お尻の黒ずみ。 お尻の黒ずみが汚いです! 原因は?消す方法は?ニベアでケアできる?

男だって気になる!おしりの黒ずみの原因と対策!【美尻ケアアイテム13選】

お尻の黒ずみ

お尻は衣類と下着を常に着用しており蒸れやすい環境にあることから汗疹(あせも)やかぶれ、ニキビなどの炎症ができやすい部位です。 炎症は肌の防御反応が起きてメラニン色素を過剰に分泌し、色素沈着や黒ずみを発生させます。 ・お尻の黒ずみの原因になる見直すべき4つの生活習慣 お尻の黒ずみができる習慣には 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服を好む」「睡眠不足」「栄養不足」の4つがあげられます。 そのなかでも 「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服」はお尻の血流を悪くし、老廃物(毒素)が溜まりやすくなるため、黒ずみを始めとする肌トラブル(ざらつき・垂れる・大きくなる・ニキビなど)にも繋がってしまいます。 お尻の黒ずみの4つの原因 対策 長時間座る・寝転がる 長時間座るデスクワークや、寝転んでテレビを同じ体勢でみる場合は、椅子にクッションを敷いてお尻の負担を軽くするか、適度に立ち上がり前屈などをして血流を促すようにする。 締め付けの強い下着や衣服 スキニーデニムなど締め付けの強い衣服はなるべく控え、下着も締め付け感のないものを選ぶ。 睡眠不足や睡眠の質 睡眠中は古い角質や老廃物の排出を促す成長ホルモンが分泌されているため、最低6時間の睡眠を確保するのが望ましい。 睡眠の質を高めるためにも22~24時までには就寝するようにし、就寝1時間前からはスマートフォンの操作は控える。 また、締め付けの強い下着の着用は避ける。 栄養不足や栄養バランス 肌のターンオーバーを促す「ビタミンB・E・C・A」「タンパク質」の摂取が重要。 コンビニ弁当やジャンクフードは避け、肉・魚や納豆・大豆などのタンパク質や生野菜でビタミン類を意識して摂取するように心掛ける。 また、これらの栄養素の吸収を妨害するお酒は1日20g 缶チュウハイ1本・ビール中ビン1本・日本酒1合・ウィスキーダブル1杯のいずれか 程度に抑える。 2.お尻の黒ずみは「角質ケア」と「保湿ケア」で改善する お尻の黒ずみなど、色素沈着が原因による黒ずみを治すには、古くなった角質を剥がして「肌のターンオーバーの促進させること」と、美白成分を含むクリームで保湿し「メラニン色素の抑制」することがとても大切です。 特に お尻がざらざらしている方は、ターンオーバーが乱れ古い角質がたまり厚くなっていると考えられます。 その場合、保湿ケアをしても有効成分が肌に浸透しにくいため、一度ピーリングやスクラブを使用して古い角質を落としながら保湿をしたほう早い改善が期待できます。 ・お尻のざらざらも気になる方のための角質ケア方法 お尻のざらざら改善のための角質ケアは大きく分けて「ピーリング」と「スクラブ」の2種類があります。 ピーリングは「クエン酸」や「フルーツ酸」などの酸の力で古い角質を剥がす方法です。 肌刺激も少ないため肌の弱い方や敏感肌の方に向いてる方法です。 スクラブは「砂糖」や「塩」の細かい粒子によって、古い角質を削って落とす方法です。 粒子を肌にこするため、肌に多少負担がかかることから脂性肌などの肌が強い方に向いてる方法です。 どちらの方法も、角質が柔らかくなるお風呂のタイミングで行うと角質も落ちやすくおすすめです。 最初は週2回ほど行うと効果的ですが、肌の状態をみながら減らしていくとよいです。 角質ケア後は、肌が乾燥しやすくダメージを受けやすい状態ですので、忘れずに保湿ケアを行ってください。 ・美白成分を含む保湿剤で朝夜1日2回のケアを行う お尻の黒ずみケアとして最も大切なことは、美白成分を含む保湿クリームや美容液でケアすることです。 