年賀状 いつまで に 投函。 年賀状の引受は何日からですか?

年賀状の引受は何日からですか?

年賀状 いつまで に 投函

年賀状を出す時 Q. 年賀状はいつまでに出すべき? 年賀状は元日から松の内(一般的に1月7日まで)に届くように出します。 元日に届くようにしたい場合は、郵便局で年賀はがきの受付が始まる12月15日から、郵便局が推奨する12月25日までに出しましょう。 なお、12月14日より前に差し出された年賀はがきは、通常の配達日数で年内に届いてしまうので注意してください。 年賀状はいつから出しちゃだめ? 松の内を過ぎた後に年賀状を出すと失礼にあたります。 松の内を過ぎたら、2月4日の立春までは「寒中見舞い」として出しましょう。 なお、「寒中見舞い」は一般的な季節のあいさつなので、年賀はがきで出すのはNGです。 喪中の人や災害地の人にはどうすべき? 喪中の人や地震・水害などで被災した人に年賀状を出してはいけないというわけではありません。 ただ、最近は年賀状を控える傾向にあります。 そのため、松の内を避けて「寒中見舞い」として出すのが適切とされています。 自分が喪中の場合はどうすべき? 12月初旬頃までに喪中欠礼状を出します。 喪中欠礼状は、1年以内に近親者(二親等が目安)で不幸があった場合に、年賀状をもらいそうな相手に前もってその旨を知らせるために出す挨拶状です。 投函方法で違いはある? ポストに投函しても、郵便局の窓口に持ち込んでも、郵便局が推奨する投函期日の12月25日までに投函すれば元日に届きます。 25日を過ぎてしまった場合、26日の早めの時間に集配を行う本局へ持ち込めば、集荷の時間分が節約できるので、元日に届けてもらえるかもしれません。 年賀状はいつから買える? 年賀状の発売開始は例年11月1日~。 2020年用も2019年11月1日から発売されると考えられます。 印刷会社に注文するならいつまでに? 「店頭受け取りなら1時間」という驚きのサービスもありますが、年賀状の印刷サービスの納期は一般的に3~5日程度。 12月25日に投函するなら、余裕を持って12月22~24日頃までに受け取れるように注文しておくと安心でしょう。 なお、手書きのメッセージを入れるなら、もう少し早めに。 枚数にもよりますが、12月20日までには受け取れるように注文するのが無難です。 私製はがきで出す場合は? 私製はがきで出す場合は、切手の下に朱書きで「年賀」と書きます。 「年賀」と記入しないと普通郵便として扱われ、元日を待たずに数日で配達されてしまうので注意しましょう。 速達で出せる? 「年賀状」を速達で出すことできませんが、「年賀はがき」を普通のはがきとして速達で出すことは可能です。 ただし、普通のはがきとして扱うためには「年賀」という文字を消す必要があり、しかも速達で出すと宛名面に速達という文字と消印が押されてしまいます。 