やっぱりさんま大先生。 やっぱりさんま大先生卒の人気声優花澤香菜と悠木碧の共演は?

「個性を出してもいいんだ」『あっぱれさんま大先生』に磨かれた加藤諒の表現力

やっぱりさんま大先生

やっぱりさんま大先生 ジャンル 出演者 ほか オープニング 「スマイルくん」 エンディング 「」 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 開始から1996年9月まで 放送期間 - 1996年 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 1996年10月から1997年9月まで 放送期間 1996年 - 放送時間 日曜 13:25 - 13:55 放送分 30分 1997年10月から最終回まで 放送期間 1997年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 特記事項: ナレーション: 『 やっぱりさんま大先生』(やっぱりさんまだいせんせい)は、で放送されていた制作のである。 『』(第1期)の終了後、番組名と生徒を変え、からまでの4年間にわたって放送された。 概要 [ ] MCである先生役のと生徒役の子供タレントたちによるバラエティ番組。 前身の『あっぱれさんま大先生』が持っていた「さんまと子供たちの絡み」という基本コンセプトはそのままに、生徒たちをがらりと入れ替え、日曜13:00枠へ再移動してリニューアルしたのが本番組である。 また、『あっぱれ』時代には授業参観や運動会等のスペシャル版でしか登場しなかった生徒たちの母親が、番組中期には子供たちと一緒にレギュラー出演するようになった。 主なコーナー [ ]• トークルーム - さんまと6人の生徒たちによるテーマトークコーナー。 スタジオセットの中央にさんまが座り、その両隣りに生徒たちが3人ずつに分かれて座る。 視聴覚室 - さんまと生徒との1対1での面接形式による対談コーナー。 やっぱり学園野球部 - 野球素人の生徒たちによる練習の模様から対外試合が行われるまでを1年間にわたって放送。 チーム名は視聴者公募抽選で選ばれた「トータス」。 クラスルーム - 『あっぱれ』時代から続くコーナーで、教室形式で進行。 ハイキング - での課外授業や、でのロケ企画などを放送。 授業参観• 敬老の日 - 生徒たちの祖父母が出演。 大裁判 - 生徒たちの両親が陪審員役の生徒たちの前で公開裁判を受ける。 裁判長はさんま。 卒業生大集合 - あっぱれ学園の卒業生たちによる同窓会企画。 後半はやっぱり学園生徒との競演。 ・に放送。 レポート - 生徒たちによる個人レポート。 レポートの内容は街角・競技会・体験レポなど様々。 親子トーク - 生徒たちの母親がレギュラー出演していたコーナー。 ひな壇形式で、左側に母親たちが、右側に生徒たちが座ってのテーマトークが行われていた。 氷上運動会 - で行われたロケ企画。 氷上リンク上で種々のレース等が行われた。 秋の大運動会• 水上運動会 - プールでのロケ企画。 リレーやシンクロなどの様々な競技が行われた。 ザンゲ - 生徒たちによる年末懺悔企画。 生徒の顔には粉が噴射された。 肝試し大会• 生徒出演ミニドラマ - ドラマと称していたが、実際にはさんま監督によるミニコント風のコーナーでもあった。 演目は『男女13人スナック物語』『緊急家族24時』など。 家族対抗歌合戦• クラブ活動 - 忍者部隊クラブ、スケボークラブ、ダンスクラブ等のクラブ活動ロケを実施。 VSさっぱり学園 - 後の第2期『あっぱれ』に出演することになるさっぱり学園生との対抗クイズ合戦。 在籍生徒 [ ] スタッフ [ ]• 構成:、• 技術:• 編集:• MA:• ディレクター:、窪田豊、佐々木宗彦• プロデューサー: テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• スマイルくん(作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園卒業生一同) エンディングテーマ [ ]• (作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園卒業生一同) 備考 [ ]• 第1回放送「やっぱり学園入学式」に参加した生徒数は21人である。 下は幼稚園、最上級生で小学2年生であった。 なお、この第1回放送でやっぱり学園の校長先生なる人物が最初で最後の1回のみ、後ろ姿で登場している。 投手のメジャーリーグ登板と第2回放送が重なり、急遽番組内で生中継されることになった。 番組自体は休止ではなく、スタジオのセットからその模様が衛星中継され、生徒は出演していたがさんまは出演していない。 『』ではスペシャル版で放送されたが、普段の収録と違ってで行う年もあった。 1996年には「やっぱりさんま大先生夢リンスペシャル」として1時間の収録番組を放送、1998年・1999年には生放送でのが小学生のまさひろ君役でゲスト出演した。 番組マスコットは、『あっぱれ』時代の「ワシャガエル」から「マガサス」へ、その後「半助」へと変遷した。 声は一貫して。 番組自体は4年間続いたが、『あっぱれ』の時のような区切りとしての卒業式も無く、一部の生徒は第2期『あっぱれ』に続投出演した。 関連項目 [ ]• (実質的な前後番組) 日曜13:00 - 13:25枠 前番組 番組名 次番組• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の

