米津 玄 師 うま と しか 歌詞。 ノーサイドゲームの主題歌は『馬と鹿』米津玄師が込める想いとは

米津玄師

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

米津玄師の「米津米津してる曲」が大好きなので米津が作る米津の曲の中でも特に米津が米津米津してる米津の曲を10曲選びました 米津米津=変な音がいっぱいきこえてこわい 駄菓子屋商売 10米津米津 米津が米津米津している米津曲のなかでも圧倒的米津。 頭から爪先まで米津が止まらない。 「エビで、エビで、タン塩」 意味不明なイントロ、意味不明な曲展開、意味不明な歌詞。 米津がなにを歌っているのか、米津になにを聞かされているのか。 「米津」とはなにか。 その答えは米津にしかわからない。 米津の曲は「迷路」のようなものだ。 聴けば聴くほど米津から抜け出せなくなる。 笛吹けど踊らず 8米津米津 中盤で米津がラリるのだが、聴いてるこっちまでラリってくる。 米津の曲を聴いていると目が回る。 米津の生み出す米津米津した音が耳に入ると三半規管がやられ平衡機能がおかしくなる。 グルグルバットならぬグルグル米津。 ポッピンアパシー 9米津米津 再生開始5秒でほとばしる米津。 米津の曲は耳がいくつあっても足りない。 終始耳の奥が気持ち悪くて気持ち良い。 米津はそういうことを「あえてする」。 上がりそうなところで上がらない、下がりそうなところで下がらない「次はこういうメロディ展開になるだろう」という予想を米津はことごとく外してくる。 誰も米津を捕まえることはできない。 鳥にでもなりたい 6米津米津 米津の曲を聴くとき、絶対に気を抜いてはいけない。 女性の一途な愛を歌った歌詞と森の動物たちと一緒にマーチングをしているようなメロディのハッピーソングかと思いきや、その動物たちはすべてキグルミで中には米津がいた。 不自然に半音下がる気味の悪いシンセ、不気味なカエルの鳴き声、もはや執念すら感じる歌詞。 おいでよ米津の森。 KARMA CITY 8米津米津 米津が増えた。 右耳から米津。 左耳から米津。 四方八方から米津が襲ってくる。 そして最終的にさまよっているたくさんの米津が一箇所に集まりひとつの大きな米津になる。 ペトリコール 7米津米津 米津が作り出す不穏すぎるサウンドに今にも消え入りそうな米津の声。 そんなギリギリの状態で保っていた米津ダムが後半の間奏で一気に崩壊する。 反町隆史のPOISONを聴かせると赤ん坊が泣き止むらしいが、米津を聴かせると大人が泣く。 ダークネス米津。 amen 8米津米津 イントロから胃がねじれる。 米津の音楽は臓器にクる。 そして途中で入ってくるノイズをきっかけに米津が自分の中に入ってくる。 少しずつ米津に寄生される。 米津によって脳は溶け、意識が遠のく。 神仏や死者が夢の中に出てくる「夢枕に立つ」という言葉があるが、この曲を聴いたあと米津が夢に出てくる。 米津はハチでハチは米津。 しかし、その2つは似て非なるものでもあった。 これは「もし米津がハチの曲を歌ったら?」という夢が叶った数少ない曲でもある。 ハチが本来持つ米津米津した変態的な部分を存分に出しつつ、米津になることで手に入れた普遍性を両立させている。 ハチと米津が一つになったとき、老若男女すべてが米津になる。 クランベリーとパンケーキ 6米津米津 甘い猛毒。 使っている音数自体はそこまで多くのないのにも関わらず、音の随所に米津がいる。 気だるいメロディに油断して気がついた時にはもう遅い、米津の毒は耳から全身に広がり脳の「米津」を感じる以外の機能が完全に停止する。 でしょましょ 10米津米津 歌の表現力が増し、元々の米津米津した部分がさらに際立った近年の米津。 明らかに米津ではない米津以外の声がいっぱい入っていて夜道で聴くと確実にオシッコ、いや米津漏らす。 もはや米津にとっては生きとし生けるすべての人間が「米津の楽器」と言っても過言じゃない。 米津が作る曲は「音楽」というより「米津」。 音楽と米津は完全に別物。 米津はこの世に「米津」というジャンルのエンタメを生み出した。 次に米津の曲になるのは自分かもしれない… まとめ 「米津」ってこんな字でした? ikdhkr.