元日に間に合わせなければいけない場合以外は、速達を避けて、遅れるのを覚悟の上で年賀状として出した方が良いでしょう。 書き損じてしまったら? 宛名の場合は、たとえ1文字だけの書き損じでも必ず書き直しましょう。 年賀状は、新年を祝うものなので、修正液や修正テープなどで修正するのは失礼にあたります。 自分の名前や住所、裏面の手書きメッセージを書き損じた時も同様、修正するのは控えましょう。 ただ、中には「どうしても修正したい!」という人もいるかもしれません。 その場合、はがきの色になじむように作られているはがき専用の修正液を使うことをオススメします。 ちなみに、書き損じたはがきは、郵便局で所定の手数料を払えばいつでも交換してもらえます。 元日に届けるための具体的なスケジュールは? 11月中を目安に住所録の整理を済ませ、必要な年賀状の枚数を確認して年賀状を購入。 年賀状印刷サービスを利用する場合は12月上旬までに注文しておくと余裕が生まれますし、早期注文割引を受けられることも。 印刷した年賀状が届いたら、手書きのメッセージを添えるなどして、12月25日までにポストに投函するか、郵便局に持っていきます。 年賀状を出した後 Q. 年賀状の返信はいつまで? 年賀状の返信も年賀状を出すことには変わりないので、元日から松の内(一般的に1月7日まで)までに返信します。 松の内を過ぎたら、「寒中見舞い」として出しましょう。 喪中に年賀状をもらったら? 松が明けてから(1月7日以降)返信します。 寒中見舞いや挨拶状として年賀状をもらったことに対するお礼と、喪中であったことを伝えましょう。 寒中お見舞い申し上げます。 早々にご丁重な年頭のご挨拶をいただきありがとうございました。 旧年中にお知らせするべきところ年を越してしまいお詫び申し上げます。 厳しい寒さが続きますが、どうぞお体を大切にお過ごしください Q. 出していない人から年賀状が届いたら? 出し忘れてしまった人などから年賀状が届いた時は、返事を書かないことが最も失礼にあたります。 必ず返事を書きましょう。 松の内に届いたものは年賀状として返信。 松の内に間に合わなければ寒中見舞いを送りましょう。 年賀状って、お正月前に受け取れるの? 希望して郵便局に申請すれば、年末年始の休暇前に申請時点までに届いた年賀状を受取ることが可能です。 また、企業などでは年明けの営業初日まで郵便局で預かってもらい、営業開始日以降に配達してもらうこともできます。 無理なくスムーズな年賀状作成を目指そう 年賀状作成は、ついつい先延ばしにしてしまいがち。 しかし「11月1日から発売される」「12月25日までに出す」「1月7日以降は寒中見舞いとなる」など、具体的な期日を把握していれば、自分のスケジュールに合わせて作業ができます。 年賀状は決まりごとが多く、面倒な作業もありますが、友人や知人、ビジネスの相手などとより良い関係を築くためには欠かせないもの。