あっぱれさんま大先生

やっぱりさんま大先生

お好きな内容からどうぞ• オカモトレイジが子供時代に『あっぱれさんま大先生』に出演していた! オカモトレイジさんは「自由奔放」という言葉には収まりきらないほどの「自由奔放」な人。 ファンの方も、次から次へと繰り出させる新しいオカモトレイジさんの顔に、目を離せないのではないでしょうか? オカモトレイジさんのその自由奔放さは、すでに子供時代には確立されていたようです。 「零治(レイジ)」として 『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演していたのは、オカモトレイジさんが幼稚園生の頃です。 すでに、その時代から物議を醸し出すほどの「自由奔放さ」を披露していたオカモトレイジさん。 今の時代なら、 放送できないのでは?というレベルで自由だったので、記憶に残っています。 『あっぱれさんま大先生』で覚えている子役は?と聞かれたら、100%の確率で「零治(レイジ)」と名前が上がるでしょうね。 となってる。 OLに行きたい気持ちがさらに高まってます💜 — tomo tom3240oka レイジくんて!あの、さんま大先生のレイジくんなの!?びっっっくりだよーーー!!!!!!!!!!!! 子供は、母親や父親の暴露トークをするので、視聴者は大爆笑ですが、暴露されちゃう母親は恥ずかしかったですよね。 「零治(レイジ)」は、母親が再婚相手から指輪をもらってた!再婚相手は三宅さん(番組プロデューサー)!!などと家族の秘密を大暴露していました(三宅さんは番組プロデューサーではなかったことが後に判明)。 お母さん綺麗!(Youtubeのコメントより) お母さんも優しく笑ってるのがめちゃくちゃいい(Youtubeのコメントより) ゆみさん可愛いよねぇ(Youtubeのコメントより) オカモトレイジは子供時代から私服オシャレ!『あっぱれさんま大先生』でファンションセンスが光る! オカモトレイジさんが『あっぱれさんま大先生』に出演していたのは1990年代ですが、今見てもオシャレ!と思える私服に、驚きの声が上がっています。 幼稚園生の頃から私服を個性的に着こなすオカモトレイジさん。 キラリと光るファッションセンスは、母親譲りということが分かります。 この時からめちゃくちゃオシャレやし 笑い方変わらんなあ クソ可愛い笑 (Youtubeのコメントより) おしゃれすぎ(Youtubeのコメントより) レイジおしゃれだなぁ、最初の裸ダウンはカッコいい(Youtubeのコメントより) レイジのファッションセンスは親譲りやな(Youtubeのコメントより).

次の

やっぱりさんま大先生卒の人気声優花澤香菜と悠木碧の共演は?

