みょうじんあきら。 女たち

【パワプロ】明神陽(みょうじんあきら)の性能は?金特&オリ変、スタミナ&肩上限突破持ちの二刀流でタッグも強いが…

みょうじんあきら

初心者歓迎します。 現在試しているデッキや育成した選手などがあれば、その画像も貼る 【スレ立てのルール】 ・減速…付近と次スレが立つまではスレ立てに無関係な人は書き込まない ・踏み…原則を踏んだ人が次スレを立てる。 踏んだが立てられないときは早めに伝えること ・保険…踏んだ人が立てられない場合はが立てる。 荒らしや単発IDが踏んだら保険が立てる ・保険の保険…も立てられない場合は、も立てられない場合はというように順に保険する ・宣言…次スレを立てる人は「立てる」と宣言してから作業を始める ・スレ立て…スレ立て時に現スレからテンプレをコピーする。 乱立規制時は一時的にスレタイを変えたりテンプレを消したりしても構わない ・フライング禁止…次スレが立っても現スレが完走するまで次スレに書き込まない 【その他禁止事項】 暴言、過度な自慢や荒らしの話題など他者を著しく不快にする書き込みは理由を問わず禁止する。 原因が相手にあるとしても許されない ミキサーや選択チケットについての相談は禁止。 imgur. うまく友沢を輝かせることのできるデッキが必要だろう。 imgur. imgur. imgur. talk おはよう? 6万 2位47. 3万 3位46. クラッシャー7200の雑魚やからあんまり参考にならんかもしれんけど。 みたいな妄想が止まらないよNO~?

次の

【パワプロアプリ】美多村知秋(みたむらともあき)の評価とイベント【パワプロ】

みょうじんあきら

5 初期評価35 SR ,40 PSR Lv. 15 コツレべボーナス2 Lv. 25 初期評価55 SR ,60 PSR Lv. 37 SR上限開放時 初期評価60 SR Lv. 40 SR上限開放時 初期評価65 SR ,70 PSR LV. 強力なボーナスが上限開放無しで付くのは優秀。 イベントでの体力回復量が多い イベントでの体力回復量が多いため、美多村をデッキに入れることで練習を多く踏めるようになる。 上級者向けの評価 コントロール上限UPとの相性が良い タッグで技術ptと精神ptを多く稼げるため、コントロール上限UPとの相性が良い。 Lv50で技術ptを更に稼げる Lv50で技術ボーナス6が付くため、練習で技術ptを更に稼ぐことができる。 調子安定を取得可能 全レアイベントで調子安定を取得可能。 経験点の消費が無く査定も72付くため、強力。 美多村知秋のシナリオ適正 最強シナリオ適正 A以上のみ.

