オフ コース 眠れ ぬ 夜。 オフコース、ブルーレイ『NEXT VIDEO PROGRAM』より「眠れぬ夜」「さよなら」2曲の映像を公開!

オフコース 眠れぬ夜 歌詞

オフ コース 眠れ ぬ 夜

衰えない人気のヒミツ、西城秀樹の人一倍優れた歌唱力 2018年5月に惜しまれつつ逝去した西城秀樹。 今もファンからの応援の声がやまず、ともすれば健在だった頃よりも熱く支持されているのではないかと思わされるほどだ。 衰えない人気の秘密は、誰もが称賛する実直な人柄はもちろんのこと、人一倍優れた歌唱力によるところが大きいだろう。 人間性の素晴らしさは万人を惹き付ける情熱的な歌声にも表れていた。 さらに「激しい恋」「傷だらけのローラ」といったヒットが並び、初期のヒデキといえばやはりアクションが前面に押し出された絶叫型歌唱のイメージがある。 学生時代から喧嘩っ早く、洋楽ロックが好きだったという経歴もそれに重なるわけだが、一方で静かなバラードやソフトタッチの作品でも抜群の魅力を発揮していたところに優しさの本質が垣間見られるわけで、1980年の暮れに出された「眠れぬ夜」もそんな一枚といえる。 大人路線にシフトした西城秀樹が歌ったオフコース「眠れぬ夜」 6枚ものシングルをリリースした1980年は、1月に出された「悲しき友情」、3月の「愛の園」をヒットさせているが、その前年1979年に「YOUNG MAN(Y. )」を大ヒットさせた後、徐々に曲調が大人路線へとシフトしていた傾向が見られる。 そんな中、通算36枚目のシングルとして12月16日にリリースされた「眠れぬ夜」は意外なカヴァーであった。 オリジナルはオフコース。 ニューミュージックの全盛時代、歌謡曲との融合は珍しくなくなっていたとしても、西城秀樹とオフコースの接点はそれまでに見当たらなかった。 実際、オフコースのコンサートで西城秀樹が「眠れぬ夜」を歌うことになったと発表した際には、客席からブーイングの声が聴こえたという。 オフコースの「眠れぬ夜」はそれより5年前の1975年12月リリース。 アルバム『ワインの匂い』に収録され、同時にシングルも発売された。 小田和正と鈴木康博がふたりで活動していた時代、初のスマッシュヒットを記録し、彼らのライヴでも欠かせないナンバーとなっていただけに、西城がそのカヴァーに挑むのはちょっとした冒険だったはずである。 鮮やかな緩急の使い分け!落ち着いたナンバーからロック路線まで しかしながら、少し抑え気味のヴォーカルと船山基紀によるポップなアレンジが絶妙にマッチして、緻密なハーモニーの本家に引けをとらない名カヴァーが完成。 結果オリコン10位、TBS『ザ・ベストテン』では最高3位のヒットを記録した。 ちなみにシングル盤のジャケットはデザインを新たに刷り直されたBタイプが存在する。 中古市場での出現率から察するに、世に出回っている数はそれほど多くはないだろう。 そしてそれは西城が歌手として円熟を極めていたからこそのローテーションだったはず。 この後のバリー・マニロウとのコラボをはじめ、常に洋楽カヴァーに積極的に挑んでいたのも頷ける。 一度だけでも観てみたかった!小田和正と西城秀樹の共演 「眠れぬ夜」が『ザ・ベストテン』で3位を記録した時、1位は近藤真彦「スニーカーぶる~す」、2位は田原俊彦「恋=Do!」で、たのきん全盛期に新御三家も健在なのが頼もしく思えたことを憶えている。 同時期にオフコースは「時に愛は」をヒットさせていたが、テレビ出演を拒否していたため西城との共演の機会はなかった。 欲を言えば、一度だけでも小田和正と西城秀樹の共演による「眠れぬ夜」を観てみたかったと思うのだ。 2019.

次の

オフコース、ブルーレイ『NEXT VIDEO PROGRAM』より「眠れぬ夜」「さよなら」2曲の映像を公開!