やっぱりさんま大先生

あっぱれさんま大先生 ジャンル 演出 出演者 ほか オープニング 「あっぱれさんま大先生」 エンディング 「ボク知ってるョ」 「」 「未来のドア」 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 月曜時代(第1期) プロデューサー 放送期間 - 放送時間 月曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 日曜時代(第1期) プロデューサー 山縣慎司 放送期間 1990年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 木曜時代(第1期) プロデューサー 山縣慎司 放送期間 1995年 - 放送時間 木曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 日曜時代(第2期) プロデューサー 放送期間 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 さんま大先生が行く! プロデューサー 加茂裕治 放送期間 2003年 - 放送時間 日曜 13:00 - 13:30 放送分 30分 『 あっぱれさんま大先生』(あっぱれさんまだいせんせい)は、で放送された制作の。 および同番組のテーマソングであり、出演者のが歌うシングルのタイトルでもある。 概要 [ ] (先生)と 子供(生徒)たちによるスタジオトークを中心に様々な企画を展開していた番組で、アニメ『』の後番組としてに月曜19:00枠にて放送開始(ほか一部ネット局では異時ネット)。 放送開始から2年後の1990年10月21日に日曜13:00枠へ移動し、さらにそれから4年半後の1995年4月27日に『』の枠縮小を受けて木曜19:00枠へ移動したが、放送分をもって番組リニューアルのために子供たちを全員卒業させた(第1期終了)。 その後、『 』と改題して日曜13:00枠へ再移動し、同タイトルで2000年3月19日まで放送されたが、同年放送分からは再度『あっぱれさんま大先生』へと戻り、まで放送(第2期)。 その翌週の10月26日からは内容を大幅にリニューアルし、『 さんま大先生が行く! 』というタイトルで放送された。 それまではさんまがで子供たちとトークをする方式だったが、同番組ではさんまが各地のへ行くという方式に改められた。 2004年11月7日に放送を開始した『 』では、それまでの「 子供たちとの絡み」を中心としてきた内容を改めた。 以後は毎回テーマを設定し、それに関する調査を基にゲストを招いてトークするという内容で放送された。 主なコーナー [ ]• あっぱれ相談室• あっぱれホームルーム• あっぱれ隊が行く• あっぱれ教室• あっぱれニュースデスク• あっぱれスポーツ• ほか 主な出演者 [ ] ()内はその後の活動内容および補足事項。 卒業生 [ ] オーディションで落選した有名人 [ ]• (女優)• (女優)• (タレント)• (俳優)• (女優)• (声優)• (俳優)• (女優、前田愛の妹)• 他 ワシャガエル(アニメキャラクター)の声 [ ]• スタッフ [ ] 第1期(1988年 - 1996年) [ ]• 構成:、皆の笑い者達、• 音楽:• 振付:• プロデューサー:• ディレクター:、窪田豊、、佐々木宗彦 第2期(2000年 - 2003年) [ ]• プロデューサー:• ディレクター:三宅恵介、窪田豊 テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• あっぱれさんま大先生(作詞:3chanとみんな、作曲:6chan、唄:3chan) エンディングテーマ [ ]• ボク知ってるョ(作詞:Cchan、作曲:Kchan、唄:4chan)• (作詞:、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同)• 未来のドア(作詞:天野磁、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同)• 夏休み冬休み春休み(作詞:天野磁、作曲:、唄:あっぱれ学園生徒一同) CD [ ] ミニアルバム [ ]• あっぱれさんま大先生キャンパスソング集(1992年12月2日)• あっぱれさんま大先生キャンパスソング集~笑顔の季節~(1996年2月21日) シングル [ ]• あっぱれさんま大先生(1988年12月28日)• 夏休み冬休み春休み(1993年2月19日) 記念樹事件 [ ] 詳細は「」を参照 エンディングテーマの「記念樹」が、それより前に書かれた「」(作詞・作曲:)と類似したメロディだとして裁判になった。 小林側は、訴訟提起中にもかかわらず「記念樹」を流したとしてフジテレビを提訴。 裁判は小林の勝訴で確定し、フジテレビは以後「記念樹」を番組で使わないことを確約した。 結果、同曲は2002年9月8日放送分から流れなくなった。 備考 [ ]• 関西テレビ2013年8月3日・フジテレビ8月17日放送分の『』(ゲストは中村勘九郎・兄弟)でさんまが語った内容によると、本番組(特に「あっぱれ相談室」コーナー)のヒントは、兄弟の父親でありさんまの親友であったが6歳の頃(当時は五代目勘九郎)にと共演していたラジオ番組『勘九郎・のり平の大人の幼稚園』(1961年、)であったという。 また、本番組卒業生の前田愛が勘九郎と結婚したことについて、さんまは不思議な巡り合わせに「気持ち悪いわぁ」とコメントした。 1995年4月からの木曜時代にはと重なることが多く、その際には本番組の放送は休止にされていたが、その一方で野球が雨天中止になった場合に備え、「あっぱれ雨の特別企画」という企画の収録も行われていた。 しかし、雨天中止になったことは一度も無く、この企画の収録分はとなった。 第1期の放送が1996年3月に終了して以来、さんまをメインに据えたフジテレビ制作のゴールデンタイムのレギュラー番組は長年存在しなかった(枠では1999年10月から2001年9月まで『』が、2001年10月から2002年3月まで『』が放送されていた)が、2010年10月に同じくさんまが司会を務める『』が月曜23時枠(『』枠)から水曜21時枠へ移動した。 これにより、さんまは14年7か月ぶりにフジテレビのゴールデンタイムに復帰した。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 2013年8月3日付• デイリースポーツ 2013年8月3日付 月曜19:00枠(1988年11月 - 1990年9月) 前番組 番組名 次番組.

次の