オスカー プロモーション 社長。 オスカープロモーション大量退社!黒い噂とは?

オスカー 社長交代の理由はなぜ?米倉涼子の退所との関係はあるの?

オスカー プロモーション 社長

米倉涼子 近年、大手芸能事務所の オスカープロモーションを辞めていった、もしくは活動を休止中のタレントが相次いでいる。 2018年の原幹恵を皮切りに、草刈民代、 ぺこぱ、忽那汐里、米倉涼子、ヨンア、長谷川潤、岸明日香、岡田結実……。 これに関して、3月末に退社した岡田結実が6月12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で気になる発言をしていたという。 「米倉涼子など所属タレントが相次いで辞めたことについて聞かれると、岡田は『私はそことは関係ない位置の辞め方なんです』と主張したのです。 米倉は新社長の石川薫氏の権力志向に辟易していたという話もありますが、岡田は単純に自分のやりたいことと事務所の考える方向性がズレていたので辞めた、と打ち明けています。 つまり、米倉と自分では退社に至る動機が違ったということです。 そう考えると、米倉が事務所の人事に納得がいかず飛び出したという話にも信憑性が出てきます。 ほかのタレントも、そうした人事についていけなくなったことが離脱につながったとも考えられるでしょう」(テレビ業界関係者) 前述した通り、オスカーから去っていった人材は女優ばかりではない。 グラマラスなボディでグラビアアイドルとして一世を風靡した原幹恵は『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)に腰元役でレギュラー出演、女優としても活躍していたが、18年に海外留学希望を理由に芸能活動を休業することを発表した。 それ以降、いまだに復帰の声は聞こえてこない。 また、同じくグラドルでは岸明日香も5月からフリーとして活動している。 「オスカープロお笑いライブ」を主催し、芸人も所属するようになったが、成果が芳しくなかったのか、19年5月に数人を残してお笑いから撤退してしまう。 「そのときに契約解除になったのが、今や大人気芸人となった、ぺこぱです。 この後、カンニング竹山の誘いもあり、サンミュージックプロダクションに所属。 同年12月の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で3位の成績を残し、今やバラエティに引っ張りだこの存在になったことは言うまでもありません」(同) ちなみに、今もオスカーに残る数人の芸人のなかには、元B&Bの島田洋七、福山雅治のモノマネで知られる、みっちーなどがいる。 今、オスカーはぺこぱのブレイクをどのような思いで見ているのだろうか。

次の

古賀誠一

オスカー プロモーション 社長

米倉涼子 近年、大手芸能事務所の オスカープロモーションを辞めていった、もしくは活動を休止中のタレントが相次いでいる。 2018年の原幹恵を皮切りに、草刈民代、 ぺこぱ、忽那汐里、米倉涼子、ヨンア、長谷川潤、岸明日香、岡田結実……。 これに関して、3月末に退社した岡田結実が6月12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で気になる発言をしていたという。 「米倉涼子など所属タレントが相次いで辞めたことについて聞かれると、岡田は『私はそことは関係ない位置の辞め方なんです』と主張したのです。 米倉は新社長の石川薫氏の権力志向に辟易していたという話もありますが、岡田は単純に自分のやりたいことと事務所の考える方向性がズレていたので辞めた、と打ち明けています。 つまり、米倉と自分では退社に至る動機が違ったということです。 そう考えると、米倉が事務所の人事に納得がいかず飛び出したという話にも信憑性が出てきます。 ほかのタレントも、そうした人事についていけなくなったことが離脱につながったとも考えられるでしょう」(テレビ業界関係者) 前述した通り、オスカーから去っていった人材は女優ばかりではない。 グラマラスなボディでグラビアアイドルとして一世を風靡した原幹恵は『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)に腰元役でレギュラー出演、女優としても活躍していたが、18年に海外留学希望を理由に芸能活動を休業することを発表した。 それ以降、いまだに復帰の声は聞こえてこない。 また、同じくグラドルでは岸明日香も5月からフリーとして活動している。 「オスカープロお笑いライブ」を主催し、芸人も所属するようになったが、成果が芳しくなかったのか、19年5月に数人を残してお笑いから撤退してしまう。 「そのときに契約解除になったのが、今や大人気芸人となった、ぺこぱです。 この後、カンニング竹山の誘いもあり、サンミュージックプロダクションに所属。 同年12月の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で3位の成績を残し、今やバラエティに引っ張りだこの存在になったことは言うまでもありません」(同) ちなみに、今もオスカーに残る数人の芸人のなかには、元B&Bの島田洋七、福山雅治のモノマネで知られる、みっちーなどがいる。 今、オスカーはぺこぱのブレイクをどのような思いで見ているのだろうか。