次の

馬と鹿 歌詞『米津玄師』

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

ぱっと読める目次• 綾野剛さんは機動力と運動神経はピカイチなものの、機捜の経験なし、刑事の常識にも欠ける 伊吹藍役。 星野源さんは観察眼と社交力に長けているものの自分も他人も信用しない理性に生きる刑事・ 志摩一未を演じています。 綾野剛さんと星野源さんが演じる機動捜査隊を舞台としたドラマのイメージに、米津玄師さんの「感電」はピッタリの曲ですね! 僕は撮影の最中に聴かせてもらったのですが、詞も含めてものすごく 『MIU404』の世界観を大事にしてくれたというか、 ドラマで流れることをすごく意識して作られている曲だなと思いました。 タイアップだから自分の宣伝のために新曲をとりあえず提供しようとかではなく、 主演の2人の人物像や、物語を踏まえた歌詞、音の世界観を感じました。 僕も主題歌を作るときは、ただタイアップにならないように、そのドラマとか世界観の中で響いたときに、よりその 物語だったり、自分の音楽もわあっと広がるようなものにしたいと思っていたので、それを 米津くんもやられていて、ドラマに出ている側としてすごく嬉しかったし、音楽家としてもすごく嬉しかったです。 だから 早く聴いてほしいし、物語の中でかかるタイミングもものすごくよく考えられているので、それをまた見ていただきたいですし、体験していただきたいです。 引用: 米津玄師さんが、「MIU4040」の世界観を大事にしながら作詞・作曲をしていて、それを星野源さんとしても嬉しく感じているとのことですね! 伊吹と志摩が動いてるところをここまで想像してくれる主題歌は、もう出てこないと思います。 中略 彼が1話と2話の台本を読んだと連絡をくれて 「めちゃくちゃ面白かった!これは最高の曲書くよ」と言ってくれて、だから志摩と伊吹が動いている風にしか思えないですね。 歌詞もそうだし、すごく キャッチーな部分と時に深刻な部分がすごくアンサンブルされて、本当に映像の中で流れて完成している。 痺れますよね。 しょっちゅう聴いています。 彼は焦っていないですよね。 もちろん制作をするという意味ではとても大変だと思うのですが、 曲にちゃんとムードがあると思います。 中略 あえて言うなら 米津玄師という音楽家が創る傑作だと思っています。 中略 源ちゃんも、ミュージシャンをやられているので、 タイアップだからって自分の新曲を出すのではなく物語が広がるようなものを作りたいと言っていましたが、多分昔の人たちは当たり前にそれをやっていたと思います。 米津くんはそういう昔のエンジンをすべて積んだまま、現代の令和という時代に求められるものと自分が表現していかなくてはいけないことの ど真ん中をちゃんと狙っている。 ど真ん中ではなく、フチの部分を狙った方がオシャレっぽいし、そっちの方がクリエイターっぽいという人もいると思うのですが、違うと思います。 ど真ん中を狙うのが何よりも難しいんです。 (中略) この曲を自分たちの胸に秘めながら『MIU404』の世界に生きようという決意のもとやっています。 引用: 米津玄師の新曲「感電」ネットの声は? 米津さんの感電いいね〜感電するわ。

次の

馬と鹿 歌詞『米津玄師』

米津 玄 師 うま と しか 歌詞

なぜ404なのか? なぜ404という番号にこだわっているのだろうか? それは第一話の中で、警視庁機動捜査隊公式サイトがダウンして『404NOT FOUND エラー』になったことから理由が判明した。 404NOT FOUNDエラーとは、ページが炎上してサーバー落ちした場合と、ページを削除した場合に表示されるエラーのことである。 機動捜査隊公式サイトは、「機動捜査隊長が美人すぎる」と話題になりダウンした 404= NOT FOUND=存在しない つまり、捜査隊の中で第4機捜は存在しない、表示できない臨時の部隊であることを意味していた。 なぜ第四機捜を導入したのか、本当の理由はまだ明らかにされていないがーーー ドラマ『相棒』でいうところの「特命係」といった感じだろう。 初動捜査は機捜が行い、美味しいところ(逮捕)は捜査一課に持っていかれてしまう。 伊吹藍はドラマの始めころ、「パッとしない。 機捜のやりがいは?刑事は命懸けでしょ。 捜査でろくに家にも帰れない、給料も安い。 それでも続けるのは正義感。 犯人を捕まえたい。 なのに機捜は逮捕の前で終わる」と、自分の立場が 焦 じれったい様子だった。 しかし、伊吹は「容疑者が最悪な犯罪を冒す前に阻止できる機捜は素晴らしい」と自身の考えを改めている。 綾野剛演じる伊吹藍の特徴「足が速い」「ナイキのスニーカー」 美人隊長・桔梗ゆづる(麻生久美子)が、第四機動捜査隊の候補者を選ぶ段階で落としたというのが、伊吹藍だった。 桔梗ゆづるのドライバーではなく、捜査がしたい志摩一未(星野源)は誰でもいいから相棒が欲しいと桔梗に懇願。 元捜査一課である志摩の実力を買っている桔梗ゆづるは、さっそく伊吹藍に第四機捜への異動を命じた。 さすが候補段階で落されただけあって、伊吹藍の評判は聞き出せないほど最悪。 志摩が伊吹の仕事ぶりを周りに聞きまわると「私の口からは言えません」「伊吹ぃ?二度と面見せんなって言っとけ」など嫌われていた。 彼の唯一の長所は『足の速さ』 伊吹は、とにかく足が速かった。 これは、東京マラソン2020日本新記録の大迫傑選手が、大の駅伝ファンである綾野剛にプレゼントしたもの。 彼は美人の女性と恋に落ち、結婚。 しかし、新婚旅行から戻った妻は、 肺に睡蓮のつぼみができる病気にかかってしまう。 妻を助けるため、青年は医者に言われた通り、彼女の周りに花を絶やさないようにする。 やがて財産が底をつき、青年は職探しする。 しかし妻はどんどん弱っていき、ついに死んでしまう。 確かに「肺に睡蓮」が、MIU404の主人公に奇病をもたらすような意味合いに受け取ることもできなくはないがーーー 米津玄師は詞を作る前に「MIU404の台本、第2話まで読んだ」と綾野に話しており、伊吹藍や志摩一未の人物像を2話分までしか知らない状態で曲作りに入っている。 (モデルプレスのリモートインタビューより) 事件を解決して満足そうな伊吹藍(綾野剛) 第2話で主人公が奇病というのも、話が急展開すぎるだろう。 ひょっとすると、第2話では伊吹藍が胸元を抑える意味深シーンが出てくるなど、奇病を思わせる伏線が張られる可能性も考えられる。 第一話を見返すと、伊吹藍は数々の問題行動を起こして配属先を点々としていたが、第四機捜に配属になる直前は、平和な奥多摩の交番で10年近く勤務している。 奥多摩に配属された理由は左遷だけではなく、やはり伊吹の病気も考慮されてのことなのかもしれない。 また、社会派ドラマの多いTBSなら、半沢直樹のようにハッピーエンドにしないパターンも十分考えられるだろう。

次の