サカキ ドサイドン 対策。 【ポケモンGO】サカキ攻略の厳しさよ。手応えあるバトルは楽しい。

【ポケモンGO】サカキ攻略の厳しさよ。手応えあるバトルは楽しい。

サカキ ドサイドン 対策

スイクン• ペルシアン• 上記以外 超高耐久スイクン 3体目に出てくる伝説のポケモン 「スイクン」は非常に耐久力が高く、弱点を突くことができてもなかなかHPを減らすことができません。 特にノーマルアタックが「こおりのキバ」だった場合は高威力でどんどんダメージが蓄積されていくため、こちらもタイプ耐性を考慮し耐久力が高めのポケモンの選出がおすすめです。 ペルシアンがなかなか強い 1体目に出てくる 「ペルシアン」が「シールド」を使うこともあり倒すのに時間がかかる上、なかなかの攻撃性能を持っています。 ノーマルアタックの威力も高いため、2体目以降へ余裕を持ってバトルを進めるには、「ペルシアン」から受けるダメージを抑えることができるポケモンがおすすめです。 「スイクン」のノーマルアタック(技1)が高威力の 「こおりのキバ」だったときが非常に脅威です。 「こおり」技に耐性があり、攻撃で弱点を突くことができる「はがね」タイプポケモンがおすすめです。 「ジバコイル」はタイプ一致の「でんき」技が強力であり、 「メルメタル」は回転力の高い「でんき」技を撃つことができます。 ただし「ジバコイル」は 「ワイルドボルト」を放つと自分自身の防御2段階ダウンとなってしまいます。 撃った直後に一度他のポケモンに交代してダウン効果をリセットするなど上手く立ち回りながら攻撃していきましょう。 「はがね」ポケモンを持っていない・強化できない場合は、 覚える技が優秀で回転の速い「ライコウ」や「 」で一気に攻めるのもおすすめです! 入手できるシャドウポケモン サカキに勝利すると 3体目に出現した「シャドウスイクン」がゲットチャレンジに出現します。 色違いに遭遇できる可能性はありません。 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず あきらめて別の場所の「サカキ」を選んでバトルをしましょう。 同じ「サカキ」でも場所が変われば、2体目に出してくるポケモンが変わったり、撃ってくる技も変わります。 (偶然同じになる場合もあり) おとり要員もいるため探すのに少し時間がかかるかもしれませんが… まずは自分が勝てるポケモン・勝ちパターンを把握しつつ、ポケモンを育成して勝利につなげていきましょう!.

次の

【ポケモンGO】サカキのスイクン対策!7月のタスク内容について

サカキ ドサイドン 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ドサイドンなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [26. 82] 77. 7 [24. 75] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [149. 2] 10. 3 [115. 8] 11. 0 [109. 8] 11. 2 [107. 9] 10. 3 [106. 9] 12. 6 [100. 4] 12. 9 [99. 6] 9. 5 [99. 2] 12. 5 [99. 1] 11. 8 [96. 1] 11. 5 [94. 7] 10. 2 [94. 3] 12. 1 [94. 2] 10. 0 [94. 2] 13. 0 [94. 1] 11. 9 [92. 9] 11. 8 [92. 8] 12. 7 [92. 6] 10. 7 [92. 6] 11. 8 [91. 6] 11. 5 [91. 3] 12. 9 [89. 5] 12. 8 [89. 4] 12. 4 [89. 0] 14. 0 [88. 6] 12. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】サイドンの弱点と対策ポケモン|倒し方を徹底解説!