お尻のみならず、黒ずみや色素沈着がなかなか治らない大きな原因として「肌の乾燥」があります。 肌は入浴後や年齢を重ねるごとに、潤いを保っている「セラミド」や「ヒアルロン酸」を失い、減少するため、肌のバリア機能を守るためにも「セラミド」や「ヒアルロン酸」が含まれる保湿クリームを選ぶと良いです。 それに加え、お尻の黒ずみを改善するためには、厚生労働省が認可している 美白成分が含まれる製品を選ぶことで、お尻の黒ずみやニキビ跡など早期に改善することが期待できます。 美白成分とは、黒ずみや色素沈着の原因である「メラニン色素の生成を抑制することができる成分」のことを指し、代表的な成分として「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などがあります。 これらの美白成分は、使用後すぐに肌を白くするわけではなく、少しづつメラニン色素が作られにくい肌にしていくため、毎日朝と入浴後の2回の保湿ケアが大切です。 効果を実感するまで最低でも3カ月~1年以上継続し、乾燥肌の方は保湿の回数を増やしても良いです。 3.お尻の黒ずみの改善なら「美容液」予防は「クリーム」タイプを選ぶ 美白成分が配合されるお尻の黒ずみの保湿剤にはクリームタイプと美容液タイプがあります。 すでに黒ずみが発生して 改善を目的とするなら 「美容液」タイプ。 黒ずみができにくくするための予防を目的とするなら「クリーム」タイプを選ぶほうが良いです。 クリームタイプは保湿を目的として製造されているため、有効成分より保湿成分の割合が多い傾向にあります。 肌を保湿しバリア機能を高めることで、摩擦などのダメージから肌を守り黒ずみができないように予防する効果が期待できます。 一方で、美容液タイプはケア目的で使用するため、油分などの保湿成分の配合は少なく、そのぶん有効成分の配合の割合が多い傾向にあります。 そのため、お尻の黒ずみを改善したい場合、美容液タイプのほうが美白成分が多く、クリームタイプと比べ早い改善が期待できます。 予防ならクリームタイプ、改善するなら美容液タイプ。 お尻の黒ずみだけでなく他の化粧品にも言えることなので覚えておくと間違えのない化粧品選びができます。 【PR】お尻の黒ずみに一押し美白クリームはココピュア お尻の黒ずみを早く解消する上で、特にお勧めできる商品を3つに絞りました。 美白や保湿、ぶつぶつ予防において、適切な有効成分が配合されているため早い効果が期待できます。 1位: ココピュア 価格:¥5,980 容量:30ml お尻の黒ずみを早期に改善するなら間違いのない製品です。 他製品と比べると価格が少し高いが、そのぶん成分内容が優秀。 ポイントは美容液であることと、配合成分です。 厚生労働省の美白認可成分に加えて、美白作用の高いビサボロールやホワイテーヌなど全5種類の美白成分が配合されています。 美容液タイプなので有効成分が配合率が高く、そのほか3種のヒアルロン酸やブツブツやざらざら対策の成分も配合されているため、黒ずみ改善・予防やニキビやぶつぶつ対策など、お尻をキレイに保つためのハイクオリティなお尻専用の美白美容液です。 公式サイトからだと45%OFFで購入することができます。 ゼロズミの効果検証レビュー: ・3カ月使用しても薄くならない場合は皮膚疾患の可能性もある 専用クリームでも、お尻の黒ずみやざらつきが改善しない場合、色素沈着が原因の黒ずみやぶつぶつではなく、毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)や毛孔角化症(モウコウカクカショウ)など皮膚疾患の可能性も考えられます。 毛孔性苔癬とは、二の腕を始めとする身体の様々なところに「赤褐色の2~3ミリほどのぶつぶつが広範囲にできる皮膚疾患」のことを指し、世界人口の約80%が発症する皮膚病の一種です。 