うさぎ ドロップ 映画 監督。 「うさぎドロップ」 松山ケンイチ・芦田愛奈 新しい家族のかたち: 映画の森

映画『砕け散るところを見せてあげる』公式サイト

うさぎ ドロップ 映画 監督

八尾にある恩智神社は兎スポットとしても有名。 『うさぎドロップ』の大ヒットを祈願し、絵馬を奉納する 宇仁田ゆみの人気コミックを松山ケンイチ主演で実写映画化した『うさぎドロップ』 8月20日公開 の先行特別舞台挨拶が7月12日、大阪ステーションシティシネマで開催され、松山ケンイチ、芦田愛菜、SABU監督の3名が登壇した。 地元・兵庫出身の芦田愛菜は、大阪での映画の舞台挨拶はこれが初となり、芦田が登場し、客席に向かって手を振ると「可愛い!」という大歓声が上がった。 松山は「撮影中は愛菜ちゃんが可愛くて癒されていました。 遊んでいる延長でお芝居があったので、一つの作品として見るより、思い出アルバムのように撮れたので、感謝しています」と話すと、芦田も「松山さんは休憩の時もずっと遊んでくれて、とても優しかったです。 足を持ってブラブラしてくれました」と、撮影中も息のあったふたりだったようだ。 大変だったシーンと問われた監督は「松山くんが愛菜ちゃんを抱っこして走るシーンは、カメラの車の速度が速すぎて、松山くんも最後はほんとに笑ってたよね。 愛菜ちゃんは怖くて笑ってた。 そのシーンももちろん劇中に使われています」と、ふたりの対照的な笑いについて語ってくれた。 夏休みの思い出について、松山は「夏休みというと残念な思い出なのですが、出身が青森なので学校にプールがないので、プールに遊びに行ったのですが、我慢できなくて漏らしてしまった。 なんで我慢する選択をしてしまったのか、なぜトイレに行く選択をしなかったのか。 それ以来、トイレの場所はしっかり確認するようになったし、トイレに行ったらトイレットペーパーがちゃんとあるか確認するようになったし、色々成長しました」とまさかの告白。 これにはさすがに会場もびっくりしたようだ。 これから本作を見る人へのメッセージとして、松山は「たくさんのつながりの中で生きていると実感できる映画です。 ダイキチもとても格好良い男なので。 男に見てほしい映画です」、SABU監督「泣ける、愛にあふれた映画です」と、それぞれがしっかりアピール。 そして最後に芦田が司会者の要望に応え、「今日は来てくれてほんまにありがとう!『うさぎドロップ』はめっちゃ可愛い映画になりました。 みなさん、たのしんでみてやあ!」と、しっかり関西弁で締めくくった。 またフォトセッション後、目の前の客席へ向かって、ちょっとおどけて腰を振って踊るような仕草を見せる芦田に対し、客席からはまたもや「可愛い!! 」の大歓声が。 愛くるしい芦田に松山ケンイチもSABU監督も、そして観客も終始メロメロの舞台挨拶だった。 【Movie Walker】.

次の

わかやま新報:和歌山市出身SABU監督の『うさぎドロップ』公開中/和歌山

うさぎ ドロップ 映画 監督

ネタバレ! クリックして本文を読む この映画の第一印象、 綾部?!(笑) 綾部と成宮くん出てるくらいだから 結構前のやつだよね?? ヤンキーの喧嘩で友情が生まれる 物語になってるけど、 ヒロシと達也が喧嘩してヒロシがボコられた時に ヒロシパシられるのかと思ったら、 「ご飯でも行こうぜ」 こっから男の友情が始まったんだなー。 段々ヒロシもガチのヤンキーに染まっていって 最後、お姉ちゃん殴ったり ひでにも酷いこと言っちゃって、 でもヒデもユカもちゃんと許してるんだよね。 若干大二郎と華ちゃん思い出したわ。 達也がみゆきに酷い振り方して 可哀想だなって思ったけど、 みゆきはヒロシの事速攻振ってるし(笑) 鼻くそ拭いたシーンは笑ったわ(笑) コメディだけどヒデ最後死んじゃったしね。 なんかどこにでもあるような話だったから 涙は出なかったけど、 いい話だったなー。 この映画は友情の大切さを学べたな。 喧嘩から生まれる友情ね。 あと家族の大切さもね。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

うさぎドロップ

うさぎ ドロップ 映画 監督

宇仁田ゆみの人気コミックをSABU監督・脚本で映画化した「うさぎドロップ」。 ごく普通の独身サラリーマン・ダイキチ(松山ケンイチ)は、亡き祖父の隠し子、りん(芦田愛奈)と葬儀の席で出会う。 身寄りのないりんを押し付けあう親戚たちに腹を立て、ダイキチは勢いで「自分が引き取る」と言ってしまう。 ダイキチとりんとのぎこちない共同生活が始まった。 子育ての経験のないダイキチは、りんとの生活でさまざまな困難に直面。 周りに人の助けに支えられ、なんとか乗り越えていく。 不安と寂しさを抱えながら、無理に明るく気丈に振舞っていたりん。 戸惑いながらも優しく向き合ってくれるダイキチに、次第に心を開いてく。 日々の暮らしを通して新たな出会いや発見もあり、りんの無邪気な笑顔にも支えられ、ダイキチ自身も成長していく。 二人は支え合い、絆を深めていく。 育児放棄、シングルマザー、イクメン。 さまざまな親子の形や、子育てで直面する問題。 ダイキチとりんを通して家族の絆を描いた、心温まる作品となっている。 ダイキチには作品ごとに新しい魅力を見せる松山ケンイチ。 初めての子育てに戸惑いながら、包容力とまっすぐな心で好演。 テレビに映画に大活躍の子役・芦田愛菜も、愛くるしい笑顔と堂々とした演技で松山と息のあったところを見せる。 子育てを通じて出会うシングルマザー役には香里奈。 母親の強さ、深い愛情を繊細に表現している。 ダイキチの両親に風吹ジュン、中村梅雀。 ほか池脇千鶴、桐谷美玲、高畑淳子など実力派が顔をそろえ、物語を盛り立てる。 (文・岩渕弘美) 「うさぎドロップ」(2011年、日本) 監督:SABU 出演:松山ケンイチ、香里奈、芦田愛奈 8月20日、全国公開。 作品の詳細は公式サイトまで。 作品写真: c 2011「うさぎドロップ」製作委員会.

次の