日比谷線 運行状況。 東武線と日比谷線を座って直通、「THライナー」に乗ってみました

日比谷線で遅延が多い原因を調査! 主要な理由は2つ

日比谷線 運行状況

発信時刻 内容 07月09日 09時01分 現在、平常どおり運転しています。 07月09日 06時38分 【女性専用車両中止】 6時05分頃、東武伊勢崎線内で地震のため、女性専用車両を中止しています。 07月04日 12時00分 現在、平常どおり運転しています。 07月04日 10時44分 【一部列車遅延】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、一部の列車に遅れが出ています。 07月04日 09時56分 【ダイヤ乱れ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時42分 【運転再開・ダイヤ乱れ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、運転を見合わせていましたが、9時40分頃、運転を再開し、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時17分 【折返し運転】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、折返し運転を行っています。 全線での運転再開は、10時10分頃を見込んでいます。 折返し運転区間 東武線内〜恵比寿駅間 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月04日 09時11分 【運転見合わせ】 9時03分頃、中目黒駅で人身事故のため、全線で運転を見合わせています。 運転再開は10時10分頃を見込んでいます。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 15時05分 現在、平常どおり運転しています。 07月01日 14時11分 【ダイヤ乱れ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時55分 【運転再開・ダイヤ乱れ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、運転を見合わせていましたが、13時53分頃、運転を再開し、ダイヤが乱れています。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時48分 【折返し運転】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、折返し運転を行っています。 全線での運転再開は、14時05分頃を見込んでいます。 折返し運転区間 東武線内〜霞ケ関駅間 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 07月01日 13時46分 【運転見合わせ】 13時45分頃、中目黒駅で架線に飛来物のため、全線で運転を見合わせています。 運転再開は14時05分頃を見込んでいます。 只今、東京メトロ線、都営地下鉄線、JR線、東急線、東武線、京成線、小田急線、りんかい線、つくばエクスプレス線、北総線に振替輸送を実施しています。 詳しくは、駅係員にお尋ねください。 注意1 この情報は、常に更新しておりますが、実際の運行状況と本ページの情報が異なる場合があります。 本ページの情報に基づくお客様の判断によって発生した損害に対する責任は一切負いかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。 注意2 この運行情報を無断で転載・複写すること、また体裁を変更するなどしてホームページ等で公開することを固く禁じます。

