茹で 卵 時間。 便利な『茹で時間・茹で方早見表』|卵、野菜(オクラ、枝豆等)、魚(蟹、蛸等)肉(鶏ささみ等)

ゆでたまごの作り方(半熟から固ゆでまでのゆで時間のまとめ):白ごはん.com

茹で 卵 時間

1 鍋に卵を入れます。 幾つでもOK! 作りたいだけ(重ねずに)並べて下さい。 2 水を鍋の底から1cmくらい入れます。 3 強火にかけます。 沸騰したらフタをして、中火にします。 3分間茹でます。 4 3分経ったら、火を止めます。 そのまま5分間放置します。 半熟卵は短めに。 手が熱い人は、水に濡らしながら剥いて下さいね。 ホーロー鍋や土鍋は長く保温できます。 冬場や寒い所では、バスタオルで包んでおくと熱が逃げ難いのでしっかり余熱保温できます。 14) 2015. 14 10:46 こんにちは。 楽天レシピスタッフです。 いつも楽天レシピをご利用いただきありがとうございます。 このたび、こちらのレシピが2015年閲覧数ランキング第2位になりました。 おめでとうございます!! つきましては、『2015年 年間人気レシピランキングTOP10』特集ページに掲載させていただきましたので、ご報告させていただきます。 rakuten.