オフ コース 眠れ ぬ 夜

『 』収録順 「」 1 「 眠れぬ夜」 2 「」 3 解説 [ ] 「眠れぬ夜」は、に同時発売のアルバム『』 からのシングルカットで、アルバム収録のものと同内容である。 この曲は、小田が最初作った時には実はバラード調の曲だったが、レコーディングの際ミディアム・テンポのロック調にアレンジが変更された。 この経緯をプロデューサーの武藤敏史は「それまでのアルバム『』 と『』 に足りなかったものは何か。 それはオフコースの場合、無条件に、理屈ぬきに誰もが楽しめるような曲や、シンプルな曲が少なすぎたのではないだろうか、と僕は判断したわけである。 そして『眠れぬ夜』をあのような曲調にしてしまったのだが、作者の小田君にとっては、当時それがかなり不満だったらしい。 だからどちらかというと僕が強引に自分の意見を押し通してしまったといえるかもしれないが、もちろん彼らも最終的には納得してくれて、その後、オフコースのステージになくてはならない曲のひとつとして歌い続けられていることは、皆さんご存知の通りである」 と振り返っている。 結果として、オフコースにとって初のスマッシュ・ヒットを記録した。 同曲は『』 にも収録され、2016年 2016 には小田が『』 でセルフ・カヴァーした。 で、出来上がったものを聴いたら、僕に遠慮してか、えらく地味になってました。 ま、楽しみにしててください」 とコメントしていた。 アートワーク、パッケージ [ ] ジャケット写真は『ワインの匂い』 と同じでの別カット。 裏面には両曲の歌詞のほか、「眠れぬ夜」の楽譜が掲載されている。 オリジナル盤の収録曲 [ ] SIDE A [ ]• 眠れぬ夜 3'16" 作詞・作曲 : 、編曲 : オフ・コース、 歌 : オフ・コース SIDE B [ ]• 3'05" 作詞・作曲 : 、編曲 : オフ・コース、 歌 : オフ・コース 参加ミュージシャン [ ]• 小田和正 — Lead Vocal, Chorus, , ,• 鈴木康博 — Vocal, Chorus,• 山口達也 —• 三浦啓二 —• 山本博 —• スタッフ [ ]• 10位()• 1981年度年間52位(オリコン)• 3位()• 1981年上半期14位(ザ・ベストテン)• 1981年年間39位(ザ・ベストテン) シングル 年表 () 眠れぬ夜 (1980年) () 香港出身の歌手の「 眠れぬ夜」(: Sleepless Night)は、日本における1枚目の日本語の3インチ・マキシ・シングルとして、1995年6月25日にからリリースされた。 スタジオ・アルバム『』のリード曲である。 ビビアン・チョウ盤の収録曲 [ ] CD オリジナル盤(8cmCD) タイトル 作詞 作曲・編曲 備考 1. 「眠れぬ夜」 2. 「不相信愛情」 「眠れぬ夜」ヴァージョン 3. 「眠れぬ夜(オリジナル・カラオケ)」 4. 「不相信愛情(オリジナル・カラオケ)」 「眠れぬ夜」カヴァー [ ] アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 規格 1980年12月16日 1980-12-16 7" RHS-15 1995年6月25日 1995-06-25 SCD PODH-1260 Slow Down 1995年9月1日 1995-09-01 CD SRCL-3303 ワンスモア 2006年6月7日 2006-06-07 CD GNCZ-1004 The Singer 2008年11月19日 2008-11-19 CD AVCD-23680 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (1970年4月5日 1970-04-05 )• (1971年10月5日 1971-10-05 )• (1972年4月25日 1972-04-25 )• (1973年2月20日 1973-02-20 )• (1974年4月5日 1974-04-05 )• (1974年10月20日 1974-10-20 )• (1976年5月5日 1976-05-05 )• (1976年10月5日 1976-10-05 )• (1977年2月5日 1977-02-05 )• (1977年8月5日 1977-08-05 )• (1977年11月20日 1977-11-20 )• (1978年4月5日 1978-04-05 )• (1978年7月20日 1978-07-20 )• (1979年1月20日 1979-01-20 )• (1979年6月5日 1979-06-05 )• (1979年12月1日 1979-12-01 )• (1980年3月5日 1980-03-05 )• (1980年6月21日 1980-06-21 )• (1980年12月1日 1980-12-01 )• (1981年6月21日 1981-06-21 )• (1981年12月1日 1981-12-01 )• (1982年2月1日 1982-02-01 )• (1982年6月10日 1982-06-10 ) (1984年 1984 — 1989年 1989 )• (1984年4月21日 1984-04-21 )• (1984年7月18日 1984-07-18 )• (1984年9月21日 1984-09-21 )• (1985年2月21日 1985-02-21 )• (1985年5月22日 1985-05-22 )• (1985年9月21日 1985-09-21 )• (1985年11月30日 1985-11-30 )• (1987年3月4日 1987-03-04 )• (1987年5月25日 1987-05-25 )• (1988年1月25日 1988-01-25 )• (1988年7月25日 1988-07-25 )• (1988年10月25日 1988-10-25 )• (1973年6月5日 1973-06-05 )• (1974年5月5日 1974-05-05 )• (1975年12月20日 1975-12-20 )• (1976年11月5日 1976-11-05 )• (1977年9月5日 1977-09-05 )• (1978年10月5日 1978-10-05 )• (1979年10月20日 1979-10-20 )• (1980年11月21日 1980-11-21 )• (1981年12月1日 1981-12-01 )• (1982年7月1日 1982-07-01 )• (1982年9月21日 1982-09-21 ) ファンハウス• (1983年11月3日 1983-11-03 )• (1985年8月31日 1985-08-31 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年1月25日 1989-01-25 )• (1989年2月1日 1989-02-01 )• (1990年9月5日 1990-09-05 )• (1998年3月28日 1998-03-28 )• (1998年5月21日 1998-05-21 )• (2006年12月6日 2006-12-06 )• (2015年12月16日 2015-12-16 ).