次の

【パワプロ】明神陽(みょうじんあきら)の性能は?金特&オリ変、スタミナ&肩上限突破持ちの二刀流でタッグも強いが…

みょうじんあきら

食堂は十五畳ほどの広さの洋室に改築されていて、部屋の中心には飾り彫りと螺鈿があしらわれた食卓がしつらえてある。 十人掛けのそれは祖母が嫁入り当時に買い求めたもので、それから半世紀以上篠原家の食堂に鎮座していた。 尤も、食事を食堂で摂るようになったのは春彦が生まれてからのことで、それまでは専ら座敷にお膳をずらりと並べて、祖父母を筆頭に父や叔母、秘書までもが一度に食事をしたのだというから、どれほど時代錯誤な家庭だったのか想像がつく。 幾らか媚のふくんだ視線を春彦にぶつけながら、女の方がいらっしゃるって本当でございますかとのたもうた。 まだ実物は見ていないのらしい。 「何だ、もう知ってるのか」 「皆、その噂で持ち切りです。 旦那様がお決めになったのでしょう?」 「そこまで知ってるなら話は十分じゃないか。 爺様が決めた」 佳也子の目が揺れた。 しかし春彦は、解説してやるほど梓について知らない。 祖父が決めた事を説明する手合いもない。 思い出話など披露する気もない春彦は、それきり黙って数秒、佳也子を眺め下ろした。 メイドだと強調するかのように、女は皆揃いの地味なワンピースとエプロンを纏っている。 個性など無いに等しいが、佳也子のそれはいかにも胸元がきつそうに見える。 春彦は女の豊満な体躯を思い出していた。 最後に抱いたのは 何時 ( いつ )だったか。 「お嫁さん候補、というわけですか」 佳也子の声は震えていた。 そのくせ目は爛々と輝いて、見るからに嫉妬に満ちている。 どう転んでも佳也子自身は篠原の妻になれる訳でなし、梓の存在にこだわっているのがありありと分かる様子が可笑しかった。 「知りたいなら爺様に聞けよ」 直接祖父に尋ねることは出来ないと知っていて、春彦はそう答えた。 佳也子は一瞬口惜しそうな表情を見せ、しかしすぐさまそれを得意の無表情で覆い隠した。 女も三十を目前にすれば、顔を自在に使いわけるという見本のようだった。 汗で張り付いた後れ毛が、なぜか娼婦を思い出させた。 「それから、昼飯は要らない。 外に出る。 あるいは、ともすればヒステリックになりがちな佳也子の感情そのものが鬱陶しいという、本心の表れだったかもしれない。 食堂を出たその足でガレージを覗くと、既に車はエンジンを掛けて待機状態に入っていた。 約束の十分前には万事整えている真治の正確さは、時として春彦には疎ましくすら感じられる。 気配に気付いた真治は嫌味にならない程度に不思議そうな表情をしてみせた。 先程の成り行きから、当然夏生が来るものだと思ったのだろう。 春彦はは否定のために首を横に振った。 「夏生の代わりに私が行く。 爺様に言われた」 そう言えば、真治が絶対に疑問を持たないことは知っていた。 持っていたとしても、春彦の言葉に反発するようには躾けられていない。 そういう男だった。 本邸と別館を繋ぐ廊下を、夏生が梓を引き連れて歩くのを春彦は中庭から見ていた。 無論そのやり取りも、真治に投げた大声の会話も。 春彦はその一部始終を眺めながら、 夏生 ( おとうと )が梓にただならぬ関心を払っていることに気が付いていた。 出し抜く機会を失ったと思いながら、そのチャンスを窺い続けている自分の浅ましさを、春彦はどうにも御しがたかった。 だが、その機会は今しかなかった。 果たして彼女は、自分を覚えているか。 それはささやかな賭けだった。 もっとも、何を賭けているのかは春彦自身にもわからない。 憶えているから何だというのだ。 「真治の車は出せるか」 「何か大きなものでも買われますか? それでしたら、 後部座席 ( うしろ )を片付けますが」 ドアを閉めた手で、今度はガレージの端にあるSUVの後部ドアを開けた。 荷物などと言うが、後部座席には殆ど物など入っていない。 緊急時用の小さな工具箱と、何故かビニール傘が一本。 真治自身は使いそうにもない代物だ。 「買い物は買い物だが、家の車じゃ行きにくい。 ちょっと外れに、ショッピングモールがあっただろう」 「ショッピングモール、ですか」 鸚鵡返しで呟いた真治の顔には疑問符が張り付いている。 「あの娘が 百貨店 ( デパート )で気兼ねなく買い物するタイプに見えないだろ。 