙組でトップと2番手としてご活躍、 十碧れいや 退団、 麻央侑希 2019年10月13日をもって退団予定。 漣レイラ、瀬央ゆりあ、紫藤りゅうのお三方は まだまだご活躍、むしろこれからに期待!!です。 トップのスポンサー企業 花組 明日海りお VISA 月組 珠城りょう ダイキン 雪組 望海風斗 かんぽ生命 星組 紅ゆずる なし 宙組 真風涼帆 岩谷産業 2019. 1~ 空港でお出迎えする明日海りお様 駅で微笑む明日海りお様…VISAの影響力と資金力は絶大です。 次期イメージキャラクターは 花組に異動してくる ひとこちゃん(永久輝せあ)の線が濃厚と大方のファンの予想ですがどうでしょうか。 そして 次期トップの柚香光くんには企業スポンサーはついてないですが これから どこかがつくのでしょうか? 月組のたまきち(珠城りょう)は 以前からダイキンのCMに出演でテレビでお馴染みですね。 やはり テレビに出ることの影響力はすごいな、と思います。 だいぶ得してる気がします^^ 雪組にはかんぽ生命がついていて 時々懸賞で雪組公演チケットが商品になったりしてますが、以前は月組に協賛してましたね。 月組のトップが珠城りょうになって すでにダイキンがついているので 雪組を応援してくださることになったのでしょうか。 かんぽ生命は もともと公的機関だったためか 印象がうすいのですが これからも協賛していただけたらいいですね。

次の