次の

おいしいブロッコリーの茹で時間、ベストタイムは何分? 茹で方別で検証してみた結果…

茹で 卵 時間

料理やお弁当の彩りを添える野菜としてお馴染みのブロッコリー。 ブロッコリーのおいしさを左右するのは何と言っても歯ごたえ、つまり 「茹で時間」ですよね。 巷では「2〜3分が目安」「5分以内」など、さまざまな意見がありますが…一体何分がベストな茹で時間なのでしょうか?いつも何気なく食べているブロッコリーを一番おいしい状態でいただくために、今回は茹で時間のベストタイムを徹底的に検証してみました! 【茹で方】茹で時間が異なる6種類のブロッコリーをご用意 まずは茹で方。 6通りの計測時間に分けて同じ条件 (お湯の温度や切り分ける大きさなど)のもと、ブロッコリーを茹でていきます。 房を食べやすい大きさに切り分け… 塩水でもみ洗い。 ストップウォッチをスタンバイ! お湯が沸騰した鍋にブロッコリーと小さじ1の塩を入れ、茹で時間を変えて調理します。 そして、茹で上がったブロッコリーがこちら。 固めのものから柔らかめのものまで、食感が異なるブロッコリーたち。 色や形に大きな差は見られません。 レシピサイトなどで一番多く見られたのは「2〜3分」、次いで「1分30秒」。 なかには「5分」という意見も。 というわけで、今回は 1分30秒/2分/2分30秒/3分/3分30秒/5分の6種類で比較検証をしてみたいと思います! 茹でたブロッコリーを男女4人に試食してもらいました! 1人の食べ比べだと好みによって偏ってしまうので、今回は好みの異なる男女4人に召し上がっていただき、それぞれ好みの食感のブロッコリーを選んでもらうことに。 その平均を出して、ブロッコリーのベストタイム(=誰が食べてもおいしいと感じる茹で時間)を決定したいと思います! 果たしてベストタイムは何分何秒なのか!? 忙しい平日の夜に 「ブロッコリーを食べてもらえませんか?」というふわっとしたオファーに快くお集まりいただいたのはこちらの慈愛精神に溢れる4人。 ほぼ毎日自炊しているという女子力高めの浅原怜美さん(26歳)。 「お弁当も作っているので、時間が経ってもおいしくブロッコリーが食べられる、自分なりのベストタイムを見つけたいと思います!」とやる気満々。 普段から料理をされているからこそ、厳しくジャッジしてくれそうです。 関西出身、現在都内でWEBデザイナーとして活躍中の竹原博之さん(35歳)。 「ブロッコリーって、自分から積極的に食べることがないんですけど、そんな僕でもおいしいと思えるブロッコリーに出会いたいです」。 竹原さんも、ご自身で料理をされるそう(素敵!)。 ぜひ次回料理をする際には食材としてブロッコリーも加えていただけるよう、ベストタイムをここで明確にできることを願います。 「実は私、料理全然しないんですけど…」と前置きしたうえで、「でも食べることは大好きです!」とすかさずフォローを入れる編集者の三瓶美寿穂さん(23歳)。 「野菜も苦いのはそんなに好きじゃないので、甘くておいしいブロッコリーがどうやったらできるのか気になります」と味のジャッジに関しては心強い限り。 4人目の石澤好則さん(35歳)は、ご自宅で料理をするパパ。 「ブロッコリーって、食感の好みが硬い派と柔らかい派に分かれると思うんですよ」と持論を展開。 「柔らかいブロッコリーが出てくると、ツッコミを入れたくなる」という強いこだわりをお持ちのよう。 これまた厳しめなジャッジに期待です! ズラリと並んだ6種類のブロッコリーを目の前に、一同 「見た目はあんまり変わらないね…」とボソリ。 「そもそもこの企画は成り立つんだろうか…」と不安そうな表情です。 でも、おかまいなしにいきましょう。 まずは先入観を取り除くため、1分30秒茹でたブロッコリーがどの皿かだけ発表して、残りの5種類は茹で時間を知らせずに食べ比べていただきます。 いざ実食!ブロッコリーを食べ比べ (一見キラキラした飲み会のような絵図ですが、テーブルの上にはブロッコリーのみです) さて1皿目は、基準となる1分30秒。 