ジャンゴ 声優。 ジャンゴ・フェットとは (ジャンゴフェットとは) [単語記事]

ジャンゴ(ONEPIECE) (じゃんご)とは【ピクシブ百科事典】

ジャンゴ 声優

ジャンゴ・フェット とは、『 2/の攻撃』に登場する賞稼ぎの名前である。 ではテム・ソンが演じた。 一の生き残りとなる。 トーア・ヴィへのを果たした後、賞稼ぎとしての活動を開始したゴは、のの一人としてその名をにかせるようになった。 同じく依頼を受けていてのモンスを打ち倒し、ゴは・ゴラへの本拠地へと乗り込んでいくが、奮闘むなしく捕虜になってしまう。 依頼の名前を吐かせるためにしいを受けた(特徴的な顔の傷はこの時のもの)ゴは、ザム・ウェによって救出され、リ・ヴォサを倒すことに成功する。 それを見届けたラによってゴは、新たな依頼を受けることになる。 それはの遺伝子ホストとして遺伝子をなうこと。 リ・ヴォサの依頼は、この遺伝子者としての適正があるかのも兼ねていたのであった。 高額な報酬・遺伝子操作が行われていない純なを一人してもらうことを条件として、ジャンゴ・フェットはラの依頼を受ける。 10年後、によりパドメ殺の依頼を受けたゴは、ザム・ウェにそのを任せるも失敗。 潜伏先のカミーノでと対決した後、ジオシスへと逃亡した。 のボディとして「ジオシスの戦い」に参加。 ・ドゥと対決し、命を落とした。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ジャンゴ(ONEPIECE) (じゃんご)とは【ピクシブ百科事典】

ジャンゴ 声優

ヒナに憧れるジャンゴ 視聴対象について 『ONE PIECE』は尾田栄一郎の作品で、『週刊少年ジャンプ』に連載されている。 また、東映アニメーション株式会社が映像化し、フジテレビ系列で放映されている。 催眠術師としての腕は高いものの、自分にもかかるという難点がある。 当初キャプテンクロの手下であったが、後に海軍に入隊する。 ワンピースにおいて、ヒナが登場するシーンで、たびたび登場する ジャンゴと強い関連を持つ人物 関連する人物一覧 人物名 関連 ヒナ 海軍入隊後、ヒナに憧れている。 ジャンゴの参考画像 以下にジャンゴの参考画像と登場したエピソードを記載する。 初登場時のジャンゴ ジャンゴ初登場 「第10話 史上最強の変な奴! 催眠術師ジャンゴ」で初登場したジャンゴ。 へんなヤツと呼ばれている。 催眠術を披露するジャンゴ 催眠術を披露 同エピソードでピーマン、にんじん、たまねぎに催眠術を披露するが、自分にもかかってしまい寝てしまうジャンゴ。 ジャンゴ再登場 ジャンゴ再登場 「第128話 海賊たちの宴とアラバスタ脱出作戦! 」で海軍の隊員として再登場したジャンゴ。 ヒナに憧れるジャンゴ ヒナに憧れるジャンゴ 「第130話 危険な香り! 七人目はニコ・ロビン! 」でヒナに憧れるフルボディとジャンゴ。 ジャンゴの登場エピソード 以下にジャンゴ登場エビソード一覧を記載する ジャンゴの登場エピソード シーズン 話数 エピソード 10 史上最強の変な奴! 催眠術師ジャンゴ 12 激突! クロネコ海賊団 坂道の大攻防! 13 恐怖の二人組! ニャーバン兄弟VSゾロ 14 ルフィ復活! カヤお嬢様の決死の抵抗 15 クロを倒せ! 男ウソップ涙の決意! 16 カヤを守れ! ウソップ海賊団大活躍! 17 怒り爆発! クロVSルフィ決着の行方! アラバスタ激闘編 130 危険な香り! 七人目はニコ・ロビン! マリンフォード編 462 世界を滅ぼす力! グラグラの実の能力 466 麦わらチーム到着 風雲急を告げる戦場 467 死んでも助ける ルフィVS海軍戦闘開始 ゾウ編 777 世界会議へ 王女ビビとしらほし姫 まだ見ていないエピソードは、この表に記載していません。 視聴後、順次データを追加していきます。 もし間違っていても怒らないでください。 ここは読者の「 知識」と「 忍耐力」と「 寛大さ」が試されるウェブサイトです。 テキトーに配置したもんで・・・。 ナオシカタ・ワカラヌうぅーィ。 なぜで指定したものが迷子になるの?。 なぜIEさんは孤高の道を進むの?。 なぜCSSはロッテンマイヤーさんみたいにキビシイの?。

次の

ジャンゴ 灼熱の戦場

ジャンゴ 声優

現在はヒナの部下で、黒檻艦隊の一員。 元懸賞金900万ベリー。 腕が高い催眠術師だが、同時に自分も催眠術にかかってしまう癖がある。 催眠術の振り子代わりに使うチャクラムを武器とし、投げれば一度に林の木を複数本まとめて伐れる。 ムーンウォークで歩く癖があり、ハート型のサングラスをかけている(サングラスの下の目もハート型)。 海賊に なる前はダンサー志望で、貧乏生活の中で顎の下に生えた茸(シマシマキノコ)を食べたことを機に催眠術が使えるようになった。 初登場時はクロネコ海賊団の一員。 過去に副船長を務め、クロの脱退後は船長となっていた。 シロップ村での戦いで敗北後、一味に置き去りにされる。 その後、表紙連載『ジャンゴのダンス天国』にて、逃げ込んだミラーボール島で海軍本部大尉のフルボディとダンスを通じて親友となり、島を襲った海賊相手に共闘。 そのせいで正体がばれ、縛り首となるところだったが、フルボディのおかげで免れた。 そしていっそこの友情を忘れようと、催眠術をかけようとしたが、海軍本部大佐のヒナに一目惚れし、海軍に入ることを決意。 海軍本部三等兵となり、同じく三等兵に降格したフルボディと共にヒナの部下となる。 マリンフォード頂上戦争では、ルフィが発した覇王色の覇気によって気絶した。

次の