オーロンゲ こうこうのしっぽ。 【今日のポケモン㉒】オーロンゲ【ポケモン単体考察】

【S1ダブル最終2位】三神エルフーン

オーロンゲ こうこうのしっぽ

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 戦闘に出てきた時、すべての相手の持っている道具の名前が分かる。 進化・タマゴで入手• 野生のオーロンゲを捕まえる• 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は命中率:90 Lv. 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える 追加効果は複数の相手が対象ではない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

こうこうのしっぽ

オーロンゲ こうこうのしっぽ

とくせい:「いたずらごころ」 悪タイプ以外に補助技が優先度プラス1で打てるようになる。 つまり先制技と言われる。 優先度プラス2以上の技以外全て先制で補助技が打てる。 オーロンゲは、「みがわり」「でんじは」「ひかりのかべ」「リフレクター」「ビルドアップ」など様々な変化技を覚えるため、かなり器用に立ち回ることが出来る。 すばやさが半分になるので、中速抜きエースを通しやすくなる。 「ひかりのかべ」「リフレクター」は後続積みエースのための起点作り。 壁があれば積み技も安全に積むことができる。 「みがわり」は有利対面で置いておくと、相手が交代した時に大きなアドバンテージがとれる。 他にもダイマックスの時間稼ぎに使える。 「いたずらごころ」で相手より先に「ビルドアップ」が積めるので、物理ポケモンの対面で積んでいける。 減ったHPは、「ドレインパンチ」で回復できる。 はがねタイプの「ドリュウズ」や、フェアリータイプ「ミミッキュ」などの火力の高いポケモンは受けきれない。 アーマーガアとかに任せよう。 「リフレクター」で壁張りをして「ビルドレイン」という自分の役割を遂行しても良いし、その他の補助技で後続のサポートもできる。 ちょっと役割的には中途半端で「ドリュウズ」も多いので今の環境で活躍できるのは微妙。 ダイジェットですばやさを上げる「ギャラドス」「トゲキッス」などの抜きエースにも有効。 役割遂行後は、壁を張っても良いし「でんじは」を撒いても良いし、殴っても良い。 「かみなりパンチ」は「ギャラドス」を意識して採用も有り。 技枠と相談。 「こだわり」系のアイテムと違い技を打ち分けられるのが良いところ。

次の

【ポケモン剣盾】マスターボール級到達!ゴリラバニラモグラキメラ【ダブル32位】:やりたいことやるマンの戯言

オーロンゲ こうこうのしっぽ

ヴァーパッドです。 今回使用した構築を紹介します。 【構築経緯】 現環境最強のであるドラパルトを始めさまざまなックスエースを機能停止にできる「こうこうのしっぽ」を持ったオーロンゲに着目するところからスタート。 次にオーロンゲのサポートから詰めの起点にできるアッキピクシーを入れ、電気の一貫を切りに強めの襷枠としてを採用。 初手に呼びやすい、、などを機能停止にしつつキッスなどにも隙を見せない強力なこちらの初手要因としてラムのみを持った鬼火電磁波両採用のドラパルトを採用した。 残りの2枠は、シーズン中盤流行ったナット入りの雨展開などに強い型破りの珠、その補完としてチョッキ水やチョッキ、チョッキを採用したり、火力を押し付けられる鉢巻きと珠を採用するなど色々試行錯誤したが、最終的には高火力で受けを誘い狩りしやすく対面性能も高い珠持ちのキョダイ、初手ののキョックスで場荒らししたあとに相手のックスのターン数を枯らしながら火力を向上できるチイラ持ちのを採用した。 ちなみに恩恵はほぼ受けないがキョックス個体を使用している。 それでもオーロンゲやドラパルトのサポートからの展開はかなり強力だった。 高確率でミラーの同速勝負を呼んでしまうため要注意。 技構成は、じしん、がんせきふうじ、までは確定だが、残り1枠はやなども検討の余地はアリ。 相手の状態異常技の一貫を切りつつ鬼火や電磁波などで場荒らしできるほか、ダイドラグーン、ダイホロウ、ダイウォールなどのックス技も優秀なので隠れックスエースとしても活躍してくれた。 電磁波は相手のSや行動回数を奪うだけでなく、相手が本来試合の展開上、ックスを切る予定だったであろうにックスを切らせない 渋らせる こともできたので非常に重宝した。 3ターンしかないックスターンをいかに使うかが重要。 キョダイセンリツでピクシーのサポートもできるほか、ドラパルトの対面性能を飛躍的に向上できたり非常に優秀なだった。 ただ素の火力だけは信用できないので、性格を意地っ張りにするなどの検討の余地はある。 【レンタルパーティ】 【選出】 試合展開上、先にックスを切るパターンと後にックスを切るパターンの大きく二つに分けられる。 展開を間違えるとラス1にサポートロンゲだけが残される事があるので立ち回りは要注意。 【結果】 ここまで読んでいただきありがとうございました! 追記 ドラパルトのD実数値に表記ミスがあったため修正。

次の