パクッとひと口。 皆さん、いかがですか? 「ん!? 1分30秒って意外と固いですね…」 「芯が固め。 コリコリしていて、食べ応えがありますね。 僕は好きですよ」 「私はもう少し柔らかいほうが好きだなぁ〜」 続く2皿目。 ここからは、茹で時間を知らせずに食べていただきます。 「房の部分がほろほろほどける感じ。 食感を楽しむなら1皿目ですね」 「甘さが1皿目より増していて、私は好きです!」 1皿目より程よく残っている固さがちょうどいいという方と、物足りないという方がいました。 どうやら好き嫌いが分かれたよう。 さて、どんどんいきます! 3皿目。 もぐもぐしながら首をかしげる姿がちらほら。 「1分30秒よりも固い気がする。 なんかゴワゴワしない?」 「んー房の部分が固いな…」 続いて4皿目。 口に入れた瞬間、一同口を揃えて… 「柔らかっっ!!! 」 「これ好き! ふにゃふにゃで柔らかくて、甘い!」 「ペペロンチーノに入っているブロッコリーってこういう食感ですよね。 茎まで柔らかくて」 「お菓子みたいな甘さと食感だな〜」 「老若男女向けのブロッコリーですね」 4皿目は見た目も房の部分が若干崩れており、食感も最もわかりやすく違ったようです。 そして5皿目。 先ほどの柔らかさでの反動か、固い食感との意見が多数でした。 時折、他のお皿のブロッコリーと食べ比べながら、慎重に吟味を重ねます。 「固めだった3皿目と比べると、こっちのほうが歯ごたえがありますね」 「うん、こっちのほうがアゴが疲れる固さ(笑)」 最後の6皿目。 「5皿目より食べやすいけど…。 歯ごたえはさっきの(5皿目)のほうが好きかな」 「シチューに入れたり他の料理と和えたり、もうひと手間加えるなら、このくらいの茹で加減がちょうどいい気がする」 食べ比べつつ話し合いを進めていくうち、固さや甘さの好みで判断が分かれそうな気配。 果たして、皆さんなりのベストタイムはいかに? 最適な茹で時間は? ブロッコリーのベストタイムに決着を! それでは、1人ずつ一番「最適」だと思ったブロッコリーを発表していただきましょう! 「私は最後に食べた6皿目が好みでした! 最初に食べた1分30秒のブロッコリーだと、房の部分に青臭さが残ってた。 4皿目は柔らかすぎ。 茹ですぎると栄養素が外へ出てしまうんじゃないかと思うし…。 ちょうどいいのが6皿目でした」 「僕は最初に食べた1分30秒が好きですね。 固さや歯ごたえがちょうどよくて、茹でたブロッコリーをそのまま食べるにはベストかなと思います。 あとデザイナー的視点で言うと、色や房の密度がもっとも美しいのも 1分30秒のブロッコリーだと思います。 おいしいものは、やはり見た目も美しいのではないでしょうか」 「私は柔らかめのブロッコリーが好きなので、4皿目。 緑色の野菜って苦味が強いイメージがあるけど、このブロッコリーは食感も甘さも好みで、すごく食べやすかったです」 「僕も竹原さん同様、ベストタイムは最初の 1分30秒ですね…。 歯ごたえがおいしさを左右すると思います。 柔らかすぎず固すぎず、房の部分が口の中でほどける感じもボロボロと口の中で散らかる感じではなくて、食感も残っていて一番ちょうどいい気がします」 4人の結論が出たところで、6皿すべての茹で時間を発表。 \答え合わせ/• 2皿目:3分• 3皿目:2分30秒• 5皿目:2分• 1分30秒が一番茹で時間が短いの?」 「4皿目はやっぱり茹で時間が長かったね」 などなど、4人からは驚きと納得の声が。 さて結果はというと、びっくりするくらい票が割れました。 4人それぞれのベストタイムを平均すると 2分52. 茹で時間によって印象もガラリと変わるブロッコリー。 いただく料理やシーンに合わせて、さまざまなブロッコリーの食感を楽しんでみてくださいね! お湯を注ぐだけであっという間に親子丼が完成! アマノフーズ の『小さめどんぶり 親子丼の素』は、和風だしがきいたふわふわ卵がポイントです。