【二の腕の毛孔性苔癬の症例】 原因は「ホルモンバランス」や「遺伝」が関係しているのではないかと言われています。 稀にかゆみを覚える人がいる程度で健康に害はありません。 原因が不明で完治は難しいとされていますが、尿素が含まれる保湿剤での治療が最良と言われています。 5.保湿と同時にマッサージも行うとたるみ予防になる マッサージをしながら保湿クリームを塗り込むことで血行が促進され、お尻の毒素(老廃物)も排出されやすくなります。 黒ずみの早期解消だけでなく、たるみ予防にも効果的です。 500円玉大ぐらいの量で、お尻全体の保湿を行うことができます。 乾燥が強い方は、2~3度ほど重ねても良いです。 これを行うことで、リンパのコリをほぐしていきます。 大体5回ほど繰り返しましょう。 これを行うことで、横に流れてしまった脂肪や太股部分で凝り固まったリンパを流すことができます。 5回ほど繰り返しましょう。 お尻のくぼみ辺り(腰の中心付近)には、リンパ節というリンパのたまり場のようなものがあり、ここをほぐすことで毒素が排出されやすくなり、黒ずみやたるみの早期改善に役立ちます。 6.早く治したい方は皮膚科やエステでの施術がおススメ 美白成分を含む保湿ケアでも実感するまでに最低3カ月など続ける必要があるので、早くキレイに治したい方は「美容皮膚科」や「エステ」での施術を検討するとよいです。 美容皮膚科ではターンオーバーを促進する「ケミカルピーリング」とメラニン色素を破壊する「Qスイッチレーザー治療」が主に行われ、必要に応じて「ビタミン剤などの飲み薬」や「美白剤入りの塗り薬」なども処方されます。 専門知識をもった専任者が、症状に合わせて適切な治療を施術するため、お尻の黒ずみを早く確実に治したい方は美容皮膚科での施術がおすすめです。 レーザー治療の費用や期間などは下記の湘南美容外科クリニックのページを参考にしてください。 エステでのお尻の黒ずみに対する主な施術内容は、毛穴の汚れをかきだす「超音波毛穴洗浄」、古い角質を除去する「ケミカルピーリング」、プラセンタやビタミンCなどの「パック」、リンパマッサージなどを行います。 エステでの施術は肌負担が少なく、敏感肌や肌が弱い方にも向いています。 通う頻度は2ヵ月に1回程度が多く、施術費用は美容皮膚科より安く済みます。 7.緊急時にファンデーションでササッと黒ずみを隠す方法 「水着を着る時」「突然の彼とのお泊り」などで、お尻の黒ずみをうまく隠したい方は、汗や水に強い『ボディファンデーション』を使用するのもおすすめです。 水着はお尻部分にフリルがついたものやパレオで隠すことができ、お泊りならボディー用のファンデーションを少しずつ肌に重ねると目立ちにくくなります。 目立つニキビや黒ずみが気になる方は、 ファンデーションの前にコンシーラーを軽く乗せると上手に黒ずみを隠すことができます。 注意点として10時間を超えるほどの長時間、ファンデーションで隠し続けると、毛穴に汚れが溜り「ニキビ」や「炎症によるぶつぶつ」になるリスクが高くなりますので、なるべく長時間の使用は避け、使用後はクレンジング等でしっかり洗い流して下さい。 黒ずみやニキビ跡を隠すボディ用ファンデーションの使い方や料金は以下にまとめています。 まとめ お尻に黒ずみ・ざらつきができる原因から効果的な治し方の全手順をご紹介いたしました。 お尻は角質が厚く蒸れやすいため、ニキビや炎症が出来やすく様々な肌トラブルが出来やすいです。 お尻の黒ずみを治すためには「お尻への刺激や圧迫を避ける」「良質な睡眠とバランスの良い食事」「スクラブやピーリングでの古い角質の除去」「美白成分が含まれる保湿クリームでのケア」「お尻のリンパマッサージ」の5つが大切です。 早く確実にお尻の黒ずみを治したい方は「美容皮膚科」かセルフではできないお肌のスペシャルケアができる「エステ」での施術がおススメです。