選びかねて何も要らないと云い出すのが関の山だ」 あのお嬢さんですかと真治は苦笑いし、では此れで行きましょうと春彦を助手席に促した。 さすがに指紋ひとつない黒塗りのセダンでは悪目立ちしすぎる。 春彦は勝手知ったる気侭さで助手席に乗り込んだ。 こちらはこちらで、既に車の中は冷房で快適な温度に保たれていた。 弦楽四重奏のようだ。 真治の趣味は今ひとつ良く解らない。 だのに時折、昔のやんちゃぶりを見せるような振る舞いは直っておらず、静と動が入り混じったような真治の姿は、使用人の女たちの目と妄想を潤すには十分すぎる。 彼女らは陰でこそこそと真治や息子たちの話をしている積もりらしいが、案外、噂は本人の耳に入る。 「佳也子さんが何か仰いませんでしたか」 前を向いたまま、真治が独り言のように尋ねる。 解りやすい佳也子が、感情に任せて何か洩らしたのかもしれなかった。 爺様以外の誰に言ったって仕方がないことだろ」 「学習してくださるとありがたいですね」 ハンドルを滑らしながら、真治は苦笑する。 その横顔は元来端正な顔立ちに精悍さと、明晰な頭脳と、男盛りの色気をない交ぜにした美しさで、同性愛者ではなくとも一瞬目を止める。 そんなことを考えている自身をせせら笑うように、真治の真似のように苦笑を洩らすしか春彦には出来なかった。 別館は初めゲストハウスとして造られ、一階には無駄に広いホールと吹き抜けの階段、その両脇に大食堂とパーティのための大広間、奥に進めば控室とパウダールームと浴室が連なっている。 2階は同じ間取りの客室が十二室。 かつては客室にあったシャワー室は撤去され、代わりに一階に浴室が二つ作られたが、それでも普通の住まいとは思えない間取りの其処は、時折滞在する一族のための宿泊所も兼ねていた。 十二室のうち、居住しているのは秋之と冬人の二人だけで、それに夏生の部屋を除く九室は空いており、今回そこへ梓が入る。 三人で住むにはあまりに無駄の多い家だが、本宅のほうも部屋が有り余っている訳ではないのだし、梓を洋館に住まわせるというのは、案外仕方ない選択なのかもしれない。 ゆるりと静止した車から降りようとすると、既に玄関の前へ立っている梓の姿が見えた。 目が合えば即座にこちらへ歩いてい来る。 「時間に几帳面な娘ですね」真治が感心とも感嘆ともつかない声で言った。 「子供らしくないと言えば子供らしくない」春彦は返した。 確か冬人と一つしか違わないはずだが、女というのは男よりも早く大人になるのだろう、あるいはそういう躾を施されてきたのか。 顎で促すと、小さく頷いて後部座席のドアから乗り込んで来た。 その瞬間、車内には若い女のシャンプーか石鹸のような芳香が立ち込める。 密閉された狭い空間では、その匂いから逃れることは難しそうだ。 「…真治には毒だな」 誰に言うでもなく呟けば、真治は悪戯っぽい目で春彦を見返してくる。 ルームミラー越しに後ろを窺うと、梓は眼前のやりとりの意味が解らないのか、押し黙ったまま前を見据えていた。 相変わらず、態度からは何も読み取れないまま。 「とりあえずぞの制服を何とかしよう。 下手をすれば女衒か何かだと思われないだろうか。 「では先に洋服一式、何処か揃えてしまいましょう。 田所さんの所では如何でしょう」 真治が言い出した。 「洋服を買いに行くための洋服を買いに行くのか?」 苦笑すれば、つられて真治も笑う。 本末転倒と思ったが、この辺りでは見ない制服のまま、うろうろされるよりは上等だということだろう。 春彦は頷いて見せ、梓は若干の警戒を残したまま、ルームミラー越しに春彦を見た。 年齢には似合わない、すべてを知っているかのような視線。 春彦を覚えているとも覚えていないとも云いそうな顔つき。 女という生き物はいつも、しらを切るのが上手い。 嘘を嘘とも思わずに生きる。 いつかそう洩らしたのは果たして、父だったか、それとも祖父だったか。 車は高速を半時間ほど走り、再び一般道に戻る。 市街地の路地奥にある煉瓦色のビルの一階に、ひっそりとした、まるで商売する意欲のない店が一つ構えられている。 洋服を売る店だというのに看板もなく、ショウケースの中はたったひとつ帽子が飾られているきりである。 通りかかった人間がそれと理解して入る店ではない。 入口のドアは艶のある漆黒で、金色の洒落た書体でXXXと書かれていた。 