次の

東武線と日比谷線を座って直通、「THライナー」に乗ってみました

日比谷線 運行状況

日比谷線単独に起因する内容は、圧倒的に多いのは混雑によるもの。 途中駅での乗降時間の延長のため停車時間の超過でダイヤが若干乱れることがよくある。 相互直通運転による影響もかなり大きい。 日比谷線は北千住駅を境に北側は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)と相互乗り入れを実施。 約半数は直通列車のため、東武線内で運行障害などが生じると日比谷線の電車も同時に遅れる。 他にも駅構内の列車緊急停止ボタンが作動、ドア挟まりなどの対応。 ただし、運転見合わせこそは少ない。 運行障害が生じて完全に電車の運行がストップする事例は稀。 出典:www. youtube. 7両編成と短い車両数 >> 東京メトロ丸ノ内線の朝ラッシュの混雑率は160%前後で毎年推移している。 首都圏では首位ほどではなく標準的。 朝の混雑率こそは東京メトロ内では低い数値だが、東京23区内でも要所を結んでいることもあって、1日を通して利用者数が多い路線が日比谷線。 日比谷線は特に北千住から中目黒方面へ向かう電車が朝ラッシュで特に混雑する。 停車時間の超過につながりやすいのは主要駅。 上野、秋葉原、茅場町、銀座、六本木で特に起こりやすい。 1駅でのタイムロスなら遅れるとはいってもせいぜい数十秒にとどまる。 ところが、複数の駅にて同じことが繰り返されると遅れが合算されて数分単位にまで拡大しやすい。 過密ダイヤ 過密ダイヤの影響もある。 朝ラッシュの7、8時台は1時間当たり26本運転。 概ね2~3分間隔のため、前を走る電車に追いついてしまって時刻表よりも遅れることがよくある。 日比谷線こそはすべて各駅停車ということで完全な「平行ダイヤ」ではある。 しかし、それでも途中駅での停車時間は各駅によって多少の違う。 小規模な駅では基本的に停車時間の超過は起こりにくい一方、主要駅では起こりやすい。 これによって、電車の運転が詰まってしまうところが発生して遅れへとつながる。 輸送力が小さい 日比谷線は東京メトロの中では輸送力が小さい。 車両数も1列車が7両編成ということで短い。 日比谷線以外では10両編成が基本。 千代田線や半蔵門線などと比べると実質的に1本の電車の輸送力は7割にとどまる。 通勤ラッシュを中心に本数こそは多いものの、利用者数を考えると輸送力が不足していると判断できる。 なお、日比谷線が10両編成にはできない事情は建設された時代とその設計規格にある。 まだ需要が小さかった高度経済成長期が始まる前に建設規格が作られた。 当時はまだ東京圏の人口も今より少なかったため、これで十分だとされていた。 ホーム有効長も7両編成(以前は8両編成・18m級の車両)に合わせて作られていて、今よりも伸ばすには大規模な工事が必要。 コストなどを考えると現実的ではない。 相互直通運転による影響 東京メトロ日比谷線は東武スカイツリーライン(北千住~東武動物公園)と相互直通運転を実施。 特に遅れやすいのも東武線直通列車。 相互直通運転があることで、実質的な路線距離が増大。 日比谷線では、直通列車の影響による遅延は中目黒方面の列車にて発生しやすい。 北千住駅発の電車は定刻通りに動いていても、東武線からの直通の方は遅れて到着する光景は日常茶飯事。 踏切関連の人身事故、緊急停止・安全確認• 特急列車の遅れ 参考: 東武スカイツリーラインに起因する遅延とは、踏切関連の人身事故、緊急停止と安全確認が主流。 