調布 コロナ。 林あきひろ

【5/26更新】学校、認可保育園ほか再開情報ほか(調布市発表まとめ)

調布 コロナ

コロナ感染者データ分析の狙い 新型コロナウイルス感染について、「正しく恐れる」「正しく行動する」ためには個人個人が考え、決断し、行動することが必要不可欠だと考えています。 次に、社会全体が「正しく恐れる」「正しく行動する」ためには、個人個人の行動だけでなく、社会を構成する人々における情報の非対称性をなくすことが必要です。 さもなくば、ネットの噂に翻弄されたり、声の大きな人の間違った意見に流されてしまったりと不幸な結果を招いてしまいます。 敵(新型コロナウイルス)にはリーダーはいません。 傭兵的に1つ1つのウイルスが持てる能力を最大限に発揮しながら活動しています。 そんな敵の攻撃に政府など中央の指示を待って行動していたら対応は間に合わないでしょう。 個人や地域単位の特性に応じた行動変容が必要でしょう。 そのためには、正しい情報を持って、考え、決断し、行動することだと考えます。 補足:情報の非対称性による弊害について「」も参照してください。 データはだいたいを表しています 東京都から発表されたデータで、「」を引用しています。 「都外」、「調査中」は該当自治体が不明のため含んでいません。 毎日発表される都内患者数と、その日の市区町村別患者数の合計は一致しません。 市区町村別患者数の合計の方が少ないです。 東京都内で検査を行ったものであり、他の道府県で検査が行われた都民については含まれておりません。 (より) 各市区町村でも同様に公表していますが、東京都の発表と数字が一致しない場合があります。 例えば、練馬区では住民基本台帳登録者のみを集計しており、都外発生(他県で検査を実施)を含みます。 ( より) 各市区町村ごとの新型コロナ感染に関する情報 居住または仕事などで行き来する市区町村の情報はこまめにチェックしましょう。 東京都発表のデータはそれに比べたらおおざっぱです。 以下に各市区町村の新型コロナウイルス感染に関するホームページを紹介します。 感染者数未発表• 感染者数未発表• 感染者数未発表• 感染者数未発表• 感染者数未発表•

次の

新型コロナウイルス感染症の予防方法(6月5日更新)