次の

お尻が汚い女性必見!お尻の黒ずみをケアする方法7選!

お尻の黒ずみ

いつのまに!?お尻のざらつきや黒ずみが気になる… 放っておいたらいつの間にか、ざらつきや黒ずみが気になるお尻になっていることありませんか。 お尻もお肌と一緒で、しっかりとケアをしないと古い角質が溜まってしまい、結果としてざらつきや黒ずみとなってしまいます。 お尻は角質が厚くなりやすい場所でもあるため、古い角質も蓄積されやすいのです。 ターンオーバーも乱れがちで、角質が溜まることでお尻全体が黒ずみに。 長時間椅子に座っているのも、古い角質が蓄積される原因の一つです。 日常生活の中で、ダメージを受けていることが多いのがヒップ。 ですがお尻はクリームを塗布する人は少なく、見えない部位なので手を抜いてしまう方も多いでしょう。 しかし見えない箇所だからこそ、しっかりケアして綺麗なお尻をキープしたいものです。 お尻のケアには、古い角質を除去するピーリングケアなどがおすすめ。 古い角質を取り除いたら、しっかりと美容クリームでケアして柔らか肌を目指しましょう。 誰でも簡単に始められるので、運動が苦手な方にもおすすめ。 スクワットのやり方は、足を肩幅くらいに開き、ゆっくりと腰を下ろしてその状態を5秒間キープ。 あとはゆっくり元の位置に戻るだけ。 これを10回3〜5セット行うと効果的です。 スクワットはゆっくりとした動きをすることで、負荷をかけて鍛えることができます。 余裕があれば回数を増やすなどして鍛えましょう。 スクワットの応用としては、500mlのペットボトルに水を満タンに入れ、両手に持ってスクワットを行います。 これだけでも負荷のかかり方が違うので、ぜひ試してみてください。 これは 体幹を鍛えるトレーニングで、同時に腹筋も鍛えられます。 ポイントとしては綺麗なフォームを維持すること。 膝を90度に曲げて仰向けに寝ます。 手は体の横に置き、リラックス。 この時にお尻が地面につかないように、下がらないように意識しながら、膝とおへそのラインがまっすぐになるようにキープ。 終わったらゆっくりお尻を下げるのですが、地面につかないようにしてください。 これを繰り返し運動することでヒップアップが目指せます。 膝を床に戻したら同じように足を持ち上げ、この動きを5回くらい行います。 この動きは見た目以上にきついので、効果が期待できるでしょう。 慣れないうちは足の持ち上げが思うようにいかないので、自分のできる範囲でやりましょう。 続けるうちにだんだんと持ち上がるようになってきますよ。

次の

お尻が汚い…。すべすべ“マシュマロ美尻”をつくるヒップケア3選|コラム|eltha(エルザ)