東武東上線は北越谷駅以北にて地上平面を走る区間がほとんど。 道路との交差部では踏切がほとんど。 自動車と列車の衝突による人身事故に加え、列車通過直前横断、線路内立ち入り、小動物との衝突などでの安全確認が遅延の原因となる。 また、特急列車の遅れにも影響されやすい。 追い越していく特急が遅れることで、待避中の日比谷線直通の電車が遅れる。 東武線の特急列車は最長だと鬼怒川温泉駅発着のため、より遅延が生じやすい。 まとめ~遅延は少ない方に入る日比谷線だが 東京メトロの中でも日比谷線は遅延が少ない方に入る。 東京メトロは遅延の多さでは半蔵門線や千代田線がトップを走る。 ほぼ毎日どこかの時間帯で5分以上の遅れが発生している。 それに比べて日比谷線、丸ノ内線、銀座線は毎日必ず遅れているわけではない。 2,3分は遅れることは多いが、大規模な傷害となるようなケースは少ない。 東京メトロ各線の遅延の頻度 <遅延の多さ> 多い路線 少ない路線 半蔵門線 銀座線 千代田線 丸ノ内線 東西線 日比谷線 南北線 有楽町線 副都心線 遅れる路線の特徴 東京メトロの中で遅延が発生しる頻度が多い路線には次のような特徴が存在する。 他社線と相互直通運転を実施• 乗り入れ先が長距離路線• 混雑が首都圏でもトップクラス 日比谷線の場合は、他社線との乗り入れは東武スカイツリーラインとの相互直通運転があるため実施している。 北千住駅にて折り返しとなる電車も多く、路線距離が長いというわけではない。 混雑率も東京メトロの中では下の方に部類される。 したがって、電車が遅れる原因になることも多いとは言えない。 東武線との直通運転はやはり遅れの原因に それでも、日比谷線が定時運行に優れているかというと、決してそういうわけではない。 東武スカイツリーラインとの相互直通運転は遅れの原因となっているのは否定できない。 埼玉県内の久喜駅(東武伊勢崎線)や南栗橋駅(東武日光線)までも走ることがある。 日比谷線を出入りする電車は東武スカイツリーラインでは各駅停車として走る。 急行や準急などの通過駅のある優等列車として運転されることがない。 そのため、少しでも遅れが生じると終点に到着するまで遅れている状態が続く。 遅延回復運転ができないからだ。 東武線への乗り入れは5分程度の遅れにはなりやすい。 もちろん、東武線での人身事故や信号故障などのトラブルが発生すれば、日比谷線もその影響をダイレクトに受ける。 天候に左右される? 日比谷線は地下鉄であるのは確か。 しかし、全線に渡って地下を走るわけではない。 北千住~南千住は地上を走る。 隅田川を渡る橋があり、JR常磐線やつくばエクスプレス線と並行する。 中目黒駅も地上にある。 東急東横線と同じように駅のホームは高架上にある。 地上区間を走ることから、大雪や強風などの天候の影響も受けるのは避けられない。 距離はそれほど長いわけではないものの、悪天候になれば運転見合わせになる。 なお、東武スカイツリーラインが運転見合わせになった場合、日比谷線は基本的には北千住駅にて折り返し運転を行う。 日比谷線も全線で運転見合わせになるわけではない。 しかし、それでも一時的な運転見合わせになることはあり、結果的に数十分の遅延になることが少なくない。 その他、各路線の遅延事情について 鉄道事業者 路線名 JR東日本 、、、、、、、、、、、、、、、 東京メトロ 、、、、、、、、 都営地下鉄 、、、 京成電鉄 東武鉄道 、、 西武鉄道 、 京王電鉄 、 小田急電鉄 (小田原線・多摩線・江ノ島線) 東急電鉄 、、、、 京浜急行電鉄 相模鉄道 その他の私鉄 、、、、.