サカキ ドサイドン 対策

2日連続でポケモンGO記事。 昨今、ポケモンGOのイベントでGOロケット団との戦いがあります。 通常のポケモンと同じくボスはサカキでしたが、なかなか苦労いたしました。 なので、私が戦ったメンバーや戦術、感想などつらつらと。 サカキ、弱かったなあ サカキと言えば、初代ポケモン(赤・緑)の出演です。 ロケット団のボスでありながら、トキワシティのジムリーダー。 ただ、エスパーと水ポケモンが二強だった初代ポケモン。 ニドキングやサイドンを使うサカキは正直大した強さではありませんでした。 ストーリーも後半なので、ポケモンも十分育ってますしね。 アニメではまだロケット団が現役らしいですが。 サカキ、強くなったなあ ポケモンGOのルールでは、3対3です。 サカキが繰り出してくるのは、以下の3匹。 何とかペルシアンを倒すと、次はサイドン。 けろ隊も頑張ったのですが、CPが18000近いサイドンの前には一対一でも勝てませんでした。 崩れゆくけろ隊。 岩タイプであれば、こおり・ひこうの2重弱点を突くことができるのですが、それでもなかなか強いです。 というわけで、あんなに弱かったサカキくんも、すっかり強くなって帰ってきました。 最終的に勝ったときのメンバー(CP・わざ と戦略 試行錯誤を繰り返し、最終メンバー(CPとわざ)がこちら。 解放はしていますが、ひとつのスペシャル技しか使っていません。 1.ルカリオ(CP:2546) ノーマル技はカウンター、スペシャル技はグロウパンチ。 2.ドサイドン(CP:3692) ノーマル技はうちおとす、スペシャル技はストーンエッジ。 3.シャワーズ(CP:3072) ノーマル技はみずでっぽう、スペシャル技はアクアテール。 そこまで熱心ではないので、個体値が必ずしも高いわけではありません。 例えば、ルカリオは防御に少し不安がある個体です。 サカキ攻略作戦 写真を撮っている余裕がなかったので文章で。 (1)ペルシアン まず相手がペルシアンを出してくるので、ルカリオを繰り出します。 ひたすらカウンターを連打し、途中でグロウパンチを繰り出してシールドを1個消費させます。 2発目が打てれば勝てるのですが、ギリギリ足らずやられてしまいます。 ただ、4分の3くらいは削れているので、ここでドサイドンを出します。 そのままノーマル技のみでペルシアンを撃破。 ここでスペシャル技を出されてしまったらおしまいです。 (2)サイドン ドサイドンでペルシアンを倒すと、向こうはサイドンを出してきます。 それと同時にシャワーズへと交換します。 交換中も連打していると、こちらの攻撃は繰り出せているので少しだけダメージを稼げます。 ここではシールドを削ることも目標なので、ハイドロポンプではなく、回転率の良いアクアテールをなるべく打ちます。 シールドは1回使ってしまいますが、交換中のダメージ稼ぎなども含めると、恐らくシャワーズ一人で勝つことができます。 (3)フリーザー 最後のフリーザー。 シャワーズが生き残っていれば、全力で戦って削れるだけ削ります。 やられたら、ドサイドンに変更。 交換中の連打によるダメージ加算に加え、うまくいけばペルシアンを倒すときにスペシャル技が打てる状態になっているので、すかさずストーンエッジを放ちます。 するともう大半が削れているので、あとは連打で何とか勝利できます。 ちなみに報酬ですが、ボールの数はさておき… シャドウ・フリーザーが捕獲できます。 一球で捕まえることができたので、恐らくボーナス的な存在でしょう。 確かに、ここで逃したら二度と出てこないでしょうからね… 試行錯誤、考えて倒すのは楽しい 普通のポケモンに比べて、戦略性が乏しいポケモンGO。 ロケット団のリーダー戦も、だいたい強いポケモンで殴っていれば勝てました。 私のパーティで言えば、ディアルガやバンギラス、グラードンなど。 しかし、サカキ戦はただ強いポケモンで戦うだけでは勝てませんでした。 攻略サイト等をみれば倒し方というかオススメポケモンなども載っていると思うのですが、それは無しでいろいろ考えてみるのは楽しかったですね。 今回のシャワーズは、2016年7月23日に捕獲。 ポケモンGOの配信開始(日本)の翌日に捕獲したイーブイが今になって活躍したもので、なかなか感慨深いものがありました。 ルカリオも、CPで言えば2500しかないですしね。 他に代替できるのかもしれませんが、CPの低いポケモンが活躍するのもいいことです。 (けろ隊はCP2400はあるのですが、残念ながらシャワーズの代わりはできず) 倒すまでに30分ほど(その場で強化したり技変えたりしていたため)時間はかかりましたが久々に楽しいバトルができました。 というより、ポケモンGOのバトルで一番面白かったかなあ。 強敵とやりたい気持ちもありますので、またこんなイベントがあるといいですね。

次の