次の

年賀状は年明けいつまで投函していい?書き方は通常と一緒?

年賀状 いつまで に 投函

年賀状2021受付開始 いつからいつまで 今年はパンデミック化してしまった新型コロナウイルスなど 令和の出だしは決して喜ばしいことばかりはではありませんでした。 そんな悲しく激動な年も残すところ数週間です。 ところで、 「年賀状の準備はもうお済みですか?」 「エッ、まだ購入していないんですか!」 「・・・」 年賀状は基本元旦に届くように送りたいものですが、 「師走」という言葉通り、年末に向けては、仕事や家庭の予定など、 知らぬ間に時だけが過ぎていきます。 できれば、早目早目の準備を心がけたいものです。 お世話になった方に、年賀状を出すのはもちろんですが、 間違っても、消印の押された年賀状など出すようなことなどないように、 1月1日の元旦にはきちんとお届けして古き良き風習を尊重したいものです。 間違っても、消印の押された年賀状を出すようなことはないように・・・ そこで今回は2021年用年賀はがきの受付開始日、 そして元旦に届くようにするための投函期限などについてご紹介します。 これまでの取り扱いを見ても、 12月15日が土日でも変わりはありませんでしたから、 曜日に関係なく、毎年同じ日に設定されているものと類推されます。 でも、時間がない人の場合は、 最寄りのポストに投函するということになるでしょう! その際に注意しなければならないのは、 「街頭のポストには集荷の時間がある」ということです。 そのため、最終の集荷時間以降に投函された郵便物は、 翌日の集荷扱いになります。 そこで調べてみましたが、 全国的に見て、最終の集荷時間は19時前後で、 20時以降という所は見つかりませんでした。 ですから、年賀状の受付は15日からであっても、 14日の20時以降に投函すれば15日扱いになるということですね。 但し、ここでの期間とは、「元旦に確実に届く期間」をいいます。 そのため、12月26日 水 以降の年賀はがきが、 年賀状扱いされないということではありません。 では、『12月26日以降に投函した年賀はがきは元旦に届かないか? 』 当然、そんな疑問が湧いてきます。 日本郵便によると、 『12月26日以降12月28日の間に差し出された年賀状も できる限り元日にお届けできるよう取り組みます。 』 という話が掲載されています。 同時に、 『年末押し迫っての差出しが集中した場合、 地域によっては元旦に届けられない場合があります。 』 ということも示されています。 いずれにしても、12月25日までには確実に投函できるよう、 段取り良く準備を進めた方がいいでしょう! 大切な人に対して、新年早々、礼儀を欠くことのないようしたいものですね! ここからの内容は追記したものなので、 一部元の記事とつじつまの合わない部分がありますがご了承ください。 今日、集荷に来ていただいた局員さんに尋ねると、 差出人と送付先が同一県内の場合は、 28日の投函でも間に合うようです。 さらに、 元旦に配達する前の仕分け作業に間に合えば、 30日の午前中でも大丈夫ではないかということでした。 但し、30日の午前中に、 「配達先の最寄郵便局へポスト投函されている」、 また、「配達先の最寄郵便局に年賀ハガキが届いている」、 という条件を満たしている必要があります。 例えばですが、沖縄のお爺ちゃんへ出す年賀状を、 30日の朝に、北海道からポストへ投函しても間に合わないということです! この話は、事情を精通している局員さんの話ではありますが、 全国どの郵便局でも通用するという保証はありません。 局によって、年賀状の配達量や人員も違うでしょう。 「ご参考までに。 」 寒中見舞いの時期について 「寒中見舞い」とは… 厳寒の時期に、先方の健康を気遣って送る便りで、概ね次のようなケースがあります。 松の内は一般に、元旦から1月7日までで、2021年の立春は2月3日 水 になります。 「この間に先方に届く」よう、準備をすることが必要です。 松の内が明ける1月8日以降は、 年賀はがきであっても消印が押されることになります。 それでは、 うっかり年賀状を出し遅れた人はどうしたらいいのでしょうか? 消印付の年賀状を送るのは失礼にあたります。 様々なサイトでも文例が紹介されていますので、 参考にしてください。 せっかくの年賀のご挨拶です。 くれぐれも恥をかくことのないように注意しましょう!.

次の

年賀状いつまでに投函?返信はいつまでOK?年賀状のマナーと返信文例を紹介!