次の

東武線運行情報

日比谷線 運行状況

日比谷線単独に起因する内容は、圧倒的に多いのは混雑によるもの。 途中駅での乗降時間の延長のため停車時間の超過でダイヤが若干乱れることがよくある。 相互直通運転による影響もかなり大きい。 日比谷線は北千住駅を境に北側は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)と相互乗り入れを実施。 約半数は直通列車のため、東武線内で運行障害などが生じると日比谷線の電車も同時に遅れる。 他にも駅構内の列車緊急停止ボタンが作動、ドア挟まりなどの対応。 ただし、運転見合わせこそは少ない。 運行障害が生じて完全に電車の運行がストップする事例は稀。 出典:www. youtube. 7両編成と短い車両数 >> 東京メトロ丸ノ内線の朝ラッシュの混雑率は160%前後で毎年推移している。 首都圏では首位ほどではなく標準的。 朝の混雑率こそは東京メトロ内では低い数値だが、東京23区内でも要所を結んでいることもあって、1日を通して利用者数が多い路線が日比谷線。 日比谷線は特に北千住から中目黒方面へ向かう電車が朝ラッシュで特に混雑する。 停車時間の超過につながりやすいのは主要駅。 上野、秋葉原、茅場町、銀座、六本木で特に起こりやすい。 1駅でのタイムロスなら遅れるとはいってもせいぜい数十秒にとどまる。 ところが、複数の駅にて同じことが繰り返されると遅れが合算されて数分単位にまで拡大しやすい。 過密ダイヤ 過密ダイヤの影響もある。 朝ラッシュの7、8時台は1時間当たり26本運転。 概ね2~3分間隔のため、前を走る電車に追いついてしまって時刻表よりも遅れることがよくある。 日比谷線こそはすべて各駅停車ということで完全な「平行ダイヤ」ではある。 しかし、それでも途中駅での停車時間は各駅によって多少の違う。 小規模な駅では基本的に停車時間の超過は起こりにくい一方、主要駅では起こりやすい。 これによって、電車の運転が詰まってしまうところが発生して遅れへとつながる。 輸送力が小さい 日比谷線は東京メトロの中では輸送力が小さい。 車両数も1列車が7両編成ということで短い。 日比谷線以外では10両編成が基本。 千代田線や半蔵門線などと比べると実質的に1本の電車の輸送力は7割にとどまる。 通勤ラッシュを中心に本数こそは多いものの、利用者数を考えると輸送力が不足していると判断できる。 なお、日比谷線が10両編成にはできない事情は建設された時代とその設計規格にある。 まだ需要が小さかった高度経済成長期が始まる前に建設規格が作られた。 当時はまだ東京圏の人口も今より少なかったため、これで十分だとされていた。 ホーム有効長も7両編成(以前は8両編成・18m級の車両)に合わせて作られていて、今よりも伸ばすには大規模な工事が必要。 コストなどを考えると現実的ではない。 相互直通運転による影響 東京メトロ日比谷線は東武スカイツリーライン(北千住~東武動物公園)と相互直通運転を実施。 特に遅れやすいのも東武線直通列車。 相互直通運転があることで、実質的な路線距離が増大。 日比谷線では、直通列車の影響による遅延は中目黒方面の列車にて発生しやすい。 北千住駅発の電車は定刻通りに動いていても、東武線からの直通の方は遅れて到着する光景は日常茶飯事。 踏切関連の人身事故、緊急停止・安全確認• 特急列車の遅れ 参考: 東武スカイツリーラインに起因する遅延とは、踏切関連の人身事故、緊急停止と安全確認が主流。 東武東上線は北越谷駅以北にて地上平面を走る区間がほとんど。 道路との交差部では踏切がほとんど。 自動車と列車の衝突による人身事故に加え、列車通過直前横断、線路内立ち入り、小動物との衝突などでの安全確認が遅延の原因となる。 また、特急列車の遅れにも影響されやすい。 追い越していく特急が遅れることで、待避中の日比谷線直通の電車が遅れる。 東武線の特急列車は最長だと鬼怒川温泉駅発着のため、より遅延が生じやすい。 まとめ~遅延は少ない方に入る日比谷線だが 東京メトロの中でも日比谷線は遅延が少ない方に入る。 東京メトロは遅延の多さでは半蔵門線や千代田線がトップを走る。 ほぼ毎日どこかの時間帯で5分以上の遅れが発生している。 それに比べて日比谷線、丸ノ内線、銀座線は毎日必ず遅れているわけではない。 2,3分は遅れることは多いが、大規模な傷害となるようなケースは少ない。 東京メトロ各線の遅延の頻度 <遅延の多さ> 多い路線 少ない路線 半蔵門線 銀座線 千代田線 丸ノ内線 東西線 日比谷線 南北線 有楽町線 副都心線 遅れる路線の特徴 東京メトロの中で遅延が発生しる頻度が多い路線には次のような特徴が存在する。 他社線と相互直通運転を実施• 乗り入れ先が長距離路線• 混雑が首都圏でもトップクラス 日比谷線の場合は、他社線との乗り入れは東武スカイツリーラインとの相互直通運転があるため実施している。 北千住駅にて折り返しとなる電車も多く、路線距離が長いというわけではない。 混雑率も東京メトロの中では下の方に部類される。 したがって、電車が遅れる原因になることも多いとは言えない。 東武線との直通運転はやはり遅れの原因に それでも、日比谷線が定時運行に優れているかというと、決してそういうわけではない。 東武スカイツリーラインとの相互直通運転は遅れの原因となっているのは否定できない。 埼玉県内の久喜駅(東武伊勢崎線)や南栗橋駅(東武日光線)までも走ることがある。 日比谷線を出入りする電車は東武スカイツリーラインでは各駅停車として走る。 急行や準急などの通過駅のある優等列車として運転されることがない。 そのため、少しでも遅れが生じると終点に到着するまで遅れている状態が続く。 遅延回復運転ができないからだ。 東武線への乗り入れは5分程度の遅れにはなりやすい。 もちろん、東武線での人身事故や信号故障などのトラブルが発生すれば、日比谷線もその影響をダイレクトに受ける。 天候に左右される? 日比谷線は地下鉄であるのは確か。 しかし、全線に渡って地下を走るわけではない。 北千住~南千住は地上を走る。 隅田川を渡る橋があり、JR常磐線やつくばエクスプレス線と並行する。 中目黒駅も地上にある。 東急東横線と同じように駅のホームは高架上にある。 地上区間を走ることから、大雪や強風などの天候の影響も受けるのは避けられない。 距離はそれほど長いわけではないものの、悪天候になれば運転見合わせになる。 なお、東武スカイツリーラインが運転見合わせになった場合、日比谷線は基本的には北千住駅にて折り返し運転を行う。 日比谷線も全線で運転見合わせになるわけではない。 しかし、それでも一時的な運転見合わせになることはあり、結果的に数十分の遅延になることが少なくない。 その他、各路線の遅延事情について 鉄道事業者 路線名 JR東日本 、、、、、、、、、、、、、、、 東京メトロ 、、、、、、、、 都営地下鉄 、、、 京成電鉄 東武鉄道 、、 西武鉄道 、 京王電鉄 、 小田急電鉄 (小田原線・多摩線・江ノ島線) 東急電鉄 、、、、 京浜急行電鉄 相模鉄道 その他の私鉄 、、、、.

次の