調布 コロナ

市民の皆さんご自身を守るため、大切な人を守るため、そして、私たちが生活するこの社会を守っていくため、皆さんと一丸となって感染予防に取り組むことが大切です。 身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの徹底、こまめな換気など、感染拡大防止の取組にご協力をお願いします。 新型コロナウイルス感染症の特徴 新型コロナウイルス感染症の一般的な症状 発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ 倦怠感 を訴える方が多くなっています。 罹患しても軽症であったり、治癒する例もあります。 高齢者や基礎疾患 糖尿病、心不全、呼吸器疾患など をお持ちの方では、重症化するリスクが高いと考えられています。 感染の仕方 現時点では、飛沫感染 ひまつかんせん と接触感染の2つが考えられます。 飛沫感染 感染者の飛沫 くしゃみ、咳、つば など と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。 注 感染を注意すべき場面 屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき• 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。 未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。 注 感染場所の例 電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど 感染拡大防止のためにできること 外出する場合には、飛沫による感染を防ぐために、マスクを着用し、次の「3つの密」を避けるとともに、 人と人との間隔を2メートルとるよう心掛けましょう。 注 健康を維持するための散歩やジョギングを行う際は、人が混み合う場所や時間帯を避けるなどの対策をお願いします。 「3つの密」 密集、密室、密接 を避ける 新型コロナウイルス感染症の対策として大切なことは、クラスター 集団 の発生を防止することです。 集団感染の共通点は、「換気が悪く」、「 人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い」場所です。 外出せざるを得ないときは、このような場所に長時間滞在することを避けましょう。 限られたスペースの中で複数の方が利用する喫煙所は、「3つの密」の状態が生じる可能性が非常に高くなります。 近くにいる人との会話を避け、「密」にならないよう注意してください。 換気の悪い「密閉」空間 密閉空間にしないよう、こまめな換気をしましょう。 窓がある場合は、風の流れができるよう、2方向の窓を1回、数分間程度、全開にしましょう。 換気回数は1時間あたり2回以上行いましょう。 窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開ければ、窓とドアの間に空気が流れます。 扇風機や換気扇を併用すれば、換気の効果は上がります。 多数が集まる「密集」場所 他の人とは互いに手を伸ばして届かない十分な距離として、 2メートル以上の間隔をとりましょう。 屋外でも密集するような運動は避けましょう。 また、少人数の散歩やジョギングなどは、空いている時間帯に行いましょう。 スーパーのレジなどで列に並んでいるとき、前の人に近すぎないように注意しましょう。 飲食店では、多人数での会食は避ける、隣と一つ飛ばしに座る、互い違いに座るなど、十分な距離を取りましょう。 間近で会話や発声をする「密接」場面 密接した会話や発声は避けましょう。 対面での会議や面談が避けられない場合には、十分な距離を保ち、マスクを着用しましょう。 家族以外の多人数での会食は避けましょう。 電話やエレベーターでは会話を慎みましょう。 出典 咳エチケットを徹底する マスクを着用しましょう。 マスクがないとき、とっさのときに咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえましょう。 風邪症状がある場合は休む 「少しだるさがある」「なんとなく熱っぽい」「少しのどが痛い」などの症状があるときは、今は仕事に行かないで休むようにしましょう。 感染を予防するために 手洗いをこまめにする 手が触れやすい顔の目・鼻・口には粘膜があり、触る前に手からウイルスを洗い流しておくことが感染予防に一番大切です。 一般的にドアノブや手すり、電車のつり革など、さまざまなものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先からの帰宅時やトイレに行った後、食事や水分を取る前、調理の前後など、粘膜に触れる前にこまめに手を洗いましょう。 身の回りの消毒をする 電話・スマートフォン、ドアノブ、照明などのスイッチなど、普段からよく触るものや、共用で使う物品は定期的に消毒しましょう。 健康管理に心がける 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。 喫煙習慣のある方は、禁煙をしましょう。 たばこを吸わない方も、受動喫煙を避けましょう。 適度な湿度を保つ 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度 50パーセントから60パーセント を保ちます。 ご家族に感染が疑われる場合に注意すること 家庭内での感染事例も多くなっています。 感染が疑われる方と同居している場合は、以下の点に注意してください。 部屋を分けましょう• 感染者のお世話はできるだけ限られた人で行いましょう• マスクをつけましょう• こまめに手を洗いましょう• 換気をしましょう• 手で触れる共用部分を消毒しましょう• 汚れたリネン、衣類を洗濯しましょう• ごみは密封して捨てましょう 詳しくは、をご覧ください。 多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催 イベントや行事等に参加される場合の注意事項• 一人ひとりが咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけてください。 風邪のような症状のある方は参加をご遠慮くださいますようお願いします。 高齢者や基礎疾患のある方は、人混みの多いところをできるだけ避けるようにお願いします。 イベントや行事等を開催される場合の注意事項 感染拡大の防止という観点から、感染の広がりや会場の状況等を踏まえ、必要性を考慮のうえ、開催していただくようお願いします。 市が主催するイベント等の開催に関する対応 東京都を含む5都道県で緊急事態宣言が解除されたことに伴い、新たな感染拡大を防止しつつ、市民の皆さまの健康と安全を第一に、「調布市公共施設の開館・利用における感染拡大防止ガイドライン」を公表しました。 このガイドラインに定めた、「市が主催するイベント等の開催に当たっての留意事項」を踏まえ、イベントを実施していきます。 市の後援等の承認を受けイベント等を開催しようとする団体などは、本ガイドラインを遵守し、新型コロナウイルス感染拡大防止に係る国、東京都、調布市の方針等を踏まえた必要な感染防止対策をお願いします。 外国人の方へ For foreigners 東京都感染症情報センターでは、英語、中国語、韓国語での情報提供をしているほか、やさしい日本語による情報提供をしています。 These web-sites below give you information about the novel coronavirus in English, Chinese, Korean, and easy Japanese.