「田所様、お久しぶりでございます」 真治が慇懃に頭を下げると、奥から出てきた女は面白いものに遭遇したように吹き出した。 「嫌ね、佐々さんとわたくしの間柄でそんな他人行儀な挨拶はよしてちょうだい。 春彦も久しぶりね」 ノースリーブのワンピースを纏った女はからかうように笑い、真治と春彦へ交互に視線を走らせ、最後に二人の背後に控えめに立っている少女に目を向けた。 黒い布から伸びる腕も、空いた襟ぐりから見える首元も透けるように白い。 梓も白いが、それとは明らかに異なる、手入れの行き届いた色白さだった。 「春彦が連れて歩くには珍しい感じのお嬢さんね。 宗旨替えでもしたの」 臆することもなく田所某はそう言い、落ち着いた赤い色を乗せた口元だけでにっこりと笑って見せる。 そんなに無神経じゃない」 「あら、私が見立てた服で女性とパーティに出たのはどこのどなただったかしら」 それは皮肉というより世間話のように響き、梓は相変わらず要領を得ない態度で店内を見回していた。 衣装をまとったトルソーが珍しいのか、じっと見入ったり目移りしたりを繰り返している。 「梓だ。 行儀見習いで、うちで預かることになった」 「 田所 ( たどころ ) 理衣 ( りえ )です。 梓さん、どうぞよろしく」 恭しく出された手に梓は少し沈黙したあと、そっとそれを握り返した。 理衣は色素の薄い眼を細めてにっこりと笑ってみせ、警戒心を解かない梓を嬉しそうに見つめている。 「何か云いたそうな顔をしてるな」 「春彦に云いたい訳じゃないわ。 私、あなたが気に入ったわ。 梓さん」 理衣はそれだけ言うと、梓の手を引いて半ば強引に、奥のハンガーへと姿を消した。 嬉々として話し始める理衣とそれに気圧されているらしい梓の相槌を微かに聞きながら、春彦は所在なさげにソファへ身体を沈めた。 ほどなくして、従業員らしい若い女が春彦と真治の前に紅茶を運んできたが、真治は素早くそれを辞退して立上った。 「私は外で待機しておりますので」 それだけ言うと辞去しようとする真治を引き留め、春彦は強引に隣へ座らせる。 真治は普段ならあり得ない春彦の行動に一瞬固まり、だが無言でそれを受け入れた。 春彦の行動にいちいち小言を言わないこの男の肚の中も、読めないことには変わりない。 だが、弟たちよりは余程に扱いやすい。 第一、真治は春彦が何を考えていようとも興味がない。 それが心地よかった。 「女の買い物に付き合う趣味はない。 暇潰しに付き合ってくれ」 サイドテーブルに載っている、半ば飾り物と化しているクリスタルのチェス盤を持ち出すと、真治は苦笑を滲ませながら肯んじた。 「あの、」 ゲームに没頭し始めた頃、背後から蚊の鳴くような声がした。 振り向けば梓が困惑した顔で立っており、その向こうにはさらに困り顔の理衣が春彦と梓を見ている。 「こんな高価なお洋服は、選べません」 梓は困惑しながらもきっぱりと言い切った。 「好きなものを選べ。 どうせ財布は爺様だ。 あの大仰なクローゼットに入るだけ選んで構わない」 それでも、梓は無言で足を動かそうとはしない。 じっと春彦を見たままである。 無表情で口も利かない梓は、出来の良い球体関節人形のようだ。 「理衣に選んでもらえばいい。 でなきゃ、好きなものを買えばいい。 それが、梓が春彦を呼んだ最初だったように思う。 見た目に反してハスキーな声の梓に呼ばれるのは、何だか妙なくすぐったさを伴っていた。 「そうは言っても、私は女物の服の良し悪しなんか知らない。 自分の欲しいもので構わないんだ」 「でも」 「なんなら真治に見繕ってもらえばいい」 俯き加減の梓の顔を、長い黒髪が覆い隠してしまって表情は見えない。 女の買い物に付き合えるほど悠長な神経を持たないというのが正直なところで、いくらそれが梓だとはいえ、億劫なことに変わりはない。 「私は、篠原家の預りになる身です。 篠原の名に泥を塗らないような物を選んでいただけると、助かるのです」 相変わらずほの暗い黒い目を春彦に向けて、梓は毅然としていた。 春彦は苦笑いを真治に投げかけた。 一方の真治も同じ表情を顔に浮かべている。 仕舞いかけた車のキーを、ポケットから再び出す仕草が見えた。 「理衣、梓の採寸を頼む。 頭のてっぺんから足の先まで。 「梓、理衣に全部まかせておけ」 暫くの間黙りこくっていた梓は、ほんのわずかに頷いた。

次の