次の

眠れぬ夜

オフ コース 眠れ ぬ 夜

衰えない人気のヒミツ、西城秀樹の人一倍優れた歌唱力 2018年5月に惜しまれつつ逝去した西城秀樹。 今もファンからの応援の声がやまず、ともすれば健在だった頃よりも熱く支持されているのではないかと思わされるほどだ。 衰えない人気の秘密は、誰もが称賛する実直な人柄はもちろんのこと、人一倍優れた歌唱力によるところが大きいだろう。 人間性の素晴らしさは万人を惹き付ける情熱的な歌声にも表れていた。 さらに「激しい恋」「傷だらけのローラ」といったヒットが並び、初期のヒデキといえばやはりアクションが前面に押し出された絶叫型歌唱のイメージがある。 学生時代から喧嘩っ早く、洋楽ロックが好きだったという経歴もそれに重なるわけだが、一方で静かなバラードやソフトタッチの作品でも抜群の魅力を発揮していたところに優しさの本質が垣間見られるわけで、1980年の暮れに出された「眠れぬ夜」もそんな一枚といえる。 大人路線にシフトした西城秀樹が歌ったオフコース「眠れぬ夜」 6枚ものシングルをリリースした1980年は、1月に出された「悲しき友情」、3月の「愛の園」をヒットさせているが、その前年1979年に「YOUNG MAN(Y. )」を大ヒットさせた後、徐々に曲調が大人路線へとシフトしていた傾向が見られる。 そんな中、通算36枚目のシングルとして12月16日にリリースされた「眠れぬ夜」は意外なカヴァーであった。 オリジナルはオフコース。 ニューミュージックの全盛時代、歌謡曲との融合は珍しくなくなっていたとしても、西城秀樹とオフコースの接点はそれまでに見当たらなかった。 実際、オフコースのコンサートで西城秀樹が「眠れぬ夜」を歌うことになったと発表した際には、客席からブーイングの声が聴こえたという。 オフコースの「眠れぬ夜」はそれより5年前の1975年12月リリース。 アルバム『ワインの匂い』に収録され、同時にシングルも発売された。 小田和正と鈴木康博がふたりで活動していた時代、初のスマッシュヒットを記録し、彼らのライヴでも欠かせないナンバーとなっていただけに、西城がそのカヴァーに挑むのはちょっとした冒険だったはずである。 鮮やかな緩急の使い分け!落ち着いたナンバーからロック路線まで しかしながら、少し抑え気味のヴォーカルと船山基紀によるポップなアレンジが絶妙にマッチして、緻密なハーモニーの本家に引けをとらない名カヴァーが完成。 結果オリコン10位、TBS『ザ・ベストテン』では最高3位のヒットを記録した。 ちなみにシングル盤のジャケットはデザインを新たに刷り直されたBタイプが存在する。 中古市場での出現率から察するに、世に出回っている数はそれほど多くはないだろう。 そしてそれは西城が歌手として円熟を極めていたからこそのローテーションだったはず。 この後のバリー・マニロウとのコラボをはじめ、常に洋楽カヴァーに積極的に挑んでいたのも頷ける。 一度だけでも観てみたかった!小田和正と西城秀樹の共演 「眠れぬ夜」が『ザ・ベストテン』で3位を記録した時、1位は近藤真彦「スニーカーぶる~す」、2位は田原俊彦「恋=Do!」で、たのきん全盛期に新御三家も健在なのが頼もしく思えたことを憶えている。 同時期にオフコースは「時に愛は」をヒットさせていたが、テレビ出演を拒否していたため西城との共演の機会はなかった。 欲を言えば、一度だけでも小田和正と西城秀樹の共演による「眠れぬ夜」を観てみたかったと思うのだ。 2019.

次の