次の

調布市飲食店応援サイト「我が家のおすすめテイクアウト」

調布 コロナ

弊所療育中の新型コロナウイルス感染予防対策とご利用時のお願い 2019年評価アンケート結果について 今年度の評価アンケートをご報告致します ご意見を踏まえて次年度もご希望に沿った支援になるよう励んで参ります。 新型コロナウイルス対応における学校休校に伴う弊所開業について 2月27日 木 国から各学校への休校要請がなされました。 児童発達支援事業におきましては、今後、厚労省・東京都より通達があるかと思いますが、2月末現在、弊所における3月中開業についてお知らせいたします。 以上より、ご出席につきましては、各ご家庭事情に合わせてのご判断いただき、早めのご連絡を 引き続きよろしくお願いいたします。 通達により対応変更する場合、早急に連絡周知いたします。 定期的にご確認ください。 東京都からのお知らせ 東京都内における新型コロナウィルス感染症に関する電話相談窓口や、最寄りの保健所の相談電話先に ついては、下記の東京都福祉保健局ホームページをご参照ください。 〇新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について 〇新型コロナウイルス感染症について コロナウイルスについては、日々状況が変化しているため、必要に応じて、最新の情報や追加の留意事項を提供させていただきます。 jpeds. 小児の患者に関する情報は世界的にも限られていますが、国内においても数例の報告があり、子どもの感染者を想定した診療が必要になっています。 また、感染対策は重要ですが、可能な範囲で通常の日常生活を続けることも子どもの成長や発達には不可欠なことです。 なお、本見解は現在の疫学情報、数少ない報告や、過去のコロナウイルス感染症を踏まえたものである事にご留意ください。 また状況に応じて今後内容は更新する予定です。 Q 子どもが新型コロナウイルスに感染するとどのような症状がでますか? A:現時点では情報が少なく、分からない点が多いです。 中国からの報告では、2020年1月30日時点で確定診断のついた9,692人中、小児 生後1か月から17歳 患者は28人のみでした。 しかし、2月11日には小児の感染者数は965人にものぼっています。 これまでの報告もあわせると、家庭内において感染している例が多く、発熱、乾いた咳、倦怠感を訴える一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ない様です。 一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状を認めました。 血液検査でも明らかな特徴はありません。 胸部エックス線検査や肺のCT検査を行うと肺炎が認められる患者もいますが、ほとんどが1ー2週で回復しています。 感染していても無症状である可能性も指摘されていますが、子どもは正確に症状を訴えられない事に注意しなければなりません。 Q 子どもの新型コロナウイルス感染症は重症化しますか? A: 今のところ、成人が感染し、呼吸不全を呈し、重症化した報告はありますが、小児患者が重症化したという報告は稀です。 しかし、成人同様に感染後1週間ごろより呼吸状態が急速に悪化する可能性も指摘されています。 なお、別の種類のコロナウイルスによる感染症である重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)では小児の患者の多くは比較的軽症であったことがわかっていますが、一部重症化したという報告もあります。 Q 小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもに関して特に注意すべきことはありますか? A: 一般的に小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもの呼吸器感染症は重症化する可能性があります。 ただ基礎疾患ごとにリスクや対応は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。 また、周囲の人が感染しないように気を付けることが重要です。 Q 母乳はやめておいた方がいいですか? A: 母親が感染している場合は、接触や咳を介してお子さんが感染するリスクがありますので、直接の授乳は避ける必要があります。 母乳自体の安全性については現時点では明らかではありませんが、中国からの報告では、感染した女性6名の母乳を調べたところウイルスは検出されなかったと報告されています。 従って、母親が解熱し状態が安定していれば、手洗い等を行った上で搾乳により母乳を与えることは可能と思われます。 Q 子どももマスクはしておいた方がいいですか?マスクが出来ない場合はどうしたらいいですか? A: 感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思いますが、小さなお子さんでは現実的ではないと思われます。 子どもの患者のほとんどは、家庭内において親から感染していますので保護者の方が感染しないこと、感染した方から1-2メートル以上の距離を保つことがお子さんの感染予防につながります。 また、ウイルスに汚染されたおもちゃや本などに触れた手で、口や鼻、目を触ることでも感染しますので、手洗いや消毒も大事です。 Q 子どもの症状が新型コロナウイルスによるものかもしれないと思ったら早めに医療機関を受診した方がいいですか? A: 現時点(2020年2月27日)において、国内で新型コロナウイルスに感染している小児は数例に留まっています。 インフルエンザも含めた他のウイルスによるものと考えるのが妥当です。 また、新型コロナウイルス感染症を疑って一般の医療機関や休日夜間急病診療所等を受診しても、診断を確定するための検査はできません。 むしろ受診によって新型コロナウイルスの感染の機会を増やす危険性があることを念頭におく必要があります。 さらには、新型コロナウイルス感染の軽症者に対する特異的な治療法はありません。 