年賀状 いつまで に 投函

最近の若い人って年賀状は送らずにメールで済ますって人が多いですよね。 私も例に漏れず、年賀状は最近送っていません。 ですが、社会人になると会社の絡みもあって、 上司や先輩から年賀状が届いてしまうなんてこともあります。 自分が出していないのに、年明け年賀状が届いてしまうと、 返信を出すか非常に悩みますよね。 日頃お世話になっているわけですから、 少し遅れてしまっても返信はした方がいいと私は思います。 でも、あまり年賀状を出した事がないと、 いつまでに出せばいいのかな? 何か一言添えた方がいいのかな? なんてことに悩む事もあると思います。 今回は、年賀状への返信はいつまでに出せばいいのか? 何かお詫びの一言を添えるならどのような言葉がいいのか? この辺をお伝えしていきます。 年賀状のポスト投函はいつまで?年明けになってしまったんだけど・・・ 年明けに来た年賀状の返信。 既に年が明けているわけだから早めに出すに越したことはありません。 とは言え、これから準備をするわけですから、 どれだけ準備に時間が掛かるかわからないし、 時期を過ぎると相手に失礼になりますから、 いつまでが年賀状として認められるのかは知っておいた方がいいですよね。 極論で言ってしまえば、 「年賀ハガキ」を使って出す便りなわけですから、 1年中いつポストに投函しても「年賀状」です。 ただ常識的に考えて一般的な年賀状として扱われるのは、 「松の内」までと言われています。 松の内は一般的には、1月7日までとなります。 郵便局的には「年賀状」として扱ってくれるわけですが、 「年賀状」と言うのは郵便局の為に書くわけではありませんよね? 「年賀状」は送り先の相手に向けて書いているわけなので、 その人が松の内を越えて「年賀状」を受取った時に、 どう思うかが大切なわけです。 人によっては、失礼な人だと思うかもしれませんよね。 そういった印象を相手に与えない為にも、松の内ギリギリにポスト投函ではなく、 松の内ギリギリに届くように送っておくほうが無難ということになります。 よって、 1月5日くらいまでにはポスト投函を済ませておきたいですね。 裏技ではないですが、できるだけ早く到着させたい場合には、 ポストに投函するより郵便集配局(市の郵便局)に直接持参すると早くなります。 市の郵便局には24時間受付窓口があるはずなので確認をしてみてください。 窓口で「この郵便は翌日届きますか?」 と聞くとその場で調べてもらえますよ。 またインターネットでもおおよその調べはつきますので、 松の内までに届くかどうかが確認できますよ。 スポンサーリンク 年賀状って松の内までと言うけど、松の内って何? お正月とはそもそも、 歳神様(豊作や幸せをもたらす神様)をお迎えする行事です。 年神様が、迷うことなく家にいらっしゃるよう、 飾り付けをしておくというのが慣わしとなっています。 ここでいう飾り付けとは、お正月でよく目にする「門松、しめ縄、鏡餅」のことです。 この歳神様をお迎えする期間のことを「松の内」と呼んでいます。 松の内の始まりは元日とされており、 松の内の終わりは地域によって異なり、 関東では1月7日まで、関西では1月15日とされています。 年賀状のお返しが遅れる場合の言い訳について 年賀状が届いたことが想定外な状況だと、 返信用の年賀状を用意していない為、 コンビニにダッシュしている人も多いのではないでしょうか? ただそういうところで買う年賀状だと、 相手もコンビニで目に付いてしまうこともあるし、 宛名だけ書いて出すのは形式的に出した感がすごく強くなってしまいますよね。 ここはやはり一言でもいいので、 手書きのメッセージを添えて差別化をしたいところです。 書く内容については、 ・お祝いの言葉 ・年賀状へのお礼 ・遅れたことのお詫び この辺は最低限含めた形にしておきたいです。 遅れた理由は明記しておく方が良いかと思いますが、 言い訳がましくならないよう サラリと書いたほうがいいでしょう。 自身の都合で年賀状を出すのが遅れてしまったという表現にするのがいいと思います。 敬語でかつ丁寧に書きましょう。 また、忌み言葉を使わないように注意しましょう。 忌み言葉とは、おめでたい場では避けるべき言葉のことです。 年賀状を書く際に気をつけるワードとしては、 「衰える」「滅びる」「絶える」「病む」 「失う」「破れる」「枯れる」「倒れる」「去る」等があります。 これらを年賀状に使うのは避けましょう。 うっかり使ってしまうのは、前年を差す言葉として「去年」がありますが、 「去」という文字は、「別れる」「離れる」といった意味が含まれています。 「去」が含まれる「去年」という言葉は避けて、 「昨年」「旧年」などと言い換えるようにしましょう。 返信が遅れた際によく使う言い訳は、 以下のような形で変換するといいと思います。 ポイントは、 「こちらが出したから返したのだな」という印象を与えない文章を心掛ける事です。 まとめ いかがだったでしょうか? 毎年書いていないと、返信一つだすのも結構苦労しますよね。 だんだんと年賀状の文化も薄れてきている昨今ですが、 薄れつつある今だからこそ、しっかりと対応することで、 相手から常識人だと認められるいい機会です。 面倒くさがらず、1つずつ丁寧に対応していきましょう。

次の