お尻の黒ずみ

[目次]• お尻の黒ずみの原因 お尻の黒ずみが発生する原因には、以下のようなものがあります。 摩擦などの刺激による色素沈着 肌は刺激を受けると、防御反応でメラニンを生成します。 下着や洋服との摩擦や、座っているときの圧力などの刺激により、肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生したりします。 特に、• 締め付けのきつい下着• ナイロン製の下着• お風呂でゴシゴシ洗う などには注意しましょう。 このように、 摩擦により発生した色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれ、シミが深い部分にでき、色素が定着しているので 改善に時間がかかります。 座る時間を短くするのは、仕事などによっては難しいと思いますが、 下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、なるべく 摩擦による刺激を避けるようにしましょう。 肌の乾燥や摩擦などの刺激による過角化 乾燥して敏感になったり刺激を受けたりすると、肌は刺激から自らを守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとするため「過角化」と呼ばれる現象が発生します。 過角化によって角質が厚くなると、肌全体がゴワゴワしたり、くすんで黒ずんだりします。 過角化を起こさせないためには、 しっかり保湿することが重要です。 また、メラニンによる黒ずみと同様、 下着などはなるべく刺激にならないものを選びましょう。 また、長時間の自転車やバイクの乗車は摩擦を起こして悪化するのでなるべく避けるようにしましょう。 過角化によってお尻が黒ずんでくすんでしまっている場合は、余分な角質を ピーリング石けんなどで穏やかに取り除くと効果的です。 ピーリングを行うと、普段よりも肌が乾燥しやすい状態となるため、 しっかりと保湿をするようにしてください。 ただし、垢すりやスクラブなどでゴシゴシこすって角質を落とすのはNGです。 一時的にお尻がツルツルになっても、摩擦による刺激で後から色素沈着が発生したり、過角化を促進したりすることで余計に黒ずみやすい肌になってしまいます。 かぶれや炎症 肌に炎症が起こると、その部分に色素沈着が発生することがあります。 ニキビ跡の色素沈着は、炎症による色素沈着の代表例です。 お尻の場合は、アレルギーによるかぶれやムダ毛の処理などによる傷、ニキビや吹き出物などによって炎症が発生することがあります。 化粧品や石けんなどによるかぶれの場合は、原因と考えられるものの使用をすぐにやめましょう。 かゆみがある場合は、掻いてしまうと炎症が悪化するため、 薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。 また、吹き出物など、他の皮膚疾患が原因の場合は、 皮膚科に相談し、原因となっている疾患を治すことが必要です。 ホルモンバランス 妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、黒ずみが発生する場合があります。 妊娠・出産による黒ずみは、出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも 数か月で自然に消えるため、それほど心配はいらないでしょう。 生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、 異変があれば婦人科を受診しましょう。 お尻の黒ずみを改善するための生活習慣 お尻の黒ずみを改善するには、黒ずみの原因となる生活習慣を改善するアプローチが考えられます。 具体的には、以下のような改善が考えられるでしょう。 下着の見直し• スキンケア それぞれ、どのような点を意識するとよいか見てみましょう。 下着の見直しポイント 締め付けの強い下着や衣服は、摩擦によってお尻の黒ずみを招くことを前述しました。 また、ナイロン素材の下着も黒ずみの原因となります。 つまり、お尻の黒ずみの改善には、• 綿などの天然素材• 締め付けの少ない下着 をつけたほうがよいでしょう。 また、下着のサイズも見直したほうがよいかもしれません。 スキンケアの見直しポイント まず、ごわつきや黒ずみが気になるからといってお尻をゴシゴシと力を入れて洗っている場合はやめましょう。 石けんをしっかりと泡立て、こすらずやさしく洗うのがおすすめです。 また、肌の乾燥も肌のゴワつきや黒ずみを招くこともすでに説明しました。 そのため、特に入浴後の肌が乾燥しやすいタイミングでは、保湿ケアも行いましょう。 普段顔に使用する化粧水やクリームを使ってケアするとより効果的でしょう。 お尻の黒ずみの皮膚科治療 お尻の黒ずみを解消するには、• なるべく刺激を与えないこと• 余分な角質を優しく取り除くこと• しっかりと保湿を行うこと の3つを、根気強く続けていく必要があります。 黒ずみの予防や、軽い黒ずみの解消にはこれらで十分な効果が期待できますが、濃い色素沈着がある場合や「今すぐ黒ずみを解消したい!」という場合には、クリニックで治療を受けるようにしましょう。 お尻の黒ずみの治療には、以下のようなものがあります。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングは、• お尻の黒ずみ• ざらつき• ニキビが気になる という方におすすめです。 酸の働きで古い角質を除去し、 細胞の新陳代謝をアップすることで、くすみやざらつきを改善します。 クリニック処方の• 美白クリーム• 保湿クリーム• ピーリング石けん などとの併用で、相乗効果が期待できます。 レーザー・光治療 通常のシミと違ってレーザーや光をかさぶたができない程度の弱い設定でお尻に照射し、メラニン色素を少しずつ破壊していきます。 美白効果のある薬剤の経皮導入• イオン導入• 超音波導入• エレクトロポレーション など、 電気を利用して下記のような炎症を抑える効果や美白効果の高い薬剤を皮膚から浸透させる施術です。 浸透させられる薬剤の種類は機器によって違い、また浸透の度合いや深さは通常エレクトロポレーションが最も強力になります。 水分も皮膚の奥にはいり同時に保湿作用もあるため、元々乾燥肌傾向の方にはとくに効果が高い方法です。 外用薬の処方 漂白効果があり、• メラニン生成に関わるチロシナーゼを抑制するハイドロキノン• ターンオーバーを促すトレチノイン(ビタミンA誘導体) などの外用薬をお尻に塗ることで、黒ずみを解消する治療です。 ビタミンCローションは、メラニンを還元させる美白作用だけでなく活性酸素を退治し炎症を抑える効果もあります。 内服薬の処方 抗酸化作用が強く、シミなどの治療にも用いられる• ビタミンC• ビタミンE• トラネキサム酸 などの内服薬を摂取し、 内側から黒ずみを解消する治療です。 黒ずみといっても、さまざまな原因があります。 まずは何が原因になっているのかを突き止め、正しく対処することが大切です。 原因がわからない場合や、原因がわかってもどうしたらよいかがわからない場合は、自己流のケアで悪化させる前に、皮膚科で相談しましょう。 まとめ お尻は自分では目が届きにくい部位ですが、水着姿になったり温泉などに行ったりすると、他人の視線が気になる部位でもあります。 その原因は、簡単にまとめると以下の4つです。 摩擦などの刺激• 肌の乾燥• 炎症・かぶれ• ホルモンバランスの乱れ 肌の刺激や乾燥については、毎日のセルフケアで改善できる場合もあります。 今回ご紹介した生活習慣の改善ポイントを見直してみましょう。 また、すでにお尻に濃い色素沈着があり、気になる場合は、クリニックで専門家の手を借りるのもひとつの方法です。

次の