今の段階では、呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いなど、肺炎を疑う症状があり、入院加療が必要と考えられる場合を除いては、新型コロナウイルス感染症を心配して医療機関を受診することはお勧めできません。 なお、厚生労働省からの新型コロナウイルス感染症を疑う基準では、「37. この基準は成人・高齢者では適当ですが、小児では実際的ではなく、帰国者・接触者相談センターへの電話の機会を増やし、回線が通じにくくなる可能性を高めます。 小児では、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しい、経口摂取ができない、ぐったりしているなどの様子が見られるときは、速やかに医療機関を受診してください。 ただし、小児であっても濃厚接触者や健康観察対象者である場合は、まず地域の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 Q 病院における面会は全面的に禁止したほうが良いですか? A: 入院中の子どもにとって保護者の方との面会は非常に重要です。 小児への面会については、必要最小限の人数に絞り、感染対策を強化しながら継続が望ましいと考えます。 また、面会者の方は、自宅で体温を測り、咳、鼻汁、下痢、嘔吐などの症状がない事を確認した後、子どもの面会前には、手洗いとマスク着用などの感染対策を守ることなどの協力が必要です。 Q 保育所、幼稚園、学校などに行くことは控えたほうが良いでしょうか A: 現時点では、国内の小児の患者は稀で、成人の感染者からの伝播によるものですので、保育所、幼稚園、学校などへの通園、通学を制限する理由はありません。 しかしながら、地域で小児の患者が発生した場合、またはそれが想定される場合には、一定期間、休園や休校になる可能性があります。 今後の地域での流行状況に応じて、臨機応変な対応が必要となりますので、お住まいの地方自治体からの指示に従ってください。 また、各家庭内で感染者がでた場合は、その子どもは濃厚接触者として登校、登園を控えることになります。 また、厚生労働省から微熱や風邪の症状がある場合は、登校、登園を控えるようにという推奨が出ています。 それらを守っていただく事が大事です。 参考文献 Shen K,et. , Diagnosis, treatment, and prevention of 2019 novel coronavirus infection in children: experts' consensus statement. World J Pediatr. 2020 Feb 7;10. PMID: 32034659. Chen ZM, et. , Diagnosis and treatment recommendations for pediatric respiratory infection caused by the 2019 novel coronavirus. World J Pediatr. 2020 Feb 5; PMID: 32026148. Feng K, et. , [Analysis of CT features of 15 Children with 2019 novel coronavirus infection]. Zhonghua Er Ke Za Zhi. 2020 Feb 16;58 0 :E007. Chinese. doi:10. issn. 0578-1310. 2020. 0007 Wei M, Yuan J, Liu Y, Fu T, Yu X, Zhang ZJ. Novel Coronavirus Infection in Hospitalized Infants Under 1 Year of Age in China. JAMA. 2020 Feb 14:10. 2020. 2131. doi: 10. 2020. 2131. PMID: 32058570. Chen H et al. Clinical characteristics and intrauterine vertical transmission potential of COVID-19 infection in nine pregnant women: A retrospective review of medical records. Lancet 2020 Feb 12; [e-pub]. 2018年評価アンケート結果について 今年度の評価アンケートをご報告致します ご意見を踏まえて次年度もご希望に沿った支援になるよう励んで参ります。 調布子育てポータルサイト「コサイト」様に紹介されました 調布市地域情報ポータルサイト「ちょうふどっとこむ」様に、すこっぷが紹介されました。 日々の活動と共に、地域とつながるすこっぷも是非ご覧ください! 【親子通所の「らっこクラス」利用者募集中!! ラッコクラスは、プレ幼稚園、保育園入園前のお子さんが週二回、親子で参加するクラスです。 日々楽しみながら集団経験を積んでいます。 クラスの様子は、右のfacebookでご確認ください!! 集団生活の前に、気になる様子があれば一緒に準備を考えましょう! ホームページをリニューアルしました。 すこっぷはこれからもお子さまの成長をサポートしていきます。 どうぞお気軽にお問い合わせください。 すこっぷは土台を作ります 生活の中で必要な身辺自立を工夫します。 運動・コミュニケーション・社会性それぞれを合わせて全体発達の底上げを考えます。 家庭以外で出会う人との交流や出来事を楽しいものにします。 すこっぷは地表に見えない部分を掘り起こします 今、現れている事柄や状態の理由と、見えていない部分はないか考えます。 得意・不得意・特性・才能を考えます。 すこっぷはご家族を応援しながら伴走します お子様の成長と発達を支えるご家族を支援します。 すこっぷは耕して凸凹を活かします 特化した部分と必要となる部分を見極め、手立てを考えます。

次の