次の

ゆで卵は沸騰してから何分?半熟の時間はコレだ!

茹で 卵 時間

スーパーで必ず見かける卵。 そんな卵の一番シンプルな食べ方といえば、「ゆで卵」。 しっかり固めか、それともトロトロの半熟か…。 ゆで卵とひと言でいっても、どれだけ茹でるかによって食感も見た目も全然違います。 野菜やお肉と違って、くしに刺して茹で具合をチェックできない卵は、適当に茹でると失敗しがち。 そろそろかな~と思って鍋から取り出し殻をむくと、「まだ全然茹で上がってない!」「茹ですぎてパサパサになっちゃった」なんてことも。 そこで今回は、ゆで卵の 一番ベストな茹で時間を徹底検証!誰もがおいしいと認めるゆで卵は、何分間茹でたものなのでしょうか?茹で時間の異なる卵を食べ比べて、ベストタイムを決定したいと思います。 6分〜13分まで1分刻みで1つずつゆで卵を取り出していきます。 そしてできあがった6分、7分、8分、9分、10分、11分、12分、13分の8種類のゆで卵! それぞれを薄く切り、この検証のためだけにお集まりいただいた男女4名に食べていただきます。 「ゆで卵を食べてほしい」という取材スタッフのなかば強引かつ謎なオファーを受けて集まってくださった慈愛深い4名様がこちらです。 「誰も来てくれないかもしれない…」と思いきや、皆さんちゃんと時間通りに来てくれました!優しさが染みる~。 1人目:タカさん パリで絵の修行をしてきた経験があるという、フリーランスののタカさん。 卵料理が大好きで味にはうるさいとのこと。 鋭い視点の意見が伺えそうですね。 2人目:クリハラさん 長野県に住んでいるのクリハラさん。 料理好きなクリハラさんは「基本的にゆで卵は半熟が好みです!」とのこと。 料理男子が選ぶベストオブゆで卵とは? 3人目:ユウカさん デザインを勉強中の会社員、ユウカさん。 ご自身でお弁当を作るなど普段から料理をよくされるそう。 女性目線の厳しい意見、期待しています! 4人目:彩希さん 最後は女子大生の彩希さん。 「私、味覚オンチなんですけど大丈夫でしょうか…」と弱気なコメント。 味覚オンチという彼女が今回のカギを握るかも…!? 茹で時間の違う8種類の卵、一番おいしいのは? 早速、実食タイム!茹で時間の異なる8種類のゆで卵を食べ比べていただきます。 (いただきまーすっ!) 【6分】 まずは6分茹でたゆで卵をいただきます。 「6分でも意外としっかりとした食感ですね。 もうちょっとトロッとしているかと思いましたが、ちょうどいいかも」 8種類あるのでどんどんいきましょう! 【7分】 続いて7分茹でた卵。 「7分のほうが黄身の色がしっかりしていて、見た目がキレイ!ちょっと半熟っぽさも残っていて6分のものより好みです」 【8分】 8分茹でた卵は、黄身が少し薄い色に茹で上がりました。 「黄身の味が変わった気がします!なぜだろう…」 「8分のものは、甘みも見た目も固さもすべてにおいて平均。 いつも食べ慣れているゆで卵はコレ!って感じです」 「玉子サンドに使えるくらいのちょうどいい固さかな〜と思います」 【9分】 9分茹でたバージョンだといかがでしょうか。 今まで違いがわかりづらかった白身の部分も、茹で時間が長くなるごとにだんだん弾力が出てきたとの声も。 「これくらいになると、黄身の固さが明らかにしっかりしてる。 もったり感があってあんこみたい」 【10分】 いよいよゆで卵食べ比べも折り返し。 実食5種めとなる10分茹でた卵の評判はいかに! 「10分過ぎると、黄身と白身の食感のバランスが悪くなってきたなぁ…。 【11分】 続いて、11分茹でた卵を実食。 「黄身がぎゅっと凝縮された感じがする!」 「11分だと黄身と白身が同じくらい固くて、分離しやすくなっている気がします」 「白身はかまぼこみたいな食感だな」 しっかりめのゆで卵が好きな人は、この11分くらいがちょうどいいのかもしれません。 【12分】 さて実食タイムもラストスパート!12分茹でた卵をいただきます。 「……固い!」 「黄身がパサパサしてきたなぁ。 なんか口の中の水分が持っていかれる…喉が乾くというか」 「わかる」 「若干温泉卵っぽい感じの匂いがしますね」 茹で時間が長くなると、そういう香りがしてくるのでしょうか。 【13分】 いよいよ最後!13分茹でた卵はどうでしょう? 「白身も黄身もどっちも固すぎるな〜」 「他の卵に比べると正直あまりおいしくない。 後味が良くないっていうのかな…ちょっと微妙」 これで、茹で時間が異なるゆで卵の食べ比べはすべて終了。 この中から、一番おいしいと思ったゆで卵を皆さんに選んでもらいました。 \せーの…これ!/ \それぞれのベストタイム/ ・タカさん:8分 ・クリハラさん:7分 ・ユウカさん:7分 ・彩希さん:7分 という結果に。 実食タイムの前半に食べたゆで卵が全体的に人気でした! 「 8分がちょうどいい。 7分だとまだ白身が固まりきってなくてやや水っぽい印象。 食べ比べて気づいたんですが、僕、黄身よりも白身のほうが好きかもしれないです」 「僕は半熟のゆで卵が好きなので、固茹でのものはちょっと違和感がありました。 7分茹でたものが白身と黄身の茹でのバランスがちょうどよかったです!」 「私のなかでベストだったのは 7分。 でも10分茹でたしっかりめなゆで卵も実は意外とよかったです。 10分ほど茹でると白身の食べ応えがあって、これはこれでおいしいなと気付きました。 柔らかすぎず固すぎずちょうどいい7〜8分の間に人気が集中しました。 全員の意見が近かったということは、ここが好みを問わずに「おいしい」と感じるラインなのでしょう。 ユウカさんから出た意見のように、意外と10分茹でたものも食べ応えという点で「おいしい!」と感じることが判明しました。 ただ、13分茹でるとパサパサ感が強くなってしまい、おいしさが損なわれてしまうよう。 茹で過ぎには注意しましょうね~! ゆで卵を使った料理はバリエーションがとっても豊富。 いただく料理やシーンに合わせて、その味と食感を楽しんでみましょう!ゆで卵を作る際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の