次の

オスカープロモーション

オスカー プロモーション 社長

株式会社オスカープロモーション Oscar Promotion Co. ltd. 市場情報 非上場 略称 オスカー、オスカープロ 本社所在地 〒107-0061 三丁目6-7 青山パラシオタワー5F 設立 (45年) 事業内容 芸能タレント等の育成ならびにマネージメント 映画、テレビ、ラジオ番組等の企画、制作、請負な版権事業 演芸、演劇、音楽、映画、公演その他の請負・興行他 代表者 (代表取締役会長) 石川薫(取締役社長) 従業員数 180名(所属タレントを除く) 主要子会社 オスカー企画 オスカー音楽出版 オスカー商事 オスカーインターナショナルエージェンシー 外部リンク 株式会社オスカープロモーション(Oscar Promotion Co. ltd. )は、に本社を置くの。 概説 にあったセントラルアパート内の一室でとして3月26日に設立された。 その後は後半より業務を兼ね、モデル業界において最大手となっている。 ぐらいより現在において男性タレントの、お笑い芸人のと並び、美女タレントのオスカーと業界では称されている。 2011年には本社を青山パラシオタワーへ移転した。 また「」「」「」等の大規模オーディションを開催するなど、所属の発掘・宣伝にも積極的であり、毎年女王を輩出する。 「美文化の創造」を企業活動のポリシーとし、総員約6000名のタレント・モデルが多方面に活動している。 当社所属タレントは25歳まで恋愛禁止という規則がある。 この理由としては、「『これからは、ファン、業界関係者、事務所スタッフなど、みんなの応援があれば、夢がかなう』という段階まで来たところで恋愛が発覚してしまえば、みんな応援しようというモチベーションが下がってしまう」というものである。 一方で所属タレントの熱愛の噂は度々流れており、結局は曖昧な規則ではないかとの疑問も残っている。 全日本国民的美少女コンテスト 詳細は「」を参照 第二のを探すべく、・・・・・・らを輩出してきたは、「美文化の創造」を目指し1987年から始まった、オスカープロモーションの主力オーディションである。 国民的美少女コンテストで選ばれた受賞者は数年にわたりレッスンを行なった上でデビューさせているため、息の長い芸能活動を前提とした位置づけとされている。 上戸彩も本コンテストの第7回大会の審査員特別賞を受賞しているが、約5年のレッスンと下積みを重ねデビューしている。 このオーディションのイメージモデルでもある後藤久美子について副社長の鈴木誠司氏は2018年のインタビューで全所属タレントの中で後藤久美子だけは別格扱いだと答えている。 2014年9月に「第2回」が開催された。 全日本美声女コンテスト オスカープロモーション・・の3社が共同で立ち上げた「ブルーオスカープロジェクト」の一環で開催した声優発掘オーディション。 このオーディションで選ばれた数名は、オスカープロと青二プロの同時所属で活動している。 「オスカープロお笑いライブ」を主催するほか、同年末からも所属するようになった。 2008年1月には「お笑いタレントお披露目記者会見」が行われ、同年10月に1年制養成スクール「オスカープロ・コメディー・ファクトリー」を開設。 お笑い芸人のネタ動画がオスカーランドでも配信開始となった。 しかしいつまでも賞レースの決勝戦などで活躍するほどの芸人が育たず、マネージャーなどの人件費ばかりがかかって採算が取れず、先が見えないと判断されてお笑い界からの撤退を決定 、2019年4月をもって「オスカープロお笑いライブ」は終了。 大半のお笑いタレントも退所することとなり、5月18日には「元オスカーお笑いライブ最終回~みんなフリーになっちゃいました~」が開催。 同年を以ってバラエティー部門を廃止。 なお部門撤退したその年のにて、退社した(に移籍)が決勝進出を果たし、3位となった。 デジタルコンテンツ分野 IT系の知識に精通したデジタルコンテンツ事業本部という部署がある。 オスカープロモーションのデジタルコンテンツの歴史は、1995年に芸能プロダクションの中で最初にホームページを立ち上げたことから始まる。 モバイルサイトの「国民的美少女」、動画サイトの「オスカーランド」、ECショッピングサイトの「スタコレ」等、自社で運営しているサイトが多い。 テレビ番組制作 に加盟している。 2000年以降、テレビ番組制作において、企画開発・提出まで関与していたが、放映の2時間ドラマ「」以降本格的に制作プロダクション業務に進出した。 進出に当たっては外部の製作会社から多くの有能なプロデューサーを招聘。 現在まで2時間ドラマを中心に実績を積み重ねている。 作品では、自社所属タレントにこだわらず他社所属のタレントも積極的に主役に起用している。 制作したテレビドラマ• (2011年、・)• (2012年 - 2014年、・)• (2013年、・)• (2014年、・)• (2015年、テレビ朝日・単発ドラマ)• (2016年、テレビ朝日・単発ドラマ)• (2016年、・)• (2016年、TBS・月曜名作劇場)• 第5作以降は別の制作会社が担当している。 (2017年、・)• (2017年、・)• (2018年、テレビ朝日)• さくらの親子丼2(2018年、東海テレビ・オトナの土ドラ)• 銭の捜査官 西カネ子2(2019年、TBS・月曜名作劇場)• (2019年、TBS・月曜名作劇場) 所属スタッフ• 山田大作(元)• (元)• (元)• (元)• アジア進出 中国の大手モデルエージェンシー「CHINA BENTLEY」と業務提携をしたり、の国民的人気モデルの、『』で日本でも知られるようになったパク・ソルミ、韓国からの逆輸入女優であるなどと契約している。 スポーツ分野 オスカープロモーションはスポーツ関連人物のマネジメントも実施しており、過去には競馬騎手のなどが所属していた実績もあった。 同事務所所属の赤井沙希が、2013年8月にに参戦したのをきっかけに、2014年6月にDDTプロレスリングとの業務提携を結び 、同時にDDT所属のとの2選手をオスカープロモーションがマネージメントすることとなった。 また、子役経験のないフィギュアスケーターのも、妹のがオスカープロモーションに移籍した事が縁となりマネジメント契約を交わしている。 所属者の私生活について 「20歳以上ならデビュー後5年、10代なら25歳まで恋愛禁止」というルールがある。 事務所の方針でアルバイトは禁止されており 、発覚するとクビもあり得るとのこと。 所属タレント 女性タレント 以下に示す女性タレントから選抜した「オスカー美女軍団」としてプロモーションすることもある。 (元)• MAIKO• (元)• 前田美月(元AKB48)• 前野千代子• 水谷ゆう• 皆川奈美• 武藤美幸• 山口恵里奈• 山越小妃江• 山﨑紗彩• 横町ももこ• ら・わ行 男性タレント• 安倍康律• 大島賢一• 清野秀美• (業務提携)• キャスター・レポーター• (元)• (元)• (元)• (元)• (元フジテレビ)• (元フジテレビ)• (元)• 男性グループ• 女性グループ• (に活動休止)• (以降は活動休止状態)• (に解散)• バラエティ部門(お笑い芸人) 2007年3月設立。 2019年5月に部門が閉鎖され大半の芸人が退所となったが、数組残っている。 文化事業部• (旧名:)• かつて所属していたタレント 女優・俳優• (現・夫人)引退• (ピーター)• (石原真理子)• (在籍中に病死)• (現・夫人)• (在籍中に自殺)• (現所属:)• (のち和由布子)• (引退)• (業務提携中に病死)• パンジー• タレント• (現・夫人)• (叶恭子)• (現・村上弘明夫人)• (本名時代に在籍)• 橋本愛実(現・)• (現・BENI)• (旧姓の「指田秀明」時代に在籍)• 根食真実(現・) モデル• (のち成海舞)• (浦浜アリサ)• (の娘)• (綾瀬早智子)• 横井美帆(現・)• アイドル• (現・)• (その後)• (松田樹利亜)• (元・ジャニーズJr. (、)• あっくん• (コテ、いけだのひーくん)• (タカギマコト、島田ひでとし、矢野ともゆき)• じゅんざぶろう• セェキットン(福原広喜、山内カズヲ)• 達磨屋サンデーマンデー(小高健、浅岡卓也 より移籍。 旧コンビ名「モルモンガー」)• (ヨシダマチコ、ムラキミナミ)• チバとナリセ(千葉哲也、成瀬慶晃 浅井企画より移籍。 旧コンビ名「プレゼント」)• BAN! ねりまだいこん。 (影山直柔、村野俊一)• (2008年9月5日付でマネジメント契約。 2009年3月15日付で退社。 (浜園みか、ミシェル)• com)• ユースフルデイズ(しょーご、潤人) アナウンサー• (元・)• (現・)• (活動当時はモデル、その後アナウンサー)• (元サッカー日本代表監督の通訳)• 星川玲奈(本名:、活動当時はタレント、現・TBSアナウンサー)• (元・) 漫画家• (漫画家) 気象予報士• (現・岡田みはる)• その他• (プロゴルファー。 在籍中に病死)• (「」の、しん君。 現在はプロボクシング・トレーナー)• (映画プロデューサー• 映画監督)• (政治家)• (振り付け師) 脚注• ,J-CASTニュース,2013年2月27日• niftyニュース 2019年5月26日. 2019年12月25日閲覧。 お笑いナタリー 2019年5月1日. 2-19-05-03閲覧。 - 2014年6月10日東スポweb• - 2014年6月11日東スポweb• - 2014年6月11日デイリースポーツ• J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2013年2月27日. 2013年3月8日閲覧。 いったん脱退して他事務所に移籍していた時期あり。 お笑いナタリー 2019年5月1日. 2019年12月29日閲覧。 関連項